ジョン・ロジャーズ・コモンズ単語

ジョンロジャーズコモンズ

ジョン・ロジャーズ・コモンズ(John Rogers Commons、1862〜1945)とは、アメリカ経済学者である。

概要

ヴェブレンとミッチェルとともにアメリカ制度学を設立した経済学者

コモンズはアメリカ労働問題の中心的歴史であり、彼が17年の年をかけて書いた四巻の「アメリカ合衆国労働史」はアメリカ経済思想史の中で重要な位置を占めている。

また彼は行動的な政策立案者であり、労働組合の法的立場、失業保険、労働者の災害補償、そして益事業の規制を扱うウィスコンシン州の一連の法案作成にを貸し、ウィスコンシン州はこのおかげで、他のアメリカ諸州の立法上の「実験台」として有名になった。コモンズは後に連邦政府の産業関係委員会のメンバーとなり、1935年の社会保障法の制定に参加し、その結果アメリカ近代的拠出老齢保険制度が確立された。

コモンズは経済理論の分野では三本の要著作「富の分配」、「資本主義の法的基礎」、「制度経済学」を著しており、個人行動を集団行動に移し替えた「会社」の「行動基準」を分析した。

集団行動はおおよその場合個人の利衝突を抑制するものである、と考えたのがコモンズの理論であった。こういった抑制を、広い意味における「法」と解釈することによって、コモンズは経済学研究の中心に、実際に方秩序を据えたのだ。このようにして彼はアメリカ合衆国最高裁判所国家に対する「政治経済の最高機」という特性を与えたのである。

それによってコモンズは「法の経済学」を考案し、政府経済政策と裁判所の決定の不和を取り除いたのだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ロジャーズ・コモンズ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ジョン・ロジャーズ・コモンズについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード