スブタイ単語

スブタイ

スブタイ(1176年 - 1248年)とは、チンギス・カンの最有側近四狗(ドルベン・ガス)の一人に数えられた、モンゴル帝国の武将である。 スベエテイとも。当時の武将の中でも屈の武功を誇り、まさにモンゴル帝国の宿将と呼ぶにふさわしい軍歴の持ちが、東アジア方面ではやや影が薄い


概要

チンギス・カンの有力武将として活躍。中央アジア遠征では同僚のジェベとともに別働隊として逃げるホラズム=シャー国王を追ってイランを横断。国王が病死しても遠征を続行し、カフカース山脈を越えてロシアに侵入、ルーシ(ロシア)諸侯の連合軍を打ち破った。この間ほぼ負けなしだったがさらに驚くべきはこれだけの遠征を一別働隊としてこなしたことである。

 チンギス・カンが死した後も引き続きオゴデイに仕え、に参加した後、ヨーロッパ遠征の副官に任ぜられた。実質的な総指揮官となったスブタイは巧みな戦略を展開して東ヨーロッパロシアからハンガリーまでをく間に征した。君オゴデイが死んだことによって遠征が終了するとモンゴルの故郷に戻り、帝国の政争に加わることなく静かに余生を終えたという。後に彼の息子ウリヤンカダイ、孫のアジュも帝国に武将として仕えてそれぞれ武功をたてた。

彼が遠征した(もしくは作戦行動の範囲とした)地域を現在名で表すと、

となり、彼がいかに広い範囲で戦ったかがわかるだろう。間違いなく近代以前では最も広い範囲で戦った武将であるし、陸上に限れば現代においても最も広範囲で戦った軍人の一人であろう。

中国での扱い

長い軍歴でほぼ敗を誇ったスブタイだが、彼の人生において一度だけ大敗を被ったことがあった。戦の時に、の武将顔陳和尚が寡兵ながら彼を破ったのである(一応、この後三峰山の戦いでチンギス・カンの子トゥル揮の下辱は果たした)。

このため中国では自信満々で乗り込みながら格下の敵に敗れた、漫画に言うと「最弱の四天王」扱いが定着してしまう。挙げ句の果てに間違いが多いことで有名な「元史」では「速不台」と「不台」(二人ともスブタイをす)が別人として書かれるなど不遇な扱いを受けている。このため中国では西方遠征中の対中国の押さえであったムカリ、南攻略揮したバヤンなどにべて知名度が低い。

 一方、ヨーロッパでは遠征軍の副だったこともあって長く名が残り、近代においても軍事評論家リデルハートがスブタイについての文章を書いたことでアジアの武将として名が知られている。モンゴル帝国があまりに広い地域で活動したために東西で評価が分かれてしまった一例であるといえよう(他にも、東西で評価がまるで違う人物として、耶律楚材がいる)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%96%E3%82%BF%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スブタイ

4 ななしのよっしん
2014/07/14(月) 00:20:55 ID: 6juAxNJWw1
スブタイが征した地域って、ことごとくロシアに併されたんだな。
5 ななしのよっしん
2014/11/29(土) 15:14:54 ID: 6juAxNJWw1
ロシアにはスブタイなんかじゃない名将のスヴォーロフがいるからな。
6 ななしのよっしん
2015/03/25(水) 13:42:05 ID: jn4eXuRjdM
すぶたそ~
7 ななしのよっしん
2015/09/05(土) 20:54:07 ID: oZ7el9GKlV
クロニクルレギオン主人公の正体みたいだな
8 ななしのよっしん
2016/01/17(日) 00:59:11 ID: oPt9FwmPmm
スブタイもスヴォーロフも優劣の付けがたい、戦史に残る名将だろ
生涯不敗って点はスヴォーロフが上かも知れんが、異文化圏を跨いで勝利を積み上げたのはスブタイの方が上だけど、スブタイは基本的に自分の土俵で勝利を重ねたわけだが、スヴォーロフは色々と制約の多い欧州で不敗を誇った点は特筆ものなわけだ。

結論としては、どちらも世界史レベルの名将。優劣はない。
9 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 09:51:21 ID: FtwEkUE3Pc
ヴォーロフは相手がすでに瀕死病人オスマンだったのがな。
強い時期のオスマン勝利したのならともかく、世界史レベルの名将とは言えないと思う。
10 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 15:09:23 ID: 57maCEkBWZ
>>9
ポーランドフランス、あとプロイセンとも戦っていますけど
11 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 00:16:59 ID: C6ZwJ/h8LE
ヴォーロフ先生は変人過ぎて中世ぐらいだったら普通にやべー扱いされて粛清されてそうだからスブタイの勝ち(勝利宣言)
12 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 08:22:52 ID: wNIMGkgKRi
無知すみませんスブタイスレで何故スヴォーロフが出てくるんですか?両将の間に何か接点がありましたっけ?
13 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 22:45:29 ID: 0/wBUTgKlu
ロシア地域で頑ったことと頭文字が「ス」なこと、
系を上げてに尽くし、功を重ねたことぐらいでは。