スズキ・MRワゴン単語

スズキエムアールワゴン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スズキ・MRワゴンとは、スズキ2001年より製造をしている軽トールゴンの軽乗用車である。

概要

名の由来は、MRは「Magical Relax」の略。1999年に開催された第33回東京モーターショーに出品をしたショーモデル時はMRミッドシップエンジン・リアドライブレイアウトの意味だったが、その後、前輪駆動レイアウトになり、「Magical Relax」の略となった。

ワゴンRベースにしながらも、スタイリッシュさを全面に押し出している。ミッションは初代と二代が4速ATのみ、三代目CVTのみとなる。エンジンも歴代共にターボしとターボ有の二種類が用意される。駆動方式はFF4WDが用意される。

2002年より日産自動車モコとしてOEM供給がされている。

初代モデル(2001年~2006年)

2001年に登場。ワゴンRベースにしながらもスタイリッシュさを全面に押し出している。原1999年に開催された第33回東京モーターショーに出品されたミッドシップレイアウトの軽乗用車であったが、販版はワゴンRベースにしているのでFF駆動が基本となる。エンジンターボしとターボ有りの二種類が用意される。

2002年日産自動車との提携によりOEMモデルモコが登場。同年にはアパレルメーカー・ミキハウスとのコラボをしたグレードも登場。

2004年に一部良。グレードの整理とフロントバンパー形状の変更とリアスライドシートのスライド幅が大きくなる。燃料電池も登場をする。

海外仕様インド仕様インドネシア仕様では、排気量が1100アップをされて、独自の5速MT仕様も存在をしている。

TVCMには、2002年から2004年にかけて女優米倉涼子が起用されている。

二代目モデル(2006年~2010年)

2006年に初のモデルチェンジ。先代モデルよりも利便性をたかめ子供女性に対して「使いやすさ」を追及をしている。またキーレススターターシステムを上級グレードに初採用がされる。またスズキ初のインパシフトが採用される。

2009年に一部良。ユーザーからの不満点を善をしたモデルとなった。

2010年に装備変更で、ターボ仕様止(モコでは継続)され、モコで標準装備となっていたABSが標準装備となった。

TVCMには女性モデル塩田倫を起用をしている。

三代目モデル(2010年~)

2010年モデルチェンジ2008年に登場をしたパレット家族メインとしているためターゲット主婦層から若年層に切り替え、先代モデルよりも直線的なデザインとなった。標準装備のオーディオタッチネル式を採用。ミッションCVT化がされる。

2011年にはアイリングストップを追加をしている。

2012年には燃費善が行われている。

2013年に一部良。ターボエンジン仕様止をされるが、スズキの軽乗用車共通の技術・エネチャージが全グレードで採用され、パワーと燃費を両立をした形となった。また二代モデルに設定をされていたゴージャス仕様・Wit復活する。

TVCMには当初は『ムーミンシリーズに登場をするキャラクターミイアニメで登場をしている。2012年には、きゃりーぱみゅぱみゅが登場をしている。

関連動画

関連商品

関連リンク

MRワゴン公式サイト exit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BBmr%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スズキ・MRワゴン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スズキ・MRワゴンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改