ジル・ドゥルーズ単語

ジルドゥルーズ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ジル・ドゥルーズ1925~1995)とは、ポスト構造主義 / ポストモダンに属するフランス哲学者である。

概要

パリで生まれる。60年代前半まではヒュームベルクソン、カントニーチェスピノザの研究で業績を残していたが、60年代後半から次第にポストモダン的な著書を発表。特に精科医フェリックス・ガタリと共著で世界的な影を与えていった。しかし最期には投身自殺により亡くなった。

ドゥルーズは五月革命に影を受けたジャン=フランソワ・リオタールに近い思想の持ちであり、もともと研究していたニーチェの影も強い。ドゥルーズはヘーゲル的な思考法を否定を重視していると批判し、そこに同一性の思想を見出し、その対極にある肯定の哲学を実践しようとしていった。つまり、自己と他者の間の差異を肯定的な差異としてとらえていこうとしたのである。

そして1969年、ドゥルーズはガタリに出会う。こうして以降二人で本を書き始めていくのである。にガタリが造を作り、ドゥルーズがその言葉の使い方を考えていくのである。これ以降ドゥルーズ―ガタリとしか言えない思想が誕生し、難解さが増していく。

その一例がリゾームである。リゾームはツリーに対置する言葉で、ツリーは上下関係や役割・権限がはっきりしているのに対し、リゾームはてんでバラバラであらゆる方向につながり、いたるところに出口がある。リゾームは様々な解釈装置によってゆがめられてしまうが、リゾームを肯定的にとらえ、それをあるがままにとらえるように転換しようとしたのがドゥルーズ―ガタリであるのだ。

このリゾームの概念が序文で導入されたのが『資本主義と分裂症』、つまり第一部『アンチ・オイディプス』と第二部『千のプラトー』である。この著書の中でドゥルーズとガタリは自由欲望の流れを実現し、その流れを押し込めようとする様々な解釈や装置に対して批判を加える。具体的には資本主義欲望の流れをそれまでの時代に加えて解き放ったが、まだ一定のをはめられているという批判である。このを外すためにフロイトシュールレアリスムによってマルクス読み替えることを的とした本なのだ。

ドゥルーズ―ガタリは欲望する機械という言葉で実在をとらえ、欲望が最も自由な状態を器官なき身体と名付けた。ドゥルーズ―ガタリの世界になるのは個人ではなく、「それ」や「機械」である。彼らはフロイトをさらに進め、欲望と物が一体となったつながりが実在するものだと考えたのだ。そして普通にする欲望とは食欲睡眠欲、性欲といった形で身体器官と結びついて具体的な形で表れるが、欲望がそれ以前の定形で自由な状態に回復することをしたのである。

そして、パラノイアは、自由な動きをそのこだわりのために囲い込もうとする。そうした囲い込み、つまり属領化に対して脱属領化をして動きを再び自由にし、パラノイアと対極にあるスキゾフレニー、つまり分裂者の立場を選択するのである。

その最大の解釈装置がフロイトエディプス・コンプレックスである。n個の性といった固定的なえたスキゾフレニーイメージを阻し、否定的な烙印を押す精分析を批判するのが『アンチ・オイディプス』という書名の由来である。

人々を共同体や固定的な観念から解放し、分裂症的な運動世界化し、人々はそれまでになかった多様な欲望を持つようになった社会システム資本主義である。しかし資本主義もまた貨幣という尺度を導入し、自由欲望を商品への欲望に限定し、新たな抑圧―抑制(公理系)を行っている。そこで資本主義というからも解放しようとするのが、ドゥルーズ―ガタリの思想なのである。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジル・ドゥルーズ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ジル・ドゥルーズについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2021/08/01(日)11時00分 現在

おすすめトレンド