スペシャルウィーク(ウマ娘)単語

スペシャルウィーク
  • 24
  • 0pt
掲示板へ

ファンのみんなにスペシャル、届けますっ!」

スペちゃん

スペシャルウィーク(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬スペシャルウィークモチーフとするウマ娘である。CV:和氣あず未

概要

誕生日 5月2日 身長 158cm 体重 微減(レース前で緊気味) 3サイズ B79/W57/H81

作品としての「ウマ娘シリーズ主人公的位置づけ。アニメ版においても主人公として活躍する。

北海道まれの元気いっぱいなウマ娘母親と生後間もなく死別し、人間女性母親代わりに育てられたという少し悲しい過去を持つが、実に素直で純に育った。苦しい時も決して諦めぬ努である。

アニメでの活躍

北海道からはるばるトレセン学園に編入してきた。東京に出て最初に見たレースで、サイレンススズカの姿に感動し、大きなあこがれを持つようになる。そして、同じ時に出会ったトレーナーにその才を見染められ、チームスピカ」に拉致同然で連れて来られて加入することになる。ハルウララセイウンスカイエルコンドルパサーグラスワンダークラスメイトたちとも仲良くなる。デビュー戦で見事初優勝を飾るが、知らずに壇上に上がることになったウイニングライブではろくに歌えず、今後の課題となった。歌を踊りを教えてくれたトウカイテイオー仲間に加わり、セイウンスカイエルコンドルパサーライバルとして、三冠ウマ娘してスペシャルウィークは駆け抜ける…!

性格面は極めて明るく、前向きな頑り屋。仲間からは「スペちゃん」「スペ」「スペ先輩」などと呼ばれている。ケガしやすいわけではない。むしろ逆に頑丈。食いしん坊で食事はいつもてんこ盛りである。食べ過ぎでよくおが膨れてしまう。もちろんレース本番では一部レースを除きしっかりと絞れているようだが。
ボテ腹スペちゃん

幾多の戦いを経て、第12R(12話)では、エルコンドルパサーを下したフランスまれの凱旋門賞ウマ娘ブロワイエジャパンカップで対峙。エルアドバイスを受けてフランス語で「良いレースをしましょう」と挨拶しようとするが、そのためにエルが吹き込んだセリフは…

La victoire est moi!(調子に乗んな!)

調子に乗んな!

一応フォローしておくと、これは直訳するなら「勝利にあり」であるのだが、あの場で言えば「勝つのは私だもんね~」というニュアンスになり、もっと言えば「勝てると思ってんの?調子に乗んな!」という煽り文句になるのだ。フランスへ長期遠征していたエルがその辺をわかってた上で確信犯的にスペに吹き込んだわけである。
ブロワイエのみならず他の外ウマ娘たちにも片っ端から言い放ってしまった結果、周囲はスペをぶっ潰す気満々でレースが開始されることになる。そしてその結果は…。

Season2でも引き続き登場しているが、基本的に終始ポンコツギャグ要員の地位に収まっている。
決して2期が楽天的な展開というわけではなく、むしろ1期よりずっとシビアな展開が続くのだが、先輩らしさを見せるようなシーンはほぼない。ゴルシですらあるというのに…
前期主人公なのにこの体たらくというか、前期主人公だからもうやることがないのでこうなっているというか……

ゲームでの扱い

育成キャラ:[スペシャルドリーマー]スペシャルウィーク

スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
83 88 98 90 91
バ場適性 A ダート G
距離適性 距離 マイル 距離 距離
F C A A
脚質適性 逃げ 先行 差し 追込
G A A C

初期3育成ウマ娘スペシャルドリーマー]として初期実装
中・長距離、先行・差しに万全のわかりやすい適性を持つ。スタミナに+20%の成長率を持つため、長距離戦に向けた育成は難しくない。
固有スキルシューティングスターは適正な位置で1人でも抜けば発動できるので非常に使いやすい。とはいえ先行だと抜ける相手がいない(先頭に飛び出てしまう、先行のライバルに最後まで追いつけないなど)可性もあるので、(スキルは先行の方が立つが)先行より差しの方が向いていると言える。

はソツがないのだが、レースが史実に則ってクラシック級では三冠路線、シニア級では天皇賞(春)ジャパンカップ有馬記念グレードが高く中距離距離が混在していて育成方針を定めにくいことに加え、菊花賞セイウンスカイや、有馬記念グラスワンダーなど個性豊かなライバルが次々と立ちはだかるため、主人公にもかかわらず初心者向けとは到底言えない難度になっている。主人公になるような経歴だからこうなった、とも言える。
その分最後まで育て切ることができれば、中距離距離の非常に強ウマ娘になるであろう。
また、固有スキルが発動してぐんぐん加速、最後の直線で他のウマ娘ごぼう抜きにして一着に飛び込むさまは非常にアツく、差しの魅に取りつかれること請け合いである。

固有の二つ名日本の総大将」は、日本ダービーを1番人気かつ5バ身差以上で勝利天皇賞春ジャパンカップ勝利、という史実再現系。勝ち方がめられるのがダービー一つであり、特別なことをする必要が全くないので達成難度は低め。

サポート:[日本一のステージを]スペシャルウィーク

1期主人公だけあってサポートカードでもSSRで初期実装されている。得意項は根性。
は優秀なスキル状態でもヒントLv2をつけて渡してくれる点。ただし差し・中距離・先行と教えてくれるスキルカテゴリが絞られていないのでハズレを引くことがあるのが玉に瑕。そして一番の利点がレアスキルの中でも屈の汎用性を持つ「末脚」上位の速度アップスキル「全身全霊」をくれること。ただしランダムなので「あせ゛んっ!」されることもある。他のキャラよりもらえない気がするともっぱらの噂

また、配布ゆえに所持率が非常に高い↓のスペとの併用ができないという弱点もある。

サポート:[夕焼けはあこがれの色]スペシャルウィーク

ゲーム最初のイベントキミへと走り出せ!」はアニメ1期序盤をなぞるような内容であるためスペが役。報酬でもらえるサポートカードもこのスペであった。

得意項スピードであり、突出した部分はないが全体的に良好なトレーニングを備え、そしてこちらは先行用だがその条件さえクリアすれば非常に使いやすい回復レアスキル食いしん坊」を貰える(こっちも時々「あせ゛んっ!」される)。それがイベントプレイだけで最大上限解放まで入手できるとあって、編成をガチャで固められるようなプレイヤーでもなければ確実にお世話になれる1枚である。

しかし入手方法の一つ、いわゆるイベントガチャにあたる「ルーレットダービービンゴゲーム)」が底なし(状況としては往年のコンプガチャみたいなもの[1]であったため、イベントポイント報酬を総ざらいできるほどプレイし続けてもできなかったプレイヤーも一部存在したという。中には「20万pt稼いだのにビンゴカードは1枚」なんていう恐ろしい話も……。ここでもやっぱり「あせ゛んっ!」
ルーレットダービー自体は次のイベントでも行われたが、「1枚につき25回転させたら以後は開いてないマスのどれかに確定」という天井システムが設けられ、今後の悲劇は避けられるようになった。とはいえ、悲劇の起点となった初回ビンゴへの救済などは特に発表されていない。有能カードであり救済措置をめるもある。

関連ウマ娘

グラスワンダー個別記事 エルコンドルパサー個別記事 セイウンスカイ個別記事 キングヘイロー個別記事
クラスメイトたち。モチーフ同期ライバル。ただし立ち位置は「グラスとエル」「スカイキング」で分断があり、一両グループと関わりの深いスペの存在あってこその「5人組」とも言える。
サイレンススズカ個別記事
憧れの人でありルームメイトモチーフは1歳上で対決も十分ありえる立場だったが、その機会は訪れなかった。

史実

99年 天皇賞(秋)

スペシャルウィーク
逆襲のラン。

本当の敵は、諦めだ。

2011年 JRA 天皇賞(秋)CMより

スペシャルウィーク1990年代後半を代表する名
サンデーサイレンスはキャンペンガールレースを走ることがないまま、スペシャルウィークを産んで程なく亡くなってしまった。その後はに育てられたという。
あの武豊が初めてダービーを勝った時のでもある(98ジャパンカップ騎乗停止に伴う代打として岡部幸雄、99年アメリカジョッキークラブカップオリビエ・ペリエが騎乗。それ以外は武豊が一貫して騎乗)。

なお、もちろん北海道生まれだが、そもそも日本競走馬はほとんどが北海道で生まれるものである。なので、競走馬スペシャルウィークのそれは特筆するような経歴ではない。

1997年11月に鮮デビューし、翌年のGII弥生賞を制してクラシックに挑戦。しかし、最初の皐月賞(と後の菊花賞)はセイウンスカイに敗れた。だが日本ダービーでは5身差を付ける圧倒的勝利をあげ、武豊騎手にとって悲願のダービー勝利ともなった。
1999年にはこの年限りの引退を決め、天皇賞(春)天皇賞(秋)ジャパンカップを制して1年でGI3勝を挙げた。引退レースとなった有馬記念では、同年の宝塚記念叩きめされた「ヒットマン的場均が騎乗するグラスワンダーゴール直前で捉え、さらには若武者・和田竜二が騎乗する「世紀末覇王テイエムオペラオーにも迫られる中、勝利を確信した武豊騎手ガッツポーズ。しかし、実際はハナ差でグラスワンダーが勝っており、歴史に残るぬか喜びとなった。
17戦10勝、王道路線を歩みながら戦績の安定性は高く、十分すぎる勝ちを上げているが、少ない負けの中でセイウンスカイエルコンドルパサーグラスワンダーといった面々に印的な敗北を喫しているため、いわゆる最強論争的な側面では評価の難しいでもある。

引退後は種として、ブエナビスタシーザリオという歴史に残る名や、リーチザクラウントーホウジャッカルといった後継ぎにも恵まれ2017年に種としても引退した。
その矢先、2018年4月27日に死去した。享年23歳。CV和氣あず未追悼コメントを発表しており、その中で、スペシャルウィークいに行った事を明かしている。
一方、孫であるサートゥルナーリアが、ミルコ・デムーロとのコンビ12月28日ホープフルステークスに出走。セイウンスカイの孫ニシデイジーらを撃破し優勝。祖げる2歳G1タイトルを獲得し、2019年の3歳G1戦線に名乗りを挙げた。

詳細は当該記事へ→スペシャルウィーク

関連動画

キャラクターソング「わたしの印は大本命◎

(08:05〜)

ウマ娘プロ実況リンク

1999年11月28日 東京競馬場 第19回 ジャパンカップ
実況三宅正治フジテレビ
解説:吉田均(競馬エイト)、東信二(元騎手

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

スペシャルウィーク(ウマ娘)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *有償で回すものではないので、問題視されたコンプガチャそのものにはあたらない

【スポンサーリンク】

  • 24
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%28%E3%82%A6%E3%83%9E%E5%A8%98%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スペシャルウィーク(ウマ娘)

328 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 15:58:32 ID: 2hW8wAciV/
顕彰馬にすらなってないんだけどね
まあ主人公が強すぎると感情移入できないから良い人選(選?)だと思うよ
329 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 18:21:48 ID: rKxAW92Uva
>>326
普段はそれの賢さ削ってスピードとスタミナとパワーに振って育ててる感じだから基本はメジャー(?)育成です
A2上がった頃くらいからスペだけ全然勝てないしスコアも低くてヤケクソになったんだ…なんとか活躍させたくて1番たくさん作ってるんだけどな
330 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 20:40:11 ID: 5w9h4x1uzm
>>327
差し推奨なんは神威を継承させるのが前提で話してるからなんよ

そもそもの発想が差別化とは逆で、ルドルフクローンたくさん用意できれば最強でしょっしていう考えから来てる

チムレ使用率がやたら高いナイスネイチャなんてかなりガッガチルドルフクローンだから結構わかりやすいよ
331 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 22:01:39 ID: L8cHdYaIr3
チームレースランキング50位くらいまで見てきたけど根性B以上もルドルフ固有ネイチャも全然いなかったぞ
332 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 23:58:53 ID: nP+IXhqKJk
スパちゃん、アニメ一期の頃からキャラ単体としてもちろん好きなんだけど”スペシャルウィーク擬人化”としては実は未だにあんまピンときてない
333 ななしのよっしん
2021/05/04(火) 21:42:39 ID: X7kHYpA0+t
会長とテイオーの事考えるとウマ娘としてのキャンペンガールはスペの生とは別に存在してそう
334 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 04:34:24 ID: eZQ/3l1Xu9
差しでも先行でも、自分の手持ちややり方に合ってるのか滅育てやすい
中長距離に用事がある時はよく向かわせてるわ
335 ななしのよっしん
2021/05/08(土) 00:30:42 ID: nP+IXhqKJk
スパちゃんて誰だ スペちゃん
336 ななしのよっしん
2021/05/08(土) 20:19:44 ID: mcehWUkwh3
スペシャルウィーク単体ってよりは競走馬美少女化って感じ
一番ニュートラルなキャラ付けというか
337 ななしのよっしん
2021/05/09(日) 15:05:13 ID: UDpfwg7bZu
アニメじゃダービー同着だったしリアルほどの人気はなさそう
JCで勝ってればさほど違いはないのかな?