ステファン・グラッペリ単語

ステファングラッペリ

ステファン・グラッペリ / Stephane Grappelli とは、フランスexitジャズexitヴァイオリニストexitである。

概要

1908.1.26フランスで産まれる。ステファンが3才の時にが他界。養育に困ったは孤児院に預ける。程なく第一次世界大戦は徴兵され、離れた孤児院でステファンは極貧で栄養失調で死にかけるほどであった。そんな中、学校で聞いたバイオリンに魅せられる。ステファンが10歳の時、復員したはやせ細り変わり果てた息子に驚き、すぐさま孤児院から引取る。

ステファンが12才の頃、は乏しい収入を工面してイタリア人の靴屋から中古バイオリンを譲り受け、図書館から教則本を借り、ステファンに与えた。にあった足踏みオルガンなどで音楽の糧を吸収し、ステファンは独学でバイオリンを習得し14歳プロデビューする。

プロになったあとに、正規の音楽教育としてパリ音楽院でのソルフェージュを学ぶが得るものは少なかったようである。

16才の頃には無声映画の伴奏、頭で演奏活動し、1929年後の相方となる、ジャズギタリストジャンゴ・ラインハルトと出会う。

その頃、大恐慌でヴァイオリン仕事減すると、ピアニストとして2年間活動。ソロ・楽団で活躍し、その間「私は2年間ヴァイオリンから取り出すことはなかった」と話すほど。

1931年ジャンゴと再開、初共演したことで大反を呼び、彼と共に1934年「フランス・ホット・クラブ五重奏団 (the Quintette du Hot Club de France)」を結成。

34フランス・ホット・クラブ認され、フランス・ホット・クラブ五重奏団の名で有名になる。

大戦中は活動を一時中断、’46年再開、’53ジャンゴが死去するまで共演。

その後はフリーとして活動、ジャズヴァイリニストの第一人者として、長年に渡って晩年まで第一線で活躍した。

日本にも81歳の1989年1990年の二度来日し、二度演は「Stephane Grappelli in Tokyo」として、CD化されている。その後は高齢化のためヨーロッパのみの演となる。

1997年12月1日 フランスにて死去(89歳)


関連動画

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ステファン・グラッペリ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ステファン・グラッペリについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/22(木)07時更新