セイバーメトリクス単語

セイバーメトリクス
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

セイバーメトリクスとは、野球においてデータ統計学的に分析し、その選手の評価などを考える手法である。

概要

名称はアメリカ野球学会略称であるSABR(Society for American Baseball Research)と測定基準(metrics)を組み合わせた造から来ている。間違っても「セイバー」はFate/Zeroなどに出てくるキャラクター戦闘機などではない。

1970年代後半のアメリカで、当時食品工場の間警備員をしていたビル・ジェームズによって提唱された。当初はにローティッセリー野球ゲーム(仮想のチームを作って遊ぶシミュレーションゲーム)のの間で持て囃されたものの、肝心のMLB球団は全く見向きもしなかった。

状況が変化したのは90年代後半で、オークランド・アスレチックスGMとなったサンディアルダーソン(弁護士出身でプロ野球は未経験)がジェームズ理論を下に球団運営を進め、アンダーソンの後任となったビリービーンが受け継ぎ、セイバーメトリクスに基づいて低予算でプレーオフに進出できるチームを作り上げた。この変革を聞きつけたボストン・レッドソックスが同様の手法で球団編成を進め、2004年には"バンビーノ呪い"を打ち破って86年ぶりのワールドシリーズチャンピオンとなった。一連の事情はマイケルルイスによる著「マネー・ボール」にまとめられ、セイバーメトリクスが広く知られることになる。

旧来の選手の指標は、選手を正しく評価する指標か?

例えば、「打率」(=ヒットが出る確率)という打撃を評価する(と長い間みなされてきた)標がある。しかしこ標には単打本塁打を等価値と考える」「四球を一切考慮しない」という大きな欠陥がある。シングルヒットよりも本塁打のほうが価値があるのは明だし、一つの塁を得るという点でシングルヒット並みの価値があるはずの四球を考慮に入れないのは奇妙である。

このように旧来使われてきた標は、盲目的に選手を評価していると信じられてきた面があり、少なからず大きな欠点を持っている。セイバーメトリクスは旧来の標の欠点をめ、より詳細により正確に選手を評価できるように統計的な分析を行うものである。

ポスト「マネー・ボール」の時代

「マネー・ボール」が大きく話題となり多くの球団がセイバーメトリクスを球団編成に取り入れるようになると、セイバーによって評価された標が優秀な選手の市場価値が上昇し、選手を獲得する資が限られる貧乏球団は戦略変更を迫られることになった。これらの球団は単に統計分析を行うだけではなく、スカティングに注することによってより市場から見落とされている選手の発掘に努めるようになり、以前は軽視していた守備・走塁リリーフ投手などを評価する方向に変化している。

2000年代後半以降は映像解析による守備を評価する技術が向上し、高い守備を持つ選手は高い打撃を有する選手並みの貢献度を有していると評価されるようになってきた。PITCHf/xやスタットキャストによって選手のプレーの一つ一つが数値化される時代となった。「マネー・ボール」が発行された時代には旧来の標を良させることによって選手を評価していたが、"ポスト「マネー・ボール」"の時代では、従前の選手記録の取り方から解き放たれた数値的評価が選手のを測る手段として使われるようになっていくかもしれない。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイバーメトリクス

335 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 10:11:56 ID: WPZIc56Ic7
データで見る野球ってノムさん野村スコープが印的だな
当の野村監督はブレイザーって選手から教わったらしいけど
336 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 01:49:52 ID: NJ4JNkwlfx
ヒエーー!
337 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 07:37:09 ID: 09cEwGnbq9
スコープは正直本当の正解率は不明というか
テレビでやっていたのは極一部で、サンプル数がわからないので正解率が不明なんだよな
サンプルが増える程信頼性は上がっていくものだからね
というか、実際には捕手リードの違いで年間で及ぼす影は、
得点しかないとの統計結果が出てしまっている
https://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53490exit
http://archive.baseball-lab.jp/column_detail/id=126exit
むしろ近年では、過去の名捕手審判に悟られにくくミットを上手く動かして投手及びチームの失点率に良い影を与えている、
「フレーミング」が高かった人がいるというのが有というか、
捕手としてのとしてはそこが重要視されている(論一番チーム勝敗に影があるのは打だが)

メジャーではすでに一部WARにフレーミングが加算・減点されてたりするが
これももし判定が機械化さ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
338 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 14:53:56 ID: WPZIc56Ic7
スコープだけがID野球の全てではないけどね(笑)
本当に頭人間ならたった一つの理論だけに妄執せず、複数のデータ理論を駆使するモンだしね
ノムさんとか古田敦也あたりが有名かな?
339 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 17:53:32 ID: IOZHrVzw5h
ノムさん古田阿部も結局のところ個人で傑出した成績を残してたから故の評価だろうし
甲斐の所属チームがどれだけ強くても肩を並べる存在にはなれないだろうしな。
ホントに凄いレジェンドクラスポジション捕手だろうがどの打席に立って中軸を打つし
なんかはまだ25だから凄まじいけども。
340 ななしのよっしん
2021/02/26(金) 01:03:57 ID: 6ODS00mozv
WARを持ち出して也や岡本青木より近本のが価値あると言われてもピンとこないんだよなあ
341 ななしのよっしん
2021/02/27(土) 11:18:12 ID: HdQUO8z4bY
甲子園と、東京ドーム宮のパークファクター
センターサードレフトの守備ポジション
ベースランニングを含めた走の差
・そして何より守備の差があるから
打撃だけ(wRC+110138153)を見てもピンと来ないのは仕方ない
いつぞやの年の阿部60本のバレより上の数値が出た事もあったし
それだけ総合で見ると他の要素の占める割合ってのはかなりあるのが現実

元々、よく言われる「走攻守三拍子った選手」というのは現実にはそうそう存在するものではなく、
実際には四球を選ばない欠点があったり、主観評価にべ守備が低かったり、
盗塁は上手くてもベースランニングは下手だったりするしその逆もしかり(他パークファクターポジ差など)。
そこを分析し総合的に評価するのがWARで、でもトラウトが三冠王より突出したWARを出したりしていた。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
342 削除しました
削除しました ID: NJ4JNkwlfx
削除しました
343 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 00:47:03 ID: 2eJSMFQJwc
バントは打てない選手がやって強行は打てる選手がやるんだから
後者の方が得点効率が高くなるのは当たり前の話だと思うんだが…
344 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 11:19:34 ID: HdQUO8z4bY
その「打てる」「打てない」はどこがラインであるかをちゃんと根拠を言わないと意味ないでしょう
「損益分岐点」は日本では打率1割だから>バント
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54338470T10C20A1000000/exit
投手レベルの打以外は普通に打つべきであり、それすらシーンによっては期待値どころか得点確率すら下げる結果になるし
野球で攻撃が終了するまでには3アウト存在し、さらに試合終了までは27猶予がある中で、バントをして僅かに1点を取る確率を上げてよしんば1点取れれば勝てるというわけではないし
年間で見れば勝利には4~5点必要になるのがプロ野球世界です。
というか「(普通に打つ)」か「バント」なら分かるが、前者を「強行」と呼ぶ自体がNPB史観的バイアスが入っている