セルエル単語

セルエル

セルエルとは、ソーシャルゲームグランブルーファンタジー」の登場人物である。
CV森川智之

概要

もしかしてゼルエル

アルスターに位置する小国アイルスト王の第一王子で、王コノールの息子。年齢は25歳、種族はエルーン。ヘルエスがいる。王族としての英才教育を受けており、カリスマ性と冷静さを併せ持つ。教育係兼護衛騎士のノイシュとは二の親友で、互いに信じあう程の仲だった。好きなものは読書と執務。王子としてのプライドから辛辣な言葉遣いが立ち、慇懃礼な振る舞いだが、心中ではアイルストの民や相手の事を慮っている。信頼を置いた人物にはちゃんと実に対応する。得物はで、その剣術は確かなもの。ゴロツキの集団を全員峰打ちにで倒してしまうほど。

ヘルエスとセルエルは民から絶大な信頼を勝ち取っており、人気が高かった。これに焦燥したのは王コノールであった。立場を脅かされる前に功績を挙げようと、あろう事かの守護的存在「ディアドラ」の討伐をノイシュに命じた。忠心の高いノイシュはこの命に従い、死闘を経てディアドラを討伐。しかしディアドラが討たれた事で、押さえつけていた魔物暴化。一夜にしてアイルスト王は滅亡した。この時、セルエルは星晶獣討伐のため別の派遣されており、アルスターに戻った時には既に土は荒していた。そして滅亡の引き金を引いたノイシュは悔恨の念から、一人を去っていった。全ての元凶となったコノール王を侮蔑しているが、それでも「約20年間を栄えさせたのだから無能ではない」と恨と尊敬の念が混ざり合った複雑な感情を抱く。

争乱で死亡したコノール王に代わり、セルエルはヘルエスとともにアイルストの復を開始。同時に仮の器を作り、ディアドラ幼女として復活させた。セルエルはノイシュに対しては怒っておらず、復中のアイルストを見せてやりたいと帰還を待ちわびた。そこへノイシュを連れて主人公一行がアイルスト王に寄港。事、感動の再会を果たした。その後、ノイシュや主人公一行を交えての復を手伝ったり、はびこるマフィアの討伐を行ったりした。最終的にディアドラ、もといスカーサハの全復活にも成功し、復への大きな足がかりを得た。

団でのセルエルは大変厳しいらしく、ユーリから苦手意識を持たれている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セルエル

1 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 13:41:21 ID: tuPzBHlQb1
記事作成お疲れ様です