セミ単語

セミ

曖昧さ回避

セミとは、以下を表す。

  1. 蝉(蟬) - 昆虫の一種。オスは洞を利用して特長的な鳴きを発する。この記事で記述。読みではゼン。
  2. semi - 準~・半~という意味を表す接頭語。使用例としてセミファイナル、セミプロなど。
  3. 背美 - 背美(セミクジラ)の略。
  4. 瀬見温泉 - 山形県最上最上町大にある温泉
  5. 瀬見の小川 - 京都府京都市区下を流れる小川

セミ(蝉)とは、半翅に属する昆虫の一種である。

概要

人間にとっては、染みの深い昆虫の一つで、昆虫採集の対とされることも多い。

から幼となり、地中でおよそ3年~17年に渡り過ごし、その後地上に出て木に登ってから羽化し、成となる。

ホタルと同様、い命の代名詞であるが、実際は1か弱ほどを地上で過ごす。とはいえ、土の中で過ごす期間と較して非常に短いのは言うまでもない。だが、地中で過ごす時間を考えると昆虫としては異例の長生きの部類である。

また、に鳴きが聞こえることから、夏の風物詩としても知られているが、種によっては、や晩になっても鳴きを出すものもある。

ちなみに、ひぐらしは「○○ゼミ」と呼ばない数少ない蝉の一種である。

日本で見られる主なセミの種類

  • アブラゼミ
    日本を代表するセミの一つで、「ジー!」って鳴きが特徴。その音が油が爆ぜる様や、あるいは翅が油を想像させる色となっていることから名付けられたとされる。較的高温で、そして湿度は低めの場所を好むとされる。そのため、湿度の高い近畿地方などではクマゼミに勢を支配されている一方、北陸九州ではアブラゼミがだったりする。翅は色で透明じゃないので、一番見分けやすい。
  • ミンミンゼミ
    同じく日本を代表するセミの一つで、「ミーンミーン…」って鳴きが特徴。アブラゼミやクマゼミと較して高温と湿度を嫌い、本州日本では最もメジャー。特に、関東地方では平野部に生息しているため、ドラマアニメなどではを演出する音として多用される…のだが、他のエリア、たとえば西日本では標高のある高地や山地でしか生息していないので、その安易な演出には大いに違和感を抱いている。胴は少しがかっており、翅は透明だが、少しい斑点がある。
  • クマゼミ
    西日本を代表するセミの一つで、メジャーなセミでは一番胴体が大きく、名の由来もそれに因む。「シャワシャワシャワ…」という音を鳴らす。高温で湿ったところを好むので、近畿東海では今日こいつが流となっている。胴は、翅は透明だが、少し緑色がかっている。ちなみに、ケーブル回線の色が枯れ枝とよく似ていたため、ケーブル回線にを生み断線させる事故過去に多発していた。
  • ツクツクボウシ
    較的冷な気を好むセミ。そのため、寒蝉と書く。鳴きは「ツクツクボーシ…」という特徴的であり、晩徴し、初にかけて鳴く。そのため、夏休みの宿題に追い込まれるトラウマを想起させるセミだったりする…そうな。なお、7月ぐらいから存在するが、他のセミの音と勢に負けて立っていないため、晩からでないと羽化しないと思われがちである。胴は、翅は透明で、黒色の筋が特徴。非常に警心の強い蝉であり、素手で捕まえるのは一番難しい上、少しでも気配を感じるとすぐに鳴くのを止めてしまう。
  • ニイニイゼミ
    個体の小さいセミで、胴体は少しの部分もあり透明でまだらの翅が特徴。鳴きは「チー」と「ジー」を繰り返した後、「チチチチチ…」と鳴く。燥に弱く、都市部では雑木などに生息していたが宅地開発によって個体数を大きく減らしていた。…が、環境変化に強いのか、燥した場所でも生息するようになった。蛻は丸っこくなり見分けやすい。
  • ヒグラシ
    ◯◯ゼミと名乗らないセミだが、「カナカナカナ…」って鳴きからカナカナゼミという称もある。較的冷な場所を好むため、高原、山間部や都市部などでも涼しくなってきた頃に鳴く。そのため、独特の寂寥感と趣を感じさせる蝉としてされてきたため、独自にという漢字もあり、晩蝉と書き、日本では田舎夕暮れの演出に用いられることが多い。だが、実際は高い木々や遠い山中からでも音がくほど、その寂しげな音と裏間近で聴くと相当に煩い。胴は色で、また翅も透明だが、少し色がかった筋がある。

    なお、ヨーロッパなどセミが染みがないエリアもあり、「なぜ木から鳴きが聞こえるのか」「日本から映画を輸入したらノイズが入っていた」などというエピソードもある。

セミは素数を知っている?

セミは限られた期間に大量発生することで、交尾の成功率を高め、外敵から狙われる確率を下げている。

地中にいるセミは合図を出せないため、時期を合わせて成になるには遺伝子に組み込まれた体内時計を頼ることになる。

違う周期のセミ同士が交配するとその体内時計が狂い、少ない個体で出現することになる。

それは例えば、10年周期のセミと15年周期のセミは30年で交雑し、40で15周期のセミの血が混じった種と交配すると55年に出現するグループが出来てしまう。このグループが次に現れるのは65年と70年。

生物は一定の個体数を保てないと加速度的に絶滅へ向かうため、周期のズレたグループ自然界に淘汰される。

10、11、12、13、14、15周期のセミが221年以内にカチ合う回数は、10年が11回、15年が9回、12年と14年が7回、
素数年である11年と13年が最小の6回となる。
15年眠っていたセミより、11年眠っていたセミのほうが少ないリスクで種を残すことができる。

さらに始めに周期が重なる年数は10周期と15周期が30年。12周期が60年、14周期が70年。11周期が110年、
13周期が130年となり、素数の年数とぶつかるまでにかなり淘汰される。

実際にアメリカには13周期と17周期の「周期ゼミ」あるいは「素数ゼミ」と呼ばれるセミがいる。
同じ地域にいるわけではなく、絶滅したグループもいるため全くセミがいない年が数年続くことがある。
一度大量発生すると、捕食者も食べきれないといわれる程出現すると言われている。

小学生自由研究としてもよく捕まえられるセミだが、幼のセミは研究対として極めて難易度が高いためわからないことが多いという。
アブラゼミのは翌年のに孵化して、6年後に成に羽化する7年ゼミといわれているが、5年、7年で成になるものもいる。
12、14、15、16、18周期のセミの化石が発見されているが、素数である11年と19年の周期ゼミは発見されていない。

創作の中のセミ

季節がの作品では雰囲気作りの一環としてセミの鳴きが挿入されることが多い。また、特撮などでは怪人怪獣モチーフとなることもある。

セミの名がつく記事

※蝉がつくもの、または元の単昆虫の蝉の意味である「セミ」のみを扱う。

セミ○○

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%83%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セミ

43 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 00:48:00 ID: gWcIKPokxb
ちょうど鳴き始めたし公園に夕方行けば捕まえられるだろうと思ってみたら案の定幼がそこら中にいて羽化しようとしてたからひとつ持って帰った
止まり木用意してやって心待ちにしてたのに結局い汁垂れ流して羽化途中で失敗しやがったよ
その後少し殻向いてベランダから投げ捨てた
44 ななしのよっしん
2018/07/29(日) 15:19:45 ID: +ANABHvJbK
>>43
来世はセミに産まれ変わらない様に注意して貰いたい。
手遅れでなければ良いが…
45 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 19:10:21 ID: kxf1VOlK0f
>>sm33725838exit_nicovideo
46 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 14:34:25 ID: EfSMMXEi6p
なぜか幼時代の長寿命視されて短命だと思われている(様な気がする)
になって地上にでてくるのは生殖のために出ざるを得ないからだと思うんだけど
まぁなんで短命だと思われているのかヨクワカンナイケドネ
47 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 17:09:39 ID: +ANABHvJbK
>>46
時代の大半を人に触れずに過ごす点もさる事ながら、多分成になってから生殖に限らずを越す位は生き延びないと、『生きてる拠だよ(至言)』と認定する気にならないと思うんですけど(名考察)。
48 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 17:12:23 ID: fgUPDEE8rA
庭にいっぱいいててなんじゃこりゃ!?とおもったが、あれ幼が出てきたなのね
7年もうちの庭にいたんやなって…
除草剤撒いてごめんな
49 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 05:23:32 ID: 8rGf6ggaqI
の中で一番苦手ですわ。モフモフ蜘蛛わさわさはシュッとしてて、ゴキブリは触ピコピコさせてる。見つけたら捕まえて逃がしてる。(成)はかわいいと思える要素が一切い。幼かわいいのになぁ
50 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 15:23:02 ID: fdP+UStVZ5
ひっくり返った状態で足をバタバタ動かしてるところがかわいい
51 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 18:47:19 ID: RFS3I9hkOX
将来「昔は良かった」と安易に言わないように気を付けたいと思ってるけど
もし環境変化でセミが極端に減少したら言ってしまう自信がある
「昔は都会でもにはが聞けてそれが風物詩だったのに…」と
52 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 18:51:13 ID: vmJxkztAY4
最近になって抜け殻をいっぱい見るようになった
7月に居なかった分今が羽化ラッシュなのかな

急上昇ワード