スカラベ単語

スカラベ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

 スカラベとは、

  1. そういう昆虫のことである。フンコロガシとも呼ばれる。
  2. の一種。

 ここでは1について記述する。

概要

代表的な種類はタマオシコガネなど。コガネムシ科の昆虫で、と呼ばれる一群の一種。別名「食コガネムシ」とも呼ばれる。
そう、コイツウンコを食うくせにあのコガネムシカブトムシ仲間である。

動物ウンコをちぎり取って球体に加工したあと、逆立ちで丸めたウンコを起用に転がして、安全な巣まで運んでいく。
種類によっては加工せずその場で食べるだけのヤツもいる。また転がしている最中に他のスカラベにウンコを横取りされてしまうことも。自然界は過酷である。

日本では鹿の多い奈良県などの地域に多くのが存在している。
ウンコ必須の生物と思われそうだが、実は昆虫ゼリーも食べるので飼える。
種類によって食性が違ったりするので注意は必要だが、見たが綺麗な種類も多いので、コガネムシの一種として普通に飼っている人もいる。

古代エジプトとスカラベ

古代エジプトでは、このウンコを大きな球体にして転がすさまが太陽を運行するように見えたため、太陽ケプリ(太陽ラーの形態の一つ、日の出を表す頭部がそのまんまスカラベの姿をしている)と同一視され、なる甲虫として視された。このため、画に描かれていたり、スカラベのミイラが作られたりもした。
ちなみに、古代エジプトの人たちがなる甲虫としていたのは、正確には「ヒジリタマオコガネ(スカラベ・サクレ)」という種類の方である。

それから重犯罪者をこのに食わせる刑罰「ホムダイ」にも欠かせないである…というのは映画ハムナプトラ』で登場した創作のスカラベ。
この作品のスカラベは他の生物へ集団で襲い掛かる暴な昆虫として表現されているが、コガネムシ科にそのような獰猛な種類が見つかったことはない。

余談だが、丸めたウンコを巣に運ぶ際、太陽を、月の光を頼りに移動する。さらに太陽頂にある時はを読んで移動し、のない天の川明かりしるべに運ぶという、割とガチ秘的な生態を持つことが研究明らかになっている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スカラベ

1 ななしのよっしん
2020/11/28(土) 17:50:25 ID: MJIgjJnvkS
ウンコを運ぶを視するとか冷静に考えるとレベル高いっすね
まあ、を抑えてくれるありがたいだったんだろうけど

それはそうと日本にも小さいけど同じようにウンコを運ぶがいるらしいですね
2 ななしのよっしん
2021/08/25(水) 22:28:40 ID: goffps5TWm
太陽を見て運ぶ方向を決めるっていう習性をひょっとしたら古代エジプト人は知ってたのではないだろうか
曇りの日にはうまく転がせない