スティーブン・キング単語

スティーブンキング
6.2千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

スティーブン・キングとは、アメリカ作家である。

概要

本名、スティーブン・エドウィンキングStephen Edwin King)。1947年9月21日メイン州ポートランドにて生を受ける。
1974年、『キャリー』で小説家としてデビュー。それまでのホラー作品と違い、超常現象現代社会を巧みに融合させた「モダンホラー」の旗手としてジャンル確立させる。

裕福とは言えない少年時代を過ごし、下積み時代にはトレーラーハウスでの極貧生活アルコール依存なども経験したが、現在ではアメリカを代表する現代作家のひとり。
小説翻訳されて世界で読まれ、多くの作品が映画化されている。精的な執筆活動で知られ、その多産性、長編性でも有名である。

日本にも多くのファンを持つ作家であり、『広辞苑』を引けば彼の名前を見つけることが出来る程。荒木飛呂彦宮部みゆきといった著名な作家キングファンである事を言している。
ジョン・カーペンターホラー映画マウスオブ・マッドネス」に登場するベストセラ作家にして怪異の中心となる人物、サター・ケインキングモデルであると言われている。

出身地であるメイン州の架の町「キャッスルロック」や「デリー」が多くの作品の舞台となっており、どのキング作品をリンクさせるキープレイスとなっている。「暗い秘密を抱えた田舎町」という設定はラヴクラフト創造した架の町・アーカムを彷彿とさせるが、それもそのキングラヴクラフトの大ファンで、『呪われた町』『クラウチ・エンド』等の幾つかの作品にオマージュが見られる。
また『トウモロコシ子供たち』ではシュブ=ニグラスの化身「畝の後ろを歩くもの」を創造、彼自身も神話り部となっている。
ジョージ・A・ロメロオムニバス映画クリープショー』では脚本を担当。第二話『ジョディ・ベリル孤独な死』では役を演じ、『宇宙からの色』を想起させる怪奇な物語の一部となった。

登場人物が追い詰められていく過程の描写に定評があり、人物設定や人間関係などの作り込みが非常に緻密である。登録商標などが多用され、アメリカ文化に造詣が深いとより楽しめるだろう。
またロックンロールをこよなく愛し、自らも作家仲間バンドを組んでいた事があるほど。小説の随所にロッカーが登場したり、名曲ラジオから流れていたりするのも一

代表作

映画化作品が多いことで知られるが当たりハズレの差がしく、それらの評判だけでキングを通俗的なホラー作家と看做す潮が多いのが惜しまれる。
ここでは較的評判の高い映画化作品を中心に取り上げるが、原作を最初に読んでから映画を楽しむか、映画を観てから原作を楽しむかは視聴者の判断に委ねる。読む時にはじっくりとを据えて読もう。

キャリー(Carrie)

1974年デビュー作。
では狂信的な母親学校ではクラスメイトいじめられていた少女キャリーが、念動(テレキネシス)に覚醒、そこから始まる凄惨な悲劇を描く。

76年の映画版ではシシー・スペイセクとパイパー・ローリー、ふたりの名女優の怪演がる。何もかもが炎に飲み込まれた後の衝撃のラストは、当時話題を呼んだ。
その後時代を現代に設定した上で、2013年キンバリー・ピアース監督クロエグレース・モレッツ演により再度映画化されている。

シャイニング

1977年作。
コロラド州の山間に佇む高級リゾートホテルオーバールックホテル」。の間はによって閉鎖されるホテル管理人の募集に手を挙げたのは、小説家志望の元教師ジャックトランス。妻と息子を連れてホテルに向かったジャックだったが、かつてそこではいくつもの陰惨な事件が起きていた……。

映画版はスタンリー・キューブリック監督を務め、ジャックニコルソンの怪演と卓越した恐怖描写で高い評価を得た。しかし原作とは乖離した部分も多く、キングはこの出来に不満を表明。1997年テレビドラマ版を監修している。


デッド・ゾーン

1979年作。記念すべき「キャッスルロック」の初登場作品でもある。
交通事故によって5年間意識不明となっていた男が突如覚醒の領域で使われていない部分「デッドゾーン」が活性化した事により、接触した相手の秘密未来を予知できるようになる。
を使い、悲劇的な未来を回避しようとする主人公。しかしある日一人の政治家と握手した彼の裏に浮かんだのは、核戦争によって世界が滅亡する未来だった……。

83年の映画版はファンからの評判も良く、キング本人もお気に入りである、との噂も。

スタンド・バイ・ミー

1982年作の中編集『Different Seasons』より。『ショーシャンクの空に(原題:刑務所リタ・ヘイワース)』、『ゴールデンボーイ』もこの中編集からの映画化。
日本で発刊された際には分冊されて『恐怖四季』というやりたい邦題(本来は「それぞれの季節」くらいの意味)がつけられてしまっているが、ホラーではないので念の為。

それぞれに問題を抱えた少年4人が「列車にはねられた死体を見つけたら英雄になれる」と、線路づたいに死体探しのに出る。いずれは大人になっていく少年達の冒険を描いた青春映画

なお原題は「The Body(死体)」で、映画の邦題は劇中で使用された曲からつけられている。


IT(イット)

1986年作。

1990年メイン州デリーで、約30年ごとに繰り返される連続殺人事件。その被害者はすべて子供だったが、何故か警察の捜おざなりで、大人たちの反応も薄かった。
そんな中、環境に問題を抱え、学校ではいじめの対となっている7人の子供たち『ルーザーズクラブ』は、味方のいない状況で正体不明の殺人鬼ペニーワイズ」と対決。一度は退治するも、もしまた再び「IT(あれ)」が現れたなら、再び集まって戦う事を誓い合う。
それから27年後、再びデリーで殺人が発生。一町に残っていたマイクは、町を出てそれぞれ立に成長した6人に召集をかけるのだが……

1990年ABCテレビ映画としてドラマ化され、その後2017年ワーナーブラザーズが劇場映画化。2019年に続編が開された。
ニコニコではテレビ映画版のあるシーンが、嘘字幕シリーズとしてしばしばネタにされている。詳細は「ペニーワイズがオススメするシリーズ」にて。


ミザリー

1987年作。
小説ミザリーシリーズを手掛ける人気作家ポールシェルダン。長年続いた「ミザリー」を終わらせた後、新作の小説を携えて運転中に事故を起こし、重傷を負ってしまう。意識不明の彼を見つけた看護婦アニーで手当てを受ける事になったが、彼女は「ミザリー」の大ファンシリーズが終了する事に納得せず、ポールを自宅に監禁。自分だけの為に続編を書くよう強要する……
熱狂的なファンの恐ろしさを描いた一作で、キング本人が受けたストーカー被害の実体験が元になっているとか何とか。怖い

原作は言うに及ばず、本作でアカデミー賞女優賞を獲得したキャシー・ベイツをはじめ、ベテラン勢を取りえた映画も恐ろしい。トラウマ覚悟でどうぞ。

グリーンマイル

1996年作。本作のネタバレ回避の為、6ヶ連続で分冊が刊行された。
大恐慌時代の刑務所舞台。。双子少女強姦殺人のかどで死刑を宣告された男・コーフィと、威圧的な巨からは信じられないほど純なコーフィの面倒をする看守主任ポール悪な死刑囚や鼻持ちならない看守など、様々な人物の群像劇によって描かれる「贖罪」のファンタジーである。

映画ではトムハンクスが演、2000年アカデミー賞では多数の部門でのノミネートを受けた。
スティーブン・スピルバーグは途中で耐え切れずに4回号泣したそうな。わかる。

 

年代別作品履歴

映画テレビドラマなど映像化されたものにはマークあり(短編・中編集内の作品が映像化されている場合もあり)。
別名義であるリチャード・バックマン作品もここで扱う。

1970年代

1980年代

1990年代

2000年~

「ダーク・タワー」シリーズ

キング本人が「ライフワーク」と称する長編小説
1970年代から構想、1982年から2004年までに全七巻が発表されている。

アメリカ西部開拓時代を思わせる異世界舞台とし、「最後のガンスリンガー」ローランド敵を追い、カ・テットと呼ばれる仲間と共に「暗」をを描く。
物語は複数の世界にまたがっており、過去キングの作品とも多くのかかわりを持っている。英国幻想文学大賞を受賞するなど、評価が高い。
2017年映画化、日本では2018年開される。

関連動画

関連商品

関連項目

キングの小説を原作とした映画の記事

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スティーブン・キング

73 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 13:50:03 ID: wNF8d/mX1K
こいついっつも映画化に激怒してんな
74 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 23:07:37 ID: JBumHxaI+U
やっぱり怪異クリーチャーより人間のほうが単純に怖い・・・。
常の存在は人間の負の面とその怖さを浮き彫りにするための舞台装置って印を常に受ける。
75 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 22:30:12 ID: 2iQXAcFomZ
>>73
ウォッチメンVフォー・ヴェンデッタ原作アラン・ムーアの方が自作映像化の出来によく激怒してるイメージがある

キング激怒酷評した事で一番有名な映画シャイニング
http://cinema.pia.co.jp/news/175392/80776/exit
https://www.youtube.com/watch?v=u5jj0abXlLA&t=3sexit
このインタビュー動画見る限り年取って許せるようになった感じ
76 ななしのよっしん
2020/06/24(水) 23:07:20 ID: YjxuVBonPL
ある意味ラブクラフトの生まれ変わりだな
77 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 12:31:28 ID: puDq1CkW0f
ツイッタートランプブロックされたは笑える。
70代でよくやるもんだトランプキング
78 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 09:57:23 ID: 3uVuvJazSe
短編読んでてどんなに怖い作品読んでてもガンスリンガー設定のせいで
「はぁ~どうせ裏でクリムゾンキングが絡んでるんでしょ?(鼻ホジ)」でしらけてしまう。
79 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 12:56:43 ID: xa88V3lMqT
本屋のミステリのところに「スティーブン・キング賞」がやたら多いことにふと気づいた。
あとある翻訳ミステリ解説で、キング飛行機暇つぶしに読んで面かったから、と推薦したと。それで邦訳されるぐらいは売れた、と。
ではキングの、倉庫にどれだけ多くの原稿があるんだろう…毎日ダンカー?それを読んで推薦するだけでも一大事業だろ。
80  
2020/10/26(月) 00:17:13 ID: uS6TBFFa7f
シャイニングはそりゃまあ怒るよ
タイトルにまでなってるシャイニング映画だとど何の意味もない設定になってる
81 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 08:26:37 ID: wTJC/4mZdt
恐怖四季』は本来ホラーじゃないようだが、読んでたら「それはギャグでやっているのか?」と思えた場面がちらほらあったな。

刑務所リタ・ヘイワース』
を破って囚人が脱走したので看守がに入って捜索。
→看守「臭い、ウンコみたいな臭いだ。」
→看守「ウンコみたいじゃなくウンコの臭いだった。」(下水道が開いてそこから逃げた)

スタンド・バイ・ミー
→「のちにクージョ事件が起こるまでこのあたりで一番恐れられた猛」と主人公が説明するゴミ捨て場の番犬現る!
→実際見て見ると普通でしかもフェンスに突して気絶するアホだったw
82 ななしのよっしん
2022/03/30(水) 21:29:01 ID: B3TfKY17ux
野球で言ったら
.240 40本 80打点くらいの燻打者よね。
名作はないけどB級を大量生産出来る。

急上昇ワード改