スタンダードミサイル単語

スタンダードミサイル

スタンダードミサイルとは、アメリカ合衆国で開発されたSAM(艦対空ミサイル)のシリーズである。

概要

1960年代に開発されたRIM-24『ターター』をベースに開発されて以降、50年以上にわたってアメリカ海軍だった西側諸軍の距離艦対空ミサイルとして良を重ねて君臨し続けている。

因みに略称SMとなっており、以下はこの表記で統一する。

運用に至るまで

第1次世界大戦戦争に投入された航空機は戦間期に登場した空母により、戦において本格的に導入され、第2次世界大戦において遂にそれまでの戦における役、戦艦駆逐して戦の役に躍り出た。これに対抗するため空母戦艦などの水上艦は戦時中、戦闘機の援護が受けられない場合、艦砲や機で対抗したがこれらはレーダー弾に装備された近接信管を以てしても駄が多く、隙間を突かれて時には大艦でさえ沈没もしくは数かにわたって修理で戦線離脱をすることも少なくなかった。

米海軍1944年からバンブルビー(bumblebee)計画を開始し、新しい防システムの開発に着手した。ここから、「3T」と呼ばれる「テリア」(1956年就役、2段式の固体燃料推進)、「タロス」(1958年就役、ラムジェット推進)、「ターター」(1962年就役、テリアの軽量化を図ったもの)の3つの対空ミサイルが生み出された。これら3つのミサイルはそれぞれ良が加えられ新バージョンが作られ続けたが、このうち共通部分が多くなったテリアとターターを統一したのがスタンダードミサイル SM-1である。SM-1(MR)がターターの後継として、ブースターを追加したSM-1(ER)がテリアの後継として使用された。[1]

誘導方式

SMシリーズは基本的にターターから受け継がれたSARHセミアクティブレーダー・ホーミング)を使用している。これは搭載艦の捜索レーダーが探知した標的標をイルミネーター(専用射撃レーダー)がレーダー波を照射してミサイル標位置を知らせながら命中させる方式である。この方式は基本的にイルミネーターの数=同時対応標数が決まってしまう欠点があったがこれは後述の良によって大幅に善されている。また、『タロス』、『テリア』とべると各種設備が較的簡素に済むので3000tクラス戦闘艦にも容易に装備できる=対空ミサイル艦の数をえることで艦隊防を高めることも可になった。

発射機

Mk.13

特に広く使われている旋回式単装発射機。元々はターター用。初期は対空ミサイルのみに対応していたが後にハープーン対艦ミサイルも運用可になった。として小化し対空ミサイルのみに特化した『Mk.22』がある。

Mk.26

連装式発射機で巡洋艦向け。アスロックにも対応している。前任として『Mk.10』、『Mk.11』がある。

Mk.32

キャニスター(弾薬庫兼発射機)式。小軽量な反面、再装填が停泊時でないと出来ないデメリットがある。
しかし、スペースでもあるため後付けが容易なメリットもある。
政時代のイラン台湾[2]においてアメリカから購入した大戦駆逐艦に装備されて運用されただけでなく韓国でも対艦仕様『RGM-66』を搭載したミサイル艇で運用した。

Mk.158、159

いわゆる垂直式発射機でイージス艦を初めとする西側現用戦闘艦に重要なMk.41システムの中核。SMシリーズだけでなくシースパローESSMアスロックトマホークと幅広いミサイルの運用が可

各シリーズ

SM-1

SMシリーズの基本形で射程は40㎞だが、テリア運用艦向けに専用ブースター連結した『ER』では射程70㎞に達していた。なお、イージス艦には未対応。

SM-2

ミサイルの誘導はSARHに慣性航法を併用する。イージス艦より発射する場合は発射前に標の位置データを入し、発射されたミサイル標までの最も効率的なコースを取って飛翔ミサイル標に接近した時点で母艦イルミネーターがCW(連続波 ContinuousWave)の照射を開始する。飛翔途中で標の速度や飛行方向に変化があれば、めてデータミサイルに送られる。イルミネーターが一つの標に拘束されない為、同時に迎撃できる標数は増大しており、同時に誘導できるSM-2はタイコンデロガ級で18発、アーレイ・バーク級で14発ともいわれる。SM-1では発射の時点で標からの反射波を受信していなければならず、これがSM-1の有効射程を制約していたが、SM-2ではこの制約がいため有効射程はSM-1より60%向上した。ブロックではロケットモーターを延長して射程を増大、有効射程は74km、一説には100km以上ともいわれる。ブロックでは信管が良された。[3]

ブロックbでは赤外線画像誘導も併用し、低RCS標に対応できるようになっている。[4]

SM-3

それまでのSMシリーズ航空機対艦ミサイル標にしていたのに対しこのシリーズ大気圏外に達した弾道ミサイル迎撃に特化したミサイル防衛ミサイルである。ブースター3基+運動エネルギー弾頭で構成された結果、射程は1200㎞、上昇限度は500㎞に達するといわれる。

ブロックAは日共同開発となっている。[5]

SM-3の最大射高については、実績値として高度247kmで標的を破壊したことが表されているが、スペックは不明のままである。ちなみに軍用衛星の最も低い周回高度は160km未満なので、SM-3は立ASAT(対衛星兵器)としてカウントできる。[6]

SM-6

セミアクティブホーミングに加え、AIM-120Cのアクティブホーミングを採用。SM-2で必要だったイルミネーター照射がくても運用できるため、線外などの遠距離標に対処できる。射距離公式には130里(240km)だが、200~250里(370~460km)程度の実があるのではないかとも言われる。最大速度マッハ3.5。最大高度は34kmに達するので、大気圏内(高度100km以内)での弾道ミサイル対処もできる。[7]

SM-6はNIFC-CA(Naval Integrated Fire Control-Counter Air 軍統合火器管制-対米海軍が保有するセンサ(E-2D等)、センサーネットワークリンク16等)、武器管制システムイージス等)、ミサイルSM-6等)を連接し、レーダー見通し線外にいる巡航ミサイル等の航空標を迎撃する防システム)の構成要素にもなっている。このシステムを対艦攻撃に応用する試験も行われており、2016年1月にはSM-6を上の標的に命中させている。[8]

AGM-78

SM-1をベースに開発された航空機搭載レーダーミサイル
前任のAGM-45シュライク」が、射程、威共に不十分で不評だったことから急遽開発されたもので性は優秀だったが「シュライク」より高くつくのが難点だったためハイ・ローミックス方式で使用された。

パープルパンチ

イスラエル向けのAGM-78で制御装置を簡素化した廉価だが、敵対するシリア軍のレーダーサイトに対して猛威を揮った。なお、地上発射仕様活用された。

RGM-66

艦載仕様で味方艦艇にレーダーを照射している敵航空機対策用に開発。
対艦ミサイル仕様[9]も存在したがハープーンを初めとする専用対艦ミサイルの登場により姿を消した。

試作・計画のみ

実用には至らなかったが対地ミサイルの『SM-4』、空対空ミサイルXAIM-97』、ESSMの誘導装置を乗せた『SM-5』といった具合に多くのが計画されていた。

記事がある運用艦の一覧

アメリカ 日本 韓国 欧州

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *「艦載ミサイル発達史」 明夫 世界の艦船2017年11月
  2. *駆逐艦退役後もフリゲートに乗せ換えて運用を続けている
  3. *「『こんごう』の防」野木恵一 世界の艦船1993年7月
  4. *「『中華』は子の虎か!?」文数重 軍事研究2014年9月
  5. *http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/seisan/sonota/pdf/05/001.pdf
  6. *空母を持って自衛隊は何をするのか」兵頭二十八 2018 徳間書店 p.97
  7. *「新レーダーと長距離ミサイルそして無人機多田 軍事研究2017年8月
  8. *国立国会図書館デジタルコレクション 制海をめぐる米海軍及び米海兵隊の動向とアジア太平洋の海洋安全保障exit
  9. *元々『ターター』も対艦ミサイルとしての使用が可だった
  10. *テリア』から更新

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スタンダードミサイル

1 ななしのよっしん
2017/03/15(水) 20:31:02 ID: vnXfl4NYt4
記事作成お疲れ様です。SM-2って別名、と言うか本当の名前がRIM-66/67でこれにも多くのがあるんだよなたしか。
2 ななしのよっしん
2018/05/30(水) 00:51:24 ID: 5Y29SWHXNy
SM-3の項で「このシリーズでは日本が開発に参加している」とあるけど参加してるのはブロック2からだな。

急上昇ワード