ジンダー・マハル単語

マハラジャ
3.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ジンダー・マハルとは、WWEに所属するプロレスラーである。人生何があるか分からない(大人の事情ともいう)故にWWEの最高峰までに上り詰めてしまった、凄いんだか凄くないんだか良く分からない存在。
ギミック上はインド人となっているが、カナダ人である。まあWWEでは時にジャマイカ人がガーナ人になったりするので小さなことである。

概要

キャリア初期

新日本のLA場で下積みの後、2009年トライアウトWWEに合格、ECW所属となる。当時は『平和をもたらす男』とか呼ばれてたとかないとか。まあこの通り、いてもいなくても大差ないジョバーだった。2012年頃には3MBという余りもの寄せ集めロックバンドユニットを結成。本業ヴォーカルクリス・ジェリコを引き込もうとするなど色々画策するがジョバーの域を抜け出すことはならず、忘れられたころにひっそり解雇される。その後インディー団体で破壊王の息子橋本大地と試合したりしてたらしい。

2016年WWEに復帰するが、その存在は相変わらずいるかいないか良く分からないまま。なんせ復帰の扱いは3MB時代の盟友(?)ヒーススレーターが契約を獲得するために奔走するストーリーで、時のGMミック・フォーリーから契約を賭けて戦うよう言われ、『たちは友だぞ!戦えるわけないじゃないか!』とスレーターが言う裏でひっそりとゴングを鳴らさせて勝つという噛ませ犬とでもいうべきポジションである。案の定その後はいるんだかいないんだか忘れられた元通りの存在となった。PPVどころかRAWで試合をしたかどうかさえ覚えていない。
この時点で1年後彼があんなことになるなどが想像しただろうか…。

まさかの飛躍

時は移ろい17年のWrestleMania33、キックオフショーで開催された『アンドレ・ザ・ジャイアントバトルロイヤル』、少々厳しい言葉を使えば『C級ジョバーの皆さんを祭典に出してあげるお情け試合』に出場し、一応ラスト2まで残るというそれなりの活躍を見せる。更に祭典後にSDにトレードされた直後、ランディ・オートンが持つWWE王座への挑戦権争奪戦に出場する。正直、彼のこれまでの実績を想えば言うまでもなく最大のチャンスである。
ただしこの試合、6人が6人いもって燻ってた選手達である。マハル以外の5人を列記すると、

と、『が勝っても王者とか理だろ』としか言いようがない、1番人気に二桁のオッズがつくしかいない争いであった。そんな中、どういうコネクションか知らないがシンブラザーズなるインド兄弟を突如介入させ、まんまと挑戦権を奪取した。

が勝っても大穴のような戦いだったが、いざカードが決まってみると、『14度の世界王者にしてWWEの誇る天才サラブレッドVS『1か前までいてもいなくても大差なかった見たの汚い』というカードに。『こんなのに最高王座を巻かせたらWWEも終わりだな』とはユニバースの総意だったろうが……案の定と言うべきか、大して綺麗でもないコブラクラッチスラム(ザ・クハラス)でとうとう彼は最高王座にまで到達してしまった当然こんな扱いのオートンは内心煮えくり返っていたのか、に酔った勢いでインディー選手Disに走り、それがヤングバックスおもちゃになったのだがそれは別の話。

何がどうしてこうなった?-インド進出という『事情』-

少々大人の事情に触れておくと、前年(2016年)よりWWEは本格的に世界戦略を加速させ始めた。この1年半の動きを整理すると、

といった具合。そして彼らが次にを付けたのは、近い将来中国を追い抜き、世界最大の人口を誇るとされるインドである。プロレス未開のこの地にWWEを広める――その広告として使われたのが彼だったのだ。実際インドヒールとして活動しているが、ヒンディー語実況では『手段を択ばず王座を奪いに来るアメリカ人・オートンを迎え撃つヒーロー』として扱われているらしい。なにがなんだか。

『立場が人を作る』という期待もあったがまあそうでもなく、正直技術面も向上してるかと言われたら微妙なところだが、なんにせよ広告にされてしまった以上は今後の彼の成長に期待するしかないだろう。
問題はインド市場を重視した効果が思った以上に薄く、加えて他のユニバースから軒並みダメ出しをされているという状況で、ビンスが短気になってしまいあっさりとジョバー落ちという可性が多少なりとも考えられることだ。

シン・ブラザーズ

シンブラザーズとは、オートンのストレス解消サンドバッグ、投げ捨てて遊ぶものである。
どう考えてもマハルよりこいつらの方が頑ってる。詳しくは関連動画を参照されたし。

関連動画

関連商品

ジンダー・マハルに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ジンダー・マハルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジンダー・マハル

5 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 17:01:04 ID: EzTEDc/Guo
参考動画を載せるのは良くないんじゃないか?
6 ななしのよっしん
2017/09/11(月) 03:24:45 ID: 62jq8ewsuX
インドカナダ人3世だからなあ
7 ななしのよっしん
2017/12/01(金) 00:31:54 ID: MBTUG6YJfy
ジンダーさんのインタビュー見てみろ。でいい人だぞ?
http://archive.is/yX60xexit
8 ななしのよっしん
2017/12/18(月) 08:59:24 ID: qQTvzcsQct
>>7
いいもの読ませてもらったわ。
9 ななしのよっしん
2018/01/11(木) 13:56:28 ID: SBeC31kr0J
最初の王座戴冠した時のシェイマスだってボロクソ言われていたんだし、案外コメディやらせたら映えるかもしれない。
10 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 13:45:19 ID: S1GfPZfQZb
>>9
むしろ近年のシェイマスレインズの反省を何故活かせないのかってのと
明らかにその2人以上に「大人の事情」があからさまに見えてるのがまずい
ジンダー・マハル軍団”が嫌われるのは仕方ないけど中の人たち、特に付き人2人とかはリアルで嫌われてそうで気の毒レベルだわ…
11 ななしのよっしん
2018/04/05(木) 15:10:53 ID: ffblip8/px
シンブラザーズは(プヲタには)好かれてるだろ。優秀な受け職人じゃん
12 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 16:49:18 ID: xfahNs8e3x
せめてフィニッシャーだけでももう少し麗なら……
13 ななしのよっしん
2018/06/12(火) 23:03:22 ID: MtY47omKXF
まさかセスくんと相性がいいことが判明するとは…
14 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 22:30:04 ID: nrTxeCJKal
記事では触れられてないけどシンブラザーズクルーザー・ウェイト・クラシックの時に回収した人達なんですよね
2人とも今と違う名前で1回戦であっさり敗退してたけど