スモールフォワード単語

スモールフォワード
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

スモールフォワードとは、バスケットボールにおけるポジションの1つである。

概要

基本的にシュートを狙うポジションではあるが、場合によってはオールラウンドなプレイを要される。
このポジション名を番号で呼ぶ事もあり、その際には「3番」と呼ばれる。

関連動画

スモールフォワードに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

スモールフォワードに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

スモールフォワードに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • スモールフォワードに関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スモールフォワード

7 ななしのよっしん
2015/03/23(月) 17:29:59 ID: PsGe2eG2Zt
バスケ詳しい訳じゃないけど、ポジションイメージとしては。

ポイントガード
チームボール運びとパスセンスめられる。
自らも得点を取りに行くタイプアシストするタイプに分けられる傾向にある。
このポジションで大体チームスタイルが決まる。
身長が一番小さい場合が多いが、たまにデカい選手もいる。
シューティングガード
チームの切り込み隊長にして、ポイントガードの補佐役。
得点の引き出しが多いほど有利。
守備もあればもっと有利。
チームで二番に小さい選手が多い。
8 ななしのよっしん
2015/03/23(月) 17:47:46 ID: PsGe2eG2Zt
>>7
続き

スモールフォワード
シューティングガードべて、インサイドプレーが多い。
特に決まった役割はなく、基本的に何でもこなせる方がいい。
故にチーム形選手が入りやすい反面、他のポジションから余った選手を入れる事も多い。
パワーフォーワード
インサイドでのプレーが多く、リバウンドが多く取れる方が理想的。
センターべて体格が劣る事が多い反面、センターよりもアウトサイドでのが高い場合が多い。
チームで二番に大きい選手が務める事が多い。
9 ななしのよっしん
2015/03/23(月) 18:02:16 ID: PsGe2eG2Zt
>>8
続き

センター
チームの大柱、インサイドの中心選手。
バウンド、ポストプレーなどゴール下の仕事をこなす。
チームで一番体格が良く、大きい選手が務める事が多い。

大体こんな感じ。
後は、チームの選手事情や監督の意向で、ポジションが決められていく。
例えば、パワーフォワード向きの選手を、他にデカい選手がいないのでセンターに置いたりとか。
マジックジョンソンみたいに、デカいけどそのを見出してポイントガードを任せたりと様々。
長文スマソ
10 ななしのよっしん
2015/03/29(日) 18:48:01 ID: GTK0BTB0zf
>>7-9の補足
基本的にシューティングガードは3Pシュートを第一の武器とする。
また、サッカー野球にも同じ事が言えるが、バスケの場合は特に単一のポジションを極めるよりも
複数のポジションをこなせる人材がめられる。
故に上記の基本ポジションから生して
フォワードセンター(C+F、センターフォワードとも)
スウィングマン(SG+F、ガードフォワードとも)
ポイントフォワードPG+F、稀にデビッドロビンソン提督のようなPG+Cをこなすポイントセンターも)
コンボガード(PG+SG)
といった特殊ポジション(=ユーティリティープレーヤー)も存在する。
11 ななしのよっしん
2015/03/29(日) 19:24:56 ID: GTK0BTB0zf
>>10の続き
バスケの場合、大まかにインサイド(F+C)とアウトサイド(G)に分ける事はできるが、
上述の通り基本的に攻撃(又は守備)重視のポジションという概念はない。
(一応選手のプレースタイルチームの戦法によって攻撃SGや守備C等と呼ばれる場合もあるが)
また、バスケでは同じポジションの選手を2人以上投入する事も可であり、
この戦術をツインセンターやツインポイントガード等と呼ぶ。
ちなみに>>10で特殊ポジションの内訳にPFやSFでなく単にFと表記しているが、
これは海外バスケ(特にNBA)ではPFとSFは両方こなせるのが前提としているチームが多いため。
なお、PF+SFは多くの場合単にフォワード(F)と呼ぶが、日本では現在でもPFとSFを区別する場合が
多いため、暫定的にマルチフォワードと呼ぶ場合もある。
12 ななしのよっしん
2015/03/29(日) 19:43:40 ID: GTK0BTB0zf
更に余談だがNBAにおいてはマイケル・ジョーダンが、
登録ポジションSGでありながらSFPGの役割をしたように、
時折登録ポジションとは異なるポジションの役割をこなす選手も見られるが、
これは>>9-10の理由に加えて、
NBAバスケにテンターテイメント性を持つべきという考え方のため。
NBAルールFIBA(際)ルールと異なるのもこれが理由である。
(も、最近になってFIBA側がNBAルールにどんどん近づいてきているが…)
こちらも、長文スマソ
13 ななしのよっしん
2015/03/30(月) 22:07:02 ID: GTK0BTB0zf
もう少し追記というかあとがき
それぞれのポジションを良く見てみると
CとPF、PFとSFSFSGSFPGSGPGで少しずつ役割が重なっているんだよな
こういった点でもバスケ長身でコートを動き回れて尚且つ
複数のポジションをこなせる人が活躍するスポーツと言える
14 ななしのよっしん
2015/04/30(木) 20:56:34 ID: PsGe2eG2Zt
>>10-13

補足、です。
身長の低い選手は、高いレベルになるとガードしか出来ないというのが、つらいところなんでしょうね。
15 ななしのよっしん
2016/10/21(金) 19:24:13 ID: GTK0BTB0zf
C・PF・SGPGに適合する人間っていると残ったSF器用貧乏、下手をすれば何も出来ないような人が来てしまうこともあるね
16 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 23:47:58 ID: hkHYXJTh+P
キセキの世代も作品開始時点ではSF黄瀬が一番下っ端だったしね。

急上昇ワード

2019/12/12(木)08時更新