ジンキ単語

ジンキ

ジンキとは、綱志朗が描いたロボ漫画作品シリーズである。
アニメJINKI:EXTEND』についても当該項参照。 

概要

2000年頃にガンガンWINGにて連載開始。
しかし、当時のエニックス出版事業の編集者一斉離反事件である『エニックスお家騒動』の影により、2002年からコミックブレイドにて『ジンキ・エクステンド』として連載再開。
それまでの話の続きではなく、前作から3年後の話となり、路線も前作より萌え寄りとなった。

ところが2006年8月頃にブレイドでの連載は中断。2007年に担当編集との意見のすれ違いによりブレイドでの連載は終了となる。

その後、2008年4月からコミック電撃大王にて『JINKI -説-』として連載再開し、完全版コミックスも『説』名義としてアスキー・メディアワークスから刊行された。
ただし、物語の再構成が行われており、電撃大王連載分は初代主人公である『青葉物語』として完結し、完全版コミックスも『ジンキ』全4巻と『ジンキ・エクステンド』6巻から9巻、『説』のみで構成されている(『エクステンド』1巻から5巻までの完全版は従来通り『エクステンド』名義で刊行)。

2009年からは月刊ドラゴンエイジにて系列誌の月刊ドラゴンエイジPureで連載していた『オリハルコン・レイカル』と入れ替わる形で『ジンキ・エクステンドレイション』を連載開始(電撃大王には2010年から自身が挿絵を担当した『紫色のクオリア』の漫画版を連載した)。
進行中だった『エクステンド』ミッシングリンク編の直接の続きだった『説』とは異なり、時間がまた飛び、新キャラ主人公にした新たな話がスタートした。
現在も同雑誌にてたびたび休載を挟みながらも連載していたが、結局また休載となり別の雑誌で新作が始まる事となった。

以上の経緯から見て分かるように、雑誌を4回も移籍しながらも連載を続けているというしい作品でもある。
ついでにレイカルも別の雑誌に移籍した。いい加減すっきり終わらせてくれ

2005年には『JINKI:EXTEND』のタイトルアニメ化もされたが、評価は著しく低い。
また、2010年にはまさかのエロゲーも果たした。 

各作品の特徴

ジンキ(第1作)

全ての始まりとなった作品。南ベネズエラ舞台ガンガンWINGにて連載。
メカデザインと泥臭い戦闘描写が特徴。
この頃は美少女キャラは少なめでサブキャラおっさんが多く、現在でもこの作品が一番好きだという読者は多い。
また、開始当初は青葉を始めとするキャラの顔が現在よりも釣り目気味など、意図的に絵柄を変えていたが、読者からは結局不評だったために作者の初連載作『ライフエラーズ』のような絵柄に戻したという逸話がある。

ちなみに、この作品の頃から山口可動式アクションフィギュアが販売されている。

ジンキ・エクステンド(第2作)

中断期間を得て再開された続編。コミックブレイドにて連載。
主人公である緒が主人公東京編と、前作の直接の続きとなるミッシングリンク編の二部構成。
ヒロインと同時に過な描写も増え始める。
特に本作の第1話で前作に登場したサブヒロインが敵に○○○されたという事は有名。
その後も、敵にいろいろされる場面が多く描写されるなどで、前作から読み続けている読者からは賛否両論となった。

概要に書いてあるとおり中途半端な所で連載が中断し、また後述の『説』『リレイション』などもあり、特に『説』にてエクステンドと一部食い違う描写が描かれたことにより、ファンからは黒歴史化が心配されたが、完全版コミックスが刊行されたため、杞憂に終わった。
また、完全版最終巻には新規エピソードが収録された。時間軸がまた飛んでる上にまたやらかしてはいるが
Re:VISION』の原作となっているのは本作である。

ちなみに、『ライフエラーズ』出身のキャラクターが一分設定を変えて再登場している。
繋がりがあるというよりはスターシステムのようなものだと思われる。 

JINKI -真説-(第3作)

続編・・・と言うより、第1作及びミッシングリンク完結編。電撃大王にて連載。
コミックス1巻分の尺であり、多少説明不足な部分も見られるが、概ね伏線を回収している。
その代わり『エクステンド』と矛盾した設定も生まれた(一応、最終話は『エクステンド』に続くような描写もある)。

ちなみに、連載時にどう見てもアレとしか思えないシーンがあった(とはいえ、自主規制により一部がカットされたが)ためちょっとした話題になった。
完全版コミックスにはこのシーンノーカットで収録されている。

ジンキ・エクステンド リレイション(第4作)

EXTEND』の続編。月刊ドラゴンエイジにて連載。
キャラクターである少年旗が主人公。何気にシリーズ初の男主人公である。 
な描写がより一層しさを増し「歳なんか関係あるか!女は皆ブチ込むんだよ!!」 という名言美少女全裸浣腸などの名シーンをも生み出している。
ロボバトルキングゲイナーのようなバトルに移行し、初期の作品とべてほぼ別物となっているため、やはり古参読者からは賛否両論である。 

前述のとおり『説』のおかげで、『エクステンド』とは地続きなのかパラレルなのか今ひとつはっきりとしていない。
しかし『エクステンド完全版最終巻にて加筆された新規エピソードには本作の描写と繋がるものが散見されているため、実質地続きの続編とみていいかもしれない。 

※以下コミックス5巻ネタバレ

メインヒロインガチでぶち込まれた上にまされました。
しかもまた「第一部・」となり年代ジャンプを匂わすという超展開(ただし一応打ち切りではなかったらしい)。
大勢の読者はこの展開を見てこう思った。「もうやだこの漫画」と。

人狼機ウィンヴルガ(第5作)

現在進行中の作品。チャンピオンREDにて2016年9月号から連載中。
これまでの作品の流れを一旦断ち切り、一部用こそ共通しているものの舞台と登場人物は一新されている。
掲載誌が掲載誌であるためかむしろ来るべき所に遂に来たというべきか1話からハードバイオレンス描写が満載となっている作者Twitterにて「ひどい話なんです」とワンクッション置いている)。

現時点では歴代作との繋がりは明らかになっていないが、作者Twitterにて歴代作の登場人物を出したいといている。

詳細は人狼機ウィンヴルガの記事を参照。

JINKI:EXTEND(アニメ版)

初の映像化作品。
ストーリーは『ジンキ』『ジンキ・エクステンド』を内包し、アニメオリジナルストーリーとして再構成している。
・・・が、これを『EXTEND方式』と呼ぶ両作品の話を切り替えながら進行するもの(要するに『仮面ライダーキバ』や『バッカーノ!』と似たような方式)というものを使った上に、劇中で何の説明もない上にかなり唐突に話が切り替わる、さらに場面展開も飛ぶなど、とことん説明が不足している。
事前情報がなければ何がどうなっているのか理解が追いつかないために、意味不明だと言う視聴者も多数出てしまった。

また、ロボットアニメでありながら前述の『EXTEND方式』と尺の都合(1クール12話)故にロボットがほとんど活躍せず、話が進むたびにいつの間にか戦闘シーンが終わっていたりする事も多く見られるようになっていった。

何より本作が悪い意味で有名になっている最大の理由はOPアニメがどう見ても『機動戦士ガンダム』そのものである事だと思われる。
後述のMADを見れば分かるが、オマージュというものの類というよりは9割が丸パクリといってもいい程の出来。
ちなみにOP作画担当は大張正己。そしてEDアニメは『マジンガーZ』のパロである。

挙句、アニメの放送開始前はコミックスの帯に『すべてのロボットアニメを譲れ!』という大見得をったコピー文が添えられたことも嘲笑の対となっている。
ちなみに、まったくの余談だが漫画魔法少女プリティベル』の1巻帯にはこれと似たようなコピー文があったり・・・

い話、アニメ黒歴史である。
一応、原作で未だなされていない青葉緒の共演を一番くやったという事や割と声優など見所もあるにはある。
また、OP・EDは映像に話題が行きがちだが、曲自体は普通良曲である。

JINKI:EXTEND Re:VISION(ゲーム版)

初のゲーム化作品。ジャンルアドベンチャー。開発は戯画が担当。
『リレイション』コミックス第1巻帯にてゲーム化が報じられ期待するファンも多くいたが、 発表されたものはなんと予想の斜めを行くエロゲーだった上に、作者の綱志朗自らが原画を担当したために、多くのファンが色々な意味で驚愕した。

シナリオは『エクステンド』をベースにし、新キャラ・新メカを多数登場させている。
また、終盤はゲームオリジナルの展開となっている。
なお内容についてはお察し下さいである。一応、原作小ネタを拾うなどファンサービスはそこそこある。

予約特典は戯画エロゲーBALDRSKY』のシステムを用いたアクションゲームである。ぶっちゃけこっちを本編にして欲しかったという人は多い。

関連商品

未読の人はまず『説』の完全版コミックスから入ることを推奨する。電子書籍も販売。

レイション。

ウィンヴルガ。こちらから入っても良し。

黒歴史

フィギュア

余談

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジンキ

155 ななしのよっしん
2018/04/20(金) 23:38:13 ID: W68dTx3sQ+
漫画感謝している。漫画がなければ今頃レイプ犯になっていただろうから…」
156 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 19:11:02 ID: N7drz0qJFU
同じく敵がレイプ基地外でも彼岸島の方がよっぽど面いという
157 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 20:52:53 ID: NCU7sP1XFK
すべてのロボットアニメを譲れよ
158 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 04:19:10 ID: W68dTx3sQ+
の出した同人誌緒が全に産む機械にされたと知って
なんかもう絶望しかねぇわとめて思った
ttps://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030661559/
159 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 01:34:06 ID: wxQ8XKjDlG
原作レイプを敢行する稀有な例
160 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 23:58:32 ID: Ydf6uzYHMo
原作者が原作レイパー
漫画ゲームも酷かったけど辛うじてそれなりにめてはいたし
161 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 15:01:17 ID: CYrMgrU+Ct
>>157
全てのロボットアニメが関わり合いになりたくなくてを譲ってくれてるんだぞ
162 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 21:15:41 ID: f1SDvQZkmE
アニメ版のOPテーマは凄くAIKOとか大塚Iみたいで今では時代を感じる…
163 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 01:23:45 ID: fiiWVbH+Hr
何を考えてそのまんまなパロディをやってしまったのやら
全てのロボアニメを譲らせるはずが
なんかアニメゲーム漫画ネタ的には面いとか言えるもんでもないのが微妙なんだよなあ
164 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 01:06:46 ID: UVmj3k0iuh
もう正直この作者メカデザだけやってたらいんじゃないかな・・・
上げて落としてトカゲ尻尾きりみたいに終わる作品ばっかだし。

個人的にリレイションを期待させるだけさせてあんな終わり方にしたことだけはいまだに許してねえからな

急上昇ワード