スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!単語

スーパーマリオブラザーズピーチヒメキュウシュツダイサクセン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!とは、日本スーパーマリオアニメ映画である。
配給は松竹映画1986年7月20日上映。マリオアニメの1つ。

概要

現行のスーパーマリオシリーズの設定とは共通する部分もあるが大きく異なる点が多数あるとともに、
1986年当時でのスーパーマリオをさらにアニメにまとまる形での設定がされている。

今作では日本テレビホリプロ永谷園製作に大きく関わっている。

あらすじ

マリオゲームをしているとテレビからピーチ姫が飛び出してきてマリオのところに助けをめるも
追ってきたクッパ残にもさらわれてしまう。ルイージには夢だと思われて馬鹿にされる。
だが、ピーチ姫のブローチが落ちていて・・・(続きは動画を見てくださいexit_nicovideo

主なキャラクター

マリオ - 古谷徹
ゲームが大好きなチョビヒゲ男。日用雑貨店を営む。ゲーム画面から現れたピーチ姫に一惚れする。
ルイージ - 水島裕
おとぼけなマリオお金宝石がない。
余談だがゲーム版でも初期のルイージな性格と設定されており(マリオ2説明書)、この映画マリオ2の頃に作られた作品のため今のような臆病な性格ではない。
ついでにマリオルイージの体格の違いが初めて出たのもこの作品。
ミスエンドレス - 堀絢子
マリオ兄弟の店の常連客のおばあさん。趣味料理
キビダンゴ - 千葉繁
きのこ仙人の使者である小人間の言葉は喋れないが、本作では一番のキャラである。
外見がハナチャンにそっくりであり、とてもとは思えないがワンワンえるので
ハル王子 - 菊池正美
キビダンゴの正体。ピーチ姫と同じブローチを持つフラワー王子。まさかのピーチ姫の婚約者。
クッパ魔法の姿に変えられていた。ハル研究所との関係は不明。
きのこ仙人 - 宮内幸平
きのこを作った仙人。マリオルイージきのこの現状を伝え、本人はキノコの姿に還った。
名言は「本物の勇気とは、(まこと)のから生まれるものじゃのう。」
ハンマーブロス - キートン山田
マリオたちを監禁する。使いの名人であり、怒らせると怖いが「ゲホー!」としか喋らない。
ゲーム上ではハンマー「ブロス」と言う名の通り二匹セットで現れるが、今作では単独登場。
ジュゲム - 堀絢子
の上に乗っているメガネをかけたカメ一族。気を自在に操ることができる。
パックンフラワーを「お花ちゃん」と慕って大事にしている。マリオをお花ちゃんのエサにするべく襲い掛かってくる。
よく「ジュゲムジュゲムパイポ」(落語寿限無」)と唱える。怒るとパイポを降らせてくる。
キノピオ - 山本百合子江森浩子
ピーチ姫女。クッパ魔法でなにかにされていた。
マリオ真実キノコを渡しす。それぞれが違う。
クリボー - 丸山裕子、小宮和枝
クッパの手下。マリオたちに幾度とをハメていくがことごとく失敗に終わる。実は手がある。
パタパタの親 - 中野れい子
巨大なパタパタ。巣で待つ子供達にエサを運んで来る母親ゲーム版と違い敵キャラではない。
パタパタ子供 - ベリーズ(ホリプロ所属の女性アイドルグループ
見た小鳥であり、の甲羅はい。
ノコノコ - 水鳥鉄夫佐藤正治
クッパの手下。かなり多数存在する。
祭 - 八奈見乗児
クッパピーチ姫結婚式祭。
ピーチ姫 - 山瀬まみ
きのこのお様。美人な半面、少々おてんばな面もある。
クッパ婚を拒み、マリオの救助を待ち続ける。
また、声優ではないので仕方ない話ではあるのだが、山瀬まみ棒読み演技には定評があり、「棒読み姫」と呼ぶ人もいる。 だが挿入歌「水晶球」では、かろうじて同一人物と分かるもののあの棒読みのような歌唱である。 
クッパ - 和田アキ子
カメ一族のボス大王一人称は「わし」(ピーチ姫の前では「わたし」)。多くの部下を従える。
魔法が使える(きのこの人々をレンガつくしの姿に変えたり、小ぬいぐるみなどに変身するなど)。
先一本でつついただけでマリオを床下まで沈めるなど、ラスボスらしい強さを冒頭に見せつけている。
3つのパワールのを借りたマリオと最終決戦に挑むが敗北し、ルイージの元で部下とともに働いている。
ピーチ姫を「ピーチちゃん」と呼びまくり(これはマリオ64でも使われる)、とても気持ちが悪い。
また、彼の声優である和田アキ子の印が強いため、今作のクッパを「和田クッパ」などと呼ぶ人もいる。

設定や呼称の比較

のちの影響

関連動画

「ピーチ姫救出大作戦!」タグで動画を検索exit_nicovideo

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA%20%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E5%A7%AB%E6%95%91%E5%87%BA%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6%21

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!

38 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 15:42:51 ID: 0yU7XPcbQ3
ネタアニメ扱いだけど当時のアニメにしては子供向けのアニメとしても有なところも少ないし、ジュゲム落語のくだりも混ぜていて割と趣深く作られてる。そこまで言うほど世界観から逸脱してるわけでもないので再販しても再放送されても良いクオリティ。でもしないのは権利関係だろうなあ。
自分は子どもにも見せてもいいなとは思った。
39 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 11:54:44 ID: 2MkmE0ZsaK
クッパピーチ姫に惚れている設定もそうだけど、
ジュゲムマリオが奪うのもこのアニメが初出だよな。
40 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 12:05:40 ID: 2MkmE0ZsaK
>>38
鼻声だから棒読みに聞こえるだけで演技が下手な訳ではいんんだよな。

>>39
むしろ教育に良いアニメだと思う。
人生こういうこともあるよ」というのを
希望を奪わずに優しくおどけて言い聞かせる感じで。
ポケットの中の戦争」と共に子供が居たら見せたい。
41 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 09:01:25 ID: KA93rigCLa
ルイージ高笑いがひたすらうざい
だがそれがいい
終盤はなんやかんや役に立ってて
42 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 18:49:36 ID: M2IBQIjb+C
>>39
「惚れている」と明言はしていないが、
1985年12月漫画だからこっちがいかも>クッパピーチ姫に惚れている設定
https://s.webry.info/sp/37432029.at.webry.info/201206/article_2.htmlexit
43 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 19:26:03 ID: 2MkmE0ZsaK
ネタアニメだけど、「ピーチ姫づくで自分の物にしようとするクッパは悪いだからやっつける」
で終わらせずに、主人公マリオにも全く同じ課題を与えているのが何気に深いと思う。

最近アイドルへのストーカー被害が世間を騒がせているけど、
このアニメ子供の頃に見せておけばストーカーが減るんじゃないだろうか。
44 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 13:00:47 ID: BgjCRkB25g
>>40
何れのレスも1つずつずれてて

>>43
そこまで深くもないし、理やり時事問題に結びつけすぎ
45 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 23:03:27 ID: 2MkmE0ZsaK
>>42
それは知らなかった。
魔法々の設定を読まないと、
惚れていると誤解されるのかもなあ。
46 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 21:06:17 ID: IHMvRRMVtz
このアニメ子供の頃に見せておけばストーカーが減る(なくなるとは言ってない)
47 ななしのよっしん
2019/11/03(日) 22:38:56 ID: GQe5csWoeg
愛しておるのですよピーチちゃん」