ステカセキング単語

ステカセキング
2.4千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ステカセキング

ステカセキングとは、漫画アニメキン肉マン』の登場キャラクターである。

CV:二又一成

概要

悪魔超人軍団の実働部隊「7人の悪魔超人」の一人である、カセットレコーダーの機械人。カセットプレイヤーべったい胴体に細長い手足、背中ランドセルと、プロレスをやるようには見えないヤツ。悪魔にも見えないがれっきとした悪魔超人漫画アニメで外見が大きく変わっている人の一人。

笑いは「ケケケー」。お茶な性格で7人の悪魔超人のムードメーカーを務めていた。本人バッファローマン不在時にはリーダーだったらしい(直後にブラックホールにツッコまれていたが)。背中ミラルランドセルにはあらゆる有名人のデータが入ったカセットテープ人大全集」が収納されており、これを胴体に差し込むことでデータ読み込み、その人になりきることが出来る。それのおかげで色んな人とトレーニングできるため、修行では重宝されていた。両足はレッグパワーヘッドフォンとなっており、これで大音量を流して攻撃する。スプリングマンとは修業時代から仲が良かった。

本人はコレクター気質でデータカセットテープにして収集することに執念を燃やしている。そのためメンバーで最も実が低いとされている。

プロフィール

戦歴

7人の悪魔超人編

ファン感謝デーに突如襲来。突っかかってきたウォーズマン悪魔シンフォニー返り討ちにした後、キン肉マンに自らを名させ、悪魔超人の1番手として戦うことが決定。

東京タワー下の特設リングキン肉マンとの試合では人大全集を駆使し苦しめる。悪魔シンフォニーで止めを刺そうとしたが、落語(アニメでは牛丼音頭)だったため効果がなかった(それでも100万以上の音量で流れたら死ぬと思うが)。ならばとキン肉マンカセットを使うが、3年前のダメ人時代のスグルカセットだったため逆に弱体化。そのままキン肉バスターを喰らって敗北した。

その後、キン肉マンVSアトランティス戦で悪霊人として登場。バッファローマンが敗れた後、他の悪魔超人と共に悪魔六騎士に首を刎ねられ、アシュラマンに腕を奪われる。タッグ編でのマッスルブラザーズVSはぐれ悪魔コンビ戦でまたも悪霊として登場している。

完璧・無量大数軍編

他の悪魔超人共々いつの間にか復活し、かつての仲間達と共に完璧・無量大数軍に勝負を挑んだ。ロシアモスクワの広場で<遂>ターボメンと対峙する。

初っ端から悪魔シンフォニーで攻撃するが、これは突破される。リニューアルした「新・人大全集」でマンモスマンネプチューンマンキン肉マンゼブラ変身し、強な技を連発し攻め立て、最後の仕上げとしてウォーズマンのパロ・スペシャルで締め上げる。しかし、ターボメンターボチャージャーを受けて増幅したエネルギーを送り返されたことで体が自壊してしまう。悪魔の誇りにかけて一矢報いるべくスクリュードライバーを放とうとするがそれもわず、遂刺し(コンプリートスティング)を受け敗北死亡した。ステカセキングの死は、後に盟友であるスプリングマンの怒りに火を付けることになる。

敗れはしたものの、連載当時から30年が経過して7人の悪魔超人が再登場し、その先鋒となったステカセキングの活躍は、ファンの間で大きな反を呼び、璧・無量大数編が盛り上がった火付け役となった。また、21世紀ではおにかかることがなくなった昭和電であるラジカセモチーフにした人が活躍するという姿も話題になった。

主な必殺技

悪魔シンフォニー
レッグパワーヘッドフォンを相手の両に押し付け、そこから大音量で音楽を流す。音量は100万ホーンらしく、最大で300ホーンまで出せるという。100万ホーンも音量を出せば宇宙が吹き飛ぶ(柳田理科雄談)とツッコむのはお染みの流れ。
アニメでは、悪魔シンフォニーを受けてから3分後、の中で一生涯悪魔シンフォニーき続け再起不能に陥るという「秘儀・三分殺し」によって試合後キン肉マン戦闘不能状態に陥っている。
同人ゲームマッスルファイト』ではランダムで成功か失敗かが変わる技となっている。
人大全集
人のカセットを差し込むことでその人の技術・身体コスチュームを含む身体的特徴・技を全にコピーする。試合ではロビンマスクウォーズマンラーメンマン・3年前のスグルカセットが使われた。
マッスルファイト』では上記カセットに加え原作では出なかったキン肉マンテリーマンブロッケンJr.悪魔将軍カセットが登場。コマンドで好きに選べる。
新・人大全集
ウォーズマン以外の今までのカセットを倉庫行きにして用意したカセット。7人の悪魔超人編以降に登場した人達のデータ記録されている。使用したのはマンモスマンキン肉マンゼブラネプチューンマンに引き続きウォーズマンマンモスマンカセットを入れれば鼻と牙を再現でき、ゼブラカセットを入れればキン族三大義の一つであるマッスルインフェルノを発動可

キャラクターソング

(秘)カセット変身
歌 - さとまさのり / セリフ - 二又一成 / 作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 芹澤明 / 編曲 - 松井忠重

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ステカセキング

30 ななしのよっしん
2021/06/22(火) 10:39:54 ID: 9eFy561TCJ
そもそもシンフォニーカセット用意せずラジオの曲を使うぐらいで、落語に変わる時間にうっかりするレベルだったから……

今更だけど100万ホーン鳴らすなら落語でも笑う余裕なくね?
31 削除しました
削除しました ID: hy3ORQjM08
削除しました
32 削除しました
削除しました ID: 6K3w1a5jB0
削除しました
33 ななしのよっしん
2021/10/19(火) 04:42:33 ID: LtJqi4yYkM
モーツァルトレコードの化身人がいたら、
ザ・マンは大り切りで無量大数軍入りするまで鍛え上げ
不老不死の命を与えて永遠に演奏させ続けることだろう

後にCDの化身やmp3プレイヤーの化身が登場しても変わらず好し続ける
34 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 06:34:50 ID: tRj0SRMCWD
今年の29位だった。やっぱフルカラーで見ると意外と原作はいいデザインしてる
35 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 22:01:41 ID: OE+lqJYe7e
体(ハードウェア)は同じでもカセットソフトウェア)を変えることで全く違う動きができるという設定の先見性はもっと評価されるべきではないだろうか。
連載で初登場した1981年日本でもパーソナルコンピュータが出回り初めた頃。当時の記録媒体はまさにカセットテープだった。
36 ななしのよっしん
2022/01/04(火) 15:07:37 ID: uvHbm65ze1
あまり取り上げられない気がするけど、スグルがステカセに勝てたのって全に運だよなw
あそこ落語に切り替わらなければKOだっただろうし、不意打ちとはいえウォーズマン殺してる訳だし地獄シンフォニーって普通に強いと思う。
37 ななしのよっしん
2022/01/18(火) 00:27:11 ID: ez6nNVfj9e
>>36
ステカセは悪魔超人なんだけどエンターテイナー的なファイトメインだからなぁ。
所謂「技を見せたがる」が故に勝ち恵まれないって感じのキャラ
現実レスラーにもいそうな本当は実があるんだけどキャラとして手に動いたり決めポーズを取りたがるから隙が出来てそこから負けちゃうタイプ
スプリングマンはそういうステカセ本来の実知ってるんだと思う。
38 ななしのよっしん
2022/01/18(火) 01:04:54 ID: LtJqi4yYkM
行としては「客受けが良くて負けてくれる」という選手なので、むしろそのままでいいと言うか
強いけど客受けの悪いと組ませる事が出来るから嬉しい存在
「たまにはにも勝たせてくれよ」とか言い出されると困ってしまうタイプ……
39 ななしのよっしん
2022/01/30(日) 18:32:17 ID: tRj0SRMCWD
人大全集1000巻がどんなものだったのか気になるが、それ以前に1000個もカセット用意する段階で何個かしもありそう。3年前のキン肉マン以外に3年前のテリーマンとか素人時代のウォーズマンとかもあったんだろう多分

急上昇ワード改