スイフトスワロー単語

スイフトスワロー

スイフトスワロー(Swift Swallow)とは1977年まれの米国産の競走馬

故障により未出走で現役を終えた後、種として渋い活躍を見せた。
日本ではダービースタリオンの影か名前だけは知ってるという人も結構多い。

名前は「素ツバメ」、Swallowには飲み込むという意味もあるので、食いともとれる。

華麗なる生い立ち

Northern DancerHomeward Bound、Alycidonという血統。

が産まれた時には既に、ノーザンダンサーからニジンスキーリファールが活躍しており、更に母親は英オークスヨークシャーオークスの優勝欧州最強レベルの名ステイヤーという超絶良血

そのせいか、1歳時のセリで500万ドル(当時のレートで約10億円)で取引された。

その期待の良血スイフトスワローの現役時代は... が原因で未出走で引退しました。

実に渋い活躍

その良血が買われて日本で種入り。種としてはアリシドン譲りの重厚さを生かし、に中長距離ダート路線に産駒を送り出した。中央重賞京都新聞杯とラジオたんぱ賞を勝ったレオテンザンのみだが、他にダービー2着のサニースワロー(サニーブライアン伯父)がいる。

また、地方競馬で活躍を複数送り出しており、代表格が岩手・南関の名スイフトセイダイである。他にも帝王賞2着のチャンピオンスターや、マリーンCを制したエフテーサッチがいる。むしろ芝よりダートを得意としたようだ。1991年には地方リーディングを獲っている。

として皐月賞東京優駿の2冠サニーブライアンライブリマウント産駒で笠松競馬所属の中ダートグレーGIIを2勝したミツアキタービンがいる。産駒にもにも言えることだが、切れる脚よりも根性やで勝つ印が大きい。

1996年に19歳で死亡。もう少し長生きできていれば地方交流の波に乗れていたであり、少し残念。

ダービースタリオンでの彼

初版制作者はダビスタやった事ないので、詳しい人は追記して頂けますと幸いです。

競馬ゲーム、「ダービースタリオン96」にて種として登場したスイフトスワローは、そっちの方で大活躍。特にワイルドゲインとの配合は非常に優秀であったと言われている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スイフトスワロー

1 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 12:37:34 ID: yEVf21HTA8
ダビスタプレイヤーだったけど、当時はネットがろくにかったから情報格差がしくてなー
この記事見るまで知らなかったよ

急上昇ワード