スザンナ単語

スザンナ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スザンナ(Susanna)とは、欧圏の女性の人名である。
生や短縮形として、

などがある。

スザンナの由来

もともとはヘブライ語で「百合」を意味するשושנה(Shosannah、ショシャナ)が変化したもの。
圏の人名は聖書から広まっていったものが多いが、スザンナは旧約聖書新約聖書合わせて2人登場する。

旧約聖書では、ダニエル書に補遺として加えられている短編「スザンナ」で、ヨアキムの妻として、また2人の長老の覗きの被害者として登場する。
長老は覗きがばれてしまい、「スザンナが姦通している」という虚偽の罪をでっちあげてしまうが、
最終的に長老はダニエルの質問から矛盾を暴き出され、供述のがばれ死刑になった…という、正を題材にした美徳の話である。
ルネサンス以降にはスザンナは裸婦像としてよく描かれる題材になっていった。
ただ、プロテスタントなど一部のキリスト教からはダニエル書補遺は正典としては認められていない。

新約聖書ルカ書では、マグダラのマリアとともにイエスに仕えた人物の一人として登場する。

ニコニコ大百科に記事のあるスザンナ

短縮形については記事上部または下部のリンクを参照。

架空のスザンナ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スザンナ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スザンナについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改