ストリップコマンダー単語

スケールチイセエメカセンソウ

ストリップコマンダーとは、高橋邦子制作した痛いRPGゲームであり、作中に登場するゲーム名でもある。

いまどき概要なんて読まねーだろ!

高橋邦子ニコニコ投稿作品記念すべき40作品にあたる作品。ツールはこの時期多用されたRPGツクールVX

これまでの作品とは趣向が大きく異なり、Microsoft WindowsXPの画面内で行われる人間コンピューターとのめちゃ規模の小さい戦争を描いたもの。詳細は不明ながらもパソコンの持ちの住所は川越と思われる。

投稿された2010年8月24日当時は、既に後継OSとしてWindows Vistaのほか、1年前にはさらなるアッパーバージョンWindows7リリースされていたが、依然としてXPも多く使われている過渡期的な時期で、後述のHDDの値段もほぼ当時の相場そのままである。但し、SSDはまだしい時期であったため、高橋それなりに自作パソコンの知識を持ち合わせていた可性は高い。
但し、ゲームのようにパソコンが起動した状態でドライブの接続や取り外しを行うことは、データ消失ドライブ故障の原因となる恐れがあるため、現実には厳禁である(通常は電を落として行うように説明書にも記載されている)。

高橋作品にはしいラブロマンス的なストーリーでもあるが、そこはやはり高橋邦子ワールド。当然ながら血と殺戮の蔓延るバイオレンス世界観が満載となっている。
そもそも高橋邦子にまともなの話なんか期待してはいけない。ここは川越である。

なお、ストーリーが繰り広げられるのは、あくまでもパソコン世界なので、シューティングステージとしてお染みのいつもの決戦のバトルフィールド』はフィールドならぬ『決戦バトルフォルダー』が用いられている。(一応、前者も登場する。)

ストーリーとしては、とあるパソコン上で愛し合っていた32GB SSDの(C:)ドライブフロッピーディスクドライブの(A:)ドライブが、相思相愛を分かち合った後に、レガシーデバイスとして(A:)ドライブが持ちによって除去され、2TBの(D:)ドライブ(19,055円)に換装されてしまったことでパソコン戦争が勃発、勝利を収めた(C:)ドライブ人の(A:)ドライブを取り戻すために持ちビッチマンと取引し、難解RPG『ストリップコマンダー』をクリアすることを約束し、ゲーム内部に入り込んだ(C:)ドライブ世界観を視してゲーム世界の王に戦いを挑み、これをも解決して見せるが、ビッチマンによって改造された(A:)ドライブはほぼウイルスと化してしまい・・・というもの。

ちなみに、RPGというよりは弾幕シューティングとしての色合いが濃いゲームであり、プレイヤーとしての技量の高さが伺える映像となっている。(実際にはあまり動かない方が敵弾を喰らわない設計になっているらしいことが動画から確認できる)

機械人間とのバトルコンピューターの反乱をテーマとして描いた作品は数あれど、RPGでこういった題材を選出するゲーム現在においても極めてしく、高橋邦子の発想の豊かさ、アイデアや着眼点の独創性、シューティングパートとロールプレイングパートがそれぞれ存在するゲーム性や技術の高さ、脚本が破天荒な展開でありながらそれでいてきちんとラストに向けての伏線回収が行われる点などが高く評価されている一作である。

1ヵ後の次回作『えろえろクイーン おっぱいの章』も、人間役としない異色作となっており、この時期の高橋邦子実験的な作トライしていたであろうことが伺えるものとなっている。

登場人物

(C:)ドライブ
このゲーム主人公32GBFlashSSD。容量は少量ながら、当時としては最新鋭の機器である。FDDの(A:)ドライブに思いを寄せていたものの、時代の流れと共に陳腐化したフロッピーとの禁断のは実ることなく、自身より容量の勝る新HDDや難関RPGの王、そして人類との戦いに巻き込まれてゆくことに・・・
(A:)ドライブ
ヒロイン。既に2010年時点ではレガシーデバイスと化していたフロッピーディスクドライブの生き残りだったが、いまどき使いなどいという非情の理由で取り外されてしまった悲劇のヒロインでもある。
なお、(C:)ドライブSSDであったことを考えると、(A:)ドライブは結構な熟女の可性があり、かなりの年の差恋愛だったことが推測できるがそのあたりは特に触れられていない。
最終的にビッチマンに改造され、コンピューターウイルスと化してしまったことで(C:)ドライブをも喰らう存在になり、自を制御できなくなる前に自身を破壊することを嘆願するが・・・
ビッチマン
このゲームにおける諸悪の根源にして(C:)ドライブ最大の敵。メッセージインドゥに表示される顔グラフィックな口を塗った唇だけで、素顔は不明。(A:)ドライブを再接続する条件として『ストリップコマンダー』のクリアを(C:)ドライブに命ずるが、ゲームを自クリアしないで何が面いのだろうか?
なお、英語におけるBitchとは雌のほか『嫌な女』を示すスラングというのは周知の事実だが、このキャラクターの名前は女性を示すビッチ“ウーマン”ではなく男性を示すビッチ“マン”となっている。実はオカマキャラクターだったのかどうかは定かではない。
(D:)ドライブ
当時発売されていたものとしては最も容量の大きかった7200rpmの2TBを誇る最新鋭ハードディスクドライブ。お値段は19,055円(税込み)。彼がFDDの代わりに接続されてしまったことがこの不毛かつくだらない争いの発端となる。
王様
『ストリップコマンダー』の世界を統治する王。やってきた勇者褒美に死をやろう!とは言わなかったものの、王としての不甲斐なさを(C:)ドライブ摘されたことで奮起し、(C:)ドライブとの一騎打ちを行うことに。ラストでは意外な再登場を果たし、ビッチマンとの死闘に終止符を打つヒントを授ける。

関連動画、す・・・き・・・

よくも関連商品を売ってくれたな

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストリップコマンダー

1 ななしのよっしん
2017/12/09(土) 12:23:43 ID: e89WCHNYwr
よくぞ記事を作成した!
お礼に大根あげる!

(C:)ドライブ君は邦子史上最も王道主人公らしい主人公だと思う
2 ななしのよっしん
2017/12/09(土) 12:41:30 ID: /mQuFpHOPQ
今まで記事がなかっただとおおおおおおおおおおおおおお!?
記事作ってくれてありがとう。お礼に大根をあげる!

個人的には邦子作品の中でも上位に入る名作だと思ってる
3 ななしのよっしん
2017/12/14(木) 02:53:25 ID: +wqa5CLcDp
なんで今になって記事が出来てるんだwww
4 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 12:16:12 ID: K0MJNnm5Op
名作だからさ
5 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 15:43:01 ID: YUw2H8ZxM7
読み好き
6 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 16:36:03 ID: jw2fSKWvuj
高橋邦子の作品一覧ページリンクされてない
次作の記事も
7 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 11:18:05 ID: NzRVGlrBfi
search/サーチ』って映画が話題だけど
遡ること8年前に既にこの手法で作品を完成させてる邦子ぱねえww