スティーブ・バーンサイド単語

スティーブバーンサイド
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スティーブ・バーンサイドとは、「バイオハザード コードベロニカ」の登場人物である。

概要

主人公クレアが収監されたロックフォーにて出会う事になる青年で、本作のパートナー。年齢は17歳で幼さが残るが、顔つきはイケメン。彼自身も収監されていたようだが、バイオハザード混乱に乗じて脱獄。脱出手段を模索していたクレアと遭遇し、協関係を築く。しかしスティーブしい人間不信に陥っており、一緒に行動する事はかった。だが、バンダースナッチゾンビに襲われるクレア危機には駆けつけ、助け出すなど冷な男ではない。得物は仕様ルガーP08どこで手に入れたのか。

元々スティーブは両親との三人家族であった。父親アンブレラ社の社員だったが、兵器部門の機密情報を外部に売ろうとしたため身柄を拘束された。これに伴って母親スティーブにも魔手が及び、彼のの前で母親が殺された。そしてともどもロックフォーへ移送され、投全ての元凶となった父親を憎み、人間不信に陥ってしまった。お調子者の性格だが、胸中には深い悲しみを抱えていたのである。また、憎みながらも父親への情も残っていたようで、家族写真を大切に持っていた。他にもゾンビ化した父親を見た時には動揺し、中々撃てない一面も見受けられた。

クレアとは衝突しながらも協し合い、様々なクリーチャーを退けてロックフォーを脱出。しかし輸送機の自動操縦システムにより南極基地へと誘われる。クリスの救援を疑いなく信じるクレアに対し、身内への不信感しかないスティーブは疑念を覚えるが、行動をともにしているうちに心を開いていく。やがてその感情は心に変わり、クレアを異性として意識し出すように。より彼女を守ろうとするようになり、アルフレッドとの戦いでは身を呈して彼女を助けた。をするスティーブに、クレアは「必ず二人一緒に脱出するのよ」と釘を刺した。

しかし、「彼の情」も「二人一緒に脱出する事」もわなかった。復活したアレクシア・アシュフォードによってスティーブが捕まり、T-veronicaウイルス実験体にされてしまう。クレアが助けに来た時には既にウイルスに寝食されており、の前でモンスター化。理性を失い、クレアに襲い掛かった。この形態はモンスタースティーブと呼ばれている。非常に攻撃が高く、最低難易度でも2回攻撃を喰らえば殺されてしまう。しかも無敵なので逃げるしかない。部屋の外まで逃げ切るとイベント発生。アレクシアが操る触手が現れ、クレア拘束モンスタースティーブに殺されかけたその間、クレアへのから理性を取り戻したスティーブ触手叩き切り、解放。ところが逆上した触手の反撃を受け、致命傷を負う。今際のスティーブクレア告白をし、そして事切れた。序盤から仲間として一緒に戦ってきたスティーブの死に、クレアはただただ泣き崩れる事しか出来なかった。

その後、スティーブの死体はウェスカーの部下によって持ち出された。アレクシアが倒されてしまったので、代わりにスティーブからT-veronicaを採取しようとしたのである。死してなお彼は人間に利用されるのだった……。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スティーブ・バーンサイド

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スティーブ・バーンサイドについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!