スーパーロボット大戦V単語

スーパーロボットタイセンブイ

鋼の巨人達は、新たな航

スーパーロボット大戦Vとは、2017年2月23日に発売されたゲームである。
通常価格はPS4版が8,600円(税抜)、Vita版が7,600円(税抜)。
ダウンロード版は2017年3月22日までの期間限定で価格が下がり、PS4版が7,740円(税抜)、Vita版が6,840円(税抜)。
プレミアムエディションはPS4版は12,600円(税抜)、Vita版が11,600円(税抜)。
こちらもダウンロード版のみ期間限定で値下がりし、PS4版は11,340円(税抜)、Vita版は10440円(税抜)。

概要

2016年6月4日情報開された本作は、版権作品によるPS4初のスーパーロボット大戦シリーズとなる。
第3次スーパーロボット大戦Z同様、PS4PSVitaによるマルチラットフォーで販売予定。
タイトル“V”とは、航を意味する「Voyage」の頭文字と思われる。
タイトル決定タイミングが遅かったためか、参戦作品に“V”を冠する作品が存在しない。

本作で初参戦となる作品は機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ機動戦士クロスボーン・ガンダム スカハート機動戦士クロスボーン・ガンダムの7人」「真マジンガーZERO vs大将軍」勇者特急マイトガイン」「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」「宇宙戦艦ヤマト2199の7作品。
そのうち「閃光のハサウェイ」「鋼の7人」「真マジンガーZERO」は機体だけの参戦事前に告知されている。既存参戦作品で機体だけの参戦となるのは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のみ。
今までネタだけは拾われてきた「閃光のハサウェイ」、続編を従えてのクロスボーン・ガンダムシリーズの再参戦、さらに「ガンダムUC」参戦当初から絡みが期待されていた、コンシューマ向けの新作2Dスパロボへの参戦は第3次α以来と成る「機動戦士ガンダムΖΖ」と、本作のガンダムシリーズ宇宙世紀作品が中心となって取り上げられている。
マジンガーシリーズ漫画真マジンガーZERO」の要素を取り入れ、新たな展開を見せる。本作オリジナルマジンガーであるマジンエンペラーGも、剣鉄也の参戦と共に登場が明かされている[1]
それ以外の作品も、ガオガイガー参戦から幾年、遂に参戦がったガオガイガー以外の勇者シリーズ勇者特急マイトガイン」、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の監督が大きく関わっている作品「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の登場と、新規勢だけでもかなり濃厚だが、それらのインパクトを押しのけて強存在感を発揮しているのが「宇宙戦艦ヤマト2199」。戦闘機宇宙戦艦が中心で、俗にいうスーパーロボットの一切が登場しない「ヤマト」が参戦し、多くのスパロボファン驚愕させた
さらには、PV第一弾にて古くからのスパロボオリジナルロボットである、グルンガストと、一説では再登場絶望説すらあった「ヒュッケバインの参戦が確定。これらは初回生産限定特典を入手すると期に自軍に加えることができる。

戦闘シーン第3次Zベースに、純にそれを発展したものになっていると思われる。
それもあってか第3次Zに参戦した作品がやや多くなっている。

なお本作はイベントでの発表段階で単発作品であることが明言されており、シリーズ化の予定はないとのこと。

初回限定特典

  1. プレゼントシナリオスペシャルスターター・パック」
    100,000、TacP1,000に加え、強化パーツ「Vサーキット」「量子コンピュータ端末」が入手可
  2. スーパーロボット大戦Vオリジナルテーマ
    PS4PSVitaそれぞれ対応のテーマ
  3. 特別参戦ユニット期入手可+強化パーツ入手
    2話開始までにプロダクトコードを入することで、後述の「ヴェルターブ・テックスト&ヒュッケバイン」「シャルロッテ・ヘイスティング&グルンガスト」を期加入可。さらに、強化パーツ「Vアグレッサー」「Vディフェンダー」を入手。また、関連してボーナスシナリオ「結成、特別編チーム」が2話終了後からプレイになる。

期間限定生産版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」

2017年4月24日までの生産・配信分。
各参戦作品たちの楽曲35曲を収録した特別版となっている。曲こちらexitを参照。

なお、この曲の中には本作に直接は参戦していない機動戦士ガンダム00」「機動戦艦ナデシコ」「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の3作品と第4次スーパーロボット大戦の楽曲が含まれている。

参戦作品

文字スパロボ初参戦。は機体のみ参戦。PSV版における携帯機初参戦。

オリジナルキャラクター・オリジナル機体

オリジナルキャラクター

本作は「Z」以来となる選択式主人公であり、以下の中からメイン主人公を選択。
選ばなかった方もサブ主人公として同行する。
なお、主人公は選択制だが機体は両者ともに後述のヴァングレイ一択

また、特別参戦ユニットグルンガスト」と「ヒュッケバイン」には双方本作初登場のパイロットが設定されている。
二人の衣装過去作のキャラクターを意識したものである。
両名ともに初回封入特典の3の条件を満たすことで序盤から加入し、そうでない場合でも中盤から必ず加入する

オリジナル機体

関連動画

 い つ も の

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *が、実は立体化の情報がPV以前に公開されたexitため、同時とはならなかった。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E6%88%A6v

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スーパーロボット大戦V

3949 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 13:03:50 ID: /4IBHgqbsW
唐突と言われたらそうかなとは思うけど
キャラ性(見下してるガーディム人にそっくり)、滲み出るポンコツ感(自軍にヒスったり也さん言葉に素で驚く)で影薄いとは思わない
3950 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 23:21:54 ID: vo8ZaquI0S
生首からクォータービューに顔だけアイコンからバストアップに変更したりZZ復活させたのは
三次Zでユーザーの不満を受け入れた結果なのか?
3951 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 15:03:35 ID: ziWeHJ2Hpn
その辺はユーザーどころか、制作側も不本意だったろうし……
3952 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 23:08:17 ID: 16R2IUKWd2
ヤマトを見たおかげでまたVをやってるんだけど、やっぱりVはバグが多いなあ
よく知られてるのはスキル空白になるやつだけど、今回遭遇したのはサブパイロット選択イベントティエリア消失した

今回のプレイではティエリア刹那よりレベルを上にしていたのがバグ引き金だったのかな・・・
3953 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 06:42:55 ID: lt5ybdnO9H
バストアップはTでやっとバリエーションが増えたから良いとして
(それでもz2の膨大な差分には及ばないが…)
クォーターは全くその利点を活かしきれてないからなぁ
ドットじゃなくxΩあたりの3d流用すればいいのに
フルメタの単独ゲームは粗があるとは言えそこは良くできてた
3954 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 20:56:47 ID: wZnmWpBrMT
プレイ者の質問

ヤマト世界では人兵器MS)が流行らなかったかれたって本当?
その理由がなものでショックを受けたのと、ある意味で納得したのは覚えてるんだけど肝心の理由を忘れてしまった
3955 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 15:36:13 ID: AA6h/rnCQl
>>3954
うろ覚えだけど、ゲッターマジンガーみたいなスーパーロボットが存在しない世界MSガミラス戦艦が戦ったら、文字通りゾウアリの戦いで、アムロみたいな一部例外を除いて勝負にならなかった。
さらにニュータイプ兵器が既にれてて、遮蔽物の少ない宇宙空間では人兵器の利点を生かせなかったからじゃなかったけ?

あと、Vは面いし、今でも中古屋とかなら普通に売ってたりするから未プレイなら買おうぜ。
3956 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 00:22:21 ID: P/DHrP8xz2
>>3955
かつて大艦巨砲主義化したMSがさらに強大な艦隊の前に屈するとは
なんたる皮

他にも一年戦争で他作品による横が入ったせいで連邦の戦が疲弊した結果
ジオンに物量負けという原作ではありえない事態に発展してるのも興味深い
3957 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 15:33:36 ID: 1Giz3vclY6
>>3955
ラスボスはありがちな思想だったけど、Vは良作だよな
まぁは数える程しかこのシリーズやったことないんだが
3958 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 23:53:05 ID: wZnmWpBrMT
>>3595-3597
なんというセンスオブワンダー。
ありがとう教えてくれて
ヤマト21992202見たばっかなのでやってみたくなったよ