ストック単語

ストック

ストックとは、経済学の用で、ある時点での財務状況を構成する要因のことをいう。


対立概念としてフローというものがある。フローは、ある期間の中の財務状況を構成する要因のことを言う。

定義 財務諸表
フロー ある期間での財務状況を構成する要因 損益計算書(PL)
ストック ある時点での財務状況を構成する要因 貸借対照表(バランスシート)(BS)

 

フローとストックの比較

フローの記事でまとめてあるので、そちらを参考のこと。


簡単にいえば、資産はストックだし、債務はストックである。貸借対照表を作るとき、ある時点で時を止めて、お金で資産の価値を表現し、お金で債務を表現する。そうやってストックをそれぞれ見定めているということになる。
 

ストックで金持ち(貧乏)になる

ストックというのは「ある時点での財務状況を構成する要因」という意味だが、たまに「ストック持ちになる」「ストック貧乏になる」といったような表現をする人がいる。経済や財務に詳しい人がサラッと言うような表現である。

前者は、宝くじが当たって大を手に入れることや、土地転がし(安価で購入した土地を高値で売却すること)で持ちになることを示している。

後者は、地震が傾いて持ちの資産価値が下落して貧乏になったことや、洪水に浸かり価値の高い美術品が壊れて貧乏になったことを意味する。

資産・債務という言葉を使えばいいのだが、ちょっと気取りたいときに、ストックと言っているというわけである。
 

ストック型好景気(不景気)

経済や財務に詳しい人は「あの好気はストックの好気だ」「あの不気はストックの不気だ」とサラッと言うことがある。経済や財務に詳しくない人は、いまいちピンとこない表現である。

前者は、土地の資産価格が上昇したことが原因の好気という意味になる。昭和末のバブル気が「ストック・インフレexit」と表現されるが、同じ意味である。

後者は、土地の資産価格が暴落したことが原因の不気という意味になる。平成の初頭に地価が急落してバブル崩壊となったが、これが典的なストック気である。

2008年アメリカ合衆国リーマンショックは、2007年に住宅価格が急下落して、サブライムローン不良債権になったことが原因である。これまた典的なストック気といえる。


資産価格の高騰資産価格の暴落という言葉を使えばいいのだが、ちょっと気取りたいときに、ストックと言っているというわけである。
 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ストックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード