セイヴァー単語

セイヴァー

もしかして → セイバー英: sabre saber

曖昧さ回避

セイヴァー(英: saviour (セイヴィア) 英: savior (セイヴィアー) (※発音の参考 → saviorexit, saviorexit)とは、以下のことをす。

原義

由来は古典末期ラテン語で「保全する者」を意味する名詞サルワートル(salvātor)で、これはイタリア語サルヴァトーレSalvatore)やスペイン語サルドールSalvador)と同である。

サルワートルは名詞サルウゥス(salvus 「安全」)から生した動詞サルワーレ(salvāre)の行為者形。なお、サルウゥスとサルワーレもそれぞれ safe, save という形で現代英語に採り入れられており、いずれも古フランス語のサウヴェオウル、サウフ、サウヴェルsauveour, sauf, sauver)を経由して中期英語に入った。

国語とも宗教等を含む様々な文脈で「安全を確保する>危険から保護する>災難や罪悪から救出(し善化)する」と意味が拡大し、英語では専ら save 系が原義の「保全」の概念を含む広い意味での「救い」を担い、 salvate 系が生義の「救出(と善化)」に特化されて、例えばサルベージsalvage 「救助、(沈没船等の)引き揚げ、品回収・利用」)やサルベーション(salvation 「救済、救世」)などのように棲み分けがなされている。

しかし、キリスト教で用いられていたサルヴェイター(salvator 「救済者、救世主」)は、より俗っぽいきのセイヴァー(saver)との中間形でもあるセイヴィアーに圧されてもはや死語となっている。ひょっとしたら、いざという時に助けてくれる神様サルヴェイター)よりも、日頃から平和と安寧を与えてくれる神様(セイヴィアー)の方が日常的にありがたみを感じるから、からかも知れない。

フィクション

音楽・楽曲

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイヴァー

1 ななしのよっしん
2014/03/19(水) 10:37:58 ID: iVEdXbx7aT
発音はséiviərで、日本語なら「セイヴィァー」が一番近いということは書いておくべきだと思う。

それと、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに搭乗するセイバーガンダムりの上ではsaviourなのだが、どう扱うべきなのだろう。
2 ななしのよっしん
2015/01/31(土) 22:50:25 ID: i7sHKuo0D1
rise againstにも同じ曲があるのでよければお願いします。
3 ななしのよっしん
2017/02/12(日) 14:06:55 ID: sagEWqcS7g
ドラゴンセイバーDragon Saber:After Story of Dragon Spirit
セイバーのほうだったか。
でもセイヴァーとのダブルミーニングを意図した名前ではあるんだっけ。
4 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 08:26:50 ID: yHdFqojiu2
セイヴァーsaver)は単にsaveする者、保存者、救助者みたいなより軽いニュアンスなのかね

イヴィアー(saviour)は救い救世主みたいなよりスケールがデカくて大げさな感じ?