スクールカースト単語

26件
スクールカースト
2.9万文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

スクールカーストとは、学校に通う児童・生徒学生[1]たちの中で発生する階級社会のひとつである。

概要

定義

スクールカーストとは、学校に通う児童・生徒学生たちの中で発生する階級社会のうち、「特定の技の向上を的とせずに学校内で結成される団体」の内部で発生する階級社会のことをいう。

学校の中には、部活動のように「特定の技の向上を的として学校内で結成される団体」があり、そうした団体の中で階級社会が形成されることがある。体育会系部活動において年齢カーストというべき階級社会が発生することは恒例であり[2]文化系部活動においても技の巧拙により階級社会が発生する可性がある。しかし、そのような階級社会をスクールカーストと呼ぶ例は少ない。

学校の中には、学級(クラス)とか学年のような「特定の技の向上を的とせずに学校内で結成される団体」があり、その内部で階級社会が発生することがある。この階級社会をスクールカーストと呼ぶことが多い。

日本は諸外べて学級単位で授業を受ける機会が多いなので[3]、学級の内部でスクールカーストが発生することが多い。

特徴その1 複数の階級が発生し、その階級が格付けされる

他の様々な階級社会と同じように、スクールカーストにおいても、ある一定の価値を多く持つか少なく持つかにより人々が複数の階級に分かれる。

スクールカーストにおける複数の階級は、「上位階級・中位階級・下位階級」とか「一軍・二軍三軍」といった具合に格付けされ、序列を付けられ、上下関係を決められる。ある一定の価値を多く持つ人が集まる階級は上位階級とか一軍になり、ある一定の価値を少なく持つ人が集まる階級は下位階級とか三軍になる。

日本において、思春期を迎える前の男子は、身体の強さによってスクールカーストを決める傾向にある。思春期を迎える前の女子は、教師に好かれているかどうかによってスクールカーストを決める傾向にある。思春期を迎えた後の子どもは、男子女子も、異性にモテるかどうかによってスクールカーストを決める傾向にある。これらについては本記事の『日本のスクールカースト』の項で詳しく述べる。

特徴その2 菱形の階層構造になる

スクールカーストは、少数の上位階級と多数の中位階級と少数の下位階級で構成され、中位階級が最多数となり、菱形の階層構造になる。そのことは様々な文献で摘されている[4]

カルト宗教団体やブラック企業の中で形成される階級社会は、極めて少数の上位階級と少数の中位階級と多数の下位階級で構成され、ピラミッドの階層構造になり、ヒエラルキーを作りあげる[5]

体育会系部活動年齢カーストは、上位階級と中位階級と下位階級の人数が特に決まっているわけではなく、各年度における入部者数とその時点までの退部者数で決まる。上位階級と中位階級と下位階級がほぼ同じぐらいになってドラム缶の階層構造になることもあり得るし、逆三角形の階層構造になることもあり得るし、ピラミッドの階層構造になることもあり得る。

特徴その3 所属する階級が異なる人同士の交流が失われる

他の様々な階級社会と同じように、スクールカーストにおいても、所属する階級が異なる人同士の交流が非常に少なくなり、人々が分断される。所属する階級が異なる人同士ではお互いがお互いを無視するようになり、世間話さえも行われない。積極的情報提供権(表現の自由)が大いに制限された社会になり、情報交換が行われず、情報が流通しない。

上位階級に属する者は「自分よりも下の階級に属する者と会話すると、自分がその階級に降格したかのような印を周囲に与えてしまう」と警するようになり、「自分よりも下の階級に属する者に話しかけてはいけない」と思い込むようになり、自分よりも下の階級に属する者に対する積極的情報提供権(表現の自由)を自ら封印するようになる。また、自分よりも下の階級に属する者から話しかけられても嘲笑して相手にしなかったり、全に無視したりする。

下位階級に属する者は「自分よりも上の階級に属する者に話しかけても嘲笑されたり無視されたりするだろう」と予測するようになり、「自分よりも上の階級に属する者に話しかけてはいけない」と思い込むようになり、自分よりも上の階級に属する者に対する積極的情報提供権(表現の自由)を自ら封印するようになる。

スクールカーストに限らずすべての階級社会に言えることだが、階級社会には大きな欠点がある。階級社会になると、人々の積極的情報提供権(表現の自由)が大いに制限され、情報が流通しなくなり、通しの悪い社会になり、人々の間で社会の欠点が認識されなくなり、社会の闇がいつまでも残り続け、見て見ぬふりが横行し、「臭いものに蓋をする」という社会になり、社会自浄作用が失われ、社会が発展せずに停滞してしまう。

特徴その4 上の階級に移動することが難しい

他の様々な階級社会と同じように、スクールカーストにおいても、最上位階級以外のどれかの階級に属する人が現状より上の階級に移動するのは難しい。

思春期を迎える前の男子が作る社会なら、身体の強さによって階級が決まる傾向にある。身体というのは生まれつきで決まることが多く、本人の努で向上させられる割合が少ない。

また、思春期を迎える前の女子が作る社会なら、教師に好かれるかどうかによって階級が決まる傾向にある。教師に好かれるかどうかには容姿が大きくする。思春期を迎える前の女子の容姿は、生まれ持った顔面偏差値と、両の財で買いそろえた装で決まるのだが、このどちらも本人の努で向上させることが難しい。ゆえに、思春期を迎える前の男子女子の中で最上位階級以外のどれかの階級に属する人は、現状より上の階級に移動するのが難しい。

思春期を迎えた後なら、男子が作る社会女子が作る社会も、異性にモテるかどうかによって階級が決まる傾向にある。異性にモテるかどうかには身体と容姿の2要素が大きくする。先述のように、身体を本人の努で向上させることは難しい。

中学生と「進学校に通う高校生」にとって、本人の努で容姿を向上させることは難しい。中学生アルバイトすることが不可能で、収入を稼ぐことができず、飾品や化粧品を購入するなどして容姿を向上させることが難しい。高校生になるとアルバイトが可になるが、進学校に通う高校生なら両によってアルバイトが禁止されやすい。日本は「大学人生の半分が決まり、就職で人生のもう半分が決まる」といわれる社会なので、進学校子どもを通わせているような両なら「大学に行くまではアルバイトせず、勉強に集中すべきだ」という思想を持つことが極めて多い。ゆえに、中学生と「進学校に通う高校生」の中で最上位階級以外のどれかの階級に属する人は、現状より上の階級に移動するのが難しい。

一方で、「進学校でない高校に通う高校生」や大学生は、本人の努で容姿を向上させることが較的に容易である。アルバイトをしやすく、収入を稼ぎやすく、飾品や化粧品を購入したりして容姿を向上させることが容易になる。とくに、20歳以上になると整形手術するにあたっての同意書が不要になるので、整形という究極の化粧をして顔面偏差値を上げることが可になる。ゆえに、「進学校でない高校に通う高校生」や大学生の中で最上位階級以外のどれかの階級に属する人は、現状より上の階級に移動するのが較的に容易である。

特徴その5 「相手の欲望を探知してその欲望を満たす能力」で上の階級に上昇することがある

スクールカーストを形成する学級において、本来は中位階級に属しているはずの人物が、「相手の欲望を探知してその欲望を満たす」を駆使して上位階級の中に入り込むことがある。

上位階級に属する人の欲望を探知し、上位階級に属する人の欲望を満たすために様々な行動をする。償で品を差し出したり、償で労務を提供したり、償で権利を譲渡したりして、上位階級に属する人の歓心を買い、上位階級に食い入る。

償で品を差し出す行為には、飯をおごるなどの行為がある。

償で労務を提供する行為の中には、「宿題を代わりにやってあげて上位階級に属する人を喜ばせる」とか「カラオケ美声を披露して上位階級に属する人を楽しませる」とか「自分をネタにして笑いを提供して上位階級に属する人を楽しませる」というような合法的な行為もあるし、「下位階級に属する者をいじめて笑いものにして上位階級に属する人を楽しませる」という人権をともなう不法な行為もある。

償で権利を譲渡する行為とは、「ものごとを決める権利」を全面的に譲渡して、付和雷同し、ゴマすり・忠イエスマンイエスウーマン)になることである。

スクールカーストの上位階級に属する人のすべてが「『相手の欲望を探知してその欲望を満たす』で昇格した人」ではないので、「『相手の欲望を探知してその欲望を満たす』は上位階級に属するための必須条件である」ということはできない。しかし、「『相手の欲望を探知してその欲望を満たす』を原因として上位階級に属する例がある」ということができる。

ちなみに、体育会系部活動年齢カーストにおいて、「相手の欲望を探知してその欲望を満たす」で上の階級に上昇することは全くあり得ないことである。

特徴その6 「空気を読みすぎる人」を生み出しやすい

スクールカーストの厳しい学校で育った人は、空気や「場の雰囲気」をしっかり読み、情況把握が高く、周囲と調和し、暗黙の了解に従い、「痛い行動」を決して取らず、「出過ぎた真似」を決して行わず、協調性が極めて高い人材になりがちである。

スクールカーストの厳しい学校で育った人は、空気や「場の雰囲気」を読んで要領よく振る舞って人に気遣いすることは上手になるが、積極的情報提供権(表現の自由)を行使して情報をしっかり伝達するが低くなり、「空気読みすぎて何か物足りない人」になりがちである[6]

スクールカーストの厳しい学校で育った人は、積極的情報提供権(表現の自由)を行使して情報をしっかり伝達しようという意欲が乏しいので、情報収集権(表現の自由)を行使して情報をしっかり収集しようという意欲も乏しい傾向になる。調べ物をするがやや低くなりがちである[7]

思春期を迎える前の子どもで構成される学級なら、質の悪い教師が統治する学級でスクールカーストが厳しくなり、質の良い教師が統治する学級でスクールカーストが緩やかになる

思春期を迎える前の男子は、身体の強さによってスクールカーストを決める傾向にある。質の悪い教師が学級を統治している場合、その教師が身体の低い子どもを軽蔑する態度を取り、スクールカーストに同調し、スクールカーストを強化するような存在になり続けるので、スクールカーストが厳しくなる。しかし、質の良い教師が学級を統治している場合、その教師が身体の低い子どもを軽蔑する態度を取らず、スクールカーストに同調することがなく、スクールカーストを弱体化させるような存在になり続けるので、スクールカーストが緩やかになる。

思春期を迎える前の女子は、教師に好かれているかどうかによってスクールカーストを決める傾向にある。質の悪い教師が学級を統治している場合、その教師特定子どもを依怙贔屓(えこひいき)し、子どもによって待遇に差を付け、スクールカーストを強化するような存在になり続けるので、スクールカーストが厳しくなる。しかし、質の良い教師が学級を統治している場合、その教師特定子どもを依怙贔屓する態度を取らず、すべての子どもに対して等に接し、スクールカーストを弱体化させるような存在になり続けるので、スクールカーストが緩やかになる。

一言で言ってしまえば次のようになる。思春期を迎える前の子どもで構成される学級においてスクールカーストが厳しくなるか緩やかになるかは、その学級を統治する教師が決めるのである。

逆に言うと次のようになる。思春期を迎える前の子どもで構成される学級においてスクールカーストが厳しくなっているのなら、その学級を統治する教師の質が悪いのである。思春期を迎える前の子どもで構成される学級においてスクールカーストが緩やかになっているのなら、その学級を統治する教師の質が良いのである。

教師の大部分は、大学卒業してそのまま教師になるのであり、「大勢の大人で占められている一般的な職場」を体験せずに教師になるのであり、一生を学校の中で過ごす。そのため「学生気分が抜けていない教師」というものがしばしば見られる。「学生気分が抜けていない教師」の一部には、スクールカーストに同調し、スクールカーストの上位階級に属する人と仲良くなって中位階級に属する人や下位階級に属する人を冷たくあしらう者がいる。こういう教師は「質の悪い教師」と言わねばならない。

思春期を迎えた後の子どもで構成される学級なら、共学校でスクールカーストが厳しくなり、男子校や女子校でスクールカーストが緩やかになる

思春期を迎えた後の男子女子は、異性にモテるかどうかによってスクールカーストを決める傾向にある。

思春期を迎えた後の男子女子は、共学校通学するか、男子校または女子校通学するか、のどちらかを選ぶことになる。

学校ではスクールカーストが厳しくなる傾向がある。共学校では「異性」というものが常に存在するので、「異性にモテたい」という欲求が強く刺される。そのため「異性にモテる要素を持つ人を友人にして、自分のモテ度を高めたい」とか「異性にモテない要素を持つ人を自分の周りから排除して、自分のモテ度が低くなることを防ぎたい」といった欲望が強まり、スクールカーストが厳しくなっていく。

一方で男子校女子校ではスクールカーストが緩やかになり、所属する階級が異なる人同士の交流がある程度行われるようになり、和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気になり、無階級社会に近い状態になる傾向がある[8]

女子校では、スクールカーストが緩いので、下位階級の女子が描いたマンガクラスのみんなで回し読みして上位階級の女子が「なかなかいいじゃん」などと誉めることがある[9]

学校では、スクールカーストが厳しいので、そういう現が非常に発生しにくい。共学校では、上位階級に属する者が「マンガを描く者はマンガキャラするような者であり、異性にモテることをそうとしない者であり、異性にモテる要素が少ない者なので、自分の周りから排除して、自分のモテ度が低くなることを防がねばならない」とか「マンガを描く者を無視しよう」といった意識を持ちがちである。

ちなみに1980年代以前の女子校、すなわち昭和時代以前の女子校は、スクールカーストがやや厳しかったようである[10]。この時代の女子校は「おさんを養成する機関」といった役割を期待されていたところがあり、生徒学生卒業した直後にお見合い結婚をすることが多かったし、卒業アルバム写真がそのままお見合い写真になることも多かった。教師や両から「いいおさんになりなさい」と教育されて異性を強く意識する性格になった生徒学生は、「自分より柄の低い子と付き合うと、それにされて、いいおさんになれなくなる」という意識を共有していたようであり、実家柄でスクールカーストを決めていて、階級が異なる人同士の交流が少なかったという。つまり、校舎の中に異性がいなくても、教師に「校舎の外の異性」を強く意識するように仕込まれると、スクールカーストが厳しくなる。

スクールカーストが生まれる原因

学校に通う児童・生徒学生がなぜスクールカーストを形成するのかというと、彼らが「自らが重視する価値を多く持つ人を友人にして自らを飾りたい」という欲求をもっているからである。

たとえば、思春期を迎える前の男子は、身体が高いという価値観を最も重視する傾向にある。そうした男子は「身体の高い人を友人にして自らを飾りたい」という欲求を強く持っており、その欲求により「あいつは身体が低いので友人にしない、あいつは身体が高いので友人にする」という選別を行うようになる。その選別が重なることで、身体によるスクールカーストが形成されていく。

また、たとえば、思春期を迎えた後の子どもたちは異性にモテるという価値観を最も重視する傾向にある。そうした子どもたちは「異性にモテる人を友人にして自らを飾りたい」という欲求を強く持っており、その欲求により「あいつはモテないので友人にしない、あいつはモテるので友人にする」という選別を行うようになる。その選別が重なることで、異性にモテるかどうかによるスクールカーストが形成されていく。

つまり学校に通う児童・生徒学生には「人を装飾品に見立てて、人で自分を飾りたい」とか「人を化粧品に見立てて、人で自分を化粧したい」といった欲求をもっており、その欲求によってスクールカーストが発生している。

学校に通う児童・生徒学生の大多数は経済的実が極端に低くて装飾品や化粧品を購入する資が少ない。学校に通う児童・生徒学生の中でごく少数の者は富裕層のから多額の小遣いをもらっていて資恵まれているが、試行錯誤しつつ装飾品や化粧品を購入して得られる経験というのが少ない。このため学校に通う児童・生徒学生は装飾品や化粧品で自らを飾ることが難しく、「好ましい価値を多く持つ人を装飾品や化粧品と見なし、その人を友人にすることで自己を飾りたてる」という安上がりな方法を選ぶしかない。つまりスクールカーストは、学校に通う児童・生徒学生の資や経験が不足しているために発生している。

スクールカーストを利用したいじめ

スクールカーストが発生した学級は2種類に分けられる

スクールカーストが発生した学級の中には、スクールカーストを利用したいじめが発生しにくいものと、スクールカーストを利用したいじめが発生しやすいものの2種類がある。

ここでいう「いじめ」とは、心理的又は物理的なを与えて心身の苦痛を感じさせることである[11]

いじめのことをスクールハラスメント(スクハラ)と呼ぶこともある。パワーハラスメントパワハラ)やカスタマーハラスメントカスハラ)と同じようなハラスメント行為で、立場の強い者が立場の弱い者に対して心理的を与えて心身の苦痛を感じさせることである。

また、ここでいう「スクールカーストを利用したいじめ」とは、同じスクールカースト階級に属する者たちが徒党を組んで行ういじめのことである。

スクールカーストが発生しつつ「スクールカーストを利用したいじめ」が発生する学級における体験談があまりにも深刻で非常に悪名高いので、「スクールカーストが発生すると必ずそれを利用したいじめが発生する」と思われがちだが、実際はそんなことはない。

スクールカーストが発生するのに「スクールカーストを利用したいじめ」が発生しない学級は、富裕層子女が集まる共学校で見られやすい。そういう学級は、上位階級に属する人たちと中位階級に属する人たちと下位階級に属する人たちで分裂し、階級を同じくする人たちの間のみで趣味・嗜好の情報交換が行われ、階級間に大きながあるが、上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して攻撃的な言動をしていじめに励む姿が見られない。総じて言うと相互不干渉の状態となる。

スクールカーストが発生しつつ「スクールカーストを利用したいじめ」が発生する学級は、貧困層子女が集まる共学校で見られやすい。そういう学級は、上位階級に属する人たちと中位階級に属する人たちと下位階級に属する人たちで分裂し、階級を同じくする人たちの間のみで趣味・嗜好の情報交換が行われ、階級間に大きながあるのだが、上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して攻撃的な言動をしていじめに励む姿が見られる。上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して意図的に接近し、攻撃を仕掛け、反撃を許さない。総じて言うと一方的干渉の状態になる。

上位階級に属する者が自信を失うとスクールカーストを利用したいじめが行われる

上位階級に属する者の自信が破壊されると、上位階級に属する者が自信を取り戻すためにスクールカーストを利用したいじめをするようになる。

いじめをして人が恐怖む顔を見ることにより、「自分には凄いがある」と思うことができ、自信を取り戻すことができる。また、いじめをすることで、いじめの現場を撃する者に「自分に反抗するとこのように迫してやる」と威圧的に警告することができ、自らの権を増大させることができ、自信を取り戻すことができる。

所得が低くて生活が苦しい両のもとに生まれついた者は、つまり親ガチャの失敗者は、両の怒りや罵倒を浴びる傾向にあり、児童虐待の心理的虐待の犠牲になる傾向があり、両に自信を破壊される傾向にある。このため低所得庭の子女が集まる学校では、スクールカーストの上位階級に属する者が自信を取り戻すためにいじめに励むようになる。

所得が高くて生活に余裕がある両のもとに生まれついた者は、つまり親ガチャの成功者は、両の怒りや罵倒を浴びない傾向にあり、児童虐待の心理的虐待の犠牲にならない傾向があり、両に自信を破壊されることが少ない傾向にある。このため高所得庭の子女が集まる学校では、スクールカーストの上位階級に属する者がいじめに励むことが少ない。

の所得が高いほど、子ども偏差値が高くなって高学歴になる」ということはよく摘されることである。

偏差値の共学校であれば、低所得庭の子女が集まりやすく、スクールカーストを利用したいじめ較的に発生しやすい。

偏差値進学校の共学校であれば、高所得庭の子女が集まりやすく、スクールカーストを利用したいじめ較的に発生しにくい。

上位階級に属する者に過度なストレスが掛かるとスクールカーストを利用したいじめが行われる

上位階級に属する者に過度なストレスがかかると、そのストレスを発散させて健康を取り戻すために、上位階級に属する者が率先していじめを行うようになる。

思春期を迎える前の女子が作る学級内社会でそういう現が発生しやすい。容姿が良くて勉強ができて合唱ピアノ伴奏という償労働もこなすような女子教師に気に入られてスクールカーストの最上位に君臨することが多いのだが、そういう最上女子いじめ犯になることがある。

容姿が良いとストレスが溜まりやすい。それはなぜかというと、他者に顔などをジロジロと見られることが毎日ずっと続くからである。視線を浴びる生活がずっと続くとストレスになる。

教師の期待に応えるために勉強やピアノ伴奏を頑ると、それだけで心理的な負担が増え、ストレスが溜まりやすい。

また、思春期を迎えた後の男子女子が作る学級内社会でも「ストレスを原因とした上位階級所属者によるいじめ」が発生することがある。

部活動における過酷な練習教師からの期待という重圧、彼氏・彼女の機嫌を取るための精的苦労、これらにより上位階級に属する者はストレスを溜め込んでいることがある。そうしたストレスを発散させるために上位階級に属する者がいじめに励むことがある。

教師が特定の子を公然と依怙贔屓するとその子に対してスクールカーストを利用したいじめが行われる

教師の中には、特定の児童・生徒学生を依怙贔屓(えこひいき)しない者と、特定の児童・生徒学生を依怙贔屓する者の2種類がある。

そして特定の児童・生徒学生を依怙贔屓する教師は、然と依怙贔屓する者と、隠然と依怙贔屓する者の2種類がある。

特定の児童・生徒学生然と依怙贔屓するというのは、いくつかの例が考えられる。①児童・生徒学生の成績を一切表しない学校において、担任の教師が授業中に児童・生徒学生に対して「Aは君たちよりも成績がよい。君たちはAよりも成績が悪い」と言うことが例に挙げられる。また、②担任の教師が授業中に児童・生徒学生に対して「Bを学級の代表としてみんなが盛り立てるべきだ」と言うことも例に挙げられる。

①は、A以外の全ての児童・生徒学生の名誉(外部的名誉・社会的地位)を傷つけており、刑法第230条の名誉毀損罪に該当する。

②は、B以外の全ての児童・生徒学生に対して、害悪告知をせずに義務を課しているのであるから、刑法第223条の強要罪には該当しない。しかし、通信簿の記述により児童・生徒学生の外部的名誉(社会的評価)に対する危を加えることができる担任の教師が義務を課している。そして、義務の内容も教育にとって適切なものとは言い切れず、「社会通念の上で課されるべき義務」と言いづらい。このため②は「強要罪によく似ていて非常に望ましくない行為」と言うことができる。

児童・生徒学生は、①や②のようなことを行う教師に対して強い反感を持つ。しかし、教師というものは権が強いので、児童・生徒学生にとって、①や②のようなことを行う教師に対して反抗したり批判したりすることが非常に難しい。

そのため、①や②のようなことを行う教師に遭遇した児童・生徒学生は、そうした教師に依怙贔屓された特定生徒に対して「スクールカーストを利用したいじめ」を行い、その生徒スケープゴート(いけにえ)にして、憤懣をらすのである。つまり、その生徒を集団無視の対にして、にも話しかけられない最下位階級に転落させる。

こうした現は、富裕層の子女が集まっていていじめが発生しにくいはずの学校でも起こる可性がある。

スクールカーストを利用したいじめの性質その1 コミュニケーション操作系のいじめが多い(ただし思春期を迎える前の男子社会は例外である)

いじめというものは、「暴力のいじめ」と、「コミュニケーション操作系のいじめ」の2種類に分けられる[12]

暴力のいじめ」は殴る蹴るの暴行が例に挙げられる。殴る蹴るは身体に対する加であり、刑法208条の暴行罪や刑法204条の傷罪で取り締まることができる。

一方、「コミュニケーション操作系のいじめ」は集団無視誹謗中傷が例に挙げられる。集団無視刑法で取り締まることが不可能だが、誹謗中傷は名誉に対する加であり刑法第230条の名誉毀損罪刑法第231条の侮辱罪で取り締まることができる。

スクールカーストを利用したいじめは、「コミュニケーション操作系のいじめ」であることが圧倒的に多い。特に、思春期を迎える前の女子社会や、思春期を迎えた後の子ども社会では、その傾向が強い。集団で無視をしていじめ者を現時点よりも下の階級に転落させる、然と悪口を言って罵ったり裏でこそこそ陰口を言ったりしていじめ者の外部的名誉(社会的評価)を傷つけていじめ者が現時点よりも下の階級に転落するように仕向ける、といったものが代表例である。

思春期を迎える前の女子社会思春期を迎えた後の子ども社会の中において、スクールカーストを利用して「暴力のいじめ」をすると、教師という校内警察官に見つかって懲罰される可性が発生する。教師の懲罰を受けた人物は、「教師に屈させられた格好悪い人」というイメージを身にまとうことになり、現時点よりも下の階級に転落する可性が発生する。このため、それらの社会では、スクールカーストを利用した「暴力のいじめ」があまり見られない。教師の権が弱くて治安の悪い最底辺学校ならスクールカーストを利用した「暴力のいじめ」が発生する可性があるが、そうでない学校ならスクールカーストを利用した「暴力のいじめ」が発生する可性が低い。

一方で、思春期を迎える前の男子社会は、「暴力のいじめ」がしばしば見られる。小学校男子教師に「小さい男の子は殴り合いをすることが多いし、身体がまだ低くて攻撃がまだ低いので放置しても大丈夫だろう」などと見られることが多く、スクールカーストを利用して「暴力のいじめ」をしても教師という校内警察官の懲罰を受けずに済む可性が高い。

余談であるが、体育会系部活動年齢カーストを利用したいじめは「暴力のいじめ」が多く、先輩後輩に対して一方的に殴る蹴るの懲罰的暴行をするのが代表例である。体育会系部活動では「競技における勝利して導したのに反抗されたので殴る蹴るの懲罰的暴行をした」という釈明が通用しやすく、教師という校内警察官の懲罰を受けずに済む可性が高いので、年齢カーストを利用した「暴力のいじめ」が発生しやすい。

スクールカーストを利用したいじめの性質その2 いじめが長期化・固定化されやすい

スクールカーストが発生して「スクールカーストを利用したいじめ」も発生する学級では、上位階級に属する者が、上位階級の中で最上位者に反逆した者や中位階級・下位階級に属する者に対していじめをする。そして、いじめ撃者は上位階級に属する者に対して反対することもできず沈黙したまま見て見ぬ振りをする。スクールカーストらしく、所属する階級が異なる者同士は意思の疎通が行われず、意見を表明できない。

スクールカーストが発生して「スクールカーストを利用したいじめ」も発生する学級は、上位階級に対する反発が非常に少ないので、上位階級によるいじめが長期化・固定化しやすい。いじめの対となった者は保健室登校[13]不登校に追い込まれることもある。

言うまでもないことだが、保健室登校や不登校に追い込まれるということは、日本国憲法第26条第1項で保障されている「教育を受ける権利」を侵されたということであり、さらには日本国憲法第13条で保障されている幸福追求権を侵されたともいうことができ[14]、基本的人権に対する重大な侵を受けたということである。このため、他者加害原理に基づいて「スクールカーストの上位階級がいじめをする権利」というものを制限すべきである。

スクールカーストを利用したいじめの例その1 上位階級に属する人へのいじめ

上位階級に属する人が、上位階級に属する人たちによる「スクールカーストを利用したいじめ」の対者になることがある。その口実は「上位階級の中で最上位に位置づけられる者に反逆した」というものが多い。

そうなると、上位階級の中でいじめ者を然と罵倒したり、上位階級の中でいじめ者に関して隠然と陰口をくようになり、上位階級の中で「あの者は上位階級に属するべきではない」という評価が共有される。

そして、いじめ者が上位階級の全員から無視されて集団無視の状態になるのだが、このことを「ハブる」(「省く」を変化させた若者言葉)ともいう。

上位階級から集団無視を受けて追放された者(A)は、中位階級に溶け込める場合もあるが、そうならない場合もある。「いったん中位階級に入ったら2度と上位階級に返り咲けない」という意識が働いて中位階級に所属することをA本人が拒絶することがある。「Aを受け入れたら上位階級の皆から睨まれて自分たちもいじめの対者になってしまう」という意識が中位階級に属する人たちに働いて、中位階級に属する人たちもAに対する集団無視に参加して、Aが中位階級に所属できなくなることがある。

上位階級から集団無視を受けて追放された者は、中位階級に転属することができず全くの孤立状態になり、保健室登校や不登校に追い込まれたりすることがあり得る。

スクールカーストを利用したいじめの例その2 中位階級・下位階級に属する人へのいじめ

いじめが二段階に分かれる

中位階級に属する人や下位階級に属する人が、上位階級に属する人による「スクールカーストを利用したいじめ」の対者になることがある。

のいじめは二段階に分けられる。

第一段階 公然と面罵して名誉を傷つける

第一段階において、上位階級に属する人が、中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して「お前は上位階級に入るだけのく、学級のやかさを作りあげるという貢献をしていない」と評価する。この評価は然と面罵するという形態で行われる。

たとえば、思春期を迎えた後の男子女子社会では「お前ノリが悪くて陰キャである」と然と面罵することが行われる。ノリが悪いというのは「歓楽に酔いしれている者に同調するが低い」といった意味の若者言葉である。陰キャというのは「性格が暗い者」といった意味で、2010年代以降に流行った若者言葉である。

こうした面罵は心理的を与えて精的苦痛をもたらすものであり、これだけでいじめ防止対策推進法第2条のいじめの定義に当てはまる。

余談ながら、「お前ノリが悪くて陰キャである」と面罵することについて刑法に基づいた取り締まりができるかどうかについて少々述べておく。こうした面罵は、相手の外部的名誉(社会的評価)を傷つける行為であるが、事実を摘示しておらず主観的な価値判断を述べただけなので[15]刑法第230条の名誉毀損罪を犯していることにならない。刑法第230条は事実を摘示して人の外部的名誉を傷つけることを取り締まる法律だからである。しかし、事実を摘示せずに主観的な価値判断を述べて人の外部的名誉を傷つけることを取り締まる法律は他にもあり、刑法第231条の侮辱罪がそれに該当する。主観的な価値判断を述べて人の外部的名誉を傷つけたとしても、正当な批判・批評の範囲内なら侮辱罪にならないのだが、正当な批判・批評の範囲をえて相手の人格を否定するような攻撃的な言葉なら侮辱罪になる可性が高まる。「お前ノリが悪くて陰キャである」という面罵のなかの「ノリが悪い」は正当な批判・批評の範囲内の言葉と言えそうだが、「陰キャ」は正当な批判・批評の範囲をえて相手の人格を否定するような攻撃的な言葉と言うべきなので、侮辱罪になる可性がある。

第二段階 義務を課し、権利の行使を妨害する

第二段階になると、上位階級に属する人が、中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して「お前は上位階級に入って学級のやかさを作りあげるという貢献をしていないのだから、その埋め合わせとして、何らかの労務を償で提供する義務を負うべきだし、何らかの権利を償で放棄すべきだ」と要する。

そうした要拒否すると「お前は上位階級に入るだけのく、学級のやかさを作りあげるという貢献をしていない」という面罵がやってくることが容易に予想されるため、中位階級に属する人や下位階級に属する人は恐怖に震え上がり、そうした要を受諾する羽になる。

毎日掃除文化祭の準備などで、上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して雑務を押しつけて義務を課すことがあるが、本項のいじめに該当する。

上位階級に属する人がムーメーカーになり、学級内のムードを作り、中位階級に属する人や下位階級に属する人に対してムードに合わせた「ノリのよい行動」を取ることを要することがある。それを断ると「お前ノリが悪くて陰キャである」という罵倒を浴びることになる。これも相手に義務を課したのであり、本項のいじめに該当する。

上位階級に属する人が下位階級に属する人をイジることがあり、下位階級に属する人が嫌がってもイジり続けることがある。イジるとは「笑いものにする、もてあそぶ、翻弄する」という意味のお笑い芸人であり、若者言葉である。つまり、上位階級に属する人が下位階級に属する人に対してイジられる義務を課している。これも本項のいじめに該当する。

文化祭の計画や修学旅行の班決めで、上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して「ものごとを決める権利の償譲渡」を要して、権利の行使を妨することがあるが、本項のいじめに該当する。

毎日の休み時間で、上位階級に属する人だけが大で笑い騒ぎ、中位階級に属する人や下位階級に属する人が大で笑い騒いだら上位階級に属する人が「黙っていろ」と罵倒しつつ抑圧することがある。これは、上位階級に属する人が中位階級に属する人や下位階級に属する人に対して「大で笑い騒ぐ権利」を償で放棄させたのであり、権利の行使を妨したのであり、本項のいじめに該当する。

余談ながら、「お前は上位階級に入って学級のやかさを作りあげるという貢献をしていないのだから、その埋め合わせとして、何らかの労務を償で提供する義務を負うべきだし、何らかの権利を償で放棄すべきだ」と要することについて刑法に基づいた取り締まりができるかどうかについて少々述べておく。名誉などに害悪を加える告知をして相手を畏怖させ、つまり脅迫して、相手の「意思決定の自由」を侵して[16]、そうした上で義務を負わせたり権利の行使を妨したりすると、刑法第223条を破ったことになり強要罪で取り締まることができる。このため「自分たちが課す義務に従わないなら、お前ノリが悪いので陰キャ確定だ」と言ったのなら、「ノリが悪い」「陰キャ」と認定して相手の外部的名誉(社会的地位)を傷つけることを告知して、つまり名誉に対する害悪告知をして、そうした上で義務を課したのだから、強要罪で取り締まることができる。特に「陰キャ」と認定して相手の外部的名誉(社会的地位)を傷つけることを告知して、そうした上で義務を課したのなら、相手の人格を否定するような攻撃的な言葉を用いて名誉を大きく傷つけることを告知しているのだから強要罪が成立しやすい。しかし、いじめっ子が名誉に対する害悪告知をしておらず、いじめられっ子が「拒否する陰キャ扱いされて名誉を傷つけられる」と勝手に予測して暗黙の了解いじめっ子の課す義務に従ったのなら、いじめっ子を強要罪で取り締まることができない。

上位階級に属する人が中位階級・下位階級に属する人をいじめる姿はコミュ力があるように見える

スクールカーストが発生して「スクールカーストを利用したいじめ」も発生する学級では、上位階級に属する人が中位階級・下位階級に属する者に向かって「お前は上位階級に入るだけのく、学級のやかさを作りあげるという貢献をしていない」と罵倒しつつ強要をすることが日常的なものとなる。

そうした光景を見ていると、「上位階級に属する者はコミュ力(こみゅりょく コミュニケーション)が高い」というに見える。

しかし、スクールカーストが発生して「スクールカーストを利用したいじめ」も発生する学級において上位階級に属する人が行うコミュニケーションは、コミュニケーションの中で最も価値が低いものである。

コミュニケーションというのは、①上の者に対するコミュニケーションと、②対等の者に対するコミュニケーションと、③下の者に対するコミュニケーションの3種類に分けられる。この中で①と②は難易度が高いが、③は難易度が低い。

①や②を頻繁に行う者に「コミュ力が高い」という評価を与えることは正当である。一方で、③を頻繁に行う者に対して「コミュ力が高い」という評価を与えることは決して正当ではなく、「簡単なことを行っているだけであり、コミュ力が高いかどうかはわからない」といった評価にとどめるべきである。

日本のスクールカースト

思春期を迎える前の男子

思春期を迎える前の男子、すなわち小学校高学年以前程度の男子がスクールカーストを形成することがある。

この男子社会においては、身体の高さが最重視される。身体が高い者が上位階級に君臨し、身体が低くなるに従って中位階級や下位階級に振り分けられる。

サッカーバスケ野球のような体育会系クラブに参加してレギュラーポジションを勝ち取っている者が上位階級になり、体育会系クラブに参加しながらレギュラーポジションを勝ち取れない者が中位階級になり、体育会系クラブに参加しない者が下位階級になる。

また、殴る蹴るの懲罰的暴行を行って高い身体を誇示すると上位階級になることができる。小学生男子はまだ大人べて身体が低く、殴る蹴るの懲罰的暴行を行っても相手を病院送りにすることが難しい。そのため教師小学生男子の暴行を放置することが多い。ゆえに小学校男子社会では、殴る蹴るの懲罰的暴行を行って高い身体を誇示した者も上位階級に居座ることができる。

思春期を迎える前の男子社会において、学力の高さはさほど重視されない。このため、思春期を迎える前の男子社会のスクールカーストでは、上位階級に高学力の者と低学力の者が混在するし、下位階級にも高学力の者と低学力の者が混在する。

思春期を迎える前の女子

思春期を迎える前の女子、すなわち小学校高学年以前程度の女子がスクールカーストを形成することがある。

この女子社会においては、教師に好かれる者が上位階級になる。可愛い容姿を持っていて、学力が高くて、合唱ピアノ伴奏のような償労働をこなして教師に献身的に奉仕する、といった要素を持っていれば教師のお気に入りになり、教師の威を背にしてスクールカーストの上位階級になる。

特に重要なのは容姿の可らしさであり、それだけで教師のお気に入りになって上位階級になることがありうる。

学力の高さは教師のお気に入りになるための重要な要素である。

思春期を迎える前の男子社会べて、身体はさほど重視されない。身体の高さは教師のお気に入りになるための重要な要素になりにくい。このため、思春期を迎える前の女子社会のスクールカーストでは、上位階級に高い身体を持つ者と低い身体を持つ者が混在するし、下位階級にも高い身体を持つ者と低い身体を持つ者が混在する。

思春期を迎えた後の男子

異性にモテるかどうかで階級が決まる

思春期を迎えた後の男子、すなわち中学生以降程度の男子がスクールカーストを形成することがある。

この年頃の男子異性にモテたくてしょうがないので、スクールカーストも異性にモテるかどうかによって決まる。

異性にモテるかどうかは身体と容姿によって決まる。この2つを高いレベルであわせ持っていれば文句なしにスクールカーストの最上位に君臨することができる。

一方で、思春期を迎えた後の中学生高校生大学生にとって、学力というのは異性にモテるかどうかに対してあまりを与えない。このため、思春期を迎えた後の男子社会のスクールカーストでは、上位階級に高学力の者と低学力の者が混在するし、下位階級にも高学力の者と低学力の者が混在する。

男子女子には性差があり、思想の傾向に異なるところがある。思春期を迎えた後の男子社会では容姿よりも身体を重視する気があり、思春期を迎えた後の女子社会では身体よりも容姿を重視する気がある。

身体能力

高い身体を示すためには体育会系部活動に入ってレギュラーポジションを勝ち取るのが最も効果的である。そして、その体育会系部活動にも階級付けがある。

サッカーバスケバレーテニス野球陸上のような、競技場を走ってときおりジャンプする競技なら、いかにも身体が高そうに見えるので、異性にモテやすい。

その中でもサッカーバスケは、選手がある程度自由自在に競技場を走る競技であり、選手の自由裁量の余地が広い競技なので、やかな印を周囲に与えやすく、最も異性にモテやすい。中学生高校生大学生経済的実が極めて低く、経済的実を持つ両図通りに生きねばならず、自由裁量の余地が少ない生活に押し込められているので、「自由裁量を確保していて自由自在に判断する人」に対する憧れが強い。

バレーテニス野球陸上しく走り回る競技だが、選手が決められた通りに競技場を走る競技であり、選手の自由裁量の余地が狭い競技なので、やや地味な印を周囲に与えやすく、サッカーバスケほど異性にモテるわけではない。

柔道剣道のように競技場を慎重にすり足で動く競技や、卓球弓道アーチェリーのように持ち場にずっととどまる競技や、水泳のように走っている姿が見えない競技は、身体を発揮しているのにもかかわらずあまり身体が高そうに見えないので、較的に異性にモテにくい。

一方で、高い身体を示すために殴る蹴るの懲罰的暴行をすることは推奨されない。思春期を過ぎた後の中学生高校生大学生大人と遜色ない体格になってきており、相手を病院送りにすることができる身体になっている。このため殴る蹴るの懲罰的暴行をすると即座に教師という学校警察官に懲罰されやすく、教師に懲罰されるという格好悪い姿をさらす羽になりやすく、所属する階級を下げることになりやすい。思春期を過ぎた後の中学生高校生大学生で、すぐケンカして殴る蹴るの懲罰的暴行をする者は、なかなか上位階級に属することができず、中位階級に属することになりやすい。

思春期を迎えた後の男子社会で上位階級に出世するには、「身体が高くてケンカに強いが教師に懲罰されてみっともない姿をさらす」というのでは駄で、「身体が高くてケンカ強そうに見えるがケンカをせずに済ませて教師に懲罰されることをしっかり避ける」という要素が必須となる[17]

思春期を過ぎた後の中学生高校生大学生は、体育会系部活動に入って身体をきっちり鍛え、「いざとなればケンカに応じることができる」という身体的状態になり、周囲の男性を多少なりとも威圧し、周囲の男性から「あの人はいざとなればケンカできるだろう」と思われて遠慮され、女性から「あの人は男子にある程度遠慮されていて、頼りになりそう、格好いい」と思われれば、上位階級や「中位階級のやや上位」に属することができるようになる。

体育会系部活動に所属する者は上位階級や「中位階級のやや上位」を占めやすい。そして、囲碁将棋演劇吹奏楽美術漫画といった文化系部活動に所属する者は「身体が低い」という評価を受けやすく、「中位階級のやや下位」から下位階級を占めやすい。

ここまでの記述に基づき、部活動の階級付けをすると次の表のようになる。

体育会系部活動 サッカーバスケ 競技場を走り回り、選手の自由裁量の余地が広く、選手が自由に動くので、最もやかに見える 上位階級や「中位階級のやや上位」
バレーテニス野球陸上 競技場を走り回るが、選手の自由裁量の余地が狭く、選手が決められたとおりに動く
柔道剣道卓球弓道アーチェリー水泳 競技場を走り回らない
文化系部活動 囲碁将棋演劇吹奏楽美術漫画 身体を発揮しないので、最も地味に見える 「中位階級のやや下位」から下位階級

文化系部活動のなかで上位階級に属する人を輩出する可性が最も高いのは軽音楽部である。若者人気の楽曲を演奏することで異性にモテるという要素を最も持ちやすい。

容姿

容姿は、①美々しい顔面や適度な身長を持っているかどうかという身体的要因と、②飾品や化粧品を購入できるかどうかという資金的要因と、③キリッと引き締まった表情を作れるかどうかという精的要因によって決まる。

飾品や化粧品を購入する資恵まれている者というと、富裕層の両を持つ子供である。富裕層の両から高額のお小遣いを支給される者は、好きなだけ飾品や化粧品を購入して容姿を整えることができる。

また、アルバイトに励む者も資金的余裕があるが、その場合は体育会系部活動になかなか参加できず身体の高さをアピールできない。

最も理想なのは、両から高額のお小遣いを支給されて好きなだけ飾品や化粧品を購入して容姿を整えつつ、体育会系部活動に参加してレギュラーポジションを獲得し身体の高さをアピールすることである。

飾品や化粧品を購入する資恵まれている者は、おしゃれに関して様々な試行錯誤を繰り返すことができ、おしゃれに関する深い知識を持つことができる。おしゃれに関する知識を持つ者は、思春期を過ぎた後の中学生高校生大学生に深く尊敬されるので、スクールカーストの上位階級に居座ることができる。

容姿を向上させるには、③のキリッと引き締まった表情ができる精状態というのも重要なポイントになる。顔面偏差値の高いイケメンでも警心がゼロでだらしない緩みきった表情になると不細工に見えるものだし、顔面偏差値が低い不細工でも警心があってしっかりした緊感のある表情になるとイケメンに見えてしまうものである。

体育会系部活動に参加する者も、文化系部活動に参加する者も、大会への参加に向けて真剣に取り組みつつなんらかの責任ある立場になると、物事に対して警心を持つようになるのでキリッと引き締まった表情ができるようになり、顔面偏差値がある程度向上する。このことは「部活動の美容効果」と表現することができる。

①の顔面や身長という身体的要因と②の飾品や化粧品を購入する資という資金的要因に恵まれている者は、上位階級になる可性が高い。上位階級になると周囲の視線を浴びる生活になり、緊感に包まれる毎日となるので、キリッと引き締まった表情を自然に作るようになり、③の精的要因にも恵まれるようになる。

漫画・ゲームのキャラに恋するような者は下位階級に突き落とされる

世の中には漫画ゲーム好する者がいる。そしてその中には、漫画ゲームに登場するキャラをする人がいる。漫画ゲームに、可らしい容姿や格好いい容姿を持つキャラが登場することがあるが、そうしたキャラをしているのである。

世の中にはキャラクターの絵を描くのが上手い人がいる。そういう人は絵師などと呼ばれる。絵師は、漫画ゲームに登場するキャラをする人であることが多い。「漫画ゲームキャラをして、その恋愛感情が創作の原動になっている」という絵師が多い。

漫画ゲームに登場するキャラをする人や、キャラクターの絵を描くのが上手い人は、スクールカーストの下位階級に突き落とされるのが常である。このため、上位階級や中位階級に属していながら漫画ゲームに登場するキャラをしている人は、そのことを周囲に告白しない(カミングアウトしない)。上位階級や中位階級に属していながらキャラクターの絵を描くのが上手い人は、描いた絵を周囲に見せず、ニコニコ静画とかtwitterとかPixivとかに創作専用のアカウントを作ってそこで開することになる。

スクールカーストが発生しつつ「スクールカーストを利用したいじめ」が発生する学級になると、上位階級に属する人が、漫画ゲームに登場するキャラをする人に対して「漫画ゲームキャラするなんて気持ち悪い」などと痛に罵倒することがある。これは心理的を与えて精的苦痛をもたらす行為であり、いじめ防止対策推進法第2条のいじめの定義に当てはまる行為である。

そもそも、漫画ゲームに登場するキャラをするということは、個人の人格の核心を形成する精作用である。そうしたことを自由に行うことは日本国憲法第19条で保障されている。つまり、漫画ゲームに登場するキャラをするということを罵倒することは、日本国憲法第19条を踏みにじっているのであり、思想・良心の自由を深刻に抑圧しているのであり、重大な人権と言わねばならない。

異性にモテるかどうかでスクールカースト階級が決まる学級において、漫画ゲームに登場するキャラをする人が弾圧される理由は、2つ存在する。

1つは「漫画ゲームに登場するキャラをする人は、異性にモテることをそうとしない人であり、異性にモテる要素が少ない人なので、スクールカーストの下位階級に位置づけることが妥当である」という判断が広がっているからである。

もう1つは「漫画ゲームに登場するキャラは、漫画読者あるいはゲームプレイヤーをさせるレベルの秀逸なデザイン恵まれており、顔面偏差値がとても高く、現実人間が絶対に勝てないレベルの容姿を持っている」という判断が広がっていて、劣等感という悪感情が広がっているからである。

思春期を迎えた後の女子

異性にモテるかどうかで階級が決まる

思春期を迎えた後の女子、すなわち中学生以降程度の女子がスクールカーストを形成することがある。

思春期を迎えた後の女子社会は、思春期を迎えた後の男子社会と非常によく似たところがあり、異性にモテるかどうかによって階級が決まる。そして異性にモテるかどうかは身体と容姿によって決まる。学力というのは異性にモテるかどうかに対してあまりを与えないので、上位階級に高学力の者と低学力の者が混在するし、下位階級にも高学力の者と低学力の者が混在する[18]

男子女子には性差があり、思想の傾向に異なるところがある。思春期を迎えた後の男子社会では容姿よりも身体を重視する気があるのに対し、思春期を迎えた後の女子社会では身体よりも容姿を重視する気がある。

大島永遠の分析

大島永遠の『女子高生GIRL'S-HIGH』という漫画作品では、第5巻において女子校におけるスクールカーストが紹介されている。その記述をまとめると次のようになる。

名称 特徴
カリスマギャルグループ 見たギャルで、合コンをこなし、異性との交友経験が豊富である。アルバイトをすることが多く、ブランド品で身を固める。

自らが流行の発信になっているのでテレビ情報を収集する必要がい。このためテレビのことをさほど話題にしない。

ギャル予備軍にべて、顔面偏差値が高く、付き合っている彼氏のランクが高く、性格がマイルドオタクにも優しい。ギャル予備軍と違って中学からすでにギャルである。
ギャル予備軍 見たギャルで、合コンをこなし、異性との交友経験が豊富である。アルバイトをすることが多く、ブランド品で身を固める。

テレビや雑誌で情報を収集していて、お洒落の手本は芸能人である。

カリスマギャルグループべて、顔面偏差値が低く、付き合っている彼氏のランクが低く、性格がキツくてオタクに厳しい。カリスマギャルグループと違って高校デビュー中学まではギャルではなかったのに高校になって急にギャルになった)をしており、中学までの過去を掘られたくない。
学校行事アクティブグループ部活青春グループ クラスの大半はこのグループに入る。文化祭体育祭のような学校行事になるとり切るのが学校行事アクティブグループで、部活動に精を出すのが部活青春グループである。この中でも、彼氏を持っている者はやや格が高く、彼氏を持っていない者はやや格が低い。
不思議ちゃんグループ お洒落について独自の見識や信念を持っていて、個性を重視しており、独特のオーラを持つ。キーワード原宿インディーズブランドビジュアル系バンド。将来のデザイナーとか美容師
オタクグループ 内向的である。装・髪型といったお洒落や流行に頓着すぎる。

アニメ漫画ゲーム中で、絵を描くのが上手く、同人誌製作に精を出す。お盆大晦日コミケの時期になると非常に活発化してエネルギーを発する。
地味グループ 内向的である。装・髪型といったお洒落や流行に頓着すぎる。

アニメ漫画ゲーム中というわけではない。

思春期を迎えた後の男子社会では身体重視義の気があり、体育会系部活動文化系部活動に決定的な差を見出すのが常である。

しかし大島永遠は、体育会系部活動文化系部活動に大きな差を認めず、「学校行事アクティブグループ部活青春グループ」として、体育会系部活動文化系部活動をほぼ同一視している。大島永遠のそうした分析は、「思春期を迎えた後の女子社会では身体重視義の気がすくなく、体育会系部活動文化系部活動に決定的な差を見出さない」ということを暗示しているように見受けられる。

アメリカ合衆国のスクールカースト

日本のスクールカーストとの類似点が多い

アメリカ合衆国高校ハイスクール)などの学校にもスクールカーストがある。ただし、現地ではschool casteなどと呼ばず、cliqueクリーク 閥)と呼ぶ。

アメリカ合衆国のスクールカーストは、日本のスクールカーストと酷似している。学校社会の中で生徒同士の固定されたコミュニティが2つ以上形成され、コミュニティは序列を付けられる。異なるコミュニティに属する人同士は交流をせず友達にならない。2つ以上のコミュニティは揺るぎない階級社会を形成している。そして、コミュニティ同士の差別意識や被差別意識が強い。それゆえ、スクールカーストの上下関係は時として生徒同士のトラブルを引き起こす。

コロンバイ高校乱射事件のように、スクールカーストの上下関係がを使った殺人事件にまで発展した例がある。を使った犯行が発生するのはアメリカ合衆国ならではの現である。

スクールカースト早見表

アメリカ合衆国のスクールカーストは、同映画テレビドラマなどの創作作品でしばしば題材として取り上げられている。その典例を表にすると次のようになる。

勝ち組Winner)
負け組(Loser)

以下の2つはカースト階層の外に位置するとされる。

勝ち組

ジョックJock
いわゆる体育会系にしてアメリカ合衆国版スクールカーストの最高峰。その学校で最ものある運動部(アメフト部・バスケ部)に所属している男子が該当する。その中でも部長キャプテン、最も運動に優れた者が学校で最も強い権を持つ。
チームスポーツリーダー的存在にのみジョックという言葉が使われ、水泳陸上のような個人競技の選手にはジョックという言葉が使われない。
JockのジョックストラップJock Strap)という男性用局部下着である。六尺ふんどしのような下着である(画像1exit画像2exit)。「チームスポーツリーダー的存在はジョックストラップを好んで履いている」というイメージがあり、ジョックと呼ばれるようになった。
クイーンビー(Queen Bee
ジョック男子生徒トップならこちらは女子生徒トップで、学園の女王様クイーンビーを直訳すると女王蜂という意味になる。チアリーダーの中心的存在や、演劇部役級美女である場合が多い。ジョック人関係になっているのがお決まりのパターンである。
ミーン・ガールMean Girl イジワル女)やヴァレー・ガールValley girl セレブでアタマのワルいお嬢様[19])を兼ねている場合もある。
サイドキックスSidekicks
女性で、クイーンビーの取り巻きであり、(きょうじ)である。創作作品では「クイーンビー1人に対して2人のサイドキックスがいる」という具合に描写することが多い。Sidekickは安心できる友という意味である。ズボンの前ポケットのことをsidekickというが、そのsidekickはスリの被害に遭いにくくて安心できる場所である。そのため安心できる友をsidekickと呼ぶようになった。
プリーザー(Pleaser
男性の場合はジョックの取り巻きであり、女性の場合はクイーンビーとサイドキックスの取り巻きである。Pleaseとは「喜ばせる」という意味である。上にはひたすら媚びへつらい、下の者にはたかりを働く。
ワナビー(Wannabe)
プリーザーの地位に甘んじることなくそれより上の階級に上昇したいと常々思っているがそれが実現しない人。Wannabeは「I wanna be higher(自分はより上級の者になりたい)」の略である。
メッセンジャーMessenger
伝言(message)を伝える人であり、パシリとしてこき使われる。
プレップス(Preps
お金持ちのボンボンジョッククイーンビーに貢ぎ物をする財がある。Preps大学進学を的とした私立校のプレップ・スクールPrep school)がである。
スラッカーSlacker
道化者・笑われ役。ジョッククイーンビーを笑わせるために自らをネタにするような者。本来のSlackerは怠け者とか兵役忌避者のことをす。

負け組

ナード(Nerd
スクールカーストの中でも下位に位置する者たちの総称。身体が低いという共通項がある。ナードをオタクと和訳することもある。
Nerdには様々なものがあるのだが、Nerdという言葉が有名になったのは1974年から10年かけて放送された青春コメディドラマの『ハッピー・デイズexit』だという(解説記事exit)。
ギーク(Geek
何らかの知識に秀でた者。コンピュータの知識に秀でた者はコンピュータ・ギークという。映画の知識に秀でた者はムービー・ギークという。鉄道の知識に秀でた者はトレイン・ギークという。吹奏楽のような演奏の知識に秀でた者はバンド・ギークという。
Geekは19世紀頃に「サーカスで奇妙なことをする芸人」といった意味で使われていた言葉である(解説記事exit)。
ナード同様、和訳でオタクの中に含まれることもある。
ゴス(Goth
ゴシック系の装をする人の総称で、軽音楽をする者やその追っかけが含まれる。日本でいうバンギャヴィジュアル系バンドの追っかけ女)のような女性もここに含まれる。
フリーク(Freak
マニア。何かを収集することに熱中する奇特な人。
ブレインBrain
ガリ勉Brain脳味噌とか秀才という意味。
ターゲットTarget
スクールカーストの最下層。いじめられっ子たち。勝ち組にいても、何らかの形でここに転落する者も中には存在する。

カースト階層外

バッドボーイバッドガールBad boys&girls
俗に言うヤンキーやスケバンなど不良のこと。集団でワルなことをする連中。基本的にはあまりまりのない集団だが、全体を束ねるボス格が出たりすると、稀にスクールカーストのに捉われない別格の権者として君臨することもある。暴力抵抗のない連中はやはり怖いものである。
フローター(The Floater
不思議ちゃんや電波系など、個性と思考が斜め上の連中。floaterは「浮いている人」という意味である。図書館に入り浸っていたり、図書館書をしていたりする。

ジョックとナードの確執

アメリカ合衆国学校において、上位階級であるジョックが下位階級のナードをいじめ光景が多い。

しかし学校卒業した後のナードは、企業の中で導的立場に昇ることがある。ナードの中のコンピュータ・ギークはGoogleAmazonのような大手のIT企業に勤めて高額の年収を勝ち取ることがある。ナードの中のムービー・ギークはハリウッド映画企業テレビ企業に就職して名高い映画制作者になることがある。

ハリウッド映画テレビドラマではジョック悪役にする作品がしばしば見られる。これは、「ムービー・ギークの制作者が、学校に在籍していたときにジョックにさんざんいじめられていたので、その憂さらしをしている」と解釈されることがある。

政治評論家チャーリー・サイクスexitかもしくはIT企業ビル・ゲイツが「Be nice to nerds. Chances are you’ll end up working for one.(ナードには優しくすべきだ。将来、君はナードの部下になって働く可性があるからだ)」といったとされる。この言葉は、学校卒業した後にジョックとナードの立場が逆転する可性を示している。

ジョックの信奉者であり、男尊女卑で、同性愛者を嫌悪する傾向がある。このため政治的には共和党を支持する可性が高いとされる。一方でナードは平等社会無階級社会の支持者であるとされ、政治的には民主党を支持する可性が高いとされる。

スクールカーストを扱う表現作品

日本の論説書

日本の漫画

日本の小説

日本のアニメ

日本のテレビドラマ

アメリカ合衆国のゲームやテレビ番組

関連リンク

Wikipedia記事

PIXIV百科事典記事

NHKの特集記事

関連項目

脚注

  1. *日本では、小学校通学する者を児童と呼び、中学校高校通学する者を生徒と呼び、大学通学する者を学生と呼ぶことが通例となっている。明鏡国語辞典初版や三省堂国語辞典第七版の「児童」「生徒」「学生」の項を参照のこと。
  2. *一部の大学体育会系部活動では、「1年奴隷・2年平民・3年天皇・4年神様exit」と表現されるような厳しい年齢カーストが発生する。江川卓が在籍していたときの法政大学野球部はその典例で、上級生下級生に対して凄惨な暴行をすることが常態化しており、江川卓もそうした暴行の標的とされて苦労したという。詳しくは『実録たかされ 第2巻(サード・ライン)本宮ひろ志exit』を参照のこと。
  3. *教室内カースト 光文社新書(光文社)鈴木翔・本田由紀exitの『第2章 なぜ今、「スクールカースト」なのか?』の『「いじめ」は教室で起こる』の項を参照のこと。
  4. *みつばち講談社安野モヨコ』第1巻186ページ、『女子高生GIRL'S-HIGH双葉社大島永遠』第5巻36ページなど。
  5. *エラルキー(Hierarchie)とはドイツ語で「階層」という意味だが、日本語として使われるときは「ピラミッドの階層」という意味になることが多い(記事exit)。
  6. *女子校PHP研究所杉浦由美子』の『第4章 空気を読まない』の『空気読みすぎる共学女子』の項において、スクールカーストの厳しい共学校で育った人の中に「空気読みすぎて仕事をするイマイチになってしまう人」がいることが摘されている。杉浦由美子は、様々な企業の採用担当者や管理職からそうした情報を得たという。
  7. *女子校PHP研究所杉浦由美子』の『第4章 空気を読まない』の『空気読みすぎる共学女子』の項において、スクールカーストの厳しい共学校で育った人の中に「情報収集をするイマイチな人」がいることが摘されている。
  8. *女子校PHP研究所杉浦由美子』の『はじめに』や『第2章 「世間の」を気にしない女子校育ち』を参照。『女子高生GIRL'S-HIGH双葉社大島永遠』の第5巻39ページでも「オタク女子に話しかける最上美人ギャル」という光景が描かれ、「緩やかなスクールカーストの女子校」が描写されている。
  9. *女子校PHP研究所杉浦由美子』の、『はじめに』や、『第2章 「世間の」を気にしない女子校育ち』の『世間知らずという女子校病への処方箋』に、類似した記述がある。
  10. *女子校PHP研究所杉浦由美子』の『第2章 「世間の」を気にしない女子校育ち』の、『一九八〇年代の女子校には階級が存在した』や『実家柄で自分のカーストが決まる』の項を参照のこと。
  11. *いじめ防止対策推進法exit第2条を参考として定義した。
  12. *社会学者の内藤雄がそのように分類している。『いじめの構造(講談社内藤雄』を参照のこと。『教室カースト 光文社新書光文社鈴木本田由紀』の『第2章 なぜ今、「スクールカースト」なのか?』の『「いじめ」は教室で起こる』の項でも内藤雄の分類法を引用している。
  13. *保健室登校は、登校するが教室の中に入れず保健室図書室に入り浸りになることをいう(記事exit)。
  14. *基本的人権というものは、まず日本国憲法第13条によって幸福追求権を保障することで包括的に保障される。しかし日本国憲法第13条だけではやや不切なので、日本国憲法第26条のような個別の条文が書かれてある。教育を受ける権利を侵した場合、裁判所によって「日本国憲法第26条第1項を破った」と認定される。しかし、人権の侵の度合いがあまりに重大かつ深刻である場合は、「日本国憲法第26条第1項だけではなく、その根拠とも言うべき日本国憲法第13条をも破った」などと裁判所が表現する可性がある。例えば、ハンセン病訴訟において熊本地裁が「人権制限の実態は、単に(憲法22条1項に根拠を有する)居住・移転の自由の制限ということで正当には評価し尽くせず、より広く憲法13条に根拠を有する人格権そのものに対するものととらえるのが相当である」と述べている(熊本地裁判決平成13年5月11日判時1748号30)。
  15. *事実とは、拠を出すことによって真実虚偽かを明できる事柄のこと。「お前は窃盗の罪を犯した」というのは事実の摘示になる。「お前気持ち悪い」とか「お前ノリが悪くて陰キャである」は発言者の主観的な価値判断を述べただけであり、拠を出して真実虚偽かを判定できるような発言ではないので、事実の摘示には当たらない。
  16. *「意思決定の自由」とは、日本国憲法第13条で保障される自己決定権の1つである。また、日本国憲法第19条で保障される思想・良心の自由について広義説(内心説)を採用する場合、「意思決定の自由」は思想・良心の自由の一部になる。このため「意思決定の自由」を侵することは、人権を侵することになる。
  17. *みつばち講談社安野モヨコ』第1巻において、モテる男子に対して主人公小松が「あの人はケンカが強そうに見える」と思うシーンが出てくる。異性にモテるためにはそのような威圧感が必要である。
  18. *女子高生GIRL'S-HIGH双葉社大島永遠』第7巻64ページにそうした記述がある。
  19. *Valley girlとは、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のサンファーナンド=バリー(San Fernando Valley)の高級住宅街に住む若い女性のこと。ファッション買物にしか興味がないとされる。

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スクールカースト

399 ななしのよっしん
2024/02/19(月) 16:54:36 ID: r3sNQOu8tm
エラルキー気にしてる時点でリーダーシップないよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
400 ななしのよっしん
2024/02/20(火) 02:16:16 ID: zvxyGFRZoJ
>>397
ガチで書いてるのかツッコミ待ちなのかただのミスなのか判断に迷うな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
401 ななしのよっしん
2024/02/22(木) 00:01:54 ID: KXzXUN/Guj
当事者でもないと知りえない情報だが、
支援学級ではスクールカーストは基本起きない。

ゆえに、漫画世界の話だと思っていた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
402  
2024/02/23(金) 13:50:41 ID: ENGAH6tcZB
1軍だの2軍だの自称するの?厨二病臭くて痛々しいんだけどw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
403 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 14:03:27 ID: v80/Ay5B5z
本気でこの言葉を使うのは必死にしがみついてるキョロ充カースト底辺陰キャしかおらんでしょ
上位勢はこんな言葉気にする立場でもないしみたいな陰キャにも普通に話してくるわ、コミュ力お化けすぎる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
404 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 14:12:34 ID: xq90hOh4pK
この世は弱肉強食真理スクールカーストいじめも弱者淘汰の自然な流れなのよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
405 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 14:21:32 ID: OIgnd9mb4I
弱肉強食真理なら身体かに勝っていたネアデルタレンシスが滅んでクソザコナメクジなサピエンスだけがホモ一の生き残りという事実褄が合わんな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
406 ななしのよっしん
2024/03/02(土) 15:09:27 ID: IZ9yz2t57Z
👍
高評価
0
👎
低評価
0
407 ななしのよっしん
2024/04/19(金) 21:41:02 ID: ZtcN60opbB
B級映画みたいな典的イキりジョックなんか今のアメリカじゃ天然記念物じゃない? 元々警棒・スタンガンのような武器は当たり前に手に入るし、銃規制敷いても拳銃なら手に入るから 負け組が勝ち組を何時でも殺せるんだよ だから普段の生活じゃイキり学生みたいなはいない だって殺されるからな 会社も同じ

そう飛行機の中でサメ映画ファンに聞いた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
408 ななしのよっしん
2024/05/09(木) 17:57:55 ID: Do4gSfj5TF
アメリカスクールカースト一覧見てると、
>>307で言う「普通の人」や「『勉強も運動も出来る陽キャリア充』に性格の良さも足したような完璧人間出木杉みたいな)」の該当できるとこがなくない?と思う
あちらだとフィクションでそういうキャラが出てくるのは稀なのかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス