ステイフーリッシュ単語

ステイフーリッシュ
4.4千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

ステイフーリッシュ(Stay Foolish)とは、2015年生まれの日本競走馬である。鹿毛

東・矢作芳人厩舎所属、千歳市・社台ファーム生産。馬主は(有)社台レースホース

名意味は「常識に囚われるな。Appleの創始者スティーブ・ジョブズのスピーチから」。

な勝ち
2018年京都新聞杯(GⅡ)
2022年レッドシーターフハンデキャップ(沙GⅢ) ドバイゴールドカップ(首GⅡ)

生い立ち

ステイゴールドカウアイレーン、キングカメハメハという血統。

ステイゴールドは善戦(個性)として知られ引退レース香港ヴァーズで初のGⅠ勝利を挙げた。種牡馬としてはオルフェーヴルゴールドシップオジュウチョウサン等など数々の名を輩出。

カウアイレーンは現役時代18戦5勝、クイーンS3着などの実績がある。キングカメハメハは現役時代NHKマイルC日本ダービーの変則二冠であり、としてはアパパネロードカナロアホッコータルマエらを、としてはインディチャンプデアリングタクト等こちらも数多くの名を輩出している。

2015年2月22日、社台ファームにて誕生。その後一口馬主である社台レースホースの所有馬となり、一口125万円×40口、総額5000万円で募集された。

競走年齢に達し、東の矢作芳人厩舎へと入厩。フットワークの大きさと操縦性の高さの評価が高かったようである。

競走生活

デビュー~クラシック戦線

デビュー12月の中2歳新(芝・2000m)、上は中谷雄太アイスバブルが圧倒的な人気を集める中単勝5.2倍の2番人気レースは中段でレースを進めると直線で一気に抜け出し2着アイスバブルに2身半差をつけ楽勝しデビュー勝利

次走はこの年GⅠに昇格したホープフルステークスに決定。勝てばデビューから史上最速GⅠ勝利となるこのレースでは中段後方でレースを進め最終直線ではタイムフライヤーについていく形で追走、良い脚を見せるも届ききらずに3着に終わる。

年明け初戦はGⅢ共同通信杯ホープフルSでの好走が評価され2番人気に推されたものの見せ場はなく10着に惨敗。

少し間隔を開けて次走は日本ダービーの前戦、京都新聞杯(GⅡ)。上は中谷の予定だったが前の落負傷のため、藤岡佑介に乗り替わり。レースメイショウテッコンがハイペース逃げる中、少し離れた2番手でレースを進めると最終直線で抜け出しそのまま押し切って重賞勝利。この勝利ステイゴールド産駒は13年連続受賞勝利(JRA歴代3位)、更に通算重賞勝利数93勝でもノーザンテースト産駒の92勝を上回った(JRA歴代6位)

だが、上を横山典弘に替えて挑んだ日本ダービーでは見せ場を作れず10着。休養を挟み続く神戸新聞杯では5着、菊花賞11着に終わる。この年最終戦となったチャレンジカップでは初の古混合ながら3着と好走した。

善戦するも…

クラシックタイトルは取れなかったものの、前戦の京都新聞杯勝利や混合重賞での好走など、GⅠ勝利を期待される一頭となった。

だが、ここから勝てそうでなかなか勝てないもどかしい戦いが始まった。

2019年初戦の中山金杯2着、続く京都記念でも2着と2戦連続2着で迎えたGⅠ大阪杯。だがこのレースでは14頭中13着と惨敗。

次走の鳴尾記念では3着と持ち直し、競馬函館記念でも3着と復調したものの、続く札幌記念は9着と大敗。少し間を11月には福島記念3着と持ち直したが、前年好走したチャレンジカップでは10着と再び大敗しこの年の戦いを終える。

2019年は8戦で2着3回、3着2回、着外3回。


2020年アメリカジョッキークラブカップから始動。このレースではゴール直前でブラストワンピースにかわされ惜しくも2着。続く京都記念クロノジェネシスカレンブーケドールに次ぐ3着と好走するも、2年連続出走となった大阪杯では9着と再び大敗。

目黒記念3着の後に休養を挟み参戦したオールカマーでも3着、京都大賞典では5着に敗れた。このレースの後に折が判明し2020年シーズンの戦いを終えた。

2020年は6戦で2着1回、3着3回、5着1回、着外1回。


年が明け2021年折が癒えての復帰戦のAJCCでは4着、続く京都記念では直線一旦抜け出すもラヴズオンリーユーに差し切られ惜しくも2着と好走し、怪からの復活を感じさせた。次走は日経賞を想定したもののフレグモーネを発症し出走回避。

休養の後ソダシラヴズオンリーユーらの参戦で話題となっていた札幌記念に出走。しかしレース途中からズルズルと後退していき競走中止、心房細動と診断されたが幸いにも大事には至らなかった。

その後はオールカマー5着、京都大賞典7着、福島記念4着、初の海外遠征となった香港ヴァーズでは4コーナートップに立ったものの5着でこの年は終了。

2021年は7戦で2着1回、4着2回、5着2回、着外1回、競走中止1回。
ここまでの成績は29戦2勝[2-5-7-15]と、怪を挟みながらも毎年重賞を何度も走っては好走すれど勝ちきれない善戦マンであった。

海外の地で復活

2022年初戦はこの年よりGⅢに格付けされたサウジカップデーのレッドシーターフハンデキャップ(芝・3000m)に決定、前走に引き続き海外遠征となった。上には20年のAJCC以来となるC.ルメールが騎乗することとなった。

出走メンバーは他にアイリッシュセントレジャー勝ちの Sonnyboyliston や前走 メイダンリステッド競走で好走した Siskany らが人気を集める中、菊花賞以来の3000m、初の斤量60kg、長らく勝ちから遠ざかっていると言った点がしたか8番人気[1]扱いであった。

レースではスタートハナを奪うとそのまま先頭でレースを進めていき、最後の直線では他に迫られるどころか後続をどんどん引き離し2着 Sonnyboyliston に4 1/4身差をつける圧勝。実に3年9ヶぶりの勝利海外の地で挙げた常識に囚われるな」ってそういう…。

続いてドバイへ転戦し、3200mのバイゴールドカップ(GⅡ)に参戦。上は引き続きC.ルメール。このレース、断然の人気は5戦敗、ゴドルフィンが所有するUAE調教 Manobo(マノーボ)だった。
スローペースの中、内に構える先行策でレースを進めたステイフーリッシュ。直線、残り200m手前で逃げる先頭を捕らえて抜け出そうとしたとき、横に猛然と伸びてくるゴドルフィン勝負服があった。断然人気Manobo である。
そのまま押し切らんと脚を伸ばす Manobo に、ステイフーリッシュは果敢に食らいついていく。
残り100m。あの勝負服父親の血が騒いだのか、最後のひと伸びで強く抜け出したのはステイフーリッシュ! 驚異の勝負根性で一気に差し返し、半身差をつけてゴールに飛び込んだ。

をねじせ7歳にして海外重賞を連勝。しかも断然人気ゴドルフィン有馬を打ち破るという、ステイゴールドの血の運命としか思えない勝利である。

常識に囚われない旅路は続く

続いては一度帰して、宝塚記念に凱旋出走。上は坂井瑠星メンバーの中でどんな走りを見せるのか、また同じステゴ産駒同期ゴドルフィン所有のアフリカンゴールドとの対決も注された……が、パンサラッサタイトルホルダーの作った常識外のハイペースの中では先行することもままならず後方からになり、そのまま特に見せ場はなく9着。一応アフゴ(16着)には特にどうということもなく勝った。

宝塚の後は再び海外遠征に向かい、フランスの地へ。凱旋門賞G1)への前戦として8月ドーヴィル大賞典G2、芝2500m)に出走。日本としては1969年スピードシンボリ(10着)以来53年ぶりの同レース出走となった。上はクリスチャン・デムーロ。登録時点ではハリケーンレーンなどの有が名を連ねていたがほとんどが回避し、最終的にレースは5頭立てに(欧州ではよくあること)。トップハンデ60kgのステイフーリッシュは、1番人気ゴドルフィン有馬Botanikに次ぐ2番人気
レースは大外からハナを切って逃げに持ち込んだが、後ろからぴったりBotanikについてこられ、直線で差し切られて1と1/4身差の2着。とはいえBotanikの勝ちタイムは2近く更新するレースレコード欧州馬場で60kgを背負って2500mを逃げ、かわされてからも垂れずに食らいついて3着以下を突き放してのレコード演出は、凱旋門賞へ向けて充分に好内容と言っていいだろう。ゴドルフィンBotanikに負けたのは、後ろにいて見えなかったせいで親父の血が騒がなかったのだろうか。

常識に囚われないステイフーリッシュ。程をサウジからドバイへ、そしてこれからどこへ繋いで行くのだろうか。

その他

善戦続きでなかなか勝ちきれない姿や海外の地でく姿はどこかステイゴールドを彷彿とさせる。同期に同じで善戦マンとして人気だったエタリオウがおり、そのエタリオウ引退してからは新たにの意思を継ぐものとして注を浴びている。

出走したレースデビュー戦以外全て重賞レースである。

スティッフェリオとは名が似ているだけでなくが同じ、同じ勝負服(馬主)、体・毛色も似ている、適性距離も中~長距離で同じレースに出走することもあったため区別がつかないと言われることもあった。

香港ヴァーズに出走した際、現地での名は「愚者眼界」と表記された。

血統表

ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ
1988 栗毛
*ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
カウアイレーン
2006 黒鹿毛
FNo.5-g
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ ラストタイクー
Pilot Bird
*シルバーレーン
1985 黒鹿毛
Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Strait Lane Chieftain
Level Sands

クロスHail to Reason 4×5(9.38%)

関連動画

関連項目

脚注

  1. *Racing Postによるもの

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ステイフーリッシュ

139 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 18:51:16 ID: 6e+KVkgUBA
うーん大外…
140 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 19:23:56 ID: e94FDQ46B2
親父香港ヴァーズで勝った時も大外だった
つまり大外は勝利フラグなのでは
141 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 21:06:46 ID: 6HTWy2L2yV
先行策を取るだろうから、むしろ包まれることなく前の位置を狙えると考えるべきか…?
142 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 21:39:41 ID: l4Ce6jpIaB
大外とはある意味吉兆だと思ったら書かれてた
あと体、これは本気で取りにいってるな
143 ななしのよっしん
2022/09/30(金) 00:05:21 ID: XpouyKZ90i
ただロンシャンだとメインレース前に仮柵を取り除くこともあるらしいからそうなったらノーチャンやな
144 ななしのよっしん
2022/09/30(金) 02:27:29 ID: AH1IrqCDDF
まあ、大外で勝ったもいるしな
ダンシングブレーヴトレヴ。この法則に当てはめればステイフーリッヴにはワンチャンあるぞ
145 ななしのよっしん
2022/09/30(金) 10:13:33 ID: ZFbQ9PTE1W
ドーヴィル2着&ステゴ産駒の割にオッズの評価低くない?
146 ななしのよっしん
2022/09/30(金) 12:32:21 ID: 2nHHXZo19l
そういや凱旋門賞って7歳が勝った年が過去に一度だけあるらしいな
出走する以上ジャイアントキリングの可性もゼロじゃないし、大外でも好きに暴れて走ってくれればと思う
147 ななしのよっしん
2022/09/30(金) 13:39:25 ID: AH1IrqCDDF
モトリコだったかな
確か5歳で一度凱旋門賞を勝って引退して種牡馬入りしたけど、現役復帰して7歳で2度の凱旋門勝利を収めた変わったやつ。7歳というか6歳以上で凱旋門を勝ったのがこのしかいない
しかも、歴代の勝ち時計で一番遅いタイムと二番に遅いタイムがこの記録とかいう
148 ななしのよっしん
2022/10/02(日) 07:42:40 ID: VwclwYzHPb
ドーヴィル大賞典は6分の仕上がりだったそうだな
それでもレコードタイムで走破している…つまり璧に仕上がれば本番でもレコードが出せる(錯乱