スチームパンクシリーズ(ライアーソフト)単語

スチームパンクシリーズ

それでは皆様、良き青空を!

スチームパンクシリーズとはライアーソフト製作した作品の中で、共通した世界観を用いた作品群のことである。シナリオライター桜井

概要

 々の世界とよく似た、しかし蒸気機関異常発達によりが排煙に覆われ、青空が失われてしまった世界舞台。 各作品はいずれも同一世界舞台としているが、基本的に物語の繋がりはなく、それぞれが独立した一つの物語として完結している。

 シリーズタイトルの示すとおり、おそらくアダルトゲームとしては一のスチームパンクものであり、絵柄や地の文も一般的なアダルトゲームのそれとは大きくかけ離れている。シリーズの方向性が定まった2作赫炎のインガノック」は発売後大人向けの御伽噺」と評された。

 スチームパンク要素以外での本シリーズの特徴として、

というものが挙げられる。後者は、例えばロンドン舞台とした「漆黒のシャルノス」では世界で最も有名な探偵小説主人公であるシャーロック・ホームズとその作者であるコナン・ドイルキャラクターとして本編に登場している(もっとも、設定や来歴はオリジナルの人物とは大きく異なっている)

 また、独自設定や用が数多く用いられており、さらに有名な著作物や人物の知識を前提とした場面があるため全に読み解くには幅広い知識が必要となる。

 シナリオでは各章で同じ文章を繰り返す反復表現を意図的に多用しているのが特徴。 特に「赫炎のインガノック」で使われた所謂テンプレート戦闘は、主人公問答用の強さを強に印付けて好評を得たため、それを盛り上げる熱いBGMと共に以降のシリーズでも用いられている。

 初期の作品はパートボイス仕様であったが、「白光のヴァルーシア」よりフルボイスとなり、2011年に初期作品もフルボイスリメイクされたため、現在は全ての作品をフルボイスで楽しめる。

 1作セレナリアを除くと成人向け要素が極端に少なく、局部の描写がいためにアダルトゲームであるにもかかわらずなんとモザイクがかかっていない主人公ヒロイン濡れ場があることでファン驚愕するエロゲーはこのシリーズぐらいだろう。

 どの作品から読み始めても問題ないが、「白光のヴァルーシア」は他のシリーズ作品との関連性が多く、敷居が高いとされている。逆に最新作である「黄雷のガクトゥーン」は用集もついており、較的読みやすい文章と展開のためシリーズ初心者向けとなっている。

 ライアーソフト作品でも初となるコンシューマ移植として、「紫影のソナーニル」のPSPへの移植が予定されている。

用語集

世界観

蒸気文明が異常に発達したパラレル世界20世紀初頭。19世紀の終わりごろ<カダス>と呼ばれる異が発見され、カダスの蒸気機関と碩学(科学者)チャールズ・バベッジ達の活躍により人類は文明を大きく発展させた。しかしその代償としては排煙に覆われ青空を失ってしまった。

<カダス>
大英帝国北海の先にあるゲートを通りたどりつける世界。正確には西(地球)とは異なる惑星である(しかし多くの人間にとっては大英帝国の北にある異という認識であり、別の惑星であるという事実を知る者はわずか)。<世界殻()>と呼ばれるによって灰色の文明圏(既知世界)と蒸気文明が発展せず未だを保っている大辺(未知世界)に分けられている。
<西(地球)>
々の。たどってきた歴史はおおむね同じであるものの、大英帝国では1905年までヴィクトリア女王が健在、合衆南部と北部が分裂したまま合併せず、フランスではナポレオン3世の革命が失敗するなど差異が生じている。
基礎用語
<機関(エンジン)>
あらゆる機械の動であると同時に計算機・情報処理機でもある蒸気機関。大であればあるほど出は増し、都市全体の動を賄うほどのものになると<大機関(メガエンジン)>と呼ばれる。<蒸気管>と呼ばれる気送管を介して機械に蒸気エネルギーを供給・充填する。
<大階差機関(ディファレンス・エンジン)>
チャールズ・バベッジが開発した人類初の計算機・情報処理機としての蒸気機関
<碩学(せきがく)>
文明の維持・発展に貢献する科学者の総称。優秀な碩学はの発展に不可欠であり、各はこぞって優秀な碩学の育成と登用に努めている。
キーワード
<瞳(おうごんどう)>
読んで字の如く色の瞳。全てを見通す、あらゆる想いを受け止めるなどの言い伝えがある。シリーズを通しての鍵となるもの。その発現には血統による先的なものと突然変化する後的なものに分けられる。
<の石>
緑色の結晶体。不思議なを秘めた物質であり、<結社>の収集対である。シリーズにたびたび登場する。
<緑色秘本(エメラルドタブレット)>
この世のあらゆる智が詰まった書。<の石>が集積し本の形になったものがこれだといわれている。<結社>はこれを解き明かし、乗り越えることを標としている。
<回路>
<結社>が研究を行っている技術。物質を変質させる暗示であり、例えば人間に適用すれば身体の強化や不老の体への変生、機物に適用すれば意志を持たせることなど様々な効果が現れる。
<現数式(クラキングエフェクト)>
物理を捻じ曲げる特殊な数式。これを使えば大怪時に修復したり大火器をもえる破壊を生み出せる。まさしく魔法のようなだがこれを扱える人間はごくわずかである。
<メスメル学(心理学)>
碩学メスメルによって創設された人の心理を解き明かすための学問。これを応用することで自分の言葉を(全くのでまかせであっても)相手に信じさせることができたり特定の物事に関して深く考えられないような暗示をかけるなど一種の洗脳を行うことができる。
御伽話
<ふるきもの>
自然精霊と呼ばれるおとぎ話の住人達。人類が文明を持ち始めたことで幻想へと追いやられてしまい、とかたちを失ってしまった。
<クリッター>
<現数式>によってかたちを持たされた怪物。物理攻撃を一切受け付けず、打倒し得るのは同種の存在のみ。シリーズにたびたび登場する。そしてかませにされる。
悪役
<西インド会社(結社)>
単に<結社>とも呼ばれる秘密結社。表向きは<西方碩学協会>として碩学を管理しあらゆる知識の収集と実験を行っているが、同時に欧州の闇を総べる一大犯罪シンジケートでもある。
構成員は狂人か殺人経験者であり、幹部クラス以上に至っては人間辞めた連中がどを占めている。人を恐怖に陥れ操ることを得意としておりシリーズ通しての悪役である。
<時計人間(チクタクマン)>
別の宇宙からやってきた邪悪な存在。<結社>とは仲が悪い。
シリーズには恐怖と悲しみから狂気に堕ちてしまった悪役が多数出てくるが、だいたいこいつのせいであり、<結社>と並んでシリーズ黒幕といえる存在。
その他
<Webノベル>
公式ホームページ無料開されている企画本編中もしくは本編終了後のサイドストーリーが描かれる。
これまでの作品のキャラが再登場したり、次回作のキャラが先駆けて登場するなどシリーズ作品間のクロスオーバーを図っている。
<マグロ>
マグロとはの一種だがスチパンシリーズにおいて<マグロ>といえば性交渉に積極的でない男をす。
エロゲにおいてあるまじき存在だが屋だからと納得してもらうほかない。
しかし何の因果か<マグロ>キャラに限って無双するような連中ばかりであり、強キャラ=<マグロ>の方程式が立つ始末。
ただ近年の作品だと<マグロ>かと思った変態ムッツリだったりテクニシャンだったりと油断はできない。

関連動画

リンク

 スチームパンクシリーズポータルサイトexit(全年齢向け)

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%28%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スチームパンクシリーズ(ライアーソフト)

90 ななしのよっしん
2017/10/07(土) 15:28:00 ID: gfTCxnJmZX
バルトゥーム→面下で進行中
ティルヒア →屋から4月末発売予定
ケルネテル →今年の冬コミで一巻上巻頒布予定

バルトゥームは屋の会報で言ってたからティルヒアの次辺りに出るんじゃないかな
91 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 14:23:44 ID: b9ik9kqI8E
大石子が考えたってマジなの?
92 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 08:42:00 ID: y2GA0bVeOZ
セールを機にやってみようかなと思ってるけど、どこから入ればいいんだろうか。
93 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 09:09:54 ID: t/H5vUDGHY
同じく手を付けてみたいがわからないマン。ヴァルーシアからは絶対やめろと言われたけどそれ以外よくわからん。
94 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 19:33:38 ID: 6lh5U8iqe0
自分も興味持ったんだけど公式や他見てもよくわからなんだ 詳しい人頼めるだろうか

・読むだけでいいノベルゲーなのか、戦闘や移動の操作があるのか
PC版の発売日の違う同タイトル(セレクション)は変更点や追加要素等はあったのか、ただベスト版のようなものなのか(フルボイス化のみ?なのかどうか)
ヴァールシア以降の発売、再発売作品は全てフルボイスと考えて良いのか
・ソナーニルはPSP版での削除、追加要素は新PC版ではどうなったか

プレイ考えてるのはソナーニル(PCPSP)、シャルノス、インノックセレナリアガクトゥーン。全部パッケージ版か、ソナーニルはストアのダウンロード版予定
95 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 21:33:47 ID: gfTCxnJmZX
>>92
>>93
基本的にどの作品も単品で完結しているので雰囲気が気にいった作品から入るといいよ
セレナリア :ラピュタナディアのような雰囲気の冒険もの。
インノック:過酷な閉鎖都市で生きる人々を描いた作品。シリーズ内でも特に完成度が高い(と思う)。
シャルノス :大英帝国舞台ホラーもの。メインヒロイン濡れ場が一切ない。
・ヴァルーシアアラビアンな感じでファンタジー色強めの群像劇メインヒロイン濡れ場が一切ない。
・ソナーニル :不思議の国のアリスのような雰囲気の魔法少女もの。メインヒロインすら脱がない。
ガクトゥーン:学園都市ものでありヒーローもの。話も他とべると分かりやすい。
ティルヒア :史実からずれ始めた動の時代をヒロインと駆け抜ける幕末もの。
・カルシェール:小説。各作品のバッドエンド後の話。
ソナーニルまでは後日談の小説公式サイトにあるので、面かったならそちらもどうぞ
96 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 21:47:40 ID: gfTCxnJmZX
>>94
>・読むだけでいいノベルゲーなのか、戦闘や移動の操作があるのか
基本的に読むだけでいいノベルゲー。
ただしセレナリアインノックシャルノスはADVパートゲームパートに分かれていて
セレナリアMAP上の飛空艇を燃料をやりくりして的地までたどり着かせるゲーム
シャルノスはMAP上の敵を避けながらMAP上に隠れたチェックポイントを回ってゴールゲームクリアする必要がある。
インノックは登場人物を選択して話を聴くだけ。フルボイス版だとゲームパートはスキップできる。
それ以外の作品は章の途中か最後に話の内容を確認するパートが入る。話を理解していればそこまで難しくはない。

>・PC版の発売日の違う同タイトル(セレクション)は変更点や追加要素等はあったのか、ただベスト版のようなものなのか(フルボイス化のみ?なのかどうか)
最近発売したライアーソフトセレクションは内容の変わらないベスト版。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
97 94
2018/08/17(金) 03:13:31 ID: 6lh5U8iqe0
>>96
こんなにく詳しい返信がもらえるとは。ありがてえ

やっぱりシステム面がそれぞれちょい違うんだなぁ
とりあえずヴァルーシア以降発売のかベスト版を買えば良いかんじ
ソナーニルの追加要素は移植されてないんだな。とやらも少し興味があるしやっぱどっちもいいな
>>95>>96見て何本かやってみるよ
調べてもよくわからなかったんで本当助かった。ありがとうありがとう
98 ななしのよっしん
2018/08/31(金) 03:05:27 ID: cn4TcTNM0i
FVRの予告ムービーカッコよくてセレナリア買ったけど、FVRじゃないと男性付かないんだよな...
久しぶりに寄った店で見かけて衝動的にDVD版買ったけど結局DL版のFVR買いなおしちゃったわ
99 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 02:35:14 ID: 6lh5U8iqe0
まずは最初からと思ってセレナリア始めたんだが、懸念してたゲームパートが思いのほか好みで面
ゲーム好きならなんとでもなる範囲で、大雑把な自分でもなんとかなりそうだ

そっちは体験版で多少はできたものの、シャルノスは体験版すらわからんくて折れてしまったんだけども
やるからにはスキップしたくないしな...

急上昇ワード

2019/10/17(木)01時更新