セルヒオ・ラモス単語

セルヒオラモス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

セルヒオ・ラモス(Sergio Ramos García, 1986年3月30日 - )とは、スペインサッカー選手である。スペインリーガ・エスパニョーラレアル・マドリード所属。

ポジションはDF。184cm82kg。利き足は右足。

概要

スペインのセビリア出身。2004年プロデビューした当時は右サイドバックの選手であった。2005年に名門レアル・マドリーへ移籍。当時19歳で元キャプテンであったフェルナンド・イエロ背番号4を受け継いだ。2009-10シーズンから本格的にセンターバックへコンバートされ、期待に答えるように高いパフォーマンスを披露。以降、チームの顔として成長し、リーガ・エスパニョーラ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグを4回優勝するなど、銀河系軍団の一員として数々のタイトル獲得に貢献。

2008年から2012年までのスペイン代表の黄金時代を築いた中心選手の一人でもあり、FIFAワールドカップ優勝UEFA EURO連覇を経験している。

身長183cmポジョション的には高い部類ではないが中戦に強く、1vs1、カバーリングなども高いレベルでそつなくこなす。またDFでありながら攻撃的な選手としても知られており、セットプレーや果敢な攻撃参加からゴールを決めることも多く、ラ・リーガのDF登録選手としては歴代最多ゴール記録を保持している。一方で熱くなりすぎるあまり審判から忠告を貰うことも多く、イエローカードレッドカードが絶えない選手でもあり、2018年CL決勝でのモハメド・サラーを負傷させた固めに代表されるラフプレーの多さから、ダーティーなイメージが付いてしまっている。

経歴

幼少の頃はサッカー興味く、闘士になることを夢見ていたが、母親に反対されたことをきっかけにサッカーを習い始め、6歳のときに地元カマスクラブへ入団。8歳のときに提携していたセビージャFCの下部組織に入団する。当時のセビージャカンテラには、ヘスス・ナバスや今は亡きアントニオ・プエルタといった有望な同僚が所属しており、そのなかで頭を現し順調にステップアップを重ねていく。

2004年2月のデポルティーボ・ラコルーニャ戦で17歳にしてトップチームデビューを果たし、当時ホアキン・カパロス監督のもとで成長期にあったチームの中でポジションを掴むようになる。

2004-05シーズンは、セビージャとしてフル稼働し、右サイドバックセンターバックの両方で起用されながらも日増しに評価を高めていく。このシーズンに初めてスペイン代表に招集されるなど、飛躍のシーズンとなり、18歳にして公式41試合に出場する。

2005年8月リーガ・エスパニョーラの名門レアル・マドリードへの移籍が発表される。移籍は当時十代の選手として最高記録となる2400万ユーロとなり、フェルナンド・イエロ背番号「4」を譲り受ける。加入後すぐにレギュラーの座を射止めると、センターバック戦場としながらボランチや右サイドバックプレーするなどマルチに活躍。2005年12月5日UEFAチャンピオンズリーグ・オリンアコス戦で移籍後初ゴールを決める。

2006-07シーズンは、鳴り物入りで加入したファビオ・カンナヴァーロリーガへの適応に苦しんでいたこともあり、カンナヴァーロをフォローしながら高い守備を発揮。最終節までもつれこんだFCバルセロナとの優勝争いを制し、自身初のビッグタイトルとなるリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献する。

2007-08シーズンからは、この年就任したベルント・シュスター監督の意向もあって右サイドバック戦場となる。1対1の強さをベースとした守備だけでなく、大胆な攻撃参加による攻撃も発揮し、2008年5月4日のCAオサスナ戦では、試合終了間際のゴンサロ・イグアインゴールアシストしてリーガ連覇に導く。また、最終節のレバンテUD戦ではプロとなってから初となる1試合2ゴールを記録する。2008-09シーズン2009-10シーズンチームが過渡期に差し掛かっていたこともありタイトルを獲得することはできなかったが、2010年2月21日ビジャレアルFC戦でリーグ150試合出場を果たすなど、チームに欠かせない存在であり続けていた。

ラウール・ゴンザレスとグティが退団したことで2010-11シーズンから副キャプテンに任命される。しかし、南アフリカW杯で決勝まで戦い抜いた疲労を開幕後も抱えていたことから、例年とべて安定性を欠いていた。2010年11月23日CLアヤックス戦では、遅延行為で故意に退場したと批判を受け、UEFAから罰処分を科せられる。6日後に開催されたバルセロナとのエル・クラシコでもリオネル・メッシしいタックルを見舞い、抗議したカルレス・プジョルを突き飛ばしたことでまたも退場となり、クラブの最多退場記録に並んでしまう。2011年4月20日にはコパ・デルレイ決勝でバルセロナを下し、優勝に貢献。その優勝セレモニーで優勝カップバスから落として破壊してしまう前代未聞の事件を起こす。また、この頃ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が取りざたされ、後にこの事実を認めている。

2011-12シーズンからはリカルド・カルヴァーリョが長期離脱したこともありセンターバックで固定されるようになり、以降のキャリアではセンターバックで定着する。これによって、チームのディフェンスリーダーとしての立場が不動のものとなり、爆発的な攻撃を見せたチームを最後尾から支え続ける。数年間後を拝していた宿敵バルセロナを直接対決で下し、勝ち点100を記録しての自身3度となるリーガ優勝を達成。一方、CLでは準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦でPK戦までもつれこみ、4人キッカーを務めるも失敗してしまい、悲願のビッグイヤー獲得を逃す。

2012-13シーズンは、イケル・カシージャスモウリーニョ監督の対立が表面化し、ロッカルームでチーム間に溝が広がり、不協和音の中でプレーすることとなる。ラモスは、カシージャスを支持する立場を取り、フロレンティーノ・ペレス会長に対しモウリーニョが残るなら自分たちがチームを去ると通告。結果として、このシーズンを最後にモウリーニョ監督が解任となる。

2013-14シーズンリーグ戦では三つとなった優勝争いに敗れて、アトレティコ・マドリード優勝を持って行かれる。一方、CLではカルロアンチロッテ監督のもとでチーム団結し、2014年4月30日おこなわれた準決勝バイエルン戦では、アウェイ2nd legの前半に2ゴールを決め、決勝進出に貢献する。5月24日アトレティコ・マドリードとの決勝では、1点ビハインドで崖っぷちに立たされた試合終了間際にルカ・モドリッチコーナーキックに飛び込んでヘディンシュートを決め、土壇場での同点ゴールによりチームを救う。延長戦に入り、クリスティアーノ・ロナウドが2ゴールを決め、チームは悲願のデシマ(10回優勝)を達成。自身のキャリアでも初のCL優勝となった。

2014年12月モロッコで開催されたFIFAクラブワールドカップ2014では、準決勝のクルス・アスル戦と決勝のサン・ロレンソ戦で2試合連続ゴールを決め、大会の得点王とゴールデンボールを受賞。チームクラブ世界一に貢献する。しかし、2015年2月5日セビージャ戦で足を痛めたことで1か間戦線を離脱。CLの準決勝ユヴェントス戦では、怪モドリッチに代わって中盤で起用されるが、を発揮できずに敗れ、連覇を逃し、シーズン冠に終わる。

2015年カシージャスが退団したことで、2015-16シーズンからは子供の頃からの夢だったというレアル・マドリードキャプテンに就任する。リーガでは終盤で驚異的な追い上げを見せたもののバルセロナ優勝を許してしまったものの、CLでは自身2度となる決勝進出を果たす。決勝ではまたもアトレティコと対戦し、前半15分に2年前と同じくセットプレーから先制ゴールを決める。試合はPK戦の末に勝利し、レアルが11度CL優勝を達成。キャプテン就任1年にしてビッグイヤーを掲げることとなる。

2016-17シーズンは、2016年9月10日のオサスナ戦でゴールを決めたことにより、リーガ・エスパニョーラではタイ記録となるDFとしての13シーズン連続ゴールを達成。2017年4月23日おこなわれたバルセロナとのエル・クラシコではメッシへ危険な両足タックルを敢行し、退場となる。それでも最終的にはバルセロナの追い上げを振り切り、5年ぶりにリーガ優勝を果たす。また、CLでも決勝へ進出し、ユヴェントスの攻撃を1点に抑えて連覇に貢献。史上初めて2年連続でビッグイヤーを掲げたキャプテンとなる。

2017-18シーズンはラフプレーの多さが悪立ちしたシーズンとなる。2017年12月2日アスレティック・ビルバオ戦で通算19回の退場処分を受け、リーガ歴代最多退場記録を更新。このクラシコでも審には見逃されたが、ルイス・スアレスの顔面を殴り、批判を受ける。さらには、2018年2月21日のレガネス戦で警告を受けたことで通算警告数が163に到達し、リーガ歴代最多警告数まで更新してしまう。CLでは決勝でリヴァプールを破り、CL3連覇という偉業を成し遂げるが、この試合の前半にモハメド・サラーを負傷退場に追い込んだラフプレーリヴァプールサポーターサラーであるエジプトを中心に批判の的となる。大会後、サラー自身もラモスへの怒りの胸中をコメントしている。また、この試合で2度の致命的ミスを犯したリヴァプールGKロリス・カリウスに対しても、直前の競り合いで顔面に肘打ちをしており、これで震盪を起こしたことがミスに繋がったというもあがる。いずれにせよ、3連覇以上に悪い意味で話題となってしまった。

2018-19シーズンからはクリスティアーノ・ロナウドチームを去ったこともあり、PKのキッカーを務める機会が増える。リーガでは、2018年10月28日クラシコメッシ不在のバルセロナホームで5失点を喫する屈辱的な大敗により、優勝戦線から々と離脱。CLでは、ラウンド16のアヤックス1st legで糸季的にイエローカードを受けた旨の発言をし、2試合の出場停止処分を科される。さらにチームが大敗した2nd legで自信のドキュメンタリー映画の撮をしていたことが発覚し、批判を受ける。また、シーズン中にペレス会長と衝突したことから退団が噂されが、2019年5月30日チーム残留を表明する。

2019-20シーズンは、守備の強度が増したチームを牽引。このシーズンおこなわれた二度のクラシコでは、バルセロナの強攻撃をいずれも完封している。また、2020年6月24日マジルカ戦でPKによるゴールを決めて通算得点数を69とし、ロナルド・クーマンが保持していたDF登録選手の最多得点記録を更新。特に新型コロナウィルスによる中断明けとなった10試合では6ゴールを決めるなど、シーズンの得点数はキャリア最多となる11ゴールにまで達し、3シーズンぶりのリーガ制覇に攻守両面で貢献。一方、CLでは、2月26日のラウンド16 マンチェスター・シティ1st legで退場となり、CLでも史上最多タイとなる4度の退場処分となる。

スペイン代表

2004年U-19スペイン代表に選出され、7月に開催されたUEFA U-19欧州選手権に出場し、ダビド・ルイスロベルトソルダード、ボルバ・バレロと共に優勝を経験。

2005年に初めてスペイン代表に選出され、3月26日中国との親善試合で18歳フル代表デビューを果たし、当時の最年少出場記録を立。そのまま右サイドバックレギュラーに定着すると、10月ドイツW杯欧州予選サンマリノ戦で代表初ゴールを決める。

2006年ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップメンバーにも選出。チームで2番に若い20歳ながらも4試合中3試合に右サイドバックレギュラーとして出場。3試合全勝でグループリーグを突破するが、ラウンド16でフランスと対戦し、2失点の場面では自らのマークを外されて、セットプレーからパトリック・ヴィエラに決められ、敗れている。

2007年セビージャ時代からの親友であるプエルタが急死したことから、プエルタが代表デビューした際の背番号である「15」を付けるようになり、今日に至るまで代表では一貫して15番を背負っている。EURO2008予選では、11試合に出場して2得点を記録し、スウェーデンを抑えての本大会出場に貢献。

2008年6月スイスオーストリアの共同開催となったUEFA EURO2008に出場。右サイドバックとしてタレントズラリとった中盤をサポートしながら攻守にわたってチームを助け、決勝のドイツ戦ではマッチアップしたルーカス・ポドルスキを見事に完封する働きを見せる。チームクリーンシートを達成して勝利し、スペイン1964年以来となるビッグタイトルをもたらす。優勝セレモニーでは、プエルタの顔写真プリントされたTシャツを披露している。

ビセンテ・デルボス監督が就任した南アフリカW杯予選でも引き続き右サイドバックを務め、10試合全勝という圧倒的な強さでの予選通過に貢献。2009年6月南アフリカで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2009にも出場するが、準決勝のアメリカ戦に敗れ、2006年から続いた連続敗記録が34試合で途絶える。

2010年6月には、2度ワールドカップとなった2010 FIFAワールドカップに出場。初戦のスイス戦で敗れる波乱を起こされてしまうが、以降は本来の安定した強さを取り戻し、自身も試合ごとに調子を上げて、攻守に躍動する。決勝トーナメントに入ってから決勝までは4試合連続でクリーンシートを成し遂げ、スペインワールドカップ優勝に貢献。全試合にスタメンとして出場し、FIFAが選出する大会のベストイレブンに選ばれる。優勝セレモニーでは今回もプエルタの顔写真プリントされたTシャツを着用し、「この優勝を亡きアントニオ・プエルタにげる」とコメントしている。

南アフリカW杯以降は、プジョルが怪もあって代表から遠ざかったこともあり、ジェラール・ピケとのコンビで本職のセンターバックで起用されるようになる。2012年6月に開催されたUEFA EURO2012では、グループリーグ初戦のイタリア戦以降の全試合で完封勝利を飾る。特に準決勝のポルトガル戦では、レアルでのチームメイトであるクリスティアーノ・ロナウド120分間抑え込み、PK戦でも4人キッカーとして成功させている。要な際大会に3大会連続で優勝するという初の偉業を成し遂げ、大会の優秀選手に選出されている。優勝後は、三度エルタの顔写真プリントされたTシャツを披露している。

EUEO2012後にスタートしたブラジルW杯欧州予選では、2012年10月16日フランス戦で先制ゴールマーク2013年3月22日フィンランド戦では、スペイン代表史上最年少となる27歳での100試合出場を達成し、この試合でも先制ゴールを決めている。フランスを抑えて首位での本大会出場を決めている。

2014年6月、自身3度の出場となる2014 FIFAワールドカップに出場。しかし、初戦のオランダ戦で相手のカウンターの前に守備が崩壊し、5失点を喫してまさかの大敗を喫してしまう。続くチリ戦でも0-2で敗れ、なんと2試合でグループリーグ敗退が決定。崩れてしまった守備のバランスを立て直せないまま、スペイン代表の黄金時代は終焉を迎える。

2016年6月に開催されたUEFA EURO2016では、カシージャスが控えに回ったことでキャプテンマークを巻いての出場となる。初戦のトルコ戦で開始々に警告を貰うが、その後は安定したプレーを披露し、2試合連続での完封勝利に貢献し、グループリーグを突破。しかし、準々決勝ではイタリア敗し、ベスト8で敗退となる。

ロシアW杯予選からは正式にスペイン代表のキャプテンに任命され、4度ワールドカップとなる2018 FIFAワールドカップキャプテンとして出場することになる。ところが、試合直前の2018年6月18日レアル・マドリード契約を結んだフレン・ロペテギ監督が突如解任となり、両方のチームキャプテンであることから難しい立場に立たされる。事実監督不在で大会に挑む異常事態の中、グループリーグは何とか突破したものの、ラウンド16で開催ロシアPK戦の末に敗れる。

ロシアW杯後、アンドレス・イニエスタダビド・シルバ、ピケといった同世代の選手が代表を去ったが、引き続きスペイン代表としてのプレー継続2019年10月12日EURO2020予選ノルウェー戦で代表通算168試合出場に到達し、カシージャスの持つスペイン代表最多キャップ更新する。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2001-03 セビージャB セグンダ 1 0
2002-03 セビージャB セグンダ 25 2
2003-04 セビージャ プリメーラ 7 0
2004-05 セビージャ プリメーラ 31 2

2005-06
セビージャ プリメーラ 1 0
レアル・マドリード プリメーラ 33 4
2006-07 レアル・マドリード プリメーラ 33 5
2007-08 レアル・マドリード プリメーラ 33 5
2008-09 レアル・マドリード プリメーラ 32 4
2009-10 レアル・マドリード プリメーラ 33 4
2010-11 レアル・マドリード プリメーラ 31 3
2011-12 レアル・マドリード プリメーラ 34 3
2012-13 レアル・マドリード プリメーラ 26 4
2013-14 レアル・マドリード プリメーラ 32 4
2014-15 レアル・マドリード プリメーラ 27 4
2015-16 レアル・マドリード プリメーラ 23 2
2015-16 レアル・マドリード プリメーラ 23 2
2016-17 レアル・マドリード プリメーラ 28 7
2017-18 レアル・マドリード プリメーラ 26 4
2018-19 レアル・マドリード プリメーラ 28 6
2019-20 レアル・マドリード プリメーラ 35 11

プレースタイル

スピード、身体危機予測デュエルとDFに必要とされるを全て持ち合わせる世界最高クラスセンターバック。特にカバーリングセンスの高さとカバーエリアの広さは特筆すべきものがある。レアル・マドリードは高い位置を取り続ける左サイドバックのマルセロの裏のスペースが長年の弱点となっているが、これをセルヒオ・ラモスのカバーによって補っている。

また、相手の行動を先読みするが高く、数的不利の局面であっても先読みすることで相手よりも速く反応することができ、持ち場を離れて対応しても問題なくピンチの芽を摘むことができる。身長はさほど高くはないものの、競り合いや中戦の強さも群を抜いており、対人守備の強さに関しては絶対の自信を持っている。

2019-20シーズンに二桁ゴールを記録するなど、DFとしては桁外れの得点武器としており、ヘディングの強さを活かしたセットプレーからの得点はもちろん、思い切った攻撃参加からFW顔向けの動きができ、困難な体勢からも強引にゴールにねじ込むことができる。CL決勝で2年連続でゴールを決めるなど、大舞台ほどその得点が発揮されることが多い。足元の技術も高く、ロングフィードを左右に蹴り分けることができ、ビルドアップでもの貢献も大きい。

弱点は、やはりファウルやラフプレーの多さで、気持ちの強さが悪い方向に向かってしまう傾向がある。イタリア代表の名センターバックであるジョルジョ・キエッリーニは、セルヒオ・ラモスのメンタルリーダーシップを高く評価する一方、CL決勝でサラーを負傷させた件に代表される、故意に相手選手を怪させる行為を批判している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%92%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セルヒオ・ラモス

1 ななしのよっしん
2015/09/14(月) 20:35:21 ID: NSsK6zsouV
代表キャップ数がいい意味で異常
レアル将になったことだしカードの枚数減るとなおいいよな
2 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 07:00:02 ID: oTlzOaE6LJ
ほんとメンタルの強い選手だな
CL史上初の決勝で2得点をあげたDFになったぞ
3 ななしのよっしん
2016/12/19(月) 07:02:52 ID: XUkvumTmU4
今回の鹿島アントラーズVSレアル・マドリード戦のラモスには幻滅したよ。何あのプレー
4 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 22:42:18 ID: uyUTPYnlRl
何だこれってプレイだったけど、処分を署名がすぐ30万集まるのは良かった。
一方で日大の方は抗議あげようとしたら監視するというマジキチぶりだけど。

日大アメフト部所属」等の記述も…… レアル・マドリードセルヒオ・ラモス選手の『Wikipedia』が大荒れ
http://ch.nicovideo.jp/ch1234/blomaga/ar1549945?access_from=ichibaexit_nicochannel
5 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 22:34:00 ID: dIOk3X8y/Y
頭のネジ数本ぶっとんでるレベルメンタル
6 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 23:51:04 ID: Jrn1OQ28Ip
ペペと並んで暴力団レアルを印付けたキチガイ

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件