スバル・ドミンゴ単語

スバルドミンゴ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

スバル・ドミンゴとは、富士重工1983年から1994年に製造をしていたキャブオーバーの小乗用ワゴンである。

概要

名の由来はスペイン語で「日曜日」の意味から。「このに乗れば毎日が日曜日」という意味から名づけられた。軽1BOXのサンバーベースエンジンの排気量を拡大をし、乗人数も7名となる。

なお、ドミンゴスバル世界戦略でもあるが地域ごとに名を変えている。例えばヨーロッパ仕様ではリベロの名称となったりする。

駆動方式はベースサンバーと同様にRRと4WDが歴代共通となる。

エンジンは初代モデルは、3気筒の1000ccと後に追加をされた1200ccの二本立てとなり二代モデル1200ccのみとなる。

ミッションは、初代モデルでは5速MTのみで、二代モデルからは5速MTCVTの二本立てとなる。

モデルの流れ

初代モデル(1983年~1994年)

1983年に登場。エンジンは直3気筒の1000ccのみで登場をしている。このクラス種としては、かつてトヨタで販売をしていた小1BOXカーミニエース種が止された1975年以来実に8年ぶりとなった。このためが狭い山間部のユーザーに重宝された。

なおベースサンバー較をして、7人乗が可な点や外装もサンバーが丸の二になるのに対して、ドミンゴは四の四となり上級感をアピールしている。

1986年マイナーチェンジ4WDエンジンの排気量が1200ccアップとなった。またサンルー仕様も追加される。なお2WDモデル末期まで1000ccのままであった。

1991年には4WDの方式が切り替えが可パートタイム式からフルタイム式に変更となった。

なお、エンジンミッションを共用をしていた乗用車・ジャスティに追加をされていたATパワーステアリング等はモデル末期まで採用をされていなかった。これは、売れない→開発費が回収できない→放置という売れない種の負のスパイラルとなっていた。

二代目モデル(1994年~1998年)

1994年に初のモデルチェンジ。実に11年ぶりのモデルチェンジとなった。1990年デビューをした五代サンバーベースにしている。

このモデルチェンジで、先代モデルでは採用をされていなかった、パワーステアリングパワーインドー、ATCVTと時代に則した装備が起用される。またエンジン1200ccに統一化がされ、燃料供給方式をキャブレターから電子制御方式にめられ、パワーアップ化がされる。また前後バンパーも大化がされ衝突安全性にも考慮されている。

1996年にはルーフ部分をポンアップをして、ベッドスペースを作るキャンピング仕様アラジンが追加される。

1998年モデル止。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スバル・ドミンゴ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スバル・ドミンゴについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/12/11(水)06時更新