スウェン・カル・バヤン単語

スウェンカルバヤン

スウェン・カル・バヤンとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZERの登場人物である。

概要

20歳。ナチュラル男性
地球連合軍第81独立機動群、通称「ファントムイン」に所属するモビルスーツパイロット中尉
乗機はGAT-X105E ストライクノワール

MSの操縦は高く、応用の高さで難敵と渡り合うこともできる。一部ではガン=カタなどと呼ばれているが彼の戦闘スタイルはそれほど奇抜なわけではない。

寡黙で自己を表現しない性格。
幼少時はそれなりに裕福な庭で優しい両親と暮らしていた明るい少年だったが、事故で両親を失うと反コーディネイターを掲げるブルーコスモスの施設に入れられ過酷な洗脳教育兵士としての厳しい訓練を受けさせられてファントムインMSパイロットになった。公式サイトでは"この教育によりコーディネイターに強い憎悪を抱く冷酷非情な戦闘マシンとなっている。"と記述されているが、劇中では何事も淡々と片付ける一方、上官からテロリストが潜んでいるという名での難民キャンプのコーディネイター殲滅作戦を命されるとためらいを見せるなど、むしろ周囲にいる反コーディネイター義の者達とは異なる存在である。

子供の頃は天体観測を好み買ってもらった望遠かせるなどしており、今でもにある種の想いを抱いている。

何事にも興味を示さない振る舞いをしているが、同僚であるミューディー・ホルクロフトが敵に襲われている姿を見た時は怒りを、同じくシャムス・コーザ機のシグナルがロストした時は動揺を見せ、乗機であるノワール宇宙で投棄された時は何とも言えない表情をしていた。

ラストで眠りにつく彼は多くの人達が見せてくれた人間として当たり前の笑顔、優しさ、強さ、温かさを想い出していた。
任務外の時の娯楽で屈託ない笑顔を見せた同僚、
施設に向かって走り出したバスにいたたまれなくなって追いすがる女性
ブルーコスモスの盟につかみかかる教官、
そして両親。
彼がコーディネイター憎しの思想にとらわれていないのはこれらが根底にあるからだろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

スウェン・カル・バヤンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スウェン・カル・バヤン

1 ななしのよっしん
2015/04/30(木) 21:14:40 ID: JcyQxUwZTn
おお、記事できたのか。
感動関心じゃなく、心を押し殺しているのが良く描かれてた、ってのが良く判る記事だ。
2 ななしのよっしん
2015/08/22(土) 00:06:23 ID: K7xtaPc2M0
欲を言えばノワールと一緒に活躍する姿がもっと見たかったなあ
3 ななしのよっしん
2016/02/12(金) 20:11:49 ID: I+9jHf4KJ+
短い話の中で彼の人となりが良くわかる描写がされていたと思う。
4 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 11:22:51 ID: Kimmk92Faf
公式コミカライズじゃ父親が通信衛星の技師だったな。
母親も、もしかしたらその業界の人間なのかもしれないな。