編集  

スレイヤーズ単語

スレイヤーズ

黄昏よりもきもの、血の流れよりきもの・・・

スレイヤーズ』とは、1989年から刊行された神坂一による日本ライトノベル

イラストはあらいずみるい。富士見ファンタジア文庫より刊行されている。

概要

主人公のリナ=インバースは、10代半ばの少女ながら「盗賊殺し」「ドラゴンもまたいでとおる(ドラまた)」等数々の異名・悪名をかす(自称)美少女天才魔道士

世界を見て来いと言われて故郷を立ち、各地を巡るリナは、中「のナーガ」を始めとする個性的な面々と出会いながら、不条理ギャグの横行する世界していく。(すぺしゃる)
の凄腕士ガウリイ=ガブリエフと出会った頃から、魔王シャブラニグドゥの復活や魔族達の陰謀によって様々な事件に巻き込まれていく。(本編

本作は、そんなリナの行く先々で起きる出来事をった物語である。

ライトノベルにおいて、長編シリーズと短編シリーズを並行して発表する形式を確立し、多数のメディアミックス展開が行われるようになった、後のラノベの手法を確立した偉大な作品である。

小説本編は15巻で完結し、短編も2011年の連載でドラゴンマガジンでの連載を終了して休止している。また、原作小説のほかTVアニメシリーズOVAシリーズ劇場版アニメドラマCD漫画などメディアミックスが盛んである。
2016年にはソーシャルゲームグランブルーファンタジー」とのコラボレーションスレイヤーズまぐな」を展開するなど、今なお人気は衰えていない。

2010年10月よりテレビ東京あにてれちゃんねるにて無印NEXT・TRYの3作の公式配信が開始された(2話以降は有料)。

また、原作本編シリーズニコニコ静画内の電子書籍コンテンツとして配信中。

小説シリーズ(原作)

登場人物

アニメシリーズ

アニメでは初期三作はテレビ東京系列の夕方の時間帯に放送された。林原めぐみがリナ=インバース役、松本保典がガウリイ=ガブリエフ役を行っており、そのキャラクターがぴったりはまり、レイアースエヴァンゲリオンなどのアニメブームの中でも高視聴率をキープしていた。

アニメ版と原作には設定や描写に異なる部分が存在するが、アニメ化作品としては原作との親和性や評価も較的高い。また題歌も林原めぐみ奥井雅美が担当し、特に林原の楽曲はオリコンチャートベスト10入りするなど、放映当時としては偉業を遂げている。

初期3作(スレイヤーズNEXT、TRY)のTVシリーズ放映時に渡部高志監督)、宮田奈保美(キャラクターデザイン)らの属する南蛮亭は、放映と並行してWebサイトからアニメ制作にまつわる各種情報を発信しており、その中で明かされた話に「原作神坂一からTVアニメ化に際して制作者が知っておくべき裏設定原作本編完結前の当時未表のものや意図的に表に出していないもの)を伝えられている」というものと、一部開されたその設定内容(魔族魔法の仕組みなどの世界観、登場人物の行動動機に関わるエピソードなど)があった。

これらがスレイヤーズの作品をより深く知る上で原作アニメの両方のファンにとって重な情報であったことと、それに基づいて作られたアニメの信頼性を上げる結果になっていたことも関係していたと思われる。

2008年におよそ10年ぶりのTVアニメ版となる「スレイヤーズREVOLUTION」が以前と同じ配役メンバーで放映された。

TVアニメシリーズ
OVAシリーズ
劇場版アニメ

関連動画

アニメ配信

関連生放送

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 145343 リビジョン番号: 2435146
読み:スレイヤーズ
初版作成日: 08/05/25 00:27 ◆ 最終更新日: 16/12/06 21:30
編集内容についての説明/コメント: ガウリイでなくガウリィとなっていた箇所について編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


りな

なーが

悪人に人権はないッ!

赤法師 レゾ

ガウリィ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Give a re...
Give a re...

スレイヤーズについて語るスレ

613 : 削除しました :削除しました ID: jQxrly0Bc/
削除しました
614 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 20:23:30 ID: TLlD3AmkpY
電子書籍がやっと来たので読了
アメリアも言ってるがこの2人を相手に殺されない時点でヤバい敵だってすぐ分かるという…
615 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 20:30:21 ID: mN0z3lonuF
アイツら基本的に活動家エリート戦闘職じゃないだろうしな。
やはり種族の違いはでかいな。
616 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 20:41:13 ID: TLlD3AmkpY
今まで出てきたのはメンフィス除けばすぺしゃるのギャグだけだから貧弱なイメージしかなかったよ…
617 : ななしのよっしん :2018/11/20(火) 20:42:55 ID: 88cC5VV8RM
教えてくれゴヒ。あと、何冊シリーズが続けば「スポットくん」は出てくるんだ?
618 : ななしのよっしん :2018/12/02(日) 09:28:34 ID: yc4Z6mpL2Z
>>386
いやそこで言ってた南北ってのはそれ(半島的な意味)ではないです
スレイヤーズって何か熱帯人の気配するキャラ出て来ないですよね
人系は固より褐色もいないし
ハガレンはイシュバール人ていう有色系が話の軸に据えられてるんでそこがスレイヤーズの作品テイストとの大きな違いかなと。全体的に南ヨーロッパ西アジアぽい雰囲気だし
スレイヤーズって褐色キャラいたっけて位印薄いんですよね。ずみるい氏の褐色キャラとかも見た事ないしワールドで有色系もまずにしないんでそこら辺が文化的にかなり違う部分なんじゃないかと


619 : ななしのよっしん :2018/12/05(水) 23:42:02 ID: 4fXvfFhqn/
さかのぼって1巻のストーリー追うと全編通じてあの時点での二人が魔王に対抗できるほぼ一の組み合わせだったんだな。(さすがに郷里のちゃんは除外して)
その後光の剣ボッシュート、重破は自己規制
最終巻の時点でも魔王自身の根回ししにダメージ与える手段は持ってなかった。
フィブリゾは結果あんなんなったけど狙いは間違ってなかった。
620 : ななしのよっしん :2018/12/08(土) 01:34:54 ID: SSozMldiWS
>>618
単純に日焼けって可性もあるけど、すぺしゃるのフリー拳闘士が褐色だったはず
最強すけど振り回すようなとはすところが違うって言ってた

スレイヤーズ舞台魔王の結界内)がヨーロッパぐらいの広さって話だし、自分は土もなんとなくその辺イメージしてるかな

スレイヤーズハガレンについては、ハガレンスレイヤーズの影受けてるのは間違いないと思う
荒川さんはスレイヤーズファンクラブに入ってたし、アルモデルがナタリーだし
ハガレンだけのファンの人にこの話すると結構な確率でキレられるけど・・・

>>619
なんとか対抗できる可性があるのは、ダークスターの武器を光の剣魔改造したの人物、郷里のちゃん、エターナルクイーンぐらいかね?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
621 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 23:14:42 ID: kHFSn4YM4j
何て言うか同会みたいな感じで良かった。こち亀みたいに定期的にひょっこり連載してくれると有り難いんだけど作者さんも磯野波平とタメ歳(後書きより引用)だから理強いは出来ないかぁ。
622 : ななしのよっしん :2018/12/15(土) 17:53:58 ID: YLzfc/7Q80
>>620
結界のせいでごく一部の地域しかないから、人系ばっかってのは説明つくんだよね
第1部終了後は結界が壊れてるところもあるから行き来できるようになるけど、作者いわくもっと未来にならないと理だろうってことだし
アニメだとセイルーンが「外と交流してみようか」ってやってたけど、魔法れてる世界という
作者監修だからあの設定は公式みたいなもんかな?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス