スタースクリーム単語

スタースクリーム

スタースクリーム

今からこの俺様デストロンニューリーダーだ!

スタースクリームとは、

  1. トランスフォーマーシリーズに登場するキャラクターである。
    総じて航空機に変形する他、内版では「航空参謀」の肩書きを持つ。
    このシリーズには同名のキャラクターが数多く存在するため、第一作~BWに登場した航空参謀を「G1スタースクリーム」、BWに登場した航空参謀を「BWスタースクリーム」、「マイクロン伝説」に登場した航空参謀を「アルダスタースクリーム」、「ギャラクシーフォース」に登場した航空参謀を「GFスタースクリーム」、実写映画に登場したディセプティコンを「実写スタースクリーム」、「アニメイテッド」に登場した航空参謀を「Aスタースクリーム」とする。
  2. 1から転じて「愚か者」の意。
    例文:まったくこのスタースクリームめ!

歴代スタースクリーム テックスペック比較

 

シリーズ名 パワー スピード 耐久力 地位 勇気 火力 テクニック 備考
初代(G1 7 9 10 7 9 9 8 8 元祖
ビーストウォーズⅡ 6 10 10 6 8 5 6 8

一裏切らず忠実な相棒がいた。ファンもいた。

notぼっち参謀

アルマダ(マイクロン伝説 6 8 10 7 9 8 7 8

サイバトロン側の経験有。

アレクサ始め子供に好かれた。

GF(ギャラクシーフォース) 9 9 9 8 8 8 9 10

強い。

っ向勝負でも強い。

実写 8 4 10 7 9 5 8 8 リーダー経験有。
アニメイテッド 8 9 10 9 9 5 9 9

※数値はレジェンズ版。

イケメン(自称)。

ライム 8 7 9 6 9 3 9 10 公式人気投票一位

 

 

G1スタースクリーム

CV鈴置洋孝矢尾一樹BW)/クリス・ラッタダグパーカーBW)、ジャック・マルジ(PS2ゲーム

デストロン軍団の№2であり、航空部隊「ジェットロン」をまとめる航空参謀。F-15イーグルに変形する。
科学者であり、エネルギー関係に詳しい。武器であるナルビームは、電気を崩壊させ機械の動きを止めてしまうをもつ。彼の研究の賜物らしい。
サイバトロンとの開戦前には、スカイファイアーという友人がいた。
№2ではあるが、非常に野心で、常にリーダー・破壊大帝メガトロンの座を狙う。

――以上、カッコよさげな所は終わり。
以下、その実態。

卑怯で狡賢く、その上不利になると途端に臆病を吹かし逃げ去ってしまう。その為仲間からの信頼も非常に薄い。同じジェットロンであるスカイワープサンダークラッカーには上とも思われていない。一言で言えば「ヘタレ」である。そのくせ見栄っりで傲慢なのだから手におえないDQN。折メガトロンが立てた作戦も彼の所為で失敗すること多々。そんな彼の最大の失敗が、400万年眠っていたサイバトロンを、埋めてしまおうと放った攻撃がもとでめさせてしまったことである。ちなみにこのことはにもばれていない、というか本人すら知らない。
一度メガトロンと袂を全に別とうと、私兵としてスクランブル合体兵士団「コンバットロン部隊」を作成するも、最終的には裏切られてしまう。カリスマのなさはピカイチである。他人を利用するものとしか考えていないらしく、その為にスカイファイアーという最後の友人までも彼と袂を別つ結果を生んでしまった。

不死のスパーク

西暦2005年ユニクロン戦争にてゴングを殺。その後、アストロトレインに乗り撤退する途中、メガトロンを含めた負傷者達を宇宙へ放逐するという非を行った。直後にアストロトレインの中で行われた新リーダーバトルロイヤルを勝ち抜き、ねんがんの、ニューリーダーのざをてにいれた!
――が、戴冠式にて冠を被った直後に、ユニクロンの手により転生したメガトロン――ガルバトロンが襲撃。彼のSFガン(右腕に装着されているレーザーキャノン)を受けてとなる。在任期間僅か1分少々であった。
その後、魂たるスパーク宇宙を漂い、日本へと現れる。日本コンピュータ・てれとらん15や、EDC少女・人隣当乗り移り、最終的にはアーカビ博士によってF-15Eのボディとなる。ちなみにあたりに乗り移った状態は「あたりスクリーム」と呼ばれ、テックスペックもちゃんと存在していたりする。

その後何時の間にかまた死亡し、スパーク宇宙を漂うことに。この2010に登場するスタースクリームは「ゴーストスタースクリーム」と呼ばれ商品化されている。
同じ裏切り仲間のオクトーンをそそのかしてサイクロナスに乗り移り、ガルバトロン復讐しようとしたり、スカージやダイナウラーなどに乗り移り、ボディ復活させようとして好き勝手やっていた。最終的にはなんとあのユニクロンペテンをしかけて思惑にはめ、ボディを復活させるというすごいことまでやっている。
ちなみに交換条件はユニクロンセイバートロン星と接続させることだったが、スタースクリームはった途端に手のひらを返し、裏切っている。それが災いするとはもが思っていなかったが……。
ちなみに2010では復活した途端、サイバトロンの仕掛けたエネルゴン爆弾爆発に巻き込まれて吹き飛ばされ、その先で運悪くガルバトロンと出くわしてしまったことで彼から集中火を受け、そのまま宇宙の彼方へと消えている。 

余談だが2010のOPではガルバトロンに率いられたスタースクリームというしいシーンを見ることが出来る。

ボディを作ってもらっては破壊され、その度にスパークは漂流していったわけだが、彼の野望への凄まじい執念は、いつしかそのスパークを不死のものとさせ、彼は永久のときの旅人となっていった。

ダークノヴァが治める時代に、スーパーメガトロン同様に彼もまた復活したが、バトルスターズにより撃破された。

そしてそのスパークは時の流れを越し、ビーストウォーズ地球へと辿り着く。そこで彼はワスピーターに憑依(因みに憑依したときにG1スタースクリームの姿が一見え、このシーンはトレカにも採用された)、その身体フルに発揮し、ビーストメガトロンらを欺いて、サイバトロンを壊滅させデストロンを乗っ取ろうとする。しかしビーストコンボイの反撃、ブラックウィドーに裏切りに遭い、またしてもスパーク宇宙を漂っていくハメに。彼の魂に安息の日はくるのだろうか?そもそも、やられ役であるワスピーターに憑依したと言うのが間違いな気がせんでもない。

BWⅡスタースクリーム(→ヘルスクリーム)

CV高橋広樹

デストロン特殊部隊「コンバットロン」の一員である航空参謀。
本作品にいては新破壊大帝ガルバトロンには忠実だが、その破壊公爵メガストームの座を狙っていた(言葉巧みにだまして、アンゴルモアエネルギーの溶岩に落として亡き者にしようと企んだが、ギガストームになって復活したため失敗)。
何故かオカマ口調だが、ノンケ。また、歴代スタースクリームの中でコンボイのようにマスクをしている。

また、他シリーズと違い、忠実な部下でステルス爆撃機に変形する「BB」がいる。BBはスタースクリームに心から忠を誓っておりコンビネーションは抜群である。上司と部下との関係であるが割と意見は言い合っていた。

BBがスタースクリームに従う理由としては、捕虜だったスタースクリームがサイバトロン調教更生施設から同じく捕虜だったBBを助けたからと言われる。BBの片言などはサイバトロン調教矯正によりブレインに支障をきたしたかららしい。基本的に他シリーズと同じように自分が第一のところが多かったが、仲間を気遣う面が見えたり歴代の中では情に厚い方であり、チームワークも良かった。ダージ・スラストオートジェッター等からよく思われてない面もあったが、ガルバトロンからはデストロンの知恵袋として信頼され、BBからは絶対的な忠を誓われる等歴代の中では仲間と割と上手くいっていた。終盤ではガルバトロンに忠を尽くしていた。

軍団の実質的なNo.2メガストームであったが、彼は参謀らしく戦闘諜報活動、医療活動、作戦等様々な面で活躍しており、成功した作戦についてはガルバトロンが行ったもの以外はスタースクリームが担った。ちなみに、ガルバトロンの治療の際にはマスクを装着していたため、マスクの上にマスクという状態になっていた。どういう事なの…。

ツッコミにはハリセンを使う。

ダージ&スラスト組、上官のメガストームとは何かとり合うことが多く、その結果としてボディを失う羽になる。
しかし、アンゴルモアエネルギーにより復活。サイボーグサメに変形する参謀総長ヘルスクリームパワーアップする。パワーアップ後はライオコンボイにも引けを取らない戦闘を持ち、頭部を分離させるピーピングヘッドを利用した偵察面でも活躍した。活動可範囲は宇宙中、中と幅広い。
なお、ヘルスクリームになってからは顔がとんでもなく悪化したが、口調は変わらないためかなりギャップがある。

惑星ガイアの監視ロボットアルテミス」はスタースクリームのファンで、様付けしているほど。

アルマダスタースクリーム

CV山野井仁 / マイケル・ドブソン

アルマダメガトロンらと共に地球へ襲来したデストロンの一人。野心で破壊大帝の座を狙っているのはG1と同様だが、今回の彼は武人でなおかつ士という(スタースクリームとして)極めて特異な存在となっている。卑怯さは全くなく、むしろ正々堂々の勝負を好む。パートナーマイクロンはF1に変形するグリッド。また、ホットロッドから奪い、メガトロンから託されたエアディフェンスチームスターセイバー)とも仲良くなる。
ある時、アルマダスラストの策略からデストロンに見棄てられ、しばらくサイバトロンに身を寄せることとなる。その際に出会った、ラッドら地球子供たちと触れ合い、をつくってしまう。
デストロンに帰ったあともそのことで思い悩み、ヒュドラキャノンにて地球を撃つ際はためらっていた。
その後、襲来したユニクロンと戦う為にサイバトロンデストロンを一つにするため、ラッド達と尽する。そして理解をめてメガトロンSに戦いを挑み、最期はユニクロンにナルキャノンを撃つも、返り討ちに遭い死亡する。

なお、途中でスーパーモードパワーアップするが、その体色はどう見てもサンダークラッカー。実際原版では「まるでサンダークラッカーみたいだ」と言っていた。

GFスタースクリーム(→スーパースタースクリーム)

CV黒田崇矢

今作では少数デストロンの一人。マスターメガトロンに忠実に振舞うが、野心は強く、プラネットフォースのが物にしようと企んでいる。
マスターメガトロンに隠れて暗躍することは多いものの、戦闘面ではっ向勝負を好み、ギャラクシーコンボイや複数のサイバトロンを相手にも引けを取らないほどの実を持つ。両腕にはバーテックスブレードと呼ばれるが装備されており、背面にフォーチップイグニッションすることで展開する。接近戦のほかに撃も可な万タイプ。ちなみにフォーチップセイバートロンデストロンサイド)。

中盤、ノイズメイズと共にマスターメガトロンから離反し、閉。地球に封印されていたデストロンモンスターTF)を開放し、率いて戦う。
サイバトロン全員にたった一人で戦いを挑み、ボロボロになりながらもプラネットフォースの奪取に成功する。その後は火山に身を隠し、プラネットフォースのを吸収して巨大化G1に登場したものによく似た王冠をかぶり、スーパースタースクリームへとパワーアップする。。戦闘はすさまじく向上しており、武装は左腕ののバーテックスブレードが変化してバーテックスキャノンとなり、火力が大幅に向上した他、以前と変わらぬスピードオーラによる防御や念動なども使用している。
しかし、ギャラクシーコンボイソニックボンバー合体したソニックコンボイ敗北する。

セイバートロン星での戦いでは、戦艦アトランティスを拠点にサイバトロンマスターメガトロン率いるデストロンと三つの戦いを展開。
惑星サイズTFであるプライマスにも何度も戦いを挑み、さらにはプライマスの放ったエネルギー波を直接吸収し、自らも惑星サイズ巨大化し、プライマスと戦う。しかし、不全な状態のプライマスには有利に戦うが、全に起動したプライマスに手も足も出ず敗北。 

ギガニアでは、サイバトロンデストロンより遅れて登場し、人間少年バドと、マイクロンのホップ、バンパーを奪還しようとするサイバトロン突するが、自身はアトランティス内部に留まっていたところをアトランティスそのものをブレンダルセメント漬けにされ閉され、ノイズメイズも自身の的のために活動しようと離脱し孤立してしまう。
脱出に成功しギガニアのプラネットフォースを後一歩の所まで手を伸ばしたが、プラネットフォースのによって巨大化したガードシェル敗北した。 

最終的にマスターガルバトロン一騎打ちを挑み、瞬間移動プライマススパークの吸収を繰り返したことによる大きさを自在に変化させるを駆使し、後一歩の所まで追い詰めること成功したが、お互いにを解放した一撃をぶつけ合った末に敗北。戦いに巻き込まれたノイズメイズサウンドウェーブと共に別次元宇宙へと飛ばされてしまった。

その後は全てを失い途方に暮れていたマスターガルバトロンを叱した(その際分離した王冠を握りつぶされている)。
最終回ではエピローグソニックボンバーガードシェルデモリッシャーと戦っている。

実写スタースクリーム

CV宮澤正 / チャーリーアドラー

元のスタースクリームから最もかけ離れたデザインをした、正にエイリアンという例えがしっくり来るスタスク。
最新鋭ステルス戦闘機であるF-22ラプターに変形する。
一応ディセプティコンデストロン)のNo.2らしく、メガトロンが三部作中、もっとも多く絡んだ部下であった。
第一作ではメガトロンを救出するために一役買うもまともな台詞が一言しかなかったり、
人間戦闘機軍団に紛れてメガトロンに攻撃を加えた疑惑を持たれたり、
元のスタスクを思わせる台詞はむしろメガトロンの「またもしくじりおったな、スタースクリーム!」くらいだった。
それでもサムを追う際に存在感を示したり、アイアンハイドに警されたりと、名前自体はよく出ていた。
しかも最後のエピローグには彼が一人だけアジトに逃げ帰るシーンが描かれている。汚い。 

第二作ではメガトロン不在の間ニューリーダーを気取っていたらしく、帰還メガトロンに叱られた
その後もオプティマスに腕を切り取られたり、
あまりの役立たずぶりにメガトロンの怒りに触れてメチャクチャ踏んづけられたり、
余計なタトゥーを全身に施したばっかりに前作とは違って「明らかエイリアン」とバレてしまったり、
G1同様の駄っぽさ全開だった。
最後は「アンタメガトロン)を臆病者って言うわけじゃないけど臆病なほうが生き残るよねー」
という感じでこっそり口添えをして、嫌な口の利き方ながらも一応メガトロンに撤退を促した。

第三作ではすっかりゴマすりのクズ野郎と落ちぶれ、メガトロンにも呆れられていた。
(しかも両手をあからさまにスリスリして媚びまくっていた)
G1ムービーサウンドウェーブで言われてたことを全て実行してる状態である。
しかもザコしか相手にしないという姑息で汚い性格が強調され、弱者ばっかり狙うという堕落っぷりだった。
そのため、トランスフォーマーと直接戦うようなシーンがないという体たらく。
ただしオートボットを追放するロケットを撃墜するというある意味金星を飾る(しかし相手は防備)。
が、そんなことばっかりしていたためにサムによって潰しを食らい、
あげくキューホイルジャック)の新兵器爆発を食らって死亡するという情けない最期となった。

なお、ゲームなどでも失態を犯している場面が多く見られる。
特にアレなのはダークサイドムーンの前日譚を描いたゲームでのこと
オートボットとの戦いの後、メガトロンの「破壊せよ」という命に背き、オートボットの特殊な技術を持ち帰り、
敵に隠れの位置をしてしまうという大失態を犯し、メガトロンによってメタメタにされかけていた。
これだけやってもその後、実際には処刑しなかったのだから実写メガトロンもなかなか寛容である。 

雑魚い部分だけ強調したが、実際上記のゲームでは単独で任務を任されているなど実はある。
流石ナンバートゥー、と言ったところか。
しかしそれだけの実がありながら「勝てるしか相手にしない」性格だったので、
彼の人生はちょっとく潰えてしまったようだ。
それだけの地位があったため、一時的に二作ではメインビジュアルを飾った。 

今後続編があると言われているが、果たして彼はG1のように幽霊として復活出来るのだろうか?

余談だが、歴代スタースクリームの中では何故かテックスペックにおける知の数値が「4」と最低の値になっている。

Aスタースクリーム

CV山野井仁 / トム・ケニー

本人く「宇宙一のイケメン」。中の人はあのアルダスタースクリームと同じ。
をモズクと間違える。メガトロンに突っ込まれるが、監督監督なだけに、どっかのエイの遣り取りを髣髴させる。
400万年間も頑ったんだぞー!
初回からメガトロン爆弾を仕掛けてふっ飛ばしたり、幽霊状態(厳密にはこちらはゾンビっぽい?)になったりとある意味スタスクらしいスタスク。
プロフォームとオールスパーク欠片からクローン軍団を作りだし、イケメンビームを武器にメガトロンやオプティマス部隊に挑むも……あっさりクローンに裏切られてしまうという、ある意味彼らしい結果となった。

TFプライム スタースクリーム

CV鶴岡聡/スティーヴン・ブルー

実写映画から打って変わって細身でシャープな体系になり、単発戦闘機トランスフォームする。
トランスフォームの言い方が独特。

メガトロンを仮死状態にして長らくディセプティコンニューリーダーに就任、植物状態のメガトロンを誅殺しようとまでしたが、メガトロンの執念に阻止される。それからは組織から蔑ろにされたことでオートボットへの寝返りを考えるが失敗、以降は単独勢として戦局を掻き乱す(ディセプティコンに対して)役柄となった。

しかし単独勢になっても良いにはまったく合えず、むしろ自分が追い詰められていくことのほうが多かった。よって、最終的にオメガキーを手土産ディセプティコンへと帰参した。

ディセプティコン復帰後はメガトロンの足を引っっては怒鳴られるのがお決まりとなっており、またいつ裏切るのかというところにまで至っていたが、メガトロンが倒された際は昂してオートボットに襲いかかろうとしているなど、以前にはあまり見えなかった忠心や尊敬を見せていた。

日本語版では音響監督岩浪美和アドリブを許していると言しているキャラ。独特の「トランスフォオォォーム!」というコールは、よいこのみんなが結構マネしてくれているらしい。あと実家母ちゃんがいるらしいが、息子の出ている番組をよく知らないようだ。

キュートランスフォーマー スタースクリーム

CV:杉田智和

初代を意識した姿で二期から登場したメガトロンの側近。
本作ではなんと常識人ポジションツッコミ担当となっており、ディセプティコンメンバーボケに対して痛ツッコミを放つのが定番となっている。
しかしブチキレツッコミロックダウンとは違い重低音ボイスで静かに突っ込む為彼よりは穏やかなイメージがある。

ニューリーダー病は発症していないが、キスぷれでの扱いをメガトロンに言及された際はいつものセリフを言い放ち「ジバニャン!」の叫びと共に吹っ飛ばされた。

その反面アドリブパートではアドリブ声優でおなじみの杉田フルで発揮されており、
何故かさん相手にコビを売るというスコルポスじみたことをしたり、積極的に下ネタを言ったりしている。

口調・言動を考えれば歴代で最もまともなスタースクリームと言えるだろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スタースクリーム

255 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 07:42:37 ID: zNBny2p3Yp
War for Cybertronでは過去の経歴は本当にサイバトロンだったな
Till All Are Oneの例の姿も本当にヒロイックだったし
256 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 15:06:12 ID: xtUVV4793c
Till All Are One>あれはアルマダスタスクだからな、本人も「なぜオレサマはなんて持ってる?」と困惑するという。
257 ななしのよっしん
2018/10/19(金) 09:58:01 ID: zNBny2p3Yp
>>256
いや、スタースクリームの例の姿というのは、True Formの事
258 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 07:49:22 ID: axm+LEO1oU
>>252
現代なら石破茂が近いように思える

リーダー批判はしまくりの一方で、自民を抜ける気は
サラサラナッシングという意味で
259 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 20:36:23 ID: Q4nkVtbToy
>>250
他のサイトだと上であるラットバット議員を嫌悪していたから裏切った等と言われているな。
260 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 16:13:45 ID: I5DtlIUMql
使徒スクリーム
マジスクリーム

スタースクリームってなんでもありだなwww
261 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 19:07:49 ID: I34JNEO14m
マイ伝やギャラフォを見て育った身としては
最近の小物一辺倒のスタスクが物足りなく感じる事がある。
ていうか「強いスタスク」って海外の人はどう評価してるんだろ。
262 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 23:15:34 ID: zNBny2p3Yp
G1時代からスタスクは実No2で非常時の揮権限も持ってる強キャラよ、反バリバリだし
クリスボイス小物感をがっつり強調してるし後任者もそれ強調してる、基本的にスタスク小物だが、それと同じくらい強くなくちゃスタスクじゃない

スタスクの個性を表す言葉は「裏切り」だが、強さと反だけのギャラフォとかのスタスクも、ある意味今までのスタスク像を裏切ってるという事だ、という評もある
例えば実写スタスクは「細身」というイメージを裏切ってるし、何等かの「裏切り」はむしろわざとイメージ外の要素を付けている節もある
263 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 18:47:55 ID: tMu21JxZ4f
>>258
が弱すぎる。野田聖子やら小泉進次郎やらの反安倍を結集するぐらいはできないとお話にならない

本文中にもある通り、
>一度メガトロンと袂を全に別とうと、私兵としてスクランブル合体兵士団「コンバットロン部隊」を作成するも、最終的には裏切られてしまう。カリスマのなさはピカイチである。他人を利用するものとしか考えていないらしく、その為にスカイファイアーという最後の友人までも彼と袂を別つ結果を生んでしまった。
と(結末はともかく)条件さえ整えば気で組織を割り抜け出ていくのがスタースクリームだぞ。

自分なら前原誠司を推すね。自分から民進党をズタズタに引き裂き、もっと胡散臭い小池都ファに擦り寄りつつ、両党のメンバーを盛大に爆死させながら自分だけはのうのうと生き残る。
悪人呼ばわりされる政治家は数いれど、ここまでフィクションじみた動きはなかなかできないよ
264 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 16:36:02 ID: 6lsD9d8KLb
政治厨はどこににでも沸いてきもい