ストレイテナー単語

ストレイテナー

ストレイテナーSTRAIGHTENER)は、日本ロックバンドである。
EMIミュージック・ジャパン所属、略称は「テナー」。

概要

1998年ホリエアツシとナカヤマシンペイの2人で結成。彼らは長崎出身で、中学校同級生だった。
当時のライブ活動の拠点は東京、特に下北沢2000年6月インディーズシングル戦士の屍のマーチ」をリリースした。
2002年にはART-SCHOOLとのスプリットツアーを行ったり、自レーベルghost recordsを設立したりと活動の幅を少しずつ広げていき、同年、下北沢SHELTERで初めてのワンマンライブを行う。
以降、ライブCDリリースを精的に続け、2003年10月メジャーデビュー現在は4人編成となり、多くのファンからライブパフォーマンス定評のあるバンドと支持されている。

メジャーデビューしたての頃は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONELLEGARDENとの繋がりが特に深かった。
今でもこの3組の中のどれかの話をする時、頭の中に他の2バンドが思い浮かぶ人は多いのではなかろうか。

バンドとしての音楽シーンにおける立ち位置は、いわゆる「ロキノン系」。おそらくこの言葉が浸透し始めた当初から、テナーはこのカテゴリに分類されているものと思われる。
サウンドにはギターベースドラムの他にシンセサイザーピアノも取り入れられ、雰囲気で言ったら全体的にキラキラしたロックといったところ。ストリングスは今まで導入し。
歌詞英語日本語両方でシンプルな単を多く使用し、時には物語の一部のようになる。曲中には「ユニコーン」「ガーゴイル」「」「」「クラムボン」「ドードー」「」などなど伝説・架生き物染みのある動物が多く登場する他、「トルネード」「ストーム」「稲妻」といった自然やらというワードもしばしば出てくる。
ジャケットの絵も含めて、世界観はどことなく西洋っぽい。

ちなみにこのバンドイントネーションが地味にややこしい。
本人達が名乗るときは『ストレ↑イテナー』だが、『ストレイテ↑ナー』と言っている関係者もいる。略称の『テナー』も、アクセントをテに置くかナに置くか人によって様々(本人達はナに置いてる)。お好みで選んでいいと思う。
バンド名の意味は「っ直ぐにする人」。っ直ぐな人、ではない。心の歪み音楽っ直ぐにしようという心意気を持って付けた名前らしいが、ある時インタビューで「今、っ直ぐにしたいものは?」とかれた時に「自分たちの根性」と答えたことがある。

「オレ達ストレイテナーって言います、よろしくお願いします!!」

メンバー

各項冒頭【】内の呼称は、2009年に行われたライブツアーNexus Tour」のファイナル日本武道館演にて販売されたメンバーTシャツ背中部分に、それぞれデザインされた単


SING A SONG1978年7月8日生まれ。ストレイテナーの中心人物であり、楽曲の作詞及び作曲はほぼ彼が行っている(作曲に関しては、他メンバーが参加・担当しているものあり)。近年は積極的にMCをする・喋るようになったが、以前は(大山加入前3人で活動していた頃は特に)ライブ中寡黙な姿勢を貫いていた。本人のもともとの性格が自然に出ていただけだと思われるが、ナカヤマ・日向手なパフォーマンスをするのもあり、たまに「自分は地味ボーカルだ」と自虐することがあった。好きなアニメカウボーイビバップ


BERSERKER1978年5月9日生まれ。ホリエと共にストレイテナーを結成した人物で、当初はふたりで活動していた。ライブシャウトが聞こえたらほぼ間違いなく彼。非常に楽しそうにドラム叩きながら観客をアジテイトしている。ライブ終盤に奮のあまりドラムセットを飛び出し客席にダイブするのが通例であり恒例でもあったが、ツアー中観客がダイブをして怪をするという事故が起きてからは自粛している。テナーに限らず、ライブでは理なダイブ等で怪をしたり、周りの人に迷惑をかけないように努めましょう。


HEAVY GROOVE1976年12月4日生まれ。「ひなっち」というあだ名で通っている。ストレイテナーがメジャーデビューする頃(「TRAVELING GARGOYLEリリース時)より、「REGULAR PLAYER」(サポートメンバー)として参加。その後2004年に正式加入。称「町田ヤンキー」。2児の。たくさんのバンドを掛け持ちするタフな人。


GUITAR HERO1978年5月11日生まれ。ストレイテナー4人メンバー2008年に加入。初めて制作に携わった作品はシングルLittle Miss Weekend」。長年3人で活動してきたテナーだったが、大山ギタリストとして加入したことによりライブでのパフォーマンスの幅が大きく広がった(単純にギターが2本に増えただけでなく、ホリエがピアノを弾く場面が増えた等)。一部曲の作曲もしている。


ちなみに、メンバー全員モンハンシリーズプレイヤーオフショット等で時たま狩猟している姿が見られる。

アートワーク

CDジャケットTシャツグッズデザインは、Drのナカヤマが務める。CDスタッフクレジットに、デザイン担当として「中山美六堂」(もしくはまんま任天堂ロゴで「Mirocdo」)の名前が見られるが、その正体はナカヤマ。近年は本名の「ナカヤマシンペイ」でクレジットされている。

日向は自らの称である「HINATCH」(ひなっち)をロゴにして、それをデザインしたTシャツタオルなどを販売。

大山はナカヤマと同じく非常に絵が上手で、加入後に自らが描いた絵をデザインしたTシャツを販売したり、現在(2010年7月より)GIGSコラム連載にて毎号読者リクエストに応じて絵を披露している。

掛け持ち歴

相当音楽が好きなのだろう、メンバー個人での活動も盛んに行っている。バンド掛け持ち。

  1. ホリエ...ソロプロジェクトent」、FULLARMOR
  2. カヤマ...THE PREDATORS(現在は脱退)、another sunnyday
  3. 日向...Nothing's Carved In StoneFULLARMOR、killing boyZAZEN BOYS(現在は脱退)
  4. 大山...another sunnyday

ひなっちハンパないです。

[備考]日向大山のふたりは、以前ART-SCHOOLで共に活動していた経歴がある。現在はふたりとも脱退しているが、大山がストレイテナーに加入した際、元アートスクールのふたりがってテナーに移動した形になったので、一時期ネタにされていた。冗談交じりで「テナースクール」と呼ばれていたとかいないとか。ちなみに、日向現在アートスクール木下と共にkilling boyというバンドで活動中。大山はアートスクールを脱退後からストレイテナーに加入するまでの間、まともにギターを触らずコンビニバイトしていたらしい。

ディスコグラフィー

シングル

  1. 戦士の屍のマーチ(2000年6月25日)
  2. ANOTHER DIMENSIONAL e.p(2000年12月10日)
  3. SILVER RECORD(2002年10月9日)
  4. Silent Film Soundtrack(2003年4月16日)
  5. TRAVELING GARGOYLE(2003年10月16日)
  6. TENDER(2004年2月18日)
  7. KILLER TUNE/PLAY THE STAR GUITAR(2004年12月1日)
  8. THE REMAINS(2005年6月15日)
  9. Melodic Storm(2006年1月18日)
  10. BERSERKER TUNE(2006年10月26日)
  11. SIX DAY WONDER(2007年1月10日)
  12. TRAIN(2007年2月14日)
  13. Little Miss Weekend(2008年11月26日)
  14. Lightning(2009年1月14日)
  15. CLONE/DONKEY BOOGIE DODO(2009年8月5日)
  16. Man-like Creatures(2010年1月13日)
  17. VANDALISM/SILLY PARADE(2011年4月13日)
  18. YOU and I/の群れは丘を登る(2011年7月13日)
  19. From Noon Till Dawn(2012年10月17日)

配信限定シングル

  1. Black Hole(2008年10月1日)

アルバム

  1. STRAIGHTEN IT UP(2000年7月25日)
  2. ERROR(2001年1月10日)
  3. SKELETONIZED(2002年4月5日)
  4. LOST WORLD'S ANTHOLOGY(2004年1月21日)
  5. TITLE(2005年1月26日)
  6. Dear Deadman(2006年3月8日)
  7. LINEAR(2007年3月7日)
  8. Nexus(2009年2月11日)
  9. CREATURES(2010年3月3日)
  10. STRAIGHTENER(2011年8月3日)

ベストアルバム

  1. Early Years(2005年4月13日)
  2. 21st CENTURY ROCK BAND(2013年5月1日)

ミニアルバム

  1. ROCK END ROLL(2004年6月23日)
  2. Immortal(2007年11月21日)

セルフカバーアルバム

  1. STOUT(2011年1月12日)

アコースティックアルバム

  1. SOFT(2012年6月13日)

映像作品

  1. BLACK STAR LUSTER(2005年8月31日)
  2. EMOTION PICTURE SOUNDTRACK(2006年3月8日)
  3. Remember Our Drinking Songs -Hello Dear Deadman Tour 2006-(2006年9月27日)
  4. Linear Motor City(2007年9月12日)
  5. Emotion Picture Soundtrack 2(2009年2月11日)
  6. NEXUS TOUR FINAL(2009年8月5日)
  7. The Parade of Creatures(2010年10月27日)
  8. LONG WAY TO NOWHERE TOUR(2012年2月29日)

関連動画

YouTube(公式)

straightenerofficialよりexit

StraightenerVEVOよりexit

関連商品

※ここに載っているものは一部です。

シングル

アルバム

DVD

関連生放送

関連タグ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストレイテナー

13 ななしのよっしん
2012/10/27(土) 22:49:48 ID: DrP21GCSoQ
新曲がドラマ題歌になってるけど
フィーチャリングしてるからか、新地を行ったって感じがするね。
14 ななしのよっしん
2013/07/04(木) 12:30:23 ID: AttNr4Rqc0
今更ながら、メジャーデビュー2003年じゃない?
15 ななしのよっしん
2013/08/19(月) 22:40:24 ID: uKnve16LV9
>>14
ほんとですね!!すみません、失礼いたしました。
記事訂正しました

今更だが武道館最高だった 新譜楽しみ
16 ななしのよっしん
2013/12/28(土) 15:37:18 ID: CVeqX8t0U6
記事あるんだ。懐かしい!

リニアの頃くらいまでハマってた。

Immortalはなぜか買わなくて、そのままご沙汰してたなあ。
17 ななしのよっしん
2014/02/02(日) 18:07:00 ID: lu7mhAXDlw
ヨシヒコのOPではじめて知ったけど
曲は文句なしにカッコイイのだが、ボーカルが何を言ってるのか聞き取り辛いストレイテナーの他の曲もこんなかんじ

ファンの方々からすれば許容範囲内だったりする?

18 ななしのよっしん
2014/04/11(金) 23:44:16 ID: OsnE/4rRgC
>>17
実際滑舌はあまりよくないけど、ファンはそれも含めて好きなんだよね。

TODAYアメーバとか、Little Miss Weekendのリルミ酔拳のコメントを見てみればされ具合がわかるかも。
19 ななしのよっしん
2014/11/28(金) 16:01:50 ID: Fh65LZw+xV
>>lv199850716exit_nicolive

20 ななしのよっしん
2015/11/18(水) 05:59:33 ID: Fh65LZw+xV
>>lv241411400exit_nicolive

21 削除しました
削除しました ID: Fh65LZw+xV
削除しました
22 ななしのよっしん
2016/07/27(水) 01:42:16 ID: RO0KwZHyy+
もっと売れてほしい

急上昇ワード