スピーカー単語

スピーカー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

スピーカーとは、電気信号を空気振動に変えて音を発生させる機械である。
音や楽器音をはじめとした音マイクパソコンを通じて電気信号に変換した信号を出する役を持っている。

オーディオの終着ともいわれ、どのオーディオマニアからも最もをかけるべき部分はスピーカーであると答えている(スピーカー5に対し、アンプは3という率らしい)。実際価格は青天井であり、廉価品は数千円から、最高級品は数千万という世界であるが、だいたい一般普及品は1万~10万が相場となっている。

また、イヤホン/ヘッドホンと並び、世界的に音を聞くために使われるための機器であるが、ヘッドホン大音量を聴き続けることによる難聴リスクや側圧による頭部の圧迫による体調不良などもあるため、スピーカーを専ら用したり、シーンによってヘッドホンと使い分けるオーディオ好者も多い。また、イヤースピーカーという、元で装着するスピーカーやBluetooth回線を利用したワイレススピーカーなども出てきており、多様化している。

その一方で、その音質に魅せられ音を大きくしがちであり、防音対策が不十分だと家族や近所の迷惑行為になることもあるので、ほどほどの音量で楽しもう。

スピーカーの数え方は業界などでは「本」と数えられる。

非常に機械寿命が長いオーディオ機器でもあり、製造から数十年経ったヴィンテージ品でも普通に動かせるものもある。

種類・分類

スピーカーは、パーツや出せる音域、大きさ、などによって用途、人の好みが変わってくる。
中にはBluetooth接続のスピーカー、PC内臓されているようなスピーカーなど一般人でも気軽に使えるような民生機、スタジオモニター用として使用されるモニタースピーカー、ライブビジョンでも使われるような広範囲に音を伝えられるために開発されたスピーカーなど様々である。本項では様々あるスピーカーの種類をパーツや特色になぞらえてごく一部ながら後述する。

パーツ・構造

マイクの基本構成パーツは以下の箇条書きの通りである(順不同)。

※: モノによっては内臓されていないものもある。

本項では、特にスピーカーの特徴ともなるユニット、振動エンクロージャーアンプについて深く掘り下げる。

ユニット

スピーカーユニットは、スピーカーの中で音を出す部分である。スピーカーによって1本に対しての数・形が異なり、ユニットの数・形の種類によってスピーカーの名前が異なる。1本のスピーカーの中でも複数ユニットがついているモノはマルチウェイスピーカーとも呼ばれ、1つのユニットごとに出している音域が異なる。恐らく一般的に最もイメージしやすいマルチユニットスピーカーは、右のようなスピーカーユニットが2つついてるモノ(2ウェイスピーカー)と思われる。

基本的にスピーカーが出せる音域はスピーカーの心臓部であるコイルなどによって決まる。
音は、ネットワークと呼ばれるユニットにどの音域を出すか決める回路を通じてユニットから出される。
そのため、区別のためユニットにもそれぞれ名前がある。スピーカーにユニットが1つしかない場合にに取り付けられるユニットフルレンジ全帯域用)。5.1chサラウンドなどを聴くときに使われるサブウーファー(低音用、こちらもユニットが1つのことが多い)。あとは基本的なマルチユニットスピーカーにつけられるユニット、ウーファー(低音用)、スコーカー(中音用、ミッドレンジ とも呼ぶ)、ツイーター(高音用)が存在する。

また、コイルや回路が電気信号から音信号に変換する駆動方式にも種類があり、それぞれ必要となる電量や音質が異なる。

振動板

振動は、ダイナミックスピーカーなどに取り付けられるユニットから発する音を拡させる的でつけられる。振動を外してユニット断面図のようにした右の図でいうところの広まった部分のことをす。振動""とという漢字を使っているが実際はなどが使われる機種もあり、はじめて聞いた人には役立つのか、脆くないのかと疑問を持たれがちであるが、YAMAHA"NS-10M"などといった世界的に名の知れた名機と呼ばれる機種も存在した。"NS-10M"はスタジオモニターとして過去名を馳せ、"NS-10M"を中心とした性産業の影により、スピーカー生産に必要であった木材が絶滅危惧種レッドリスト入りし、生産中止になるほど人気であった。

エンクロージャー

エンクロージャーとは、一言で言えばスピーカーのである。
スピーカーは基本的に前方のみに音がなる様になっているが、もしこのエンクロージャーがなかった場合、ユニットから出た音は後ろからも出てしまい、音がや床に当たり、跳ね返ることでスピーカーの本来のような音が出なくなってしまう。エンクロージャーの材質によっては音質やOTONO特徴、強度も変わってくる。木、プラスチック脂など様々な素材があるが、一般的には木や脂が知られている。
実はスピーカーメーカーは北業が盛んなで栄えているのは一説にエンクロージャーが一因といわれており、元々スピーカーは堅い木を素材エンクロージャーが生産されていた。そのため、堅い木がよく育ちやすい北ではスピーカーを生産する企業が栄えていった。現在でもその時代の生き残りとしてJBLBOSEなどのメーカー現在でもスピーカーやオーディオ機器を生産している。

アンプ

スピーカーには、アンプを積んでいるタイプと積んでいないタイプがある。
アンプについては個別記事があるので、スピーカーの内部以外の内容については個別記事を参照してほしい。

アンプを積んでいるタイプは、アクティブスピーカーおよび中高級品はパワードスピーカーと呼ばれ、オーディオプレーヤーなど、スマートフォンパソコンの音を鳴らすため、端子もしくはBluetooth線接続して用いられる。 一方でアンプを積んでいないタイプは、パッシブスピーカーと呼ばれ、アンプを内蔵していないため、別途購入・接続しなくてはならず、PCなどから直接接続した音には不向きである上に、アンプがないとPCからは音量のコントロールができないものがど。ただし、専門的な知識があれば大迫音響を楽しめる。 

用途

スピーカーは、用途によって使うものがかなり異なる。
例えば、ライブに使われるスピーカーと自宅で聞くためのスピーカーでは音量の上限にと地の差がある。
これはそれぞれの用途に合わせるように様々なスピーカーが生産しているからである。
ライブで使われるPA用スピーカー、スタジオで一般的な人が聞く音量でミックスの状態を確認するために使用するモニター用スピーカー、逆にスタジオミックスをする際に使用するラージスピーカーなどプロ用だけでも多くの種類があるだけではなく、一般向けの民生機やメガホンなどの拡器、パワードスピーカーを埋め込んだスマートフォンPCなどの機器がある。
もしスピーカーを選ぶ際には、自宅の電の規格に合っているか、オーディオインターフェースDACが必要か否か、スペースがあるか、用途に合ったものを購入することをおススメする。

だいたい高さ30センチ未満の小スピーカーをブックシェルフ(本棚)スピーカーと呼ぶ。その名の通り本棚に載せられるサイズであることにちなむ。また、それ以上の小のスピーカーはポータブルスピーカーと呼ぶことが多い。

主なブランド

アメリカが本場のヘッドホンに対し、スピーカーの本場はヨーロッパであり、特にイギリスでは日常シーンで生演奏を聴くことが多いことと具産業が盛んであったことから、非常に優秀なエンジニア職人が多く育ち、数多くのメーカーがある(ただ、自で売れないので他に宣伝をかけまくった結果、皮にも世界に知られることになっている)

日本

中国

アメリカ

イギリス

その他ヨーロッパ

関連動画


関連静画


関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スピーカー

1 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 14:50:50 ID: YpMHhB9cAV
昔のような良い小スピーカーくなってる気がする。

ヘッドホンに顧客が取られてしまったのかな。

急上昇ワード