スティーブ・フォックス単語

スティーブフォックス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
削除申請 ここではゲームキャラクターの「スティーブ・フォックス」に関して記述しています。
ベーシストのスティーブ・フォックスについてはゴダイゴの記事を参照してください。

スティーブ・フォックスは、対戦格闘ゲーム鉄拳』に登場するキャラクター

概要

鉄拳4』から登場。ニーナ・ウィリアムズとは親子の関係になる。鉄拳らしい陰を持つストーリーが用意されていたが、彼を巡る因縁が『鉄拳5』のストーリーでほぼ解決されてしまい、ポールロウと同じギャグ要員になりつつあったが、『鉄拳タッグトーナメント2』でのエンディングシリアス路線に戻り、『鉄拳7』でのストーリーでもその雰囲気を継承している。
ゲームキャラクターとしてはボクシングを格闘スタイルにしているため、キックによる攻撃をほとんど持たない。様々な構えやスウェーといった特殊動作を持ち、優秀な判定を持つ技で相手を押し切る戦い方が出来るキャラである。

『5』の時代には5強の一人と言われ、「側面バリアント」と呼ばれる即死コンボを持つアレキャラで、格闘ゲーム大会「闘劇」の05年大会ではさらなるネタ「2回転ターン」を駆使し見事優勝。さすがにりすぎた性だったせいか、後の作品では人並みの性にまで調整されてしまった。

余談だが当初は「ディーン・アーリッカー」という名前が設定されていた。それを現在の名前に変更したところ、鉄拳4から11年後の『鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION』にてフォックスつながりなのかスターフォックスフォックス・マクラウドコラボ衣装を着せられるようになった。世の中何が起こるか分からない。

関連動画

ニコニコ動画上における『鉄拳シリーズ対戦動画ではまだまだ定着はしていないが、「作品タイトル」、「使用キャラクター」でタグがつけられている。

スティーブを使用した対戦動画・関連動画を見たい場合、以下のタグ検索リンクから関連動画一覧を見ることが出来る。



関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スティーブ・フォックス

2 ななしのよっしん
2010/02/09(火) 18:17:11 ID: dNAoCNm1Vv
2005闘劇
sm163992
3 ななしのよっしん
2010/03/28(日) 12:12:24 ID: UP48F8sC5E
>>1
バリアントが側面ヒットしてデンプシーに移行すると、その後のエンドレスロールが死ぬまで入る
だったような気がする
4 ななしのよっしん
2010/07/26(月) 23:25:33 ID: EHiaUFvgVk
側バリは実践投入可だったのがまた酷かったな
あと側バリなんかなくても123ターンパンチやらなんやらいろいろ強い要素あったけどな
5 ななしのよっしん
2010/12/31(金) 20:43:35 ID: j3JCrvLf4h
ボクシングキャラとしてはかなりの完成度。
ボクシングで技として紹介されているものは大抵出来るんじゃないかな?
6 ななしのよっしん
2011/02/02(水) 21:28:20 ID: wMg/CYzZJo
ゴダイゴの記事からきました
7 ななしのよっしん
2011/02/16(水) 09:36:39 ID: Y7mVNlJRjV
新しいコンボ難しいな。
ガゼルドラゴは入るようになったけど、バウンドからフェイントレフトタイミングかめないわ。
8 ななしのよっしん
2011/08/22(月) 23:04:10 ID: r7V5u+jmE9
格闘ゲームボクサーキャラヘビー級ばかりだったのがスティーブはミドル級で他のボクシングキャラとは一線を駕しています。

人並みと言われても明らかに弱いと認知された事は1度もない。下段が薄いといわれがちなボクサーキャラでは奇跡といえましょう。
9 ななしのよっしん
2011/12/12(月) 14:36:44 ID: Veq2dqVHJg
6で足踏みつけ→ズバーン!の技が最後まで見切れなかった
10 ななしのよっしん
2012/09/21(金) 01:33:28 ID: Xo3R+W6qwN
5の後期以降は5強なんて言わず断然最強キャラ扱いされたと思うんだが。
11 ななしのよっしん
2013/03/03(日) 22:12:46 ID: SCgxKX/4wq
開発中・発表当時の名前はディーン・アーリッカーでした。

急上昇ワード