ストームキャット単語

ストームキャット

ストームキャット(Storm Cat)とは、1983年生のアメリカの元競走馬・種である。

20世紀末から21世紀にかけて世界を席巻した大種

概要

Storm Bird、Terlinguaセクレタリアトという血統。1980年の英2歳チャンピオンで、は重賞5勝。一族にも活躍が多い良血である。

競走馬としてはアメリカで8戦4勝。2歳時にGⅠを含め3勝を挙げたが、3歳クラシックを使えず、に2戦して1勝して引退。なんだかパッとしない成績で、種入りはしたものの初年度の種付け料は3万ドル、当時バブル最盛期の日本円で約400万円と決して高額ではなかった。

しかし初年度産駒からGⅠが複数出ると、その後も活躍が出るわ出るわ。2度のリーディンサイアーにき、しまいには種付け料50万ドル、日本円にして約6000万円というとんでもない値段にまで跳ね上がった。日本サンデーサイレンス2500万円でトップを独走していた時代でこの価格である。現在にしたって、日本無双状態のディープインパクト3000万円。欧州前の大活躍を見せたドバウィをもってしても4200万円である。6年連続英リーディンサイアーとこの世の謳歌するガリレオ5000~6000万円くらいだといわれている(ガリレオは種付け料非開)ので、大体評価としてはそのくらいと考えてよいだろう。開されているものとしては世界記録である。

産駒の特徴として、パワーが非常に強く、仕上がりがく頑丈なが多い。一方で、仕上がりがいがゆえに枯れだったり、いったん調子を崩すと立ち直れない、急ペースの変化に対応できないなどの弱点もある。ゆえに勝負の日本では産駒がいまいち活躍できず、シルバーコレクターシーキングザダイヤ立つ程度。しかし孫以降の世代は日本でも活躍しており、系子孫としてはHennessyから分かれたサンライズバッカスアジアエクスプレス、ストームキャット産駒最大の大物であるジャイアンツコーズウェイの産駒であるエイシンアポロンなどが日本でGⅠを勝っている。。

日本で特筆すべきはとしての活躍である。持ち前のパワーが上手い具合に欠点を帳消しにしたのか、現在日本絶対王者となっているディープインパクトとの相性が非常によく、ダービーキズナ桜花賞アユサン、香港カップイスパーン賞を獲ったエイシンヒカリエリザベス女王杯を勝ったラキシス、ドバイターフを制したリアルティールなど数多くの活躍が出ている。他にもロードカナロア(キングカメハメハ)、ファレノプシス(ブライアンズタイム)、メイショウボーラー(タイキシャトル)、ショウナンマイティ(マンハッタンカフェ)などのストームキャットであり、日本でも今後さらに影が増していくことだろう。ちなみにストームキャットがに回ると、案外長持ちする産駒が多かったりする。なんでだろう?

ストームキャットは2008年に受胎率の低下のため種引退2013年30歳で大往生を遂げた。系、系ともにまだまだ伸びそうで、その血が本当にを発揮するのはこれから…かもしれない。

関連動画

さかないだろうな、と思ったらなんとあった。

関連商品

ストームキャットに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストームキャット

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ストームキャットについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード