スーパードンキーコング単語

スーパードンキーコング

スーパードンキーコングとは、イギリスレア社が開発し、任天堂から発売されたアクションゲームである。
最初にSFCで発売され、いくつかのオリジナル要素を含んでいるGB版とGBC版、ほぼ全な移植であるGBA版があり、Wii及びWii UVCでも配信されている。

概要

スーパードンキーコングシリーズの一作ドンキーコングディディーコングバナナ保管庫からキングクルールに盗まれたバナナを取り返す物語で、オーソドックスな2Dアクションゲームである。ジャンプ、ローリングアタック、様々なタルボーナスステージアニマルフレンドなどシリーズの特徴となるシステムの基礎が確立された。

マリオカービィべると変身や奇抜な仕掛けは多くなく、ブロック土管などといったアクションゲーム的な記号表現が少ないストイックなゲーム性で、難易度も難しくなっている。

第一作であるため、縦スクロール面がないなどステージの仕掛けのバリエーションはあまり多くはなく、ワールドごとの特色もあまり強くはない。また、ボーナスステージが純バナナライフを稼ぐところになっており(クリア率には反映される)、コインロストワールドはまだないなど寄りや収集要素は控えめとなっている。

技術的な面では異なる色を高速で点滅させることでSFCの表示可限界えた発色数を実現するという技術が使用されており、これがSFCの本気だと言わんばかりの美しいグラフィックが、当時話題となった。

また、デビッド・ワイズ氏らによる音楽もすばらしく、全体的にグラフィックマッチした落ち着いたBGMで、スマブラX原曲のまま使用された際もともすればSFCだと気づけないほどナチュラルハイクオリティなものとなっている。

シリーズ比較

1 2 3 R
隠し
トークンボーナス × × ×
アニマルバレル × ×
チームアップ × ×
ボーナスステージ内のアイテム × ×
ボーナスステージクリア報酬 ×
ボーナスバレル × ×
ワールド自由行き来(ファンキー未使用時) × ×
ファンキー使用の有料 × × -
セーブの有料 × × -
ショートカットワープ ×

登場キャラクター

主人公で、プレーヤーが動かすキャラクターである。

コングファミリー

アニマルフレンド

コング島紹介

ドンキーコングたちが住んでいるで、ドンキーの顔の形をしている。
ジャングルが生い茂り遺跡などもあるが、鉱山やオイル工場など石油が使える程度の高度な設備も存在する。

レベル1 コンゴジャングル

ドンキーコングがあるジャングルエリアどがジャングルだが洞窟水中ステージなどもある。
ロープ、タル大砲水中に慣れておきたい。

ボスノーティは跳ねているだけなので初見でも楽勝だろう。
GBA版ではいかりのボスノーティカラーリングが逆になっている。

レベル2 モンキーマインズ

コング沿いにすぐの場所にある鉱山(マイン)群。
ステージ1にべると足場が悪いステージが増える。また、マインカートコースターが初登場する。
ストップゴーステージョンは怖ければ逃げ帰ってしまえばよい。実は静止時にハンドスラップが有効らしい。

ボスネッキーは大ジャンプココナッツをよけ、そのまま踏む事が可

レベル3 もりのみさき

コングの後頭部にある。後半はみさきステージになる。
「もりのかくれが」ではのあいだをタル大砲で移動していくことになる。
今作最初の難関となるジンガーは、ロープアクションの腕が試されることになる。
後半は最後のジャングルステージ「うらぎマンキーコング」がある。

ボスクイーンBはタルを当てるたびに無敵へ移行して軌を変えて体当たりしてくるので、前2ボスよりかに強い。

レベル4 ホワイトマウンテン

コングの山頂の美しい山。この辺から難易度が高くなっていく。リターンズでは火山の噴火によって消失
ふぶきの谷」は足元が滑りやすいので注意。また、スコークス一の出番であるトーチライトンネルがある。
クリスタルトンネル」は素晴らしい美しさで、背景BGMも専用のものが使われている。
このクリスタルステージは「ドンキーコング64」や「ドンキーコングリターンズ」でも再現されている。

ボスのいかりのボスノーティは踏むたびに、いままで踏まれた回数だけ大ジャンプを仕掛けてくる。
ジャンプ中はダメージが入らないので注意。

レベル5 カントリークラブファクトリー

石油化学工業の創世期程度のオイル工場がある荒れ地のエリア、割と汚染されている。
オイル工場ではオイル缶が宙に浮いており、オンボロ工場ではグロランプが切れている。
ドンキーコングを乗せてライン上を進むトリックトラックリフトが初登場。
尚、ここのマインカートコースターはコングだけが飛び出すタイプになっているので注意。

ボスダムドラムは…え、だれかって? あの敵を吐き出していたドクロマークのドラム缶が大きくなったものなの。
本体は無敵で、押し潰し攻撃と敵の吐き出しを繰り返す。黙って敵を倒し続け耐え続けることで勝てる。
GBA版では敵を倒した後に落ちてくるTNTバレルをぶつけて攻撃するように変更された。

レベル6 やみのいりえ

コングと鼻の位置にあるっ暗な入り江。
足場が悪いステージがいつにもまして多く、あばれスピナーの崖、燃料不足のトリックトラックリフト2、さいごのステップなどがある。ガストネルガスゴリラには効果がいらしく一番簡単。

いかりのボスネッキーココナッツを吐き出し終わるまでダメージが入らないということを覚えておこう。

キングクルールのふね

ステージクリアする毎にだんだん近づいてくる船で最終決戦舞台
クルールはこの船でバナナを持ち去るつもりだったのだろうか

キングクルールは今までの情けないボスちよりかに強く、ラスボスに相応しい性を誇る。
体当たり、鉄球死んだフリジャンプの4段階の戦法を使い分ける難敵である。頭に王冠がい時を狙おう。
特に、死んだフリ日本人なら初見では高確率でだまされる手の込み具合である。

関連動画

RTA

TAS

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

スーパードンキーコング

143 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 23:28:16 ID: srfl3ADCVo
慣れると1時間くらいで101%クリアできるから何週もしてた
144 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 23:15:37 ID: xxsG+MNcXw
工場ステージで流れる曲です
原曲はもちろんですがリターンズのアレンジ素晴らしい

どうでもいいですが「工場をサルゴリラが駆け巡るってよく考えたらシュール」みたいなコメントをどこかで見たのですが、
全くもってそのとおりだと思います

タイトル:Fear Factory

twitterで紹介する

145 削除しました
削除しました ID: wwUeScGImX
削除しました
146 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 17:47:18 ID: iWVclR+Jqh
>>高速で色切り替え
明確なソースがないので技術的視点から考えてみると
1Fごとに切り替えで色が変わって見えるのは事実(実際に多くのゲームで非表示と表示の1F切り替えで半透明を実現しているため、同じ理屈で可だろう)

では実際に使われていたかというと、それは少し疑問が残る
SDKシリーズスーファミの中でも特に処理落ちが多い方で、処理落ちするということはフレームレートが下がるので常に点滅させていたら色の切り替えが視認できるようになってしまう
少なくとも自分は今まで処理落ちで点滅が見えるような現にしていない

すでに出てるハックROMチート動画での現や正規版のグラフィック面のバグからの予想だが、以下の処理が少々違った内容で噂になったのかもしれない

・一般的に画面表示に使うパレットシーン(暗転を挟まずに移動できるエリア)一つごとに一種類にしている(マリオスター取得時みたいな色変化演出時は例外)
・しかし、それでは1キャラに使う色の汎用性が低いSDKではシーン内のキャラ種類数が乏しくなってしまう
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
147 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 08:59:19 ID: w5rG7+Y1Yn
高速色切替々は小学館攻略本例え話として出てくるのよね。
『こうした「錯覚」を利用することで~』ぐらいにしか書かれていないので、全くそのようなことをしているという訳ではないと思う。
148 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 11:52:00 ID: 6CBuOT8Pgx
>>146
元ハック製作者より

>>1Fごとに切り替えで色が変わって見えるのは事実(実際に多くのゲームで非表示と表示の1F切り替えで半透明を実現しているため、同じ理屈で可だろう)
やっていません。(SFC/SNESに関して言えば)半透明処理はハードウェアに最初から回路が実装されてるのでそれを使っている。何も特別なことはしていない。そもそも1Fごとの色の切り替え自体やっていない。


>>一般的に画面表示に使うパレットシーン(暗転を挟まずに移動できるエリア)一つごとに一種類にしている(マリオスター取得時みたいな色変化演出時は例外)
>>しかし、それでは1キャラに使う色の汎用性が低いSDKではシーン内のキャラ種類数が乏しくなってしまう
>>それを解消するために画面位置に合わせて動的にパレットを変更して背景小物や敵キャラに使うことのできるパレットの色数を実質的に増やしている可性がある
この辺はグラフィック周りのハードウェア仕様が分かってなければ議論できない。
SFC/SNES32768色を扱うことが出来、そのうちの256色を選択して一度に表示できる(最大八色数256)。このうち、128色はBGレイヤー用に、残り128色はスプライトレイヤー用に割当てられる(ハードウェア自体の仕様)。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
149 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 09:36:11 ID: TMhbjoSI0U
サメの敵キャラが好きだったなぁ
このゲームだとタコとかクラゲの方が厄介だけど、笑
150 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 10:10:59 ID: TMhbjoSI0U
久々プレイしたらステージの短さに驚いた。
1〜3分で終わるね
151 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 05:02:41 ID: YUVV1dbAwt
一発で行けばな。
152 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 08:39:04 ID: qvGl0/ph3M
高速切り替えについては、エミュとかでスローにするとバナナジャングル背景が点滅してるのがわかるよ
ただ>>138の言うようにグラデーションがちょっと滑らかになる程度で劇的に鮮やかになるわけでもない
2以降で使われてるって話も聞かないしスタッフもあんまり意味ねーなと感じてたんじゃないか