スターダム単語

スターダム
4.0千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スターダムとは、以下のものをす。

  1. スターとしての地位、身分を意味する英単stardom
  2. コナミゲームプロ野球スピリッツシリーズ」のゲームモードの一つ。パワプロにおけるマイライフのようなモード
  3. 日本女子プロレス団体。この記事で解説する。

スターダムとは、2011年1月23日に旗揚げした日本女子プロレス団体である。

第1回ゆずポン祭開催──新団体「スターダム」旗揚げへ

遡ること2010年10月31日新木場1stRINGで開催された、愛川ゆず季プロレスデビュー戦「ゆずポン祭」に向けて、愛川ゆず季導として動いていた元人気女子プロレスラー香のもとに、プロレスラー少女達が集まり始めたのがひとつの契機となり、ゆずポンプロデューサーのロッシー小川小川)に依頼して、新団体旗揚げへ動き出した。これがスターダムの原である。

新団体旗揚げへのもうひとつのきっかけは「NEO女子プロレス」の解散発表があり、香は「NEOの解散がなければスターダムの旗揚げは考えてなかった」とっており、「NEOの後継団体」と位置づけている。

新団体の代表には女子プロレス団体運営定評のあるロッシー小川が就任し、ゼネラルマネージャーとして香が、またプレイングマネージャーとして全日女子プロレス(以下全女)最後のWWWA女王高橋奈苗がそれぞれ就任。ここに2011年1月23日新木場1stRINGにてスターダムが旗揚げ行を開催、小さな産を上げたのである。

聖地・後楽園ホール、両国国技館進出へ

旗揚げ後は新木場を拠点に活動し、半年後にはプロレス格闘技聖地後楽園ホールへの初進出を果たした。
2012年には年4回の後楽園大会や地方大会も行い、さらに2013年4月29日には、団体としては初の両国国技館でのビッグマッチSTARDOM CHAMPIONS FIESTA2013〜両シンデレラ〜」の開催が決定。両国国技館での女子プロレス行は、2007年2月12日のLLPW(現LLPW-X)以来6年ぶりの開催となった。
奇しくもこの初の両大会は、2012年12月28日引退を発表した愛川ゆず季引退行も兼ねた大会となり、アイスリボン勢やセンダイガールプロレスリングの里村明衣子、「全女の飛翔女」豊田奈美といったレジェンド女子プロレスラーの参戦に、スターダム4大タイトルマッチも行われ、熱い戦いが繰り広げられた。
全試合終了後、大会を総括したロッシー小川社長は「年に1度開催できるように、標1年後をして頑りたい」と第2回両大会の開催に強い意欲を示した。 

スターダムは、基本的には団体規模での団体対抗戦は行わず、本体行は所属選手と、「団体の理念に賛同した」一部フリーランスの選手をメインに行われるが、個人レベルで参戦する他団体の選手や、ロッシー小川が培った豊富な人脈で切り開いた海外からの参戦選手も多数いる。特にスターダムに定期的に参戦しているダークエンジェルは「ロッシーさんの催する行や大会以外には参戦しない」と言している程。

一方でDDTなどの他団体や個人催の行に試合を提供したり、選手を参戦させたりする事によって、これが団体の知名度アップに大きく貢献した。特に団体のエースであった愛川ゆず季は、DDT大会などでの「アイアンマンヘビーメタル級王座選手権・ロイヤルランブル」にも参戦したり、ブル中野引退行ではメインに抜されるなど大活躍を繰り広げた。

ゆずポン祭

スターダム本体行と並ぶもうひとつの柱とも言うべき業が、愛川ゆず季プロデュースによる「ゆずポン祭」である。現スターダムGM香が開催していた「香祭」を受け継ぐ形で行われ、これまで6回開催された。
2012年4月8日には愛川ゆず季の地元・愛媛県新居浜市で「ゆずポン凱旋行」として開催された。

ブシロードに事業譲渡

ブシロードグループ株式会社キックスロード12月1日付でブシロードファイトに商号変更)にスターダムの女子プロレス運営事業を譲渡。同グループ新日本プロレスとの交流は現段階では行わない方針だったが東京ドーム大会など大大会では提供試合として参戦しているほか各々のYouTubeチャンネルリング外のコラボレーションなどグループになったことで交流は定期的に行われている。

コロナ禍での躍進

2020年の飛躍の年になると思われた矢先に新型コロナウイルスの流行で思うような業ができなくなったが、いち無観客試合や感染対策を底したおかげで依然と同じような業推移を維持することに成功。また2021年は旗揚げ10周年と言う記念年のため日本武道館大阪城ホール両国国技館と大大会も実施され規制動員など苦しい状況であったが満員に近い動員を記録。売り上げも前年の2.5倍になるなど新日本プロレスを含むプロレス団体が集客に苦しむ中売り上げを伸ばすことに成功した。

現在TV番組「We Are STARDOM」を放送、YouTube活動の活性化など知名度向上にを入れてる。

所属・参戦選手および所属ユニット

STARS Queen's Quest 大江戸隊
  • AZM(3期生)
  • 妃南(7期生)
  • 美(10期生)
  • 沙弥(11期生)
  • レディ・C(12期生)

ドンナ・デル・モンド COSMIC ANGELS

※選手名の()生え抜き選手で何期生かを表す。表記がないものはフリー及び他団体からの移籍選手。
※太字はユニット内のリーダー

主な王座タイトル

ワールドオブ・スターダム王座
内外・団体内外問わず女子プロレスの最高峰タイトルして作られた王座。かつての全日女子プロレス(全女)の至宝だった「WWWA世界シングル王座」をモチーフにしている事から「いベルト」とも呼ばれている。
2011年7月24日高橋奈苗が初代王座を戴冠、7回防衛に成功した。
最多防衛記録は第7代王者・紫雷イオの14回。
ワンダー・オブ・スターダム王座
団体所属及び参加選手で争われるスターダムの徴とも言うべき王座。こちらは同じく全女の至宝オールシフィック王座」をモチーフにしている事から「いベルト」とも呼ばれている。
2011年7月24日愛川ゆず季が初代王者にき、自身の引退までに8回防衛を達成後、2013年4月2日に返上。なお、2013年4月29日大会で、初代ワンダ王座のベルトは愛川ゆず季が保持することになり、現在2代目のベルトが使用されている。
愛川いわく「グラレスラー最強FIGHTING TV サムライ「速報!バトルメン」ゲスト出演時の発言より)」。
最多防衛記録は第12代王者・渡辺の13回。
ゴッデスオブ・スターダム王座
スターダム初のタッグ王座。ベルトの色はで、プレートの色はシルバーゴールド
初代王者チームには愛川ゆず季と美闘陽子の「BY」が戴冠。通算2回の防衛に成功している。
最多防衛記録は第8代王者「サンダーロック」(紫雷イオ岩谷麻優)の10回。
アーティストオブ・スターダム王座
スターダム初の6人タッグ王座で、女子プロレス界ではしい6人タッグ王座でもある。3本のベルトの色はオレンジピンクスカイブルーとそれぞれ異なる。
2013年1月14日後楽園ホール大会で初代王者決定戦が行われ、たいよう&鹿島沙希&安斗の「川崎葛飾最強伝説プラスワン」が初代王者組として戴冠したが、安斗の長期欠場により王座を返上。その後2013年6月23日の新木場大会で第2代王者決定戦が行われ、米山香織・宝カイリ夕陽組が第2代王者組となった。
最多防衛記録は第25代王者・中野たむ、白川未奈、ウナギサヤカ組(COSMIC ANGELS)の7回。
フューチャー・オブ・スターダム王座
20歳以下、キャリア3年未満のいずれかを満たす選手を対とした王座2018年2月創設。同年3月28日後楽園ホール大会で初代王者決定戦を行い、スターライトキッドが初代王者となった。
最多防衛記録は第2代王者・美の6回。
ハイスピード王座
女子プロレス界で最も速く戦う選手で争われる王座で、元々はNEO女子プロレスが管理していたが、NEOの解散に伴いスターダムにベルトの管理権が譲られ現在に至る。タイトル戦は30分一本勝負で行われ、まさに「音速バトル」とも言うべき戦いが展開される。
スターダムではNEO時代からの王者・たいよう(現・SEAdLINNNG)が防衛を重ね、ベルトの価値を高めてきた。「ハイスピードのベルトは自分が人生をかけて築き上げてきたもの(本人談)」。
最多防衛記録は第12代王者・岩谷麻優の9回。
SWA世界王座
SWAは「Stardom World Association」の略。原則として同人同士によるタイトルマッチは認められない。
2016年5月21日スペイン大会にて初代王座決定トーナメントを開催し、紫雷イオが初代王者となった。
最多防衛記録は第2代王者トニーストームの15回。

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%A0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スターダム

13 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 06:42:39 ID: 0DCwVS8le/
試合が15分しかないのも人気秘密かも、プロレスって長ったらしいからやっぱ15分くらいがちょうどいいよ
14 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 13:48:15 ID: slZ2K3OsTP
私は次代のスター補だと思ってました。本人が一番悔しいでしょうね。お悔やみ申し上げます。

女子プロレス木村選手逝去、「スターダム」所属の22歳、「テラハ」にも出演中
https://encount.press/archives/50164/exit
15 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 16:09:31 ID: 6OH0DyoNyQ
日本人ってほんと陰湿だな

ラハ出演中の木村さんが死去、所属先が発表 ネット誹謗中傷を受けていた
https://www.google.com/amp/s/m.huffingtonpost.jp/amp/entry/hana-kimura_jp_5ec8b67ec5b6d46d95472148/exit
16 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 18:42:06 ID: 0DCwVS8le/
こんな形で注されてほしくなかったな。
17 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 20:16:25 ID: slZ2K3OsTP
胸が痛くなる。

木村さん(22)が遺したリストカット画像と「もう人間なんかやりたくない」という言葉
https://this.kiji.is/637031852063704161exit
18 ななしのよっしん
2020/05/25(月) 20:13:27 ID: slZ2K3OsTP
ありがとうございます

木村さん追悼行や献の場、スターダムが検討
https://www.nikkansports.com/battle/news/202005250000536.htmlexit
19 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 21:57:18 ID: slZ2K3OsTP
元からあまり知られてないのかもしれないけど、誹謗中傷のところは盛り上がるのに、さん素直に悼む人少ないのは寂しいね。お母さんの話重だと思う。

ヘイトスパイラルを止めてください」 木村さんの母親響子さん、の葬儀を終えメッセージ
響子さん「が望んだやさしい世界に少しでも近づけるように」。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/31/news029.htmlexit
20 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 18:06:53 ID: njrljTOqgN
女子マット界を背負うべき若者の死より誹謗中傷が好きなんでしょあーだこーだ言ってる連中は
>>15みたいな人の死を利用して、駄にでかくして日本人全体を誹謗中傷するようなとか
21 ななしのよっしん
2020/11/04(水) 23:52:02 ID: 9CXFFrPH9i
今いる選手個人の記事がないのが意外
22 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 13:27:39 ID: ioQKUWuFwU
いい感じに充実してきたね