スペランカー単語

スペランカー
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

スペランカー英:Spelunker)とは、

  1. 謀な”洞窟探検」を意味する名詞。対義は「ケイバー英:caver)」。
  2. コンシューマやアーケードで開発・発売されたアクションゲーム
  3. 上記のゲームファミリーコンピュータ版に由来した虚弱体質の人の呼称。

当項では2について記述する。

概要

1983年アメリカマイクログラフィックイメージ社、翌年権利が移ってブローダーバンド社よりほぼ同じ内容が発売されたゲーム。初めて発売された機種はアタリの「Atari 400/800」というハード。その後はいろんな機種に移植される。

タイトルの「スペランカー」とは「謀な洞窟探検者」を意味する。なお、十分な知識や装備を持った上で洞窟探検を行う者は「ケイバー英:caver)」と呼ばれ、特に海外ではスペランカーとは厳密に区別される。

日本では、後述するファミリーコンピュータ版のスペランカーの印が強いため、「スペランカー=虚弱体質」というイメージが定着しているが、主人公がすぐ死ぬのはファミリーコンピュータ版だけである。

元気なおっちゃんがガンガン洞窟を冒険する横スクロールアクションゲーム

ファミリーコンピュータ版スペランカー

その後、日本では1985年アイレムよりFC版が発売された。日本でスペランカーと言えばこのゲームすことが多い。当時アイレムカセットには何故か発光ダイオードがついており、スペランカーもその例外ではなかった。

FC版では、主人公)が少しの段差(キャラクター身長16ドットに対し、15ドット以上の落差。リアル世界に換算すると、およそ150cm程度)を飛び降りるだけで死ぬという近年のゲームでは見られない、やや理不尽な難易度に変更されている。

それはFC版は、主人公耐久を意図的に低く設定し、それを軸にしてステージを構築した作品であるからである。つまり主人公が弱いのは仕様である。そのため難易度は高めとなっているが、作りが雑なゲームではない。

ゲーム自体の難易度の高さや何もない中で落下死するシュールさも相まって「スペランカー=すぐに死ぬ」という図式が広まり、そのネタ性がスペランカーの知名度を広げた面もある。

それによりクソゲーの代表格として扱われることもあるがゲームとしては面いと言う意見も多く、名作ではあってもクソゲーではいという意見も多い。

近年のアクションゲームでは主人公がちょっとの段差から落ちただけで死ぬのは稀であるが、アクションゲームの大先輩であるマリオ過去作ではスペランカー程ではないが、ちょっとの高さから落ちても死んでしまうように難易度調節されていたこともある(ドンキーコング等)。

しかしながらスペランカーほどの虚弱体質をネタにされる作品はそうそうなく、しばしば喩表現としても使われるため非常に特徴的な作品と言える。

スポーツなどでよくケガをする選手に対して「スペランカー」とあだ名が付けられるのもこの理由である。
多村仁

なお、ネット上ではよく「膝くらいの高さから落ちても死ぬ」などと書かれていることが散見されるが、いくら何でもそれは大きな誤りである。スペランカーはそこまで弱くない。例えば、のプラットフォームから線路めがけて飛び降りるくらいの高さなら死なないのである。…しかし、乗用車屋根の上から飛び降りると、種によっては致命傷になるかもしれない。それくらいの耐久である、と覚えておけばわかりやすいであろう。

その後の展開

1986年にはアーケード版の第2作「スペランカーII 23の鍵」が、1987年にはFC版の続編「スペランカー2 勇者への挑戦」が発売された。ちなみにこの「勇者への挑戦」、カセット発光ダイオードがついていたソフトとしては最後のものである。

2007年8月にはWiiバーチャルコンソールFC版が配信された。後にニンテンドー3DSWii Uでも配信されている。

2009年3月にはPLAYSTATION3ダウンロード専用ソフトみんなでスペランカー」としてFC版がリメイクされた。2010年1月には、「みんなで」に新要素を加え難易度を上げた続編「みんなでスぺランカー ブラック」も製作されている。

2012年にはアイレムの事業縮小に伴い、スペランカーシリーズソフトが配信停止になる可性があったが、FC版開発者のひとりであるスコット村氏が設立した会社「Tozai Games」に権利・発売元を変更して配信が継続されており、以降はここからスペランカーシリーズが配信されている。

2013年にはPS3/PSVitaダウンロード専用ソフトスペランカーコレクション」が配信された。オリジナル版(ブローダーバンド社版)に加え、アーケードファミリーコンピュータなどで発売された4本の「スペランカー」が1本にまとめて収録されている。

2015年にはPS4/PSVitaで「みんなでスペランカーZ」が配信された。配信元はスクウェア・エニックスPS4PSVitaクロスプレイクロスセーブが可である。

2017年、「みんなでワイワイ! スペランカー」がNintendo Switchタイトルとして発売された。

アイレムサイトにはそのひ弱さをネタにした「スペランカー先生」という4コマ漫画が連載されている。

ステージBGMが元千葉ロッテマリーンズ諸積兼司応援歌安打時)として使われていた。

なお、2009年3月16日から5月18日までの約2ヶ間、JOYSOUND公式歌詞募集exitしていた。

ピコカキコ

スペランカー メインBGM
6686
スペランカー やられBGM
1655

関連動画

貧弱ではないスペランカー(ファミコン版1作目以外のスペランカー)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

スペランカー

276 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 16:07:09 ID: Ag1fiDUi8O
単にクソゲーと言われるとちょっと悔しい
名作って言われると違和感
すべきクソゲー」←しっくりくる
277 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 16:25:13 ID: vAnUi7vSs9
みうらじゅんがこれをクソゲー認定していた過去がある。
その頃のクソゲーというのが、少なくともみうらじゅんの場合は今とかなりニュアンスが違って単なる駄作というのではない、しかし決して出来がいいゲームのことでもない。
はっきり言って、これはみうらじゅんに限らずあやふやな感じだった。
当時の定義におけるクソゲーの代表作はスペランカーのような気がするが、その定義自体はあやふや。みうらじゅんも定義をしっかりするほどクソゲーな姿勢でもない。
それは読者側も同じようなもんで「なんとなくスペランカークソゲー」というあやふやなイメージが作られてたんじゃなかろうか。
な駄作だけをクソゲーと呼ぶべきという論調、クソゲーに憎んで糾弾する潮とは、スペランカーは確実に別なものだ。
でも今と違う当時の基準でもスペランカークソゲーと呼ぶのが正しかったかは、それもまた怪しいところがある。
278 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 11:39:15 ID: 3sivVOYn1h
これをものすごーく進化させればフロムゲーになる。バランス的には似たようなもん。
279 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 11:37:48 ID: ssZmdkN00N
「すぐ死ぬクソゲー」気持ちはわかるけど慣れればただのジャンプアクションだから。そもそもマリオだって最初はちょっとした高さから落ちたら死んでたやろがい
280 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 22:50:58 ID: 6w1Dnw2W1N
>>279
初代ドンキーコングマリオも似たようなもんなのに、
どこでこんな差が付いてしまったのか。
スーパーマリオイメージが強いからだとは思うけど、
当時からドンキークソゲーて話は聞いた事い。
スペランカー洞窟深くを探検するので、酸素システムがあったり爆弾で岩を破壊したり爆に巻き込まれると死ぬ等結構凝った良ゲーだと思うけどな。
子供心にすぐ死んでクリアが出来ないのはつまらないて事でクソゲー認定されたんだろうけど。
281 ななしのよっしん
2020/02/25(火) 12:43:08 ID: 89Z5z0hNx2
問題はすぐ死ぬのではなくて、ジャンプ、特にロープからのジャンプ操作が若干タイミングがシビアだったことだな。ただ、当時としては、それ以外の操作性は抜群に良いから、決してクソゲーではない。

クソゲー言ってるやつほど、リアルでやってない人が多いと思う。
282 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 16:55:46 ID: JFgq/ZSvrJ
>>278 フロムゲーってのはすごく適切な例えだな、難易度は高いし死にやすいけど、それは意図的にそうされてるのであって調整不足や手抜きによるものではないしゲームとして面い部分はきっちりしてる
283 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 12:22:04 ID: UmJJZDWUfV
スペランカー一本しかなければ面さがわかるまでプレイするから悪くないって評価になるだろうけど
10本20本あるうちの一本だったら面いと思う前にやめるだろ
当時プレイしていた人間クソゲーだって言ってても全然おかしくはない
284 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 20:22:01 ID: c5WSPz2O5Y
要は「古くからクソゲーとして広まっている」事実と「しかし内容自体の出来は悪くない、少なくともデスクリムゾン星をみるひとといったクソゲーべるとクオリティは上」というのが相反してるんですよね。
この作品はそもそもゲーム初心者お断りの、死にゲーとして作られていた。スペランカーコレクションスコット村さんのメッセージには"ゲーマー慢強さとチャレンジを信じた"とあるんです。
とはいえインターネットのない時代、当時のプレイヤー死にゲーであることを購入前に知ることはできず、特に子供の大半は投げ、クソゲーという評価を下した……という感じがします。しかし情報共有の発達した現代でこの作品にその評価はなんだか……。
このゲームは時代によって評価が変わる、稀有な作品だと思います。「さよならを教えて」みたいな感じで。
285 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 20:26:35 ID: GxxBjtlmLz
>>284
みんなでスペランカー遊んだ自分の意見だと
ゲームルールは初代当時から本当に丁寧に作られてる」と思うのだ
中で突然点滅してミスになるってのがあらゆる意味で新すぎた

急上昇ワード