スーパーロボット大戦単語

スーパーロボットタイセン
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

スーパーロボット大戦とは、バンプレスト(現:バンダイナムコゲームス)より発売されている、ロボットアニメキャラクターロボットが登場するシミュレーション・ロールプレイング・ゲームSRPGシリーズである。
略称はスパロボだが過去ロボ大と略されたこともある。

シリーズ第1作については「スーパーロボット大戦(第1作)」、
シリーズ各作品については「スーパーロボット大戦シリーズの一覧」、
個別の登場作品については「スーパーロボット大戦シリーズ登場作品の一覧」、
オリジナルキャラクターや機体、その他の関連記事は『スーパーロボット大戦の関連記事一覧』を参照。

なお、右側メニューからWikipediaの項を閲覧しようとするとシリーズ全体ではなく、同名のシリーズ第1作ページへ飛ばされてしまうため、こちらにリンクを設置しました。→こちらからどうぞ。exit

概要

「異なるロボット作品が共演する」という燃えるプロット人気を博し、第1作の発売から20年以上経った現在でもあらゆるプラットフォームで発売されている長寿シリーズ。元を辿るとコンパチシリーズである。
タイトル数は50本をえ、シリーズ累計出荷本数は全世界1600万本にも及ぶ。

プレイヤーは各作品の主人公や味方ロボットの混成部隊を結成し、立ちはだかるそれぞれの作品の敵を協して打ち破り地球平和を取り戻す、というのが本シリーズの作品に共通するおおまかなストーリーである。
各作品がクロスオーバーするストーリー展開や、原作では最後まで敵対するキャラクターが説得で味方になったり、不遇・悲劇的な最期を遂げるキャラクターが救われる等の二次創作醍醐味であるストーリー変(→スパロボ補正)、昨今では美麗かつ迫のある2D(一部作品では3D)戦闘アニメーションフルボイス戦闘シーン等が人気で、子供から大人まで広い層に人気を獲得している。最近は乳揺れおみ足カットインも多かったりして非常にうれしいのやり場に困る。

ユーザーの中には登場する作品のどを見たことが原作未見の若年層ユーザーなども多数存在し、元々の知名度が低い作品が参戦する事も多く、「スーパーロボット大戦に参戦する」という事自体が、原作作品に再び注が集まる機会になり、作品が再評価されたり映像作品や玩具などが再販されることもある。これに関してはプロデューサーである寺田氏が「ゲームで登場することで得た人気を還元することがスパロボの役の一つ」と発言している。

キャラクターロボット的のライトユーザーを視野に入れている為か、特に近年はSRPGとしては難易度の低い作品が多い。これは、SLGとしての戦略的な楽しみより、お気に入りのユニットを強化して楽しく遊ぶのがゲーム的であるからだと思われる。そのためジャンルとしてははシミュレーションに分類されるが、ドラマ性を重視しているためシミュラマ(シミュレーション+ドラマ)シリーズと謳っている。
ただし、二周以降のプレイ難易度が著しく上昇する「ハードモード」を選べる作品や(第3次αZなど)、基本的な難易度が高い作品(A PORTABLEImpactなど)もある。

参戦するロボットアニメの登場人物とは別に、「スーパーロボット大戦」という作品自体の主人公としてオリジナルキャラクターロボットバンプレストオリジナル)も登場する。彼らは(彼らのバックグラウンドも含めて)に参戦した作品同士の世界観の緩衝剤やつじつま合わせなどに使われる。
バンプレストオリジナルのみを集め、再構成した作品として『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONOG)』シリーズも展開されている。

楽曲

最近はJAM Project主題歌を歌う。ただし必ずしもJAM Projectというわけではなく、スーパーロボット大戦NEOでは違うアーティストが起用されていた。
ほかにも、キャラクターソング歌詞のついているBGMなどがある。

ニコニコ大百科上にある楽曲の記事については、「スーパーロボット大戦の関連記事一覧」の楽曲の項を参照のこと。

ニコニコ動画での扱い

戦闘シーンをまとめたものやプレイ動画人気を集めている。また、発売前は参戦機体のオープニングデモPV動画、発売直後は初参戦作品の戦闘動画アップされたりすることが多い。
制約プレイなどの動画もあり、そちらも固定客を集め盛況である。

MADでは参戦を希望する作品のOPや戦闘シーン集を繋げたりするのが一般。
また未参戦のロボットを自らSDアレンジしてスパロボ風映像を作るものがあげられる。
これらで取り上げられた作品が本当にスパロボに参戦した場合、”祝・スパロボ参戦”といったタグコメントが付くのがお決まり。
最近ではニコニコ人気キャラや他アニメなどからパイロットを入れ替えたMADも登場している。

ロボット登場作品動画を試聴する際の注意点

ロボットが登場する作品であれば、大概「スパロボに参戦したら~」「スパロボ参戦希望!」と言うようなコメントが多く書き込まれるのも常である。
しかし全ての視聴者がスパロボに対して良い感情を抱いているわけではないので、注意が必要である。
また、参戦してほしくないからといって「○○イラネ」と言ってしまうのも、同様に迷惑な行為であるので注意。(→「イラネ厨」)
とりあえず希望したい人は「スーパーロボット大戦シリーズ未参戦作品の一覧」の掲示板にでも書いてみたいいんじゃないかな。 

関連動画

スパロボ風

仮想参戦

プレイ動画

ネオグランゾンへの道も参照。

関連生放送

関連商品

コミュニティ

関連項目

外部サイト

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

スーパーロボット大戦

6769 ななしのよっしん
2020/03/29(日) 17:50:24 ID: /sxjnHeBWO
戦闘アニメが長いと背景の流れる演出が妙な事態を引き起こす事はたまにあるね。

IMPACTアグレッシブビーストなんかは背景高速で流れる事もあって
地球が何回も通り過ぎる奇妙な絵面に…
6770 ななしのよっしん
2020/03/30(月) 05:58:34 ID: Tyx6wEQYf6
進化してるかといえばむしろ退化してる気がする、
そりゃ戦闘は確かにやりやすくはなったが、合体デモをあのモデル再現するのはやらなくなったし、
カラオケモードもないしで
まあカラオケモードはともかく合体デモ原作見れるのも悪くないんだけどあのSDモデルGCモデル再現してくれた方が好きなんだよなぁ
6771 ななしのよっしん
2020/03/30(月) 08:12:29 ID: 06UHBeeced
いや、ゲーム部分がやりやすくなってるし進化でしょ
6772 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 08:00:49 ID: h93l1mfy4S
合体デモ戦闘アニメの中でやってるじゃん
6773 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 17:10:19 ID: 0D5OZyhJRT
ダンクーガノヴァマックスゴッド(アブリュートノヴァビースト)とか真ゲッターロボ(真ゲッターチェンジアタック)とか天元突破グレンラガン(天元突破ギガドリルブレイク)とかアルティメットグラヴィオン(重炎皇)は戦闘アニメ合体してるな。他知らん
6774 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 19:39:43 ID: iU3qCpzsj7
一応グレートマイトガインのパーフェクトキャノンも合体だね
6775 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 22:47:07 ID: LWq/S3cg3l
Fで原作取り込みのムービー入れたら「手抜き」とかれたのもこんな感じだったのかね
あれはあれで手間かかってるから、寺田Pかれたのショックだったらしいけど

3Dムービー褒めるなら、3Dスパロボもっと応援してほしかったねぇ
DCαGCはまぁ戦闘アニメ3D程度だけど、スクコマイベントシナリオデモ上の表現が多だったし、
さざなみもXO、NEO、OEと順当に3Dモデル活かしたスチルとか増やしていったからさ
いや、さざなみPS4フルメタを考えるとあと1年くらいはまだ様子見していいと思うけど
6776 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 23:03:39 ID: HHlfVSosHz
3Dクロスレイズまで来た今なら受け入れられると思う、結局のところ映像・演出のクオリティ自体が2Dにべると…だったし

ただマップは2Dに戻して欲しいなあ、結局長プレイしてると高低差やらカメラ回すやらがしんどくなるだけで3Dの良さみたいなのはあんまり…
イベントZEROとゲッペラーアレみたいな一枚絵を増やす感じで
6777 ななしのよっしん
2020/04/01(水) 09:32:05 ID: 0D5OZyhJRT
そうだジョイトドラゴンファイヤー合体というか連結
6778 名無し
2020/04/01(水) 16:37:44 ID: Rykub34PgM
公式サイト、今年はエイプリルフールネタ仕込んでないですね・・
更新も全然してないし、もう実機は出ないのではないかと思ってしまう。
水谷さんがお失くなりなって以来、心待ちにしていたOGの続報が来なくて何年経ったか・・
αシリーズの作品発表で奮していたあの頃が懐かしい

急上昇ワード