スベロア・ジンネマン単語

スベロアジンネマン
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

スベロア・ジンネマンとは、『機動戦士ガンダムUC』の登場人物
CV手塚

概要

ネオジオン軍残党、「袖付き」のメンバー(52歳、階級は大尉

行動部隊であるガランシェール隊の隊長であり、同隊の母艦である偽装貨物ガランシェール」の船長
ぶっきらぼう貌と時に厳しい言動をするものの、根は優しく、軍人または人間としての軸を持つ。そういった一面から、皆からキャプテンと呼ばれしまれている。

な任務はミネバの護衛であり、時には彼女の意向に背いてでも彼女を守ろうとする忠臣。その働きぶりによってミネバからの信頼も厚い。

的確な状況判断と部下への示によってを動かし、場合によってはノーマルスーツを持って自らゲリラ戦を行うほど。歳を考えなさいよ!
その際に乗り込んだ先でミネバを財団から取り戻すなど、兵戦の腕前も確か。

本編開始前に連邦軍との戦いの中で保護した少女マリーダ・クルスに対してはお互いに信頼しており、その容姿からも亡くなった実マリィ」と重ねることもあるが、再び大切なものを失う恐怖から敢えて忠実な部下として接している。

主な活躍

機動戦士ガンダムUC

物語の最序盤から登場し、本作品の核心である「ラプラス」の譲渡交渉に参加、決裂後の戦闘からこれを巡る戦い(ラプラス戦争ラプラス事変)に翻弄されていく。

主人公であるバナージ・リンクスには父親のように様々なことを教えながら、時に反発して殴り合うなどの経験を経て、信頼関係を築く。

多くの戦闘で部下を失うなどの悲しみに遭うものの、この戦乱を最後まで戦い抜いた。

機動戦士ガンダムNT

UCの後日談を描いた、NTにおいてもミネバ直属の部隊として登場。

ミネバに「ジンマンをここへ」と言われるところを鑑みるに、変わらず彼女の右腕として活躍しており、ガランシェールの後継機、ガランシェーJr.の船長として戦いに参加している。

名台詞

  • マスター』「マスターはよせ」
  • 被害者根性で不貞腐れるのはやめろ、墜とされたギルボアも浮かばれん
  • ああ、哀しいな。哀しくなくするために生きているはずなのに……なんでだろうな……
  • 人を想って流すは別だ。何があっても泣かないなんてを、は信用しない
  • 今すぐ下に降りて手伝ってやりたい気分だよ!
  • 中に入っちまえばこっちのもんだ!
  • を一人にするなぁぁぁぁ!!!
  • 理屈では消せんのです…恨みも、後悔も…。
  • 最後の命だ・・・心に従え・・・
  • 待ちましょう、今度はたち大人が、あいつを守ってやる番です。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スベロア・ジンネマン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スベロア・ジンネマンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス