ジョー・バイデン単語

ジョーバイデン
2.4千文字の記事
  • 22
  • 0pt
掲示板へ
人物
ジョー・バイデン
基本情報
生年 1942年11月20日
生誕地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
没年 --
死没地 --
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
アメリカ合衆国
本名 Joseph Robinette Biden, Jr.
別名 --
職業・肩書 政治家
第46代米国大統領
備考・その他
人物テンプレートボックス

ジョー・バイデン(Joseph Robinette Biden, Jr.、1942年11月20日-)とは、アメリカ合衆国政治家である。民主党員。47代アメリカ合衆国大統領を務めた。2021年1月20日より、46代アメリカ合衆国大統領に就任。

来歴

ペンシルベニア州スクラントンの出身。父親は裕福な資産であったが、ジョーが生まれる頃にはいくつかの事業失敗により貧乏となっていた。デラウェア大学を688人中508番の成績で卒業後、弁護士、群議会議員を経て、アメリカ史上6番若さで上院議員に当選した(29歳)。以降6期連続、計36年間上院議員を務めた。委員長(1987-1995)、外交委員長(2001-2002,2007-2008)を歴任するなど、民主党重鎮として活躍。2009年からはバラク・オバマ大統領政権の下、2期8年間副大統領を務めた。

2016年大統領選では出を見送ったが、2020年大統領選には出を表明。初戦のアイオワ州予備選挙では4位に甘んじるなど苦戦を強いられたが、4戦のサウスカライナ州で勝利後は撤退した対立補からの支持も得るなど追いを受け、民主党補に名された。

大統領選では現職である共和党補のドナルド・トランプしく争い、306選挙人を獲得して第46代大統領に就任した。

人物像

温厚かつ気取らない性格であり、「気さくなジョーおじさん(uncle joe)」と呼ばれている。幼少期から悩んでいた吃音症を、毎日に向かって朗読して20代前半でするなど努でもある。カトリック教徒であり、現在でも定期的にミサに参加している。近者にアルコール依存症が広まっているため、は全く飲まないと言している。

家族の深い人物として知られており、初めて上院議員に当選した直後に事故で最初の妻とを亡くした際は、残された二人の息子の看病や世話を理由に当選を辞退しようとした(当時の民主党上院院内総務に説得されて議員に就任)。当選後も、息子たちのために毎日一時間半かけて、自宅と議会のあるワシントンD.C.を往復していた。また、事故によって亡くなった妻としのぶため、命日である12月18日は一切の仕事をしないことにしている。

一方で、失言製造機(Gaffe Machine)とも呼ばれるほど舌禍が多い。2020年アメリカ大統領選挙期間中にも、黒人有権者に対して「(トランプ投票しようと迷っているのなら)あなたは黒人じゃない」と発言をしたり[1]、「黒人社会と違い、ヒスパニック(中南系)社会は信じられないほど多種多様だ」と発言する[2]など、失言を繰り返している。勘違いや軽率な発言も多く、大統領選の対抗であるトランプからは「ねぼけたジョー(sleepy Joe)」と揶揄されている。

政策スタンス

民主党内の中道であり、リベラル寄りの政策をとる。民主党員ではあるが政策によっては共和党側と組むこともあり、立場によらない柔軟なスタンスを維持している。リベラルインターナショナリズムの立場をとり、グロバル自由貿易やリベラル経済、多間協を重視している。

2020年大統領選では現職のトランプ大統領に対抗し、以下のような政策をしていた[3]

  1. 新型コロナマスク着用義務や集会の制限を含めた科学的な対策
  2. 医療体制 :オバマケアの拡充や自己負担額の削減などの医療体制の充実
  3. 経済   :最低自給額の引き上げや富裕層と企業への課税などの貧困層に対する救済、1.3兆ドルインフラ投資
  4. 環境   :パリ協定への復帰や2050年までのゼロミッションの達成など
  5. 外交   :社会における「米国導」の復活、多間協。「アメリカ第一義」からの脱却
  6. 黒人政策 :黒人庭や事業を支援など

貧困層、中産階級や黒人層に配慮したものとなっており、大きな政府を標榜する民主党スタンスを踏襲している。一方で共和党義者や一部からは「政策が社会主義的である」と非難されている。

外交実績

バイデンは外交に精通しており、上述の通り2度上院外交委員長を務めるなど外交通とされている。2期の上院議員時代には、ソ連の敏腕外交官であったグロムイコから第二次戦略兵器制限交渉の修正案追加を認めさせており、この件をきっかけに自身の名を一躍有名にさせている。

またコソヴォ紛争では、共和党議員であるマケインとともに、セルビアに対して「必要なあらゆる武」を行使する権限をクリントン大統領(当時)に与えるとする、「マケイン=バイデン・コソヴォ決議」を成立させている。

関連動画

関連項目

アメリカ合衆国大統領

第46代 第47代 第48代
ディック・チェイニー
ジョージ・W・ブッシュ大統領顧問団)
20012009
ジョー・バイデン
バラク・オバマ大統領顧問団)
20092017
マイクペン
ドナルド・トランプ大統領顧問団)
2017~2021

アメリカ合衆国大統領

第45代 第46代 第47代
ドナルド・トランプ共和党
2017~2021
ジョー・バイデン(民主党
2021~
- ( - )
-

脚注

  1. *BBC NEWS2020年5月23日 バイデン氏、トランプ氏支持を考える黒人有権者は「黒人じゃない」
  2. *東京新聞2020年8月10日 バイデン氏また失言 黒人軽視するような発言で批判exit
  3. *【図解】次期米大統領バイデン氏の政策一覧exit

【スポンサーリンク】

  • 22
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョー・バイデン

4225 ななしのよっしん
2022/05/25(水) 18:18:50 ID: /hPtDPSUhe
ぶっちゃけトランプアメリカにとっていい大統領だったかというと微妙だが、日本にとってはいいアメリカ大統領だった。そしてバイデンアメリカにとっていい大統領かは微妙だが、日本にとってはいいアメリカ大統領だってかんじなんだよね
日本にとってダメだったのはオバマ
4226 ななしのよっしん
2022/05/25(水) 21:59:30 ID: iqo+nhwbkN
トランプ日本に有益だったが、オバマは初めて広島の被曝に救いをもたらした
バイデン日本に有益かどうかは今後次第
4227 ななしのよっしん
2022/05/25(水) 23:28:08 ID: ZVBMEeCSVA
>>4222
法的拘束がないと言えば
最近インド太平洋経済組みだっけ?

あの協定、条約ですらないただの対話、組みで
最大の経済圏だの中国包囲網だの大報道して
偏向報道が露すぎだわ
4228 ななしのよっしん
2022/05/26(木) 09:30:31 ID: 1J8R+YBzUi
トランプ日本(のQアノン)にとってはいい大統領だった
4229 削除しました
削除しました ID: ZVBMEeCSVA
削除しました
4230 削除しました
削除しました ID: ZVBMEeCSVA
削除しました
4231 ななしのよっしん
2022/05/26(木) 22:46:00 ID: SAIn2shEvq
>>4217
陰謀論とかじゃなく戦後日本保守アメリカCIA交深いのは有名な話でWGIPとかよりも根拠はある話よ
民社党西尾末広とか読売の正ナベツネもそう(後者は関係を認めてたはず)
自民なら佐藤やらやら
アメリカならどちらかというと共和党寄り
この人らの路線を継いだら必然的にそういうのに寄ったになるし、日問わずネットで評価高いのは大体こういう路線
まあ社会党(現社民党)がソ連や北や中国機関と緊密に繋がってたのと同じような感じだな

日本が具体的に困ることをしてくるとかじゃないのに、バイデンに対して妙に批判的(褒めても皮めいた感じ)なのは、大体この系統の政治家タカ的なを継いでるというわけだ
4232 ななしのよっしん
2022/05/26(木) 23:37:47 ID: pMH3RHDWeZ
>>4219
維新むむむ関係の一般人やぞ」
4233 ななしのよっしん
2022/05/26(木) 23:42:20 ID: pNZhAzKFts
岸信介だのと現代ネット潮を同一準でってるあたりみそがガチ化石化してて笑うわ
永遠に昭和生きるのも結構だが陰謀論にすらなってねえぞ
4234 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 00:14:30 ID: SAIn2shEvq
化石化してるのはネット政治潮と日本では前々首相アメリカでは前大統領定期
少なくとも日本じゃ民間防衛とかWGIPとか然と持ち出してくるし、昭和に登場した左翼批判(学生運動や中ソ・第三世界批判革命批判等)も持ち出してくるし、中韓との歴史戦にも拘るし
前々首相は今にあった憲法法律の整備を進めるとは言ったが、結局自身の縁者である佐藤を継承しえることが基本的標だと見られているし、それが今や閥の領袖で現政権に野党然として揺さぶりをかけている
民主党から変えてない路線とか周りのアドバイス聞いて素直に取り入れるとか外交よりは若干穏健とかグローバリゼーションに前向きというのはあったが

トランプある意味古い人間だし、こういう「古き良き」路線がネットで結構受けてて、
バイデンみたいな現代的なリベラルな価値を重視しつつ、外交・安保は勢均衡に基づいた現実路線を採りたがるリベラルホーク路線はネットの潮流ではいまいち理解されず、ウケは悪い
古き良きじゃなく、民主党リベラルという時点で経済的には良くないと思わ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改

2022/05/29(日)21時00分 現在