スターズオンアース単語

59件
スターズオンアース
7.3千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

スターズオンアースStars on Earth)とは、2019年生まれの日本競走馬黒鹿毛

な勝ち
2022年桜花賞GⅠ優駿牝馬GⅠ

概要

ドゥラメンテ*サザンスターズSmart Strikeという血統。

キングカメハメハアドマイヤグルーヴ良血で、2015年皐月賞日本ダービーを圧倒的なで制しながらその後は故障に苦しみ、種牡馬として産駒デビューし始めた矢先の2021年に急逝してしまった悲運の名。5世代しか残せなかった産駒のうち、スターズオンアースは2年産駒である。

イギリス産の輸入繁殖牝馬で、2017年オークスソウルスターリングの半
こちらもスマートストライクはその良血明するようにカーリンを筆頭に多な活躍を送り出し、2007年2008年の北リーディングサイアーいた大種牡馬*スタセリタフランスオークスをはじめGⅠを6勝した名でありドイツの名牝系という、これまた折り紙付きの良血

というわけで、日本良血×北良血×欧州の名牝系という世界の良血よくばりセットみたいな血統である。

2019年2月27日千歳市の社台ファームで誕生。オーナー社台レースホース。募集価格は70万円×40口(=2800万円)だった。

名の意味は公式上は「地球上の」となっているが、恐らくは中島みゆき名曲地上の星」がその由来であろう。

風の中のすばる

2歳~3歳2月・名だたるものを追って

高柳瑞樹厩舎に入厩し、デビュー2021年8月1日新潟新馬戦(芝1800m)。上はここからフェアリーSまで石橋脩。スローペースの展開を後方から追い込んだが、中団から抜け出したルージュティリアを捕らえきれず2着。

2戦10月9日東京未勝利戦(芝1800m)。ここは中団から直線で勢い良く抜け出して2身差の快勝。デビュー戦2着のあと2戦府中1800mを勝利というのは、8月31日立ったドゥラメンテと同じである。亡きドゥラメンテの遺児として、その良血もあって期待を集めたのだが……。

11月1勝クラス赤松賞東京・芝1600m)に1番人気で乗りこんだが、ここでは4番人気ナミュールの末脚に全に置いていかれて敗の3着

明けて3歳、1月フェアリーステークスGⅢから始動。ここでも1番人気に支持され、中団前の内に構えると直線では最内を抜け出したが、外から飛んできたライラックにクビ差かわされ2着

2月クイーンカップGⅢでは横山武史上に迎えやはり1番人気も、直線で群を割って抜け出したがプレサージュリフトに最後にクビ差差しきられて2着

どうにも勝ちきれないまま、重賞2着2回で収得賞金は貯まったので、そのまま桜花賞に乗りこむことになった。

2022年桜花賞・桜に燃える草原のペガサス

さて本番の桜花賞GⅠ上は前日の9Rで落しながらピンピンしている川田将雅が初騎乗。さすがにこの勝ちきれない戦績では単勝14.5倍の7番人気という評価もやむなしである。

中団でレースを進めたスターズオンアースは、直線に入っても群の中、前が壁の状態。
残り300mを切って前のパーソナルハイアルリングウェイの間に隙間ができると見るや猛然と加速するが、両の間に割って入った間、内にいたピンハイが斜行してパーソナルハイにぶつかり、押されたパーソナルハイによってアルリングウェイとの間に挟まれてしまう(この件でピンハイ高倉騎手は過怠を課された)

繊細なであれば、他タックルを受けるとそのまま戦意喪失してしまうこともしくない(例:2021年桜花賞メイケイエールタックルを食らったソングライン。ところがスターズオンアースは怯むどころか逆に闘志を燃やしてさらに加速。間を割って抜け出すと、前を行くウォーターナビレラを猛追する。
上の武豊が「今日は全てうまく行きました」とるほど完璧レースをし、もが押し切る流れと思っただろうウォーターナビレラゴール手前で捕らえ、ハナ差差しきったところがゴールだった。

上の川田騎手は「彼女の気持ちの強さが最後につながりました」とコメント。ここまでの勝ちきれない戦いの憤をらすように大一番で譲りの勝負根性を発揮し、武兄弟を打ち砕いて女王いた。ドゥラメンテ産駒は昨年の菊花賞タイトルホルダーに続く2年連続2頭クラシック制覇。高柳師は開業12年で嬉しいGⅠ初制覇となった。

2022年オークス・運命を導く街角のヴィーナス

続いて優駿牝馬(オークス)GⅠへ。1982年の勝ちダイナカール1996年の勝ちエアグルーヴの血を継ぎ、*スタセリタフランスオークスことディアヌ賞の勝ち。さらには叔母ソウルスターリング2017年に制している、血統的には非常に縁が深いレースである。

しかし川田将雅がお手だったパールコードリベンジして忘れな草賞勝ちアートハウスに回ったため、今年未だJRA重賞勝利クリストフ・ルメールが初騎乗。さらに前走の桜花賞が10着まで0.3台に収まる大混戦だったのに加え、過去40年間で勝ちアパパネと同着のサンテミリオンしかいない大外818番というのもあり、人気でもそのアートハウスに抜かれて単勝6.5倍の3番人気に留まった。

そしてスタート前にラブパイローに蹴られたサウンドビバーチェが放するアクシデントが発生。7分ほど走り回った後に捕らえられ除外。17頭でのレースとなり、発走は10分以上遅れることに。
1番人気サークルオブライフ等はそのもあってか出遅れ、逃げを打ったニシラブウインクペースを作る中、中団外に構えたスターズオンアース。直線でん中から大外に持ち出すと、残り400mからぐんぐんと伸び、並んで伸びてきたスタニングローズや内から突っ込んで来たナミュールをまとめて振り落とし、1と1/4身差という着差以上の強い勝。ドゥラメンテの二冠から7年、今度は府中からへと立ったに向け地上からかせてみせた。

これによってスターズオンアースはドゥラメンテと同じくクラシック二冠達成。しかも桜花賞オークスともテン乗りでの二冠は史上初スタセリタのディアヌ賞(オークス)、叔母ソウルスターリングオークスC.ルメール騎乗だったことを思えば、ここでのルメールへの乗り替わりは運命だったのかもしれない。

かしこの二冠の代償も大きく、レース後に右前肢第1の剥離骨折が発覚。更に検を行ったところ左前肢第1の剥離骨折も判明。ドゥラメンテも辿ったケガとの戦いというイバラへと足を踏み入れることになった。

2022年秋華賞・輝く三冠の夢を追って

両前脚の片摘出手術を受け、術後は順調に回復し、引き続きルメールとともに秋華賞GⅠへと直行。3冠を期待されての1番人気ではあったものの、怪明けということもあってオッズは3.0倍にとどまった。

3冠してゲートが開かれたがまさかの出遅れ、加えて即前を塞がれ挟まれる苦しい立ち上がりとなり、最後方からのレースを強いられることに。4コーナーを回っても以前最後方であったが直線でルメールが冷静にの間を縫っていき一気に追い上げる。が、スタニングローズを捉えきれずナミュールにもハナ差敗れての3着牝馬三冠く散った。桜花賞オークスを獲ってクラシックを二冠で終えたのは、2009年ブエナビスタ以来となる。とはいえ直線で見せた脚は見事の一言でありポテンシャルの高さはめて示した。高柳師も戦前に「小回りコースなのでスムーズ競馬をしてほしいし、ルメール騎手にお任せしたい」と触れていたし、つくづく出遅れと挟まれがなければなあ…。

レース後の検では左前肢の繋靭帯に軽度の炎症が診られたため、年内は休養。来年度に向けて二冠牝馬は、更なるきを見せるために再び雌の時を送る。

JRA賞では三冠を逃したため満票とはいかなかったものの、288票中286票を集めてこの年のJRA賞最優秀3歳を受賞した。

2023年大阪杯・届かぬ崖の上のジュピター

休養後、初戦は大阪杯(GI)レース数日前に調教後の体重が+24kgと報じられファンをざわつかせたが、当日は+12kgに落ち着いた。上は今回もルメールとの戦いは未勝利戦以来となったが、大物がいなかったこともあり、混戦ムードの中でも3.4倍の1番人気に支持される。

大きな出遅れこそしなかったが、スタート直後に隣のキラーアビリティに寄られるなどした結果、今回も集団後方からのレースとなる。逃げジャックドール1000m589のハイペースに後続を巻き込んでの消耗戦を仕掛ける中、スターズオンアースは4コーナー時点でも群の中の9番手。しかし中団~後方勢がジャックドールペースの追走だけでスタミナを削られ伸びあぐねる中、直線で前に上手い具合に進路が開くとそこから一気に追い上げ、上がり600m最速の344という脚を繰り出し、先頭で逃げていたジャックドールと並んだところがゴールハナ差残されての2着惜敗となった。
3着ダノンザキッド、4着マテンロウレオも先行組で、ハイペース消耗戦の前残りの展開の中でただ一頭、後方から追い込んでのハナ差2着は牝馬二冠馬の意地と強さを見せた内容と言えた。

ルメールは「良いレースはできてラストは脚を使っていますが、元々2400mのです。長い直線があれば。秋華賞と同じでした」とコメント秋華賞と同じく、小回りコースに泣かされる形となってしまった。

2023年ヴィクトリアマイル・先行く雨底のシリウス

次走は引き続きルメールヴィクトリアマイル(GI)大阪杯ルメールコメントとは逆の距離選択だが、今後のレース選択を考えればめてマイルでの実を測ることには意味があるし、末脚自慢の彼女には直線の長い府中の方が有利という考え方もあり、桜花賞以来のマイル再挑戦となった。
ファンも同様に直線の長い府中ならと考えたか、当日は12番というがどうかという見方もありつつも、前年覇者ソダシや昨年の安田記念覇者ソングライン、悲願のGⅠ制覇をして仕上げてきたナミュールらを抑え、2.5倍の1番人気に支持される。

の降りしきる中課題のスタートが決まり、そのままいつもより前の5番手あたりに構えたスターズオンアースは、そのまま逃げロータスランドとそれを追うソダシを見ながら内を回して直線へ。直線では外に振ってソダシを追いかけたが、中距離戦で見せるような末脚の伸びはなく、後ろからぴったりとマークしてきたソングラインにかわされ、標にしたソダシにも3/4身振り切られて3着
ルメールは「マイルスペシャリストが相手では分が悪いです」とコメントマイルペースでは自慢の末脚が残せず、やはり2000m以上が本領のようだ。

2023年ジャパンカップ・名だたる強豪を追って

その後は直線の短い阪神開催の宝塚記念には出走せずまで休養。初戦として天皇賞(秋)を選択、ルメールイクイノックスに騎乗するため上をミルコ・デムーロに変えて出走する予定だったが、レース当日の5日前に右前脚の蹄に異常があることを理由に回避することが発表された。挫石のような症状で重度の怪ではないようだが、末脚を活かせる府中レースに出走できなかったことは営にとって非常に残念なことであろう。

その後復帰の途が立ったという事で、ジャパンカップ(GI)へスライド参戦が決定。世界ランキング1位の現役最強イクイノックス後輩三冠リバティアイランドが待つ舞台へ殴り込み、上もステルヴィオでマイルCSを制するなど実績豊富なウィリアムビュイックとの新コンビで挑む。

競馬後輩三冠リバティアイランドと並ぶ形で、イクイノックスを前に見る形の4番手で競馬を進める。競馬常識から言えば「強いを前に置いて標にして差し切る」というのはまさに定石、理想的なポジションだったのだが、相手は世界最強、3番手から上がり最速の脚を使われてはさすがに手も足も出ず、リバティアイランドにも1身振り切られて3着。とはいえリバティアイランドとは斤量2kg差があっての1身差であり、同期ダービードウデュース先輩GⅠ3勝タイトルホルダーにはきっちり先着したわけで、後輩三冠に先着されたとはいえ先輩二冠牝馬の実を見せることはできたと言える。

2023年有馬記念・外枠ばかり掴む

その後、引退したイクイノックス、年内休養となったリバティアイランドとは異なり、有馬記念(GI)へ向かうことになったわけだが、レース史上3着以内に入ったが1頭もいない816番に放り込まれてしまう。開抽選会で、先に815番を引いてしまったスルーセブンシーズ池添謙一を笑っていたルメールは、自分がもっと不利な大外を引いてしまい頭を抱えることになってしまった。

中山2500mの大外は単なるジンクスではなく、スタート直後にコーナーがあるため大外からでは距離ロスが大きいという、東京2000mでよく言われているのと同じコース形態が原因の明確な不利要素である。前走の内容から1番人気に支持されると見られていたスターズオンアースがこの最悪のを掴まされたことで予想は一気に混迷し、最終的に秋天2着のジャスティンパレス武豊が戻ったドウデュース凱旋門賞4着のスルーセブンシーズ、3歳勢のソールオリエンスタスティエーラ引退レースタイトルホルダーに次ぐ8.6倍の7番人気。……すなわち7頭が単勝一桁台という大混戦ムードでレース当日を迎えた。

これまでのレース内容からも、スターズオンアースはスタートが課題。他のレースならともかく、このコースのこので外々を回らされてはさすがに厳しい。だとすれば、好スタートから前を取って内に切れ込む以外の選択肢はない。上のルメールも当然そのことは理解していた。
そしてゲートが開いた間、スターズオンアースとルメール過去最高のスタートを切った。そのまますっと内へと切れ込んでいき、すんなりとタイトルホルダーの2番手を確保。1周ホームストレッチではもう内ラチ沿いにいた。最悪のから勝負に持ち込むための一解を見事に為し遂げたスターズオンアースとルメールは、そのまま緩みのないペース逃げタイトルホルダーを行かせて自身は抑え、2番手で後続集団のペーススローに落として進めていく。
この集団スローペースに気付いてめに上がってきたのが武豊ドウデュース。直線ではドウデュース体を併せての追いべとなったが、ここで右にモタれる悪が出てしまい、タイトルホルダーは最後にかわしたものの、ドウデュースに半身競り負けて2着

かくして4戦して2着→3着→3着→2着と勝ちきれないまま1年を終えることになったが、しかし有馬記念で16番から馬券に絡んだのは史上初。これ以上なく「負けて強し」というレースを見せ、めて現役最強を争う実を示した地上の星は、ラストシーズンとなる5歳2024年へと向かう。

2024年ドバイシーマクラシック・曇りゆく展開のアヤ

5歳初戦は初の海外遠征となるドバイシーマクラシック(G1)ドゥラメンテが惜しくも果たせなかった同レース勝利に向けて準備万端だったが、ここでも不運が襲い掛かる。直前のドバイターフキャットニップが最終直線で前から躓き転倒、騎乗していたC.ルメールも直前で異変に気付き追うのをやめていたが止まり切れず落。動けなくなったルメール病院に搬送され騎乗できなくなってしまったのだ。そこで代打騎乗として白羽の矢が立ったのは世界の名手・ランフランコ・デットーリ騎手日本への騎乗は19年香港スプリントダノンスマッシュ以来であり、のあるこのをテン乗りで導けるかが焦点となった。

結論から言うと、ダメだった。スタートを切ったスターズオンアースだが、抑えて中団を追走した。しかし最終直線では右に大斜行。流石の名手もテン乗りでは持ち味を活かしきれず8着。ここまで12戦全てで複勝圏を死守してきた彼女だったが、ここで遂に記録が途絶える事となった。とにかく運がなかったとしか言いようがない…

血統表

ドゥラメンテ
2012 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
アドマイヤグルーヴ
2000 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エアグルーヴ *トニービン
ダイナカール
*サザンスターズ
2013 鹿毛
FNo.16-c
Smart Strike
1992 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Classy 'n Smart Smarten
No Class
*スタセリタ
2006 青鹿毛
Monsun Konigsstuhl
Mosella
Soignee Dashing Blade
Suivez

クロスMr. Prospector 4×3(18.75%)

関連動画

関連リンク

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スターズオンアース

632 ななしのよっしん
2024/04/01(月) 05:04:19 ID: 8muUHfliLS
流石世界のデットーリでもテン乗りだと厳しいなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
633 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 06:24:20 ID: jA5oN6F+To
>>630 イクイノックスキチはすぐイクイノックスホルホルしたくて他をダシにするんだからしょうもない
イクイノックス抜きに普通に名だろう
リップサービスにせよ本心にせよ素質にテン乗りで不完全燃焼だからまたリベンジしたいってだけの話に一々イクイノックスを挟むな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
634 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 09:04:46 ID: QTDGdHhjy7
生涯複勝率100%ではなくなったけど、未だ内では継続してるわけだからいつか勝つことを見ない日はない
同期ダービードウデュースも直前の乗り替わりを経験して復活して有馬記念を勝ったし、スターズオンアースだって復活したらどこかG1勝つと信じてる
オークス以降勝ちなしで引退なんて結末はこのには絶対にふさわしくない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
635 ななしのよっしん
2024/05/06(月) 20:18:39 ID: b6nUOpN7DR
1ヶ以上なんの報道もないなぁ
そろそろ次のレースぐらいは出てきてもいいころなのに
👍
高評価
0
👎
低評価
0
636 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 11:55:19 ID: 7nsdZCljrG
仮に宝塚に出るとしても
上どうするんだろうな?
ルメールジャスティンパレスになったみたいだし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
637 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 18:11:51 ID: b6nUOpN7DR
川田ルージュエヴァイユとのこと
横山武史ソールオリエンスだろうし、横山和生ベラジオオペラだろうし…

騎手おらんしやっぱり宝塚回避かねぇ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
638 ななしのよっしん
2024/05/11(土) 04:24:30 ID: GtNVWFPW1G
ルメがレガレイラダービーやろうとしてるから間に合うんでは
👍
高評価
0
👎
低評価
0
639 ななしのよっしん
2024/05/11(土) 14:42:40 ID: b6nUOpN7DR
👍
高評価
0
👎
低評価
0
640 ななしのよっしん
2024/05/14(火) 12:12:10 ID: e+nrukwy6D
宝塚には出走せず、の復帰に向けて調整していく方針。

ドバイSC8着スターズオンアースの復帰に向けて調整
https://keiba.sponichi.co.jp/news/20240514s00004048166000cexit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
641 ななしのよっしん
2024/05/14(火) 17:24:18 ID: b6nUOpN7DR
ドバイから戻って体調崩したんかなぁという感じの発表の遅さ

とまれ、去年のJCイクイノックスリバティアイランドとの対戦を取ったけど、今年はエリ女に行くのかな? それとも去年より確実に相手関係が楽になるJCに再挑戦?
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス