スパルタンX単語

スパルタンエックス

スパルタンXとは、

本稿では両者について解説する。

映画の概要

映画スパルタンX(原題:「快餐」)は、1984年開されたジャッキー・チェン演の香港映画である。

舞台スペインバルセロナ
キッチンカーの軽食販売で生計立てるトーマス(演:ジャッキー・チェン)と従兄弟のディビット(演:ユン・ピョウ)は、ひょんな事からシルビア(演:ローラ・フォルネル)と出会う。
しかし、シルビアの組織に命を狙われ、誘拐されてしまう。
トーマスとディビットに加え、探偵のモビー(演:サモ・ハン)の3人はシルビアを救う為、壮絶なカーチェイスの末、敵のアジトへ乗り込む…。

スパルタンXは一般的にカンフーアクション映画として知られているが、実はカーチェイス映画でもある。
この映画における「スパルタン」とは、作中に登場するキッチンワゴン称。
店のセッティング操作はコンピューター処理により行われており、ボタン操作で収納されたテーブル椅子等の配置が全自動で行われる駄にハイテクなである。
物語の中盤は、このによるカーチェイスが見せ場となっており、に装備されているキッチン器具が強な武器として活躍している。
このスパルタン号こそが、映画役と言っても過言ではい。
実際、原題の「快餐」も直訳すると「ファーストフード」となる。
なお、英語題では「Wheels On The Meals」となっており、本来の文法とは異なっている。これは、製作会社のゴールデン・ハーベストではMで始まる映画2本(『メガフォース』と日本開作1本)が行的に失敗しており、縁起担ぎで単の順序を入れ替えたためである。


また、この映画の最大の見所は、クライマックスにおけるジャッキーと、敵の側近という設定で出演した格闘技チャンピオン、ベニー・ユキーデの対決シーンである。
このシーンジャッキーファンの間でも特に評価が高い。

因みに、題歌は香港版と日本版で異なっているが、日本題歌(ボーカルしの曲のみ)は前述の通り、三沢光晴全日本プロレス時代から入場テーマ曲として使い続けていた。戦いに赴く者の勇壮さと決意の中にかな哀愁が漂うメロディアス名曲である。そのため、プロレスファンには映画そのものより『三沢テーマ』として認知されている傾向が強く、本楽曲が流れると条件反射的に三沢コールが巻き起こることも多い。
TV版の吹き替え香港版を元にしておりこ題歌は流れないが、副音日本版の音を聞く事が出来た(この現は『チャンピオン』 『ドラゴン特攻隊』 『五福』でも起こっている)。BD版で新録された吹き替え日本版を元にしている。

ゲームの概要

あまり知られていないが較的映画に忠実な内容(それでもやはり映画とはかけ離れている)のMSX版と、アイレムが開発した横スクロールアクションゲーム(とその移植作)の二種類がある。

以下は後者について解説する。
映画スパルタンXをモチーフにしているが、タイトルキャラの名前以外ど共通点がい。
これはもともと、開発元のアイレムが、映画内容を知らない内に版権契約だけを先行し、開発した為である。
恐らくスタッフ死亡遊戯のような映画を想像したのか、どちらかと言えばそちら寄りの作となっている。

ゲーム内容は、トーマスを操って(ディビットとモビーは全く登場しない)全5階建てのを進み敵をカンフー技で撃退し、各階の最後に待ちうけるボスを倒し、上の階へ昇っていくというもの。ラスボス映画のモンデールとは異なる、Mr.Xという悪の格闘が設定されている。それってスパルタンじゃなくて死亡遊戯じゃ…
奇数階は左スクロールで、人間雑魚敵をメインに戦う格闘要素の強い面となっており、偶数階は右スクロールで、様々なトラップをかわしながら進むアクション要素の強い面となっている。

シンプルだが、音声合成による主人公のかけや軽快なBGM、個性豊かな敵等がプレイヤーを魅了し、当時から人気のあるゲームの一つであった。
むしろ映画よりこちらの方が知名度が高いとまで言われている。

最初はアーケードゲームとしてリリースされた後、ファミコンMSX移植されており、任天堂より発売されたファミコン版は、ファミコン初期のタイトルにも関わらずアーケード版に較的忠実に移植されており、操作性はかなり向上されている。
但し、音ファミコン用に新規に差し替えられており、特にミスした時の断末魔は、エコーの効いたアーケード版のとはかけ離れた「バーン」といった感じのもの。
しかし、音の種類はアーケード版より多く、ボスによって笑いが違ったり、とび蹴り専用のかけが追加されている。
ラスボスMr.Xは、アーケード版では強敵であったが、ファミコン版では弱い。
当時コロコロコミックに連載されていた「ファミコンロッキー」の影で、24周クリアーするとラスボスとしてシルビアが強敵として襲って来るというデマが流行した(※検証動画も作られている。下記、関連動画参照)。

アーケードからMSXへの移植版は、前述の通り映画較的忠実な内容の物が先に権利を得てMSX用に発売されていた為、全に映画関係な物としてタイトル変更されて発売された…が、それは「アチョー」という、ふざけているとしか思えないタイトルであった。
スクロールは8ドットで、音は出されず、移植度は低い。

他にもゲームボーイ版が存在する。こちらはアーケード版と基本ルールは一緒だが、キャラ世界観も別物で、更に映画との接点は薄い。
更に、ファミコン版の続編として、「スパルタンX2」が発売されているが、内容もキャラ映画から離れているのは同様。
もういい加減タイトル変えなよ…

ちなみにアイレムは後に、本作のシステムを使ったオリジナル作品として「ビジランテ」を開発。
本作のオマージュとして、最終面BGMベースラインがスパルタンXのBGMになっている。
こちらはPCエンジン移植された。

他社において、同様のシステムを採用したゲームに、「スプラッターハウス」や「ニンジャウォーリアーズ」等がある。

関連動画

映画関係の動画



ゲーム関係の動画

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3x

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スパルタンX

12 ななしのよっしん
2011/07/03(日) 23:58:45 ID: 1PqkPD1ohc
リミックスプレイ動画はないのかな
13 ななしのよっしん
2011/08/20(土) 10:34:05 ID: 841/12njyz
>MSX版は、前述の通り映画較的忠実な内容の物があった為、全に映画関係な物として、
>タイトル変更されて発売されたが、そのタイトルが「アチョー」というふざけているとしか思えないタイトルにされていた。

アーケードゲーム化の権利、家庭用ゲーム化の権利、PCゲーム化の権利は
それぞれ別の会社が持っていたから。
PCゲームではポニカがジャッキー・チェン映画ゲーム化権を持っていて
スパルタンX」の商標を使えた。
14 ななしのよっしん
2012/06/11(月) 23:55:50 ID: JeaGRZ+xFZ
キーデとのラストバトルでかかる曲がかっこよすぎてワロタ
いわゆる英語版ってやつの方ね
15 ななしのよっしん
2013/07/22(月) 20:43:29 ID: Tv+jnqOaax
題歌がかかると必ずノワヲタに荒らされるのがなぁ…
16 ななしのよっしん
2014/04/29(火) 23:00:10 ID: tHml8sdFCq
スパルタンXを丸コピーしたようなフラッシュゲーが昔はやったな
なつかしい
17 ななしのよっしん
2014/05/27(火) 20:21:27 ID: 7Z3ebV2z9y
アーケード版よりファミコン版のほうが楽しくプレイできる。
アーケード版は駄にキャラパターン数が多いし、当たり判定が足の先にしかなくてシビア。
この辺はさすがのミヤホンだと思う。
18 ななしのよっしん
2014/11/26(水) 13:18:33 ID: QimtosF7Bj
ストーリー上の重要ポイントの一つである精神病シーンだが、
ニコ百ウィキペ・その他でも
意図的に言及が避けられている気がするのは自分だけか?
19 ななしのよっしん
2014/11/27(木) 23:19:34 ID: OxXfW8QUvl
差別表現はむしろ話題になる
まあ、それほど重要なシーンではないということでしょ
20 ななしのよっしん
2015/06/01(月) 00:45:05 ID: xC8kmbAUih
ファミコンパッケージ絵見る限り、ジャッキーチェンなんだろうけど、
映画と全然内容が違うから、このゲームの版権はジャッキーブルースリーとどっちが持ってるんだろう。
最低でも死亡遊戯は被ってるから、許可と言うわけにはいかなかっただろうし。
21 ななしのよっしん
2015/07/22(水) 22:36:17 ID: FgGr3Trwp9
Xilinxかと思った