ジョン・ドリンカー・コープ単語

ジョンドリンカーコープ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ジョン・ドリンカー・コープJohn Drinker Cope)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.佐古正人。

概要

自由惑星同盟軍人で、旗艦は<ヴィヴァスヴァット>。
自身の責務を確実に果たすタイプで、特に後退する敵の追撃を得意とした優秀な戦術であった。

なお、名の「ドリンカー」はれっきとしたミドルネームであるが、この名前に反してコープは重篤なアルコールアレルギーの持ちであり、戦勝の祝杯でもアップルジュースを飲んでいたという(後述)。

経歴

宇宙710年生まれ、730年に同盟軍士官学校卒業
以後ブルース・アッシュビーらとともに多くの戦果を上げ、一級指揮官OVAでの階級は大佐)として参加した738年のファイアザード域会戦では、「730年マフィア」として名を挙げる。その後745年頃、中将に昇進し第11艦隊官に就任。

宇宙745年の第二次ティアマト会戦では序盤、ヴィットリオ・ディ・ベルティーニ揮の第9艦隊とともに前進。帝国軍の火が第9艦隊に集中したために隊列を保ったまま帝国軍に接近できたが、同じ理由で第9艦隊が遅れたために単独で進む形になり、敵の集中火を浴びることとなった。これを見たアッシュビー酔っぱらい集団(ドリンカーズ)になってしまった」と評しつつウォリス・ウォーリックの第5艦隊に援護を命じ、コープは艦列を立て直すとともに、突出した帝国ウィルヘルム・フォン・ミュッケンベルガーを戦死させ、その間隙を縫って4.2を後退。第11艦隊は事味方に合流することができた。

この戦いでアッシュビーが戦死したため「730年マフィア」は離散。コープは宇宙750年に大将に昇進し、宇宙艦隊副長官に任じられる。翌751年、パランティア会戦の揮を執ったが、この時彼はいつになく精を欠き、帝国軍に翻弄されたあげく30万の死者を出して大敗、フレデリック・ジャスパーの救援も間に合わず戦死した。享年41歳、死後元帥に昇進。

僚友との関係

二次ティアマト会戦の直前の作戦会議において、彼はアッシュビーしく対立している。これはアッシュビーがこの時いつになく高圧的で自身の作戦に反駁を許さなかったゆえのこととはいえ、口論の末に痛捨て台詞とともに席を立つというのは生のコープらしくなかった。会戦中の会議の席でも二人は対立を続け、互いに視を決め込んでいる。ただし両人共にこの対立を作戦揮そのものに影させることはなく、コープは事前アッシュビー示に従い、「酔っぱらい集団になってしまった」ときもアッシュビーは的確にコープを援護させている。

パランティア会戦で戦死した際、フレデリック・ジャスパーが救援に駆けつけるも間に合わなかったが、このことが後にジャスパーがコープを見殺しにしたのだという噂を呼ぶこととなった。コープの未亡人はこの噂を信じてジャスパーを責め、後に謝罪したものの、コープの元帥昇進をジャスパーが伝えた際もついに対面することはなかった。

彼の「ドリンカー」のミドルネームにまつわる逸話として、アッシュビー戦死前のある時(OVAでは中将昇進後)、ウォリス・ウォーリックによってアップルジュースシャンペンと入れ替える悪戯を受けた際の話がある。この時、コープがグラスを呷った直後に全身にジンマシンを出して倒れる騒ぎとなり、ウォーリックは同盟軍史上一の「ジンマシンを理由に始末書を書かされた提督」になったのである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ドリンカー・コープ

3 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 22:42:34 ID: uxL68n+loX
>>2
関連してもう一つ、コープの昇進がちょっと奇妙なんだ

730年マフィアの生き残りで一番昇進が速いのは749大将ウォーリックジャスパーなんだが、
ウォーリック宇宙艦隊長官になったのは751年で、ジャスパー753年。
一方一年遅れて750年に大将に昇進したコープは、先任であるウォーリックを差し置いて
宇宙艦隊副長官という、位置づけで言えばやや特殊なポストに任じられている。

このことから、いわゆるミヒャールゼ情報の受け手としてコープが選ばれたんじゃないかと思うんだ。

やや穿って考えれば、アッシュビーの再来になることを恐れた人事側が、730年マフィアが全て同年代で年功序列での昇進・要職配置が難しいことを口実にして、あえて「宇宙艦隊副長官」なるポストを臨時に設置し、ミヒャールゼ情報の継承者に選んだコープ(あまり手な存在ではないこと、アッシュビーとの対立があったことがこの人選に影したかもしれない)を配置したのではないか、なんて考察も出来る。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 23:22:42 ID: Dzvb6jOEfG
そういえば長官ってシトレやロボス、ビュコック長官やってた時は居なかったし常設のポストじゃないようだよね
帝国でもそうだけど

い話だと思う
5 ななしのよっしん
2015/09/22(火) 00:17:22 ID: kuoJbbSWb6
>>3
うーむ、面考察だなぁ。

個人的には同盟の「艦隊副長官」は、アッシュビーの艦隊増強計画の結果、増大した艦隊の運営や権限が長官一人には大きすぎたため、何割かの艦隊運営か、艦隊官の中で大将級の将官に割り当てられたポストだと思うんだけど違うのかな?実際、帝国ラインハルトが副長官職時はそんな感じだったし。

ローザスは元帥に昇っていない。参謀長職はファンに奪われた。ってのを考えると、アッシュビー死後、防委員会や730年マフィア内で後継者争いが発生し、アッシュビーと共にミヒャールゼンとの繋がりがあったローザスは遠ざけれられた。コープの戦死も730年マフィア内での対立の結果っぽいな。
6 ななしのよっしん
2015/09/22(火) 00:35:30 ID: uxL68n+loX
>>5
ラインハルト帝国軍の半数揮だったけど、本来定数であろう現役元帥4人に加えてラインハルト元帥になったのが原因だろうと思う。それを参考にすると、ファンの方でも書いたけど、単に同格者をどう配置するかの人事部の苦心の結果のような気もする(たぶんその一面はある)。

個人的には730年マフィア内での対立というところまで持って行っちゃうのはあまり自信がなくて、コープが戦死したのはミヒャールゼ情報の壊滅による混乱、あるいは偽情報の結果といったところじゃないかと思う。
ローザスが何をしてたのかはさっぱり記述がないけど、総参謀長の人事は多分に長官の意向に左右されるようだから、単にその間は730年マフィア関係の軍人(反アッシュビー政府の息がかかってると考察)が長官になり、総参謀長も関係の人物だったのだろう。
7 ななしのよっしん
2015/09/23(水) 01:16:53 ID: Dzvb6jOEfG
帝国元帥は多分、基本的に定数三長官の三人じゃないかな
ブラウンシュヴァイクは予備役だから数に入らないだろうし
ラインハルトの一人元帥時代は例外だろうけどオトフリート三世の皇太子時代も一人元帥だったんだろうか

って、ここまで書いてやっとクラーゼンの存在思い出した…
まあ幕僚総監はローエンラムじゃしばらく置かなかったり、置いても中将扱いのヒルダメックリンガーがやってたりだから必ず元帥じゃなきゃならんって事もないだろうし、やっぱ定数3なのでは

エーレンベルク80近いくせして引退してくれないから役職の入れ替わりができないままクラーゼン元帥になってしまい、ほんとは三長官のどれかをやるべき人材なのだがポスト不足で幕僚総監やってたとか、そんな感じじゃない?
8 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 02:31:15 ID: CmXBIC+5Sx
コープの戦死はミヒャールゼ情報の壊滅が原因というのは面い仮説だね
ただ情報の収集と分析は本来は統合作戦本部の仕事なので
アッシュビー情報を流していたのはあくまでジークマイスターの独断という可性が高い
だから帝国内の諜報網と730年マフィアとのつながりはジークマイスター引退くなったんじゃないかな
9 ななしのよっしん
2016/04/13(水) 22:44:23 ID: uxL68n+loX
>>8
情報の収集と分析は本来は統合作戦本部の仕事
防委員会情報「」

……っていうのは置いとくとして(ジークマイスターは統合作戦本部に分室貰ってるし)、
ミヒャールゼ情報を十全に活用するためには、アッシュビーがしていたように
前線でリアルタイムにそれを受け取れないといけない。
かといって、前線全体に情報を行き渡らせるのは露見のリスクがあまりにも大きい
(実際、アッシュビー以外の730年マフィアは第二次ティアマト時点でミ情報の存在は知らないはず)。

ゆえに、政府ないし統合作戦本部側がミ情報を押さえつつ前線でそれを活用できる手段として
コープを情報の受け手(ミ情報の存在を知らされていたかどうかは別)に選んで、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
10 ななしのよっしん
2016/06/06(月) 20:58:23 ID: TeqX4gGNtS
>>3
い仮説だと思う

ただ帝国軍の方で「引っかけようと」動的にどうかしたのではなく
統帥本部にを開けるネズミ駆除していたと思ったら
叛徒どもが墓を掘っていた。

という若干ポルナレフ状態が「コープの精~」に繋がったかと
11 ななしのよっしん
2016/06/17(金) 11:52:47 ID: E7cQN40wJW
コープがアッシュビーの後釜になったっていうのは確かにありえるとおもう
なんでコープが選ばれたのかはのかは置いといて、アッシュビーが死んだ後でも帝国軍事機密は流れていた可性はある。
同盟の情報解析班も存続してたらしいし、帝国スパイ網もミヒャールゼンが殺されたとはいえ、帝国軍も当時第2次ティアマト会戦の損失があまりにも大きすぎて開戦直前まで進んでいたスパイ網操作も会戦後に打ちきったみたいだから、組織は残ってたかも。

で、同盟としては今更これを利用しない手はないと。ただヤンが考察してたように、情報とは生き物であってその価値や質は時期やタイミングで大きく異なる。アッシュビーはそうした情報利用の天才で、730年マフィアの面々は確かにみんな卓越したの持ちだったけど情報の扱いでアッシュビー真似をできるのはいなかった。みたいなことを言ってた。でも結局アッシュビーの後任にコープを選んだと。

それでもやっぱりコープじゃアッシュビーの代わりにはならなかったとということであの敗戦だと。
12 ななしのよっしん
2017/08/31(木) 19:35:20 ID: 3GqEXfEx79
なんで同盟軍は帝国軍の「涙すべき40分」の損失の隙をついてイゼルローン回廊を制圧するくらいの攻勢に出なかったのか、と思ってたけど、その隙をつこうとして大失敗したのがパランティア会戦だったのかな。
パランティア会戦の敗戦とコープの死で同盟軍が意気消沈してる間に、帝国軍がイゼルローン要塞を建設しちゃった、とか。