ジョーン・ロビンソン単語

ジョーンロビンソン

ジョーン・ロビンソン(Joan Violet Robinson、1903〜1983)とはイギリス経済学者である。

概要

ジョージロビンソンケインズ子で自ら「左ケイジアン」を名乗った経済学者である。

女学生時代、第一次世界大戦ロシア革命報道に接し、世界史の胎動を肌に感じる思いをした彼女は、当初は歴史を学ぶ為にケンブリッジ大学入学したが、やがて自分には歴史よりももっと合理的議論の余地がある経済学の方が向いていると感じ、転向したという。

初期の仕事で最も優れたものは「不全競争の経済学」において、ピエロ・スラッファ理論を受けて展開されてきた不全競争論を難解な数学を使用せずに幾何学的図形によって論理的に説明したことである。不全競争における「限界費用と限界収入の均衡命題」や「過剰設備を伴った均衡」などは現在でも経済学の教科書に載っている。これらの仕事は新古典内でのものである。

しかしケインズアカデミックサークルケインズサーカスとして「一般理論」に携わっているうちに彼女の思想は次第に再度転向しはじめる。ケインズ革命のあと、即座にその解説書「雇用理論入門」を書いているが、同時にマルクスからも影を受けその功績を評価した。彼女にとってイデオロギーの賛否によって理論を評価するのは賢明ではないことなのだ。

二次戦後彼女の関心は「ケインズ理論の長期化」に向かって研究を進めていった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョーン・ロビンソン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ジョーン・ロビンソンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード