スタジアム・ロック単語

スタジアムロック
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スタジアム・ロック(Stadium Rock)とは、アリーナロックArena Rock)とも呼ばれ、数万人を収容可な巨大会場での行を行える、有名ロックアーティストに冠された驚嘆的な形容表現、あるいはそうしたアーティストらの商業義を揶揄した否定的なレッテルの両方の意味がある。

概要

1960年ロックンロール英で盛を誇るようになり、しだいに屋外で開催されるジャズフェスティバルなどで数万人・数十万人規模の観客を集めるようになった。ほどなくビートルズローリング・ストーンズなどの60年代の人気グループい出すと、彼らは前座を含めた行形態だが単独アーティストとしても数、数千、数万人といった観客を動員することが可となり、その行はナイトクラブからコンサートホールへとその会場を巨大化させていった。

初期のスタジアム・ロックの代表格はレッド・ツェッペリンであったといえる。彼らはその前衛的で暴力的なサウンドミュージシャンと観客の心が一体となるような、まさにスタジアム・ロック的なアンセムを続々と生み出し、最新の音響設備と照明機材をえ、スタジアムいっぱいに満員となった観客達に、そのロック提供して行成績の記録を更新させていった。やがて1975年にはローリング・ストーンズも全で巨大ツアーを行い、LAフォーラムなどのスタジアムを観客で溢れさせ、レッド・ツェッペリンと観客動員数で覇を競い合うまでになる。

また70年代前のロックブームに沸騰した世界各地から、QueenKISSヴァン・ヘイレンAC/DCなどのHR/HMアーティストが続々と登場、躍進し彼らもスタジアム・ロックとなっていった。

70年代はこの他にもグラムロックプログレッシブ・ロック人気も絶頂であり、ピンク・フロイドやディヴィド・ボウイ、60年代からの古であるフーなども巨大行を行い、最ロック業界はハリウッドぐ一大産業にまで成長する。

このロックポピュラーミュージックシーンの中で圧倒的流となった時代が約20年以上続くことになる。

かしこの期間、インディーズシーンでは、商業義に反発したとするパンクロック・ムーブメントやニュー・ウェーブ、オルタナティブ・ロックのうねりが度々起こり、従来のスタジアム・ロックの人気は鎮静化、あるいは世代交代もあった。

また80年代は、MTV綺羅びやかなポップシーンったマイケル・ジャクソンマドンナなどの非ロック系のアーティストも巨大な商業的位置にあり、スタジアム・ロックと変わらない集客を誇っていた。

しかし90年代後半になるとキッズたちのはしだいにラップヒップホップに傾けられるようになり、その嗜好、趣味の多様化もあり、スタジアム・ロックはかつてほどの、まるで世界をも動かせると思わせたほどの全盛のパワーを失っていった。

音楽業界は1970年代を絶頂期として右肩下がりである。

その一因にはインターネットがあるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スタジアム・ロック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スタジアム・ロックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!