スティーブン・ブラッドバリー単語

コウウンオトコ
3.1千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

スティーブン・ブラッドバリーとは、オーストラリアスピードスケートショートトラック)の選手である。

概要

ブラッドバリーは南半球初の冬季オリンピックメダリストとして知られる。その最初のメダル1994年のリレハンメル大会ショートトラック男子5000メートルリレー銅メダルだった。本業はスケートメーカーの職員。

その後、他の選手のスケートで足を切り111針を縫う、首のを折り脊椎損傷などの大怪に見舞われ選手生命の危機に立たされることもあったが、その度に怪を乗り越えてきた不屈の選手である。

そして初のメダル獲得から8年後、ブラッドバリーは南半球初の冬季オリンピックメダリストく。それは、まさに奇跡的な幸運(悪運?)がもたらしたメダルだった。

2002年アメリカで開催されたソルトレイクシティオリンピックで、ブラッドバリーはショートトラック1000mに出場。ブラッドバリーは準々決勝で3位になり、ここで敗退と思われたが先着の選手が失格となり繰り上げで準々決勝に進出。さらに準決勝では、並みいる優勝補たちに大幅に遅れをとるレース展開となったが、先頭集団が集団転倒して漁夫の利を得るように決勝へと進出

そして決勝。棚ぼたで勝ち上がったブラッドバリーは、当然他の選手に大きく後れを取ったが、ラスト1周の最終コーナーで他の4人が全員転倒というアクシデントに見舞われ、一人後方を滑っていたブラッドバリーは々とゴールインして優勝2位、3位の選手はスライディングで足からゴールインという有様だった。

世界一とも思える幸運で金メダルの栄冠にいたブラッドバリーはオーストラリアで記念切手が発行される、パレードが開催される、「棚からぼた餅」的な意味で「ブラッドバリーする(do a Bradbury)」という言葉が俗語として広まるなど一躍時の人となり、日本バラエティ番組などでも度々取り上げられた。

現在は選手としては既に引退しており、スケートメーカーの勤務に専念しているという。

金メダルへの軌跡

ショートトラック男子1000m(一周約111mのリンクを9周)は、32選手が出場し、合計4ラウンドの勝ち抜き戦で争われた。つまり彼は、4回にわたるレースを勝ち抜いたことになる。その過程をご紹介したい。

・1回戦

ショートトラック1000mは、ひと組あたり4人の選手が同時に走り、上位2人が次のラウンドへ進出する。ブラッドバリーは、抜けた選手のいない2組に入り、チャンス。緊からかフライングも犯すが、ここは混戦を制して実1位通過を勝ち取った。

順位 選手名 タイム
1 スティーブン・ブラッドバリー オーストラリア 1.30.956 準々決勝進出
2 ニコラ・ロディガリ イタリア 1.30.991 準々決勝進出
3 バラージュ・ノック ハンガリー 1.31.061
4 ピーター・ギセル ベルギー 1.31.290


・準々決勝

ブラッドバリーが入った組には、地元・アメリカから絶大な期待を集める金メダル大本命、アポロアントン・オーノをはじめ、これ以前の五輪で二回メダルを獲得していたカナダマーク・ガニョン長野オリンピックでこの種5位入賞の田村直也と、強が集まった。

ブラッドバリーは、序盤は積極的に前へ出て勝負するが、途中でバテて、次々と抜かれる。気づけば最後尾で残り半周を迎えていた。全てが終わったと思ったその時、マーク・ガニョンが、熾2位争いを繰り広げていた相手・田村を押して、田村コースアウトブラッドバリーは結局3位でフィニッシュした。さらにその後、審判の裁定によりマーク・ガニョンが失格に。ブラッドバリーは繰り上がり2位で、幸運にも準決勝に進出した。

順位 選手名 タイム
1 アポロアントン・オーノ アメリカ 1.28.650 準決勝進出
2 スティーブン・ブラッドバリー オーストラリア 1.29.265 準決勝進出
3 田村直也 日本 1.31.061 救済措置で準決勝進出
- マーク・ガニョン カナダ - 失格


・準決勝

ブラッドバリーが入ったのは5人の組で、上位2人が決勝進出、3位と4位は5-8位決定戦へ進出する。長野五輪でこの種金メダル韓国キム・ドンソン銀メダル中国佳軍が登場。さらに、リレハンメル五輪4位入賞の寺尾、強豪国カナダマシュー・トゥコットと、どう見ても格上ばかり。さすがにここで敗退かと思われた。

ブラッドバリーは、いきなり勝負は諦めたかのように、ゆったりとスタートし、最後尾から々と追走する。結局そのまま、またしても最後尾で残り半周を迎えた。しかし、再び奇跡が起きた。まず、3位から2位に上がろうとしたキム・ドンソンが転倒。さらに最終コーナーで、1位のトゥコットが転倒し、2位佳軍も巻き込まれて転倒する。

5位だったブラッドバリーは、4位だった寺尾とともに、両手を上げながら2位フィニッシュ。さらに、寺尾失格を取られ、まさかの1位通過での決勝進出となった。

ちなみに、寺尾失格は後に誤審であることが判明し、この反省を踏まえて次のトリノオリンピックから、スピードスケートでもビデオ判定が取り入れられることになった。

順位 選手名 タイム
1 スティーブン・ブラッドバリー オーストラリア 1.29.189 決勝進出
2 佳軍 中国 1.30.592 決勝進出
3 マシュー・トゥコット カナダ 1.35.155 救済措置で決勝進出
4 キム・ドンソン 韓国 1.52.645 5-8位決定戦進出
- 寺尾 日本 - 失格


・決勝

決勝も5人での争いとなった。佳軍トゥコットに加え、後にトリノオリンピックで3種制覇を達成し現在ロシア籍を取得した当時韓国アン・ヒョンス(現:ヴィクトル・アン)もいる。そして、金メダル大本命の地元アポロアントン・オーノ。どうやっても勝てそうにない。ブラッドバリーは、大人しく後ろに控えることにした。「2人転倒すれば銅メダルだ!」そう期待を持って・・・

このレースの様子は、ぜひ関連動画もご覧頂きたい。

スタートしてから、前の4人が熾ポジション争いを繰り広げる中、ブラッドバリーは然と最後尾を進む。そして、残り2周ぐらいから集団から遅れを取り始め、残り半周の時点で前から大きく離された最後尾であった。だが最後のコーナーで、信じられない出来事が起こる。

1位を走っていたのはオーノ。金メダルは決まったかと思われた。しかし諦めない2位佳軍が外から競りかける。オーノもそれをブロックして2人がもつれ合い、結局佳軍は転倒。さらにオーノも減速してしまい、前がつっかえる形となった3位がアン・ヒョンスも転倒する。これに巻き込まれ、オーノと4位のトゥコットも転倒する。必死で起き上がり、ゴールす4人をよそに、ブラッドバリーが1位ゴールラインえていった・・・

インタビューでは「うん、全ての狙い通りだったね」とジョークを言って、記者を大いに湧かせた。

順位 選手名 タイム
金メダル スティーブン・ブラッドバリー オーストラリア 1.29.109
銀メダル アポロアントン・オーノ アメリカ 1.30.160
銅メダル マシュー・トゥコット カナダ 1.30.563
4 アン・ヒョンス 韓国 1.32.519
- 佳軍 中国 失格

オリンピック史上、最も奇跡的な金メダルの一つであることは間違いないだろう。しかし彼は運だけで勝ち上がったわけではない。1回戦は実で勝ち上がり、大会中もレースタイムを縮めている。そもそも南半球初の冬季オリンピックメダリストであり、その実と幾度も怪を乗り越えた闘志は間違いなく世界レベルアスリートといえる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スティーブン・ブラッドバリー

13 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 00:49:39 ID: tr2/MIPY7w
オーストラリアブラッドバリーはオリンピックで幸運により金メダルを取り、辞書に「予期せぬ幸運がおこった」意味の動詞として残った

日本佐野研二郎オリンピックロゴデザインを他所からパクりネットに「盗作をする」意味のネットスラングとして残った
14 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 22:27:49 ID: ziVzNHSouN
まるでミニ四駆みたいだ…
15 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 23:29:14 ID: 7eelC0jaW+
大会中実は段々タイムを縮めている事に気が付いた。これはストイックだわ
16 ななしのよっしん
2018/02/27(火) 13:05:43 ID: 2aq1td1Icj
100針以上縫った太ももの大怪とか、首のを折って再起不能と言われた状態から、五輪舞台へ戻ってきた不屈の人だという事が余り知られていないのが哀しい
17 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 23:20:20 ID: ziVzNHSouN
>>16
命や選手生命が断たれかねないほどの大怪をした後に、リハビリの末、世界規模の大会に復帰した選手って別にしくはいからなぁ。
どんなスポーツでもトップクラスで争うなら事故や怪は付き物。
わざわざ注するような背景でもない。
一般人から見れば確かに凄い事だが、トップクラスの選手ならその程度の不屈の精は皆持ってる。

でも幸運の連続で金メダルを取った人は他にいない。
18 ななしのよっしん
2020/04/11(土) 01:08:42 ID: mIke3j1YTE
南半球初の冬季オリンピックメダリストアルベールビルオリンピックアンリーズコバーガーだよ
19 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 19:24:29 ID: pLQK/uTT/e
>>17
いやしいがな…何言ってんだよ
大体具体例が一つも出てないし
ニキ・ラウダとか過去道徳教科書に出たくらいですよ
20 ななしのよっしん
2020/06/30(火) 15:32:51 ID: lf9AboR6BC
他の選手のブレードで足が切れ4Lの出血で111針縫う怪、この時点で死んでてもおかしくないほどヤバい。その後に首の折、どっちも命に関わる大怪だよね。
youtubeオリンピック公式動画だとそのへんも触れられてる動画がある。
21 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 15:12:05 ID: QLVVZo3m1+
マーク・ウェバーが02年にミナルディでの自でのデビュー戦で、この人が来て「最後まで諦めなければみたいに何かが起こる」と励し、5位になった。
地味に感じられるかもしれないが、22台中8台しか完走出来なかったサバイバルレース、しかもあのミナルディマシンでこの結果を勝ち取った事を付け加えたい。
22 ななしのよっしん
2022/01/10(月) 13:10:36 ID: F4ecjxYDUv
こんな色んな意味ですごい人がいたんだなぁ

急上昇ワード改

2022/05/29(日)21時00分 現在