スノーラビット(列車)単語

スノーラビット

超快速スノーラビットとは、北越急行ほくほく線で運行している超快速列車称である。怪速ではない。

概要

北越急行ほくほく線には1997年の開業から2015年3月13日まで特急はくたかが設定されていたが、北陸新幹線開業によるダイヤ正で東京北陸を結ぶ的を新幹線に譲り、になった。

この北越急行はもともと東京北陸を短絡する的で国鉄導で建設された北越北線を前身としており、その的で特急はくたかを運行していた。

しかし北越急行はこのはくたかに、総輸送人員の7割、営業利益ではなんと9割依存しており[1]新幹線開業後の経営はとても厳しいものとなる。

新幹線開業後の経営を見据え、北越急行では130億円にも上る積立(内部留保)を積み立てているが[2]新幹線開業後は確実に赤字経営となり、この積立を切り崩しながら経営を続けることとなり、将来の路線の存続に不安が残る。

そこで少しでも利用客の減少に止めをかけるために、現在はくたかの利用客の2225程度直江津駅越後湯沢駅間の利用であることから[3]東京直江津間の需要(特にビジネス需要)が新幹線開業後も北越急行経由で見込めると判断。また、北陸新幹線開業後はそのはくたか止されることから、特急列車待ち合わせの解消とそれに伴う効率化により普通列車の所要時間が短縮できることになり、直江津駅越後湯沢駅間を1時間で運行する「超快速列車」の運行が決定した。

使用車両が従来の普通列車で使用されているHK100形最高速110km/h)となること以外は未定であったが、2014年11月15日11月30日列車称の募を行った上で、同年12月ダイヤ正プレスリリースにてその停列車称を発表した。

超快速列車称はスノーラビットに決定し、

は速達性を重視し、越後湯沢・十日町・直江津の3のみとなった。後に直江津行はさらにえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン新井まで乗り入れることが発表され、妙高はねうまライン内は各駅停車になった。

なお、プレスリリースには当列車表定速度99km/hと発表されているが、これはほくほく線内のみの表定速度であり、実際の表定速度越後湯沢直江津間で88.6km/hとなる。とはいえほくほく線外を含めた表定速度も特別料不要の普通列車としては非常に速い表定速度であり、超快速ダイヤ正前のはくたか最高速160km/h)よりも最高速度は50km/h下がったが、そのはくたかと10分も違わない所要時間で直江津越後湯沢間を結ぶ(正前後のダイヤは後述)。

この表定速度88.6km/hJR東海豊橋大垣)やJR西日本長浜姫路)が運行している「新快速」のそれよりも速い(最速となるJR西日本新快速85.1km/h)。
ただし、えちごトキめき鉄道区間内を含めた場合は表定速度58.8km/hになるが、越後湯沢行に関しては直江津始発となり、こちらの表定速度87.1km/hになるため、どっちにしろ速い部類であることには変わらない。

このスノーラビットの運行は、運行開始時には一日一往復となる。
2016年3月には下り1本が増発された。増発便は途中十日町駅のほかに六日町駅まつだい駅虫川大杉駅にも停超快速を名乗ってはいるが、事実上の特別快速に相当する列車として運転されている。

運行開始前後のダイヤ

2015年3月14日正前
↓下り(直江津方面) ↑上り(東京方面)
新幹線 MAXとき307 MAXとき344
東  7:48 20:12
越後湯沢 9:04 19:01
9:14 18:53
直江津 10:09 18:03
ほくほく線 はくたか4号 はくたか21
所要時間 2時間21 2時間9分
運 賃 自由席利用で計算→ 8,550円

現在ダイヤ正後にスノーラビット号が運転される時間帯の所要時間は下り(直江津方面)が2時間21分、上り(東京方面)が2時間9分となっており、運賃は新幹線はくたか共に自由席利用で8.550円となっている。

2015年3月14日正後
↓下り(直江津方面) ↑上り(東京方面)
経由 ほくほく線 北陸新幹線 ほくほく線 北陸新幹線
新幹線 MAXとき305 はくたか533号 MAXとき342 はくたか572号
東  7:48 7:52 20:12 20:00
越後湯沢 9:08 || 19:00 ||
9:17 || 18:53 ||
上越妙高 || 9:44 || 17:48
|| 10:07 || 17:23
直江津 10:14 10:22 17:55 17:07
在来線 スノーラビット 妙高はねうまライン スノーラビット 妙高はねうまライン
所要時間 2時間26分 2時間30 2時間17 2時間53
運 賃 どちらも新幹線自由席利用で計算→ 7,770円 9,000円

ダイヤ正後、直江津駅から東京方面に向かうルート北陸新幹線開業後は上越新幹線北越急行経由と北陸新幹線妙高はねうまライン経由の2ルートとなるが、同時間帯でスノーラビット号を利用する場合と北陸新幹線を利用する場合では、上りも下りもスノーラビット号を使用するほうが運賃も1,230円安く、所要時間も下りで4分、上りでは36分も短い。

ほくほく線経由の運賃がダイヤ正前より安くなっているのは、はくたか特急780円がくなったためである。

北陸新幹線最速列車の「かがやき」が上越妙高駅に停しないこともスノーラビット号利用のほうがくなる要因である。

関連項目

脚注

  1. *北越急行:絶好調に影 2年切った北陸新幹線延伸、ドル箱はくたか止必至 沿線自治体、薄い危機毎日新聞
  2. *新たに2路線開業予定の新幹線。その裏にある「負」の側面とは(ハーバービジネスオンライン)
  3. *鉄道ジャーナル2013年3月号参照

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スノーラビット(列車)

14 ななしのよっしん
2015/03/15(日) 23:55:12 ID: 3Ceyqq5wYz
そっか、特別急行快速になったから
スノーラビットエクスプレススノーラビットになったんだな
15 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 19:32:31 ID: q7a+Wu3WW/
>>13
もしかしてChoSnowで韻を踏んでいる……?
16 ななしのよっしん
2015/03/27(金) 20:22:38 ID: g5TleI5QSo
超快速が好調なら増発してほしいところだね。
ただ、その場合増発分は六日町に追加停することになると思うけど。
17 ななしのよっしん
2015/03/28(土) 16:30:53 ID: a8X8Z5Al5H
ラピッド?ラビット?
18 ななしのよっしん
2015/04/11(土) 00:57:13 ID: nUyMb7k1OH
追加停はしないで欲しいな、このまま速達性を追いめて欲しい
の高規格路線なんだから飛ばしてなんぼでしょ
19 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 01:17:25 ID: BOK7UFKa0M
名の快速はもともといたけど、あいつは特急はくたか同様に
六日町にとまるぐらいの差異で
超快速並みに格上げにしたほうがいい気がする
20 ななしのよっしん
2015/08/13(木) 06:14:03 ID: sKe5mx73Zi
上越妙高から直江津方面は接続がすごく悪いからな。
直江津5:52発の快速スノーラビットに変更するかもしれないって
記事で見た。可なのであれば、東京21:40発のときに接続する
超快速があってもいいかも。
21 ななしのよっしん
2015/10/05(月) 18:25:42 ID: JsuCv/Wvc9
低速スノータートルってのも走り出すみたいだ……
22 ななしのよっしん
2016/04/03(日) 20:49:00 ID: g5TleI5QSo
下り一本が増発されたが、六日町だけでなく
まつだい大杉にも停するなんて。
こんなの超快速じゃないよ、ただの特別快速だ。
23 ななしのよっしん
2017/07/12(水) 06:11:57 ID: JL6y+wLavg
所要時間はその3追加停でも3分しか変わらず、直江津越後湯沢60分だけどね。快速70分前後だから明確な差はある。

かしこの前乗ったが、日曜ということもあってか単行運転で乗客まばらだったなあ。採算性にやや不安が。
帰りは上越妙高駅から新幹線はくたか乗ったが、そっちも同レベルだったけど。