ジョン・ブローニング単語

ジョンブローニング

ジョン・ブローニング(1855年1月21日~1926年11月26日)とは、世界でも5本のに入るであろう天才銃器設計者である。

概要

 ジョン・モーゼス・ブローニングはアメリカ合衆国銃器設計者である。レバーアクションライフルレバーアクションショットガンポンアクションショットガンセミオートショットガンガス圧利用式機関銃、自動拳銃など数多くの傑作銃器を開発し、世界的名を残した。

 ニコニコ動画においては、解説動画でたびたびその名前が出現し、「またブローニングか」とコメントされたりしている。

生涯

 ジョン・ブローニングは1855年にアメリカ合衆国ユタ州に生まれる。ジョナサン・ブローニングは店を営んでおり、ブローニングはの手伝いの中で銃器に精通していくようになった。ジョン・ブローニングが24歳の時にがこの世を去り、兄弟と共に店を引き継ぐと、ジョン・ブローニングは自らが開発したレバーアクション式単発ライフルを販売した。このは周辺地域で大好評となり、これがウィンチェスター社のに留まることになる。ウィンチェスター社の社長トーマス・G・ベネットは自らブローニングの店に乗り込み、このライフルの在庫全てと特許8000ドルで買い取り、自社でウィンチェスターM1885として製造・販売した。

 ジョン・ブローニングとその兄弟たちはウィンチェスター社にライフルを売却した利益を元に、オグデンで新たに「ブローニング兄弟商会」と名付けた店を立ち上げる。ここでジョン・ブローニングは店舗の経営や修理・製造を兄弟たちに任せて自らは銃器設計に専念することにし、頑丈で故障の少ない連発式レバーアクションライフルの開発に成功している。このライフルもまたウィンチェスター社が特許ごと買い取り、ウィンチェスターM1886として製造・販売。12万丁を売り上げる大ヒットとなった。また、この売買の後にベネットから「レバーアクションショットガンを作れないか」と話を持ちかけられ、開発したのがターミネーター2で有名な世界初のレバーアクションショットガンウィンチェスターM1887である。

 しかし、ジョン・ブローニングはこれに満足せず、グリップから手を離すことなく連発できる新たな連発機構ポンアクションを考案し、これを搭載したショットガンを開発する。これが世界初のポンアクションショットガンであるウィンチェスターM1893であり、2度の良を受けてウィンチェスターM1897ウィンチェスターM1912として製造・販売された。

 このポンアクションを開発する過程でジョン・ブローニングは火ガスの余剰圧を利用した自動連発機構を着想。これを実用化させるべく研究を始める。身から一部だけ取りだした火ガスでレバーを動かすレバーアクションライフルの試作や、ガンベルトから発想を得た弾帯の開発を経て遂に「機関銃」を開発し、これを軍用製造大手のコルト・ファイヤーアームズに売り込んだ。コルト機関銃興味を示し、何度かの良を行って最終的にブローニングM1895重機関銃としてアメリカ軍に販売された。ちなみに、こうしている間にウィンチェスター社の依頼で30日以内に新レバーアクションライフルを設計し、しかもこれがウィンチェスターM1892として100万丁売れる大大大ヒットになってたりする。この後もジョン・ブローニングは反動利用・冷式のブローニングM1917重機関銃M1917を冷化したブローニングM1919軽機関銃、今でも全世界で使用されている傑作中の傑作ブローニングM2重機関銃などの機関銃を開発する。

 さらにジョン・ブローニングはこの連発機構(ガス・オペレーション)を拳銃にも適用し、自動拳銃の開発に成功している。その後、ガス・オペレーションは拳銃には適さないと判明したため、ジョン・ブローニングは代わりに莢が火ガスによって後ろに押される現を利用したブローバックを考案している。これを適用した自動拳銃ベルギーFN社からブローニングM1900として販売された。これは後にジョン・ブローニング自身の手で良され、ブローニングM1910となる。一方で反動利用式(ショートリコイル)の研究も重ね、1911年にはブローニング式とも呼ばれるティルトバレル式ショートリコイルを搭載したコルト・ガバメントを開発している。

 この後、ジョン・ブローニングは反動利用式のセミオートショットガンを1900年に開発してウィンチェスター社に持ち込むが、契約支払いで関係が悪化していたウィンチェスター社はこれの買い取りを拒否する。対抗するレミントン社長の急死で混乱が発生し、最終的にはFN社がこれを買い取って1902年からブローニングオート5として欧州市場で販売された。これによりジョン・ブローニングはウィンチェスター社と関係を断ち切り、FN社との関係を深めていくことになる。1922年には上下二連式ショットガンを開発。1926年11月26日、彼の開発した自動拳銃の集大成、ブローニング・ハイパワー開発中心臓発作で倒れ、死去する。

大百科に記事のある、彼が開発した銃

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ブローニング

14 ななしのよっしん
2016/05/25(水) 16:29:30 ID: AzXo24nafZ
を発射した後の木の揺らぎを見ただけで「ガス駄になってる」という発想が出来る時点で凄いのに、そのガスを利用して機関銃作っちゃう変態(褒め言葉)
15 ななしのよっしん
2016/07/13(水) 13:01:03 ID: g9Gr9fDZO/
カラシニコフと並ぶ変態開発者
16 ななしのよっしん
2016/07/19(火) 14:50:13 ID: g9Gr9fDZO/
発明数は少なく地味だが、アイモラハティというフィンランドが誇る開発者もいる。
ラハティL/391980年代、スオミKP/311990年代後半まで現役だったという。


>>1
ブローニングおじさん演劇界におけるシェークスピア、漫画界における手塚治虫みたいな孤高の存在だから並べられる存在自体が居ないと思う。
あえて出すなら、とか弾薬とかの世界の人しか並べないと思う。
17 ななしのよっしん
2016/07/19(火) 18:38:35 ID: 6zOQaEUARb
>>15
天才銃器設計という点では一致はしてるが、少なくともカラシニコフさんはジョンブローニングの様に新しい技術を開発して投入しようとする側ではなく、むしろ既にある技術を取り入れて良いとこ取りのを作っていた側に入るので変態ではいぞ。
まぁその昔バランシングAKとかいうのを作ってたが失敗に終わって後世に特に影を与えなかったので除く

むしろジョン・ブローニングと並べる天才銃器設計プラスチックアルミニニウム合という要素やモジュラー構造をAR-10の時点で完成させたユージン・ストーナーだろう。
後に西側自動小銃に影を与えるAR-18の原AR-16を作ったのもあの人だ
18 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 07:08:41 ID: sbnQxERYLs
数値偽装してた住中の人たちは墓前で土下座すべきw
19 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 20:57:22 ID: I1KxztIOpW
こいつ、異世界転生で技術の進んだ異世界から来た人だゾ

と疑われても文句言えない程度に鬼才だよな
20 ななしのよっしん
2017/07/31(月) 19:33:10 ID: g9Gr9fDZO/
>>10
倉庫のからガトリングガン引っり出してきて、それにモーターつなげたアホも評価してやってほしい。
そのアホの行為によって、GAUシリーズだとかM134が産まれた訳で。
21 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 00:58:43 ID: KFVEyCz0cZ
あのH&K裸足で逃げ出すほどの天才、ブローニング先生
22 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 22:04:56 ID: PgxV4PSnE+
一応最後に作ってたのはBHPではなく上下二連ショットガンという事実
23 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 00:26:17 ID: ull4wfujms
この人の寿命がもう20年ぐらいあったなら、
今の最新のはもっとくに完成していての技術はもっと進歩していただろうな